銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

真夜中のパリでヒャッハー!

2017年04月16日 11時36分56秒 | 洋画コメディ
BABYSITTING
2014年
フランス
84分
コメディ
劇場公開(2017/01/21)



監督:
フィリップ・ラショー
ニコラ・ブナム

『世界の果てまでヒャッハー!』
脚本:
フィリップ・ラショー
出演:
フィリップ・ラショー
アリス・ダヴィ
ヴァンサン・ドゥサニャ
タレク・ブダリ
ジェラール・ジュニョ
クロチルド・クロ
ジュリアン・アルッティ




<ストーリー>
出版社で働くフランクはある日、社長からひと晩子どもの面倒を見て欲しいと頼まれる。彼が社長の豪邸へ向かうと、そこで待っていたのは甘やかされて育った生意気な少年だった。

-感想-

傑作!
大体がシリーズものは1作目の方に軍配、のパターンが多いけれどもこれもそう。
2作目も面白かったよ。
けどくっそ面白かったのは1作目であると胸を張って書ける。
だってこの私が

口から唾を飛ばして爆笑しちゃったのだから。

2作目ではサッカーボールを顔に食らわしてたけれど、1作目ではシャンパンボトルのコルク栓を思いっきり食らわしてた。
そっかそっか彼女に対して前科持ちだったのかこいつw

落ちてたビデオカメラを再生して何が起きたのかを知らない者達が観る体は一緒。
今回はベビーシッターとして預けられたクソガキが重要となっている。
甘やかされて育てられたからクソガキになっちゃって性格もひん曲がり。
けどもね、本当は自分を親が構ってくれないから寂しい思いをずっとしてたんだてのが動画を通じて両親に伝わり、家の中を滅茶苦茶にされようが愛車を破壊されようが、失いつつあった子への愛情を取り戻していく、そんな主人公にとってもこのクソガキの家族にとってもハッピーなラストに心がジーンとなる。

感動を最後に与えてくれる事も優れているが、やっぱ録画に残されていた“真相”“真実”の暴露、この中身が優秀。


遊園地にあった「ダークルーム」でのひとコマ。
ンナハハハハwwww
両者エロい顔してソフトタッチに何回キスしてんねんw
演技でも怖いわw

喘息持ちのクソガキが発作を起こし家に急いで連れて帰る為に主人公達が取った行動がカート。
カートと言ったらマリオカート。

ちゃんとバナナを投げるのよ、止めに亀の甲羅を投げて敵をスピンさせちゃうとか、もうこんなん笑顔になるに決まってるやん、卑怯やわ。
ムスッとしていたクソガキも「最高だったよ!」と大喜びするわさ。

社長の家の隣に住む口煩いメガネ爺さん。
「やかましい!」と怒鳴り込んで来たこの人を見て一言「誰かに似てるな、あ!『空飛ぶ家』だ!!」

お前ら本当にやっちゃうかww
爺さん手を振って楽しんでんじゃねぇよww
何処に行っちゃったんだろう。
昔「風船おじさん」というバカが日本に居たけど、同じ様に行方不明になっちゃったんだろうかね。
永遠と快適な空の旅をお楽しみください、てかw

ゴラム似(笑)の社長は息子の行方を探る為に録画の中身を「葉巻」を口に咥え観続けていたが、ケツの穴に挿してたのが今口にあるってのを知った瞬間の顔が滑稽過ぎ。

腹抱えるコメディ映画は何度も経験しているけれど、唾飛ばして爆笑したコメディ映画なんて記憶にないなぁ。
これ、1作目も2作目も観た方がいいぞ。
嫌な事スコーンと忘れる位に大笑い出来るからさ、まあ騙されたと思って今直ぐにでもレンタル店へゴー!!
おっとカートに乗って行くなよヒャッハー。

評価:★★★★
17/04/16DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2017-04-05
メーカー:ニューセレクト

関連作:
『真夜中のパリでヒャッハー!(2014)』(第1作)
『世界の果てまでヒャッハー!(2015)』(第2作)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その女諜報員 アレックス | トップ | 13時間 ベンガジの秘密の兵士 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『真夜中のパリでヒャッハー!』をHTC渋谷1で観て、見に行かなくっちゃダメダメふ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲これなかなかいいデザインだと思う。 五つ星評価で【★★★★ああん、もうったらもう】 またまた、再びこういう人生の役に立たないくだらないの大好き と言う訳で、『世界......
真夜中のパリでヒャッハー! (5385 (ごみばこ))
<未体験ゾーンの映画たち2017>にエントリーされた1本 私のブログにTBとコメントを残してくださっているGOOブログの「銀幕大帝α」のヒロ之さんが このシリーズの2作品を結構ご自身......