銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ロボコップ(2014)

2014年07月24日 00時55分00秒 | 洋画アクション
ROBOCOP
2014年
アメリカ
117分
SF/アクション
劇場公開(2014/03/14)



監督:
ジョゼ・パヂーリャ
出演:
ジョエル・キナマンアレックス・マーフィ
ゲイリー・オールドマンデネット・ノートン博士
マイケル・キートンレイモンド・セラーズ
アビー・コーニッシュクララ・マーフィ
サミュエル・L・ジャクソンパット・ノヴァク



<ストーリー>
近未来都市・デトロイトを舞台に、半分人間、半分マシーンの“ロボコップ”として生まれ変わった警官・アレックスが社会の悪と戦う姿を描く。

半分人間、半分ロボット
最強の警官誕生。


-感想-

リメイクではなくリブートなのね。
オリジナルのスコアが冒頭で流れた時はキタコレ感が沸き起こってワクワクしたのだが、全て観終わっての最初の想いは

「これじゃない」

という残念さのみでした。

いかにヴァーホーベンの『ロボコップ』は凄かったのかがよーく分かる、面白味が猛烈に欠けるリブート作品だった。

家族がどうたらとか、上層部がどうたらとか、もうそういうのどうでもいいし。
ストーリーが貧相だから先の楽しみも生まれない。
悪役に魅力がないから、やっつけた感に痛快さが生まれない。
ドスドス歩いてバンバン銃を撃っているだけだから興奮すらも生まれない。

なにこの、全てにおいて魅力皆無のロボット映画は。

ビジュアルだけカッコ良くさせてもこんな内容じゃあ到底私を満足させる事は出来ませんて。

グロが有り、痺れるアクションが豊富に有り、そして脚本に有能さを抱かされたヴァーホーベン版『ロボコップ』は最高の娯楽作品だった。

VFXの技術は向上しても、面白さは向上せず。
そんな見本にしちゃいけない完全な失敗例を見せられた気分。
リブートじゃなくて単純にリメイクとして作り直した方が良かったんじゃないのか?

評価:★★☆
14/07/23DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-07-02
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

関連作:
『ロボコップ(1987)』(オリジナル)※個人的評価:★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バッド・アス ジャスティス・リ... | トップ | 【動画】忍者女子高生【サントリ... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (maki)
2014-07-24 16:09:12
ヒューマンドラマ=ロボコップの図はおかしいですよね
バイオレンス+ユーモアと、ちょっぴりの哀愁ドラマがあればよいのです
あとやはり主人公が男前すぎて、あまり機械っぽくないというのか、とにかくオリジナルが強烈すぎて、こりゃ印象に残りません
オリジナルのよさを改めて再確認~!
Unknown (ふじき78)
2014-07-24 20:53:20
比べればオリジナルだけど、これはこれで頑張ったとして敢闘賞をあげたい。
こんばんは~♪ (スパイクロッド)
2014-07-24 20:55:01
いや~もうすべて賛成!
まったくもってそのとおりです!

唯一この作品に価値があるとしたら、
もういちどオリジナルを再見したくなるという、
ただその一点に尽きますかね。
事実、ボクはこのリブート版を観たすぐあとに、
バーホーベンのオリジナルを久々に再見いたしました。
あらためてその偉大さを実感しましたね!

オリジナルを知らない若い世代の人たちにも、
「じゃあオリジナルはどんな映画なんだろう?」
って感じでぜひ観てほしいですね。

そういう装置としての機能を、
このダメリブート作には期待します。
こんばんは! (タケヤ)
2014-07-24 20:59:24
ヒロ之さん、辛いな~(笑)

別物として観たら僕はなかなか
だったんだけどなあ。
そりゃ、ヴァーホーベンと比べたら
ダメですわ。あっちは僕も何十回と
観ても飽きない作品ですからね。

僕もふじきさんにナラエ!です(笑)
ヒロ之さん、ごめんなさい~~。
厳しかったのかな~と (メビウス)
2014-07-24 22:55:24
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

ま、まあロボコップもカラーリングが真っ黒になっちゃったりしてますから、オリジナルのリメイクとは行かない出来映えになってしまってるのも然もありなんですね^^;(汗)作り手側としてはリスペクトの意味も込めて忠実にはしたかったんでしょうけども、あのバイオレンス描写も忠実となると今の時代では制約とか諸々厳しかったのかもしれませんね。

でも個人的にはオリジナルに胡坐をかかず意欲的な試みを取り入れていた本作は評価してる部分もあったりします♪
こんばんは♪ (yukarin)
2014-07-24 23:19:29
ヴァーホーベン版はこれを見たあとに見ました。
グロいのが苦手な頃に見たので思い入れはありませんでしたが、改めて見比べてみるとヴァーホーベン版のほうがいいですね。
海外ドラマですが (走るゾンビ)
2014-07-24 23:45:40
主演の彼が出てるキリングってドラマは先ず先ず面白いですよ。主演のおばはんはwwzでプラピの奥さん役の人です。
>makiさんへ (ヒロ之)
2014-07-25 22:02:35
こんばんは!
全く話に乗れませんでした。
なんか違う!感一杯に持ちながら観てました。
ほんとその通りで、ロボコップという感じがしないんですよねぇ。
その点、オリジナルはロボッコップだ!と思わせてくるビジュアルがきちんと出来上がっていたので、改めてヴァーホーベンは出来る監督だというのを再確認しました。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2014-07-25 22:15:45
こんばんは。
比べちゃうとどうしてもオリジナルの方が遥かに完成度は高いです。
リブート作品なので、これはこれで楽しめれば良いのでしょうけど、なんか私はイマイチでした。
>スパイクロッドさんへ (ヒロ之)
2014-07-25 22:20:42
こんばんは!
こちらにもコメントありがとうございます!!
スパイクロッドさんも駄目な方でしたか。

いやもう、スパイクロッドさんが私の気持ちを全て代弁してくれてます。
私もこれ観た後、凄くオリジナルが観たくなりましたから。

ほんと、その通りで、この映画を観て面白いと感じたオリジナルを知らない人には是非ともヴァーホーベン版をレンタル店で手にとって欲しいものです。

オリジナルにもこのリブートにもそれぞれの魅力はあると思いますが、どちらが強烈な印象を残してくれるか、見比べるとはっきりするんじゃないかなぁと思いますねぇ。
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2014-07-25 22:24:43
こんばんは!
コメントありがとうございます。

いやぁほんと申し訳ないです。
リブート作品だという事を知らずに観たのですが、それでもどうしてもオリジナルのイメージが強いものですから、なんか違和感がありまくりでした。

本来ならリブートなので、比べるのは酷なのかもしれませんが、それでも本作は展開に興奮するものがなかったです。
まぁ好みはそれぞれだと思いますので、私の評価はさらっと受け流しておいてください^^;
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2014-07-25 22:35:19
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます!!

今思うと、ヴァーホーベン版はバイオレンス色が強かったですけど、普通に一般的に劇場で上映されてたんですよね~。
しかも、TVでも普通に流れてましたし。
今の時代じゃ、せいぜい深夜枠かBSで流すのが精一杯かもしれません。
誰でも気軽に見て貰えるようにする為には、今回のようにバイオレンス色を無くして、SFアクションとしてリブートする必要があったのかもしれません。

リブートというか、もやは別物映画として観ると案外イケる作品なのかもしれませんが、何故か私はストーリーに魅力を感じなかったのが一番に大きくあったせいか、ヴァーホーベン版と比べる云々無しでも、イマイチな感じがしちゃいました^^;
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2014-07-25 22:39:34
こんばんは!
ヴァーホーベン版はまだ私自身もグロ耐性がない時にTVで観たのですが、当時は強烈なバイオレンス描写が多くあって、ホラーじゃないのに怖々とした気持ちで観た記憶があります(笑)
でも、その後も何度も放映を繰り返す度に、見直していたのですが、悪役にもストーリーにも、そして主人公ロボコップにも魅力ある作品だと気づかされました。
2以降はイマイチなんですが、オリジナルの1作目は傑作だと思います。
>走るゾンビさんへ (ヒロ之)
2014-07-25 22:42:16
こんばんは!
コメントありがとうございます。
「キリング」ですか!
タイトルは知っているのですが、彼が出ているのは知りませんでした。
余り海外ドラマはウォーキング・デッド以外は見ないのですが、機会があれば観てみたいと思います。
情報ありがとうございます^^
Unknown (せつら)
2014-07-27 13:24:22
近年リメイク・リブート作品が多いですね・・・結局オリジナルに負けない
作品は少ないですね、こちらはやたらとスタイリッシュにしちゃって
ロボコップってそんなんじゃないんだけどねって思いました
>せつらさんへ (ヒロ之)
2014-07-27 21:33:24
コメントありがとうございます!
多いですねぇ。
それだけハリウッドもネタがないのでしょうか。
オリジナルに勝るリメイクもしくはリブートは数少ないと思います。
今回も「これじゃない」感が強くてイマイチでした。
あくまで個人的意見ですよ(-_-) (あおし)
2014-10-09 01:57:55
僕はリブートの方が良かったです。決してオリジナルをけなしているわけでわ無いです。
もちろんオリジナルも見ました。ロボコップに倒される全ての悪役にザマアミロ!って思うほど面白かったです。確かにリブートの方はそういうのはなかったな…。しかしオリジナルと違ってリブートは家族愛が深く描かれている、僕はその点でリブートの方が良いと思いました。オリジナルのは家族が去っていて悲しすぎるんですよ。それと僕が今時の若者なのでスタイリッシュの方が好きというのもあります。というわけでコメントさせていただきました。
長文駄文失礼しました。
生死を問わず連行する!
>あおしさんへ (ヒロ之)
2014-10-09 23:24:44
こんばんは。
コメントありがとうございます。
本作はリメイクではなくあくまでもリブート作品ですものね。
そう割り切って観るのが一番良いのかもしれません。
ただ私はヴァーホーベン版の1作目を何十回と観ている人間なので、どうしても比べてしまう悪い癖が出ちゃうんですよ。
更に私自身がもう中年のおじさんなので、スタリッシュさよりも物語性の良さ、適度のグロさがあったオリジナルの方が遥かに記憶に残る作品となっています。
受けるという意味では古い人間はオリジナル、若い人には近未来を前面に押し出し、家族愛もしっかりと描き出した本作の方が好みとして合うのかもしれませんね。
作品一つ、それぞれの好みがありますから。あおしさんの意見もとても参考になりました。
ありがとうございました^^
Unknown (シグルド)
2015-01-08 02:08:47
もうオリジナルの細かい記憶が遥か彼方で・・・・ww
なので先入観あまりなく見ましたw

オリジナルはいきなり記憶やら人格やら消えてたし、
そもそも企業が素体ゲットのために警官くたばるよう仕向けてたって描写がありましたが、
こっちは偶々良い素体が転がってきた感じで
マーフィー自身の「中身」には手を加えてない描写だったあたり
表現としてマイルドになった気がしましたw

代わりに、人として生きるマーフィーをリアルタイムで
マシンへと上書きしていく描写がかなり精神にキましたが。

真っ黒デザインでしたけどプロトタイプはキッチリと
オリジナルデザイン出してましたねw
トランスフォームはどうでもいいですが・・・・w

しかし、その内マジで傷痍軍人や警官、消防士で
サイボーグな人が出てきてもおかしくないですね。
現状、こんな人いるくらいですし↓
ターミネーターの様なハイテク義手を持つ人
https://www.youtube.com/watch?v=uFX2sCyKJI8
>シグルドさんへ (ヒロ之)
2015-01-08 17:50:41
こんばんは!
明けましておめでとうございます。

コメントありがとうございます。
確かにオリジナルと比べると人間をロボットにする過程はマイルドになった感じがありましたね。
全体的にそうですが、こういう感じのが今の若者にはウケるのかなぁとは思いました。
私は断然、オリジナルのムチャクチャさが好きですけどねw

デザインは遥かに近未来的でカッコイイと思います。
けどカッコイイだけで終わっちゃったようなリブートでした。

動画拝見しました。
今の義手ってかなりハイテク化してるんですね~。
卵も普通に持てるってのが凄い!
でも値段が高そう。
いや、マジでその内、全身サイボーグの人間が登場してもおかしくは無い時代ではないでしょうか。
映画に現実が追いつくのも時間の問題ではとは思います。

本年もどうぞ宜しくお願い致します^^
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2015-04-20 14:48:39
まったくの同感です!
オリジナルスコアが流れた時のワクワク感と
観終わった後のこれじゃない感。
単純リメイクでもそれなりの作品になってたはずなのに
こんなにつまらなくできることの方が不思議です。
>ONE OF THE BROKENさんへ (ヒロ之)
2015-04-21 21:08:30
こんばんは!
コメントありがとうございます。
出だしの「キター!」感はどこへやら、終わってみれば「なんじゃこりゃ」な作品でした。
ほんとリブートじゃなくて、普通にリメイクした方が良かったんじゃないでしょうか。
外見だけカッコ良くても内容がこれじゃ、駄目過ぎですよ。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「ロボコップ」 (日々“是”精進! ver.F)
ロボコップ、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403140001/ Robocop(ロボコップ)Profile ポスター 【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】...価格:1,200円(税5%込、送料別) 【送料無料】...
『ロボコップ』 2014年3月14日 TOHOシネマズ六本木  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『ロボコップ』 です。 TOHOシネマズでの最後の1,000円鑑賞ですね(笑) 【ストーリー】  2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックス(ジョエル・キナマン)は愛する家族と幸せな...
ロボコップ(2014) (佐藤秀の徒然幻視録)
主役はサミュエル・L・ジャクソンのロボキャスター!? 公式サイト。原題:RoboCop。ジョゼ・パヂーリャ監督。ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー ...
ロボコップ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】死にかけた刑事がロボットとして再生し、悪
「ロボコップ」、ロボット型警察官の活躍 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ロボコップ好き ☆☆☆☆瀕死の重傷を負った警察官が全身を機械化したロボコップとなって活躍するSF活劇は、1987年第1作が作られ、その後、2,3と続編が作られましたが、今回再びリメイクされた。2028年、オムニ・コーポレーションなどが中心と...
ロボコップ (2014)★★★★ (パピとママ映画のblog)
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によりひん死の重傷を負った警官が最新技術によりロボコップとして生まれ変わる姿を描く。メガホンを取るのは『バス174』などのジョゼ・パヂーリャ。主演には、『デンジ....
「ロボコップ」 (prisoner's BLOG)
アメリカ以外の国を機械兵士で治安を維持するようになった世界で、アメリカ国内での治安維持(という口実のもとの市場拡大)のために企業がロボット兵士を売り込もうとして、機械的に射殺されるのはたまらないという市民感情の反発を抑えるために、人間の感情と判断を導入...
「ロボコップ」 (或る日の出来事)
もっとスカッと、たくさん活躍してほしかったな~。
ロボコップ(2014) (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
最新科学の成果を盛り込んだ現実的な内容になっている。精巧な義手や義足は実在している。この物語ではそのもう少しで現実化できる技術をもとに、どれだけ人間的な感情を保ち続けることができるのかをテーマにした。この着眼点が旧作とは違う趣になった。機能を優先するか...
『ロボコップ(2014)』('14初鑑賞26・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 3月15日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン6にて 15:50の回を鑑賞。
ロボコップ(2014) (いやいやえん)
「ロボコップ」がリブートされました。設定なんかもちょこちょこ変わってて、一番「えっ」と思ったのは、序盤にすんなり家族の元に戻る事だったりします。 まるでパワードスーツを着ているかのようなスタイリッシュなデザインになっていてカッコいいのですが、私はや...
ロボコップ(2014) IMAX/ジョエル・キナマン (カノンな日々)
1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション・ムービーです。オリジナルは画期的で面白かったですね。劇場で観てそのあとテレビで ...
ロボコップ (風に吹かれて)
ロボコップ 再誕 公式サイト http://www.robocop-movie.jp 2028年、巨大企業オムニコープがロボット・テクノロジーを牛耳っていた。世界各地でオムニコープのロボットが軍事利用
映画「ロボコップ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/3/15、109シネマズ木場、2D字幕版。 スクリーン8、9列126席。 通路がかなり前にあり、その前後は3列6列となっている。 通路より後ろの5列目、F列を選択したが、E列の方が良かったし、 通路直前のC列でも大丈夫だったかもしれない。 ** ...
ロボコップ (そーれりぽーと)
元が元だけに悪い予感しかしないリメイク版『ロボコップ』を観てきました。 ★★ このリメイクは必要だったのか? ごく序盤はスピーディーな展開でこのペースで行くのかと思いきや、ビギニングもの人気にあやかってかロボコップが誕生するまでのシーンに対して妙に尺を...
『ロボコップ』をトーホーシネマズ府中6で観て、マヌケなりにグッジョブふじき★★★(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★オリジナルへの敬意があって割といい】    リブート前のオリジナルへの敬意も見えつつ、 新しい試みは試みで加えられているのがとっても可愛らしくて好感 ...
『ロボコップ』(2014) ~ケレンが足りないブラック・リブート~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/117分 監督:ジョゼ・パジーリャ 出演:ジョエル・キナマン    ゲイリー・オールドマン    マイケル・キートン    アビー・コーニッシュ    サミュエル・L・ジャクソン 瀕死の重傷を負い、体のほとんどを機械化した警官の苦悩...
ロボコップ (だらだら無気力ブログ!)
随分あっさり味な印象で、個人的にはオリジナルの方が好きかな。
ロボコップ(2014) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョゼ・パヂーリャ 出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン 【解説】 1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督作『ロボコップ』をリメイクした近未来SFアクション。爆破によ...
ロボコップ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョゼ・パジーリャ 【出演】ジョエル・キナマン/ゲイリー・オールドマン/サミュエル・L・ジャクソン/マイケル・キートン/アビー・コーニッシュ 【公開日】2014年 3月14日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 2028年、世界各地の軍備はロボット化が進む...
ロボコップ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) アクションとドラマのバランス良いが最後の方だけ
ロボコップ(2014) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ROBOCOP】 2014/03/14公開 アメリカ 117分監督:ジョゼ・パヂーリャ出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、サミュエル・L・ジャクソン 半分人間、半分ロボット最強の警官誕生。 [Story]2028年、アメリカのデ...
ロボコップ  監督/ジョゼ・パヂーリャ (西京極 紫の館)
【出演】  ジョエル・キナマン  ゲイリー・オールドマン  マイケル・キートン  アビー・コーニッシュ 【ストーリー】 2028年、アメリカのデトロイト。巨大企業オムニコープ社がロボットテクノロジーを牛耳っていた。警官のアレックスは愛する家族と幸せな日々を過ご....
ロボコップ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:117分 監督:ジョゼ・パヂーリャ  1987年製作の『ロボコップ』をリメイクした近未来アクション作品である。自動車に仕掛けられた爆弾の爆発により、ひん死の重傷を負った警官が、最新技術によりサイボーグ警官として生
「ロボコップ」(2014)☆生まれ変わったイケメンコップ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
息子さんの大学受験も終わって、ようやくホッとした下コメ友と復活川崎IMAX☆ ゼッタイ観たい!とかねてから思っていたのに、ブロガーさんの反応がイマイチでやや心配だったけど・・・・ 期待値低めがよかったのか、これ結構面白いよー☆
「ロボコップ(2014)」 怒りのエネルギーが薄い (はらやんの映画徒然草)
1987年制作のポール・ヴァーホーベン監督の「ロボコップ」のリメイクです。 デト
ロボコップ (心のままに映画の風景)
2028年、アメリカのデトロイト。 巨大企業オムニコープのロボットが、世界各地で軍事利用される中、アメリカではその配備が法律で禁じられていた。 ある日、警官のアレックス・マーフィー(ジョエル・キナマン)は、爆発事故に巻き込まれ、瀕死の重傷を負い、生き残...
ロボコップ (ダイターンクラッシュ!!)
2014年3月15日(土) 21:20~ TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 残虐度とユーモア控えめ。センスに欠けた程々のリメイク。 『ロボコップ』公式サイト ネタバレ。 マーフィーの損壊シーンが、腕は千切れの銃殺から、車の爆破...
『ロボコップ 2014』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2014年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:117分  原題:ROBOCOP  配給:20世紀フォックス  監督:ジョゼ・パヂーリャ  主演:ジョエル・キナマン      ゲイリー・オール...
『ロボコップ』 (時間の無駄と言わないで)
リブート。 なんか最近のハリウッドはリブート多い気がするなぁ。 ポール・バーホーベン版は何度も観ました。 そういや最近は全然テレビで放送しないね。 まぁ家族がお茶の間で ...
ロボコップ(2014) (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第339回「オリジナル作品を超える難しさとは?」 今回の「ロボコップ」という作品は私が中学生時代に映画化され大ヒットし、その後、続編が作られ、さらにはテレビシリーズと一世を風靡した作品だ。私もその面白さにすっかりと魅了された1人です。それがリメイクされ....
ロボコップ (to Heart)
原題 ROBOCOP 製作年度 2014年 上映時間 117分 脚本 ジョシュア・ゼトゥマー 監督 ジョゼ・パヂーリャ 出演 ジョエル・キナマン/ゲイリー・オールドマン/マイケル・キートン/アビー・コーニッシュ/サミュエル・L・ジャクソン 1987年製作のポール・ヴァーホーヴェン監督...
[映画『ロボコップ(2014)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ロボコップの新作を作るというのは、作り手にとって、かなりのプレッシャー(ストレス)があったとも思われ、見ることになる私たちにも、かなりのプレッシャー(ストレス)が強いられると思った。  ポール・バーホーベンのオリジナルは、それほどに歪なプレッシャー(...
ブラックボディに染められてるんだが、俺はもうロボかもしれない ジョゼ・パジーリャ 『ロボコップ』 (SGA屋物語紹介所)
80年代に人気を博したあの異色ヒーローが満を持して復活! 色々事情で遅れたものの
ロボコップ (Some Like It Hot)
■「ロボコップ/Robocop」(2014年・アメリカ) 監督=ジョゼ・パヂーリャ 主演=ジョエル・キナマン ゲイリー・オールドマン マイケル・キートン サミュエル・L・ジャクソン  僕はポール・バーホーベン監督のオリジナルに思い入れがある世代。メディアや社会...
ロボコップ (2014) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
4月に観た3本の映画の内の2本目は87年に公開 されたポール・ヴァーホーヴェン監督の名作 「ロボコップ」のリメイク「ロボコップ (2014)」、 2D作品ながらアイマックスで公開されていましたので 遠征して観に行ってきました。 ロボコップ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生...
ロボコップ (愛猫レオンとシネマな毎日)
1987年に公開され、大ヒットとなった「ロボコップ」が約30年ぶりに復活。 オリジナルでは、殉職した警官がロボコップになりますが、本作では爆破事件で 身体のほとんどを失った刑事が、ロボコップへとなります。 新しく生まれ変わったロボコップの能力は飛躍的に...
ロボコップ (2014) ROBOCOP 117分 (極私的映画論+α)
やはりオリジナルの持ってた「毒」「衝撃」には及びませんでした。
ロボコップ (RoboCop) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョゼ・パヂーリャ 主演 ジョエル・キナマン 2014年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ 街の至る所に交番があるってのが、日本独特の風景のひとつだとか。その辺が凶悪犯罪発生率の低さをもたらしてるって見方があるようですけど、別におまわりさん...