銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。2800作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

カールじいさんの空飛ぶ家

2011年07月20日 01時23分58秒 | アニメ
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開
監督:ピート・ドクター
共同監督:ボブ・ピーターソン
製作総指揮:ジョン・ラセター
原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー
脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター

声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー

<ストーリー>
ひとりで暮らすカールは、ある日妻との約束を果たすため、人生で最初で最後の冒険の旅に出る決意をする。
<感想>
冒頭10分間は滅茶苦茶泣ける。
なにもそんな切ない話にせんでも・・・。
セリフを一切廃し、仲睦まじい夫婦の時の流れを仄々と、そして哀しみを含めて描き出し、2人に感情移入した所でやってくる、老いた先のフレドリクセンが項垂れる姿。

あぁ・・・思わずブワッと(涙

愛する人を亡くした事により、フレドリクセンの新たな人生の開幕です。

ここからは凄く楽しい。

無数の風船がボファッと花開くシーンは美しさ一杯で大感動。

一見、空飛ぶ家は『天空の城ラピュタ』のパズーとシータが乗っていた凧みたい。
風船の数が減り、落下していく家は、崩壊したラピュタみたい。

なんて、ふと思っちゃったけれど、目的の滝に付いてからは専ら歩いて家を引っ張り回すフレドリクセンに、爺さん体力すげぇな、と(笑)。

頑固なフレドリクセンと、呑気な少年ラッセルのドタバタ漫才風珍道中はコミカルな笑いが生まれるが、尊敬していたチャールズ・マンツと出会ってからの戦いにはワクワクとした冒険心を抱かせてくれます。

助け船を出す喋る犬にしろ、キャラクターがなんか可愛らしい。
仏頂面だったフレドリクセンが、純粋な心を持つラッセルの姿勢に溶け込み、徐々に顔に優しさが戻ってくる辺りには、ついつい私の顔も綻んできます。

ラッセルの父の代わりにバッジを付けてあげるフレドリクセンの‘感謝の気持ち’には素直に心が温かくなりました。

清々しく、心地よいエンドロールも素敵。

カールじいさんには末長く元気に、妻の分まで幸せに長生きして欲しいなぁ。。。
そんな事をふと思わせる温もりに満ち溢れたアニメーションでした。

受賞履歴:
2009年 第67回 ゴールデン・グローブ賞音楽賞 マイケル・ジアッキノ
2009年 第82回 アカデミー賞長編アニメ賞

オフィシャル・サイト(日本語)
オフィシャル・サイト(英語)

評価:★★★★
11/07/19DVD鑑賞(旧作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2010-04-21
メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フレンチ・コネクション | トップ | 塔の上のラプンツェル »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-07-20 03:31:53
ディズニー&ピクサーのクオリティの高さは本当に素晴らしいですね。
この冒頭の10分はもう胸が締め付けられるほど苦しかったです。
まもなく『カーズ』が公開されますが、やっぱり期待しちゃいます^^
こんにちは♪ (yukarin)
2011-07-20 13:12:23
そうそう冒頭からして泣けちゃいますねー。
めったに観ないアニメだけどほんと素敵な作品でした。
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-07-21 16:55:20
ピクサー映画にハズレがないですね~。
本当に、ストーリーも映像も素晴らしいです。
冒頭の夫婦の出会い、別れには辛いものがありました。

日本も舞台になっている『カーズ2』、面白そうですね。
その前に『レミーのおいしいレストラン』をまだ見てないんですよね~^^;
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-07-21 16:56:31
こんちは~。
冒頭、泣けちゃいますよね~。
それ以降は、凄く楽しかったです。
ピクサーアニメは本当に期待を裏切りませんね。
感動♪ (Puff)
2011-07-21 21:08:56
良かったですよねぇぇ!
その年のマイベストに入れましたよぉ。

そそ、冒頭の回想シーンは思わずほろり・・・と来ちゃいますよね。
(「つみきのいえ」というアニメをふと思い出しました。
こちらも機会があれば是非観てみて下さいまし。)

そよそよとなびく草木、ふわふわと浮き上がる風船。
クオリティの高い映像と、広がりのある風景が素晴らしかったですね!
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-07-23 12:54:23
うんうん、とっても良かったデス~

冒頭のセリフ無き夫婦の出会い、別れのシーンから、グイグイ引き込まれちゃいました。
悲し過ぎです

「つみきのいえ」は話題になったアニメですよね。
是非、お薦めならば借りてみます

画がとても綺麗で、3Dで観たら、もっと感動的だったんだろうな、と思います。

Puffちんが、マイベストに入れちゃうのも納得。
素敵な物語でした
Unknown (シグルド)
2011-07-30 20:04:29
おお、結構前に見ましたょ、コレw

敵リーダー犬のヘタレっぷりが笑えましたw
故障の影響とはいえ、あの声はないわw

サイレント冒頭は流石としか言いようがないです。ウォーリーもそうですが、動きと描写はホント天下一品ですねw
>シグルドさんへ (ヒロ之)
2011-07-30 21:01:44
かなり前にレンタル開始された作品ですからね。
私は今頃鑑賞です。
お恥ずかしい^^;

そうそう、あの犬の変声ね。
あれは笑いました。
なんじゃそりゃ!って(笑)。

冒頭のシーン、泣かせますよね~。
もうウルウル状態でした。
ピクサー、やるなぁ~。
こんにちは (maki)
2013-07-10 07:15:06
冒頭の回想が素晴らしかったですね
正直、冒頭が素晴らしいだけに
到着してからの冒険はいまひとつにかんじたんですけども…
ラストの父のかわりに「思い出のバッチ」(グレープジュースのふた)をつけてあげるのにはちょっと感動しました
エンドロールで流れる映像を見ると少年とおじいさんの間には深い絆ができたようですね
>makiさんへ (ヒロ之)
2013-07-11 01:44:56
こんばんは!
もう滅茶苦茶素晴らしかったですよあの冒頭シーンは。
ありゃ?makiさん冒険シーンはイマイチでしたか^^;
私はかなり楽しめちゃった口だったんですが。
お爺さんと少年の絆の深さに温かみを感じて、私自身も見終わって心がほっこりしちゃいました。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
カールじいさんの空飛ぶ家 (LOVE Cinemas 調布)
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』...
カールじいさんの空飛ぶ家/Up (いい加減社長の映画日記)
これも1週間遅れのレビュー記事。 ピクサーの新作アニメということで、期待して「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかなぁ。 「カールじいさんの空飛ぶ家」は、大きめのスクリーンで、4割程度か。 【ストーリー】 冒険好きな少年と少女だ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろ...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語 (映画のブログ)
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公開を待ち焦がれていた。  本作の宣伝では、宮崎駿監督の次の言...
カールじいさんの空飛ぶ家 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジ ...
カールじいさんの空飛ぶ家3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
長年連れ添った妻を亡くして孤独になり、思い出がいっぱい詰まった家が再開発で立ち退きを求められたとき、老人が奇想天外な方法で旅に出る物語だ。カールじいさんは愛する妻がいる間は幸福だったけど、一人きりになって世間の人を寄せ付けなくなる。孤独に凝り固まった老...
カールじいさんの空飛ぶ家 (本と映画、ときどき日常)
監督 ピート・ドクター     ボブ・ピーターソン 声の出演 エドワード・アズナー        クリストファー・ブラマー 冒険好きの幼なじみの二人。 老いて、妻に先立たれ、思い出の家と共に約束の地パラダイスフォールに向かうおじいさんのお話。 家が空に....
カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
カールじいさんの空飛ぶ家 3D字幕版/エドワード・アズナー (カノンな日々)
日本の3D映画元年とも言われる2009年。年末には大本命とも言える実写モノの『アバター』が控えてますが3Dアニメーションではトリを飾るのはこの作品ですね(まだ他にあったっけ?)。『 ...
『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
君との約束を守るため僕は今から旅に出る__この冬、ディズニー/ピクサーが贈る最新作は、風船のついた家で空へ飛び立ったガンコじいさんの物語。ラブストーリー、アドベンチャ ...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (こねたみっくす)
スタジオジブリの後継者はここにいる。この映画を見るとジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそう感想を述べた気持ちが凄くよく分かります。ジブリ的な展開とキャラクターに、ピクサ ...
冒険しようよ~『カールじいさんの空飛ぶ家』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自宅に大量の風船をくくり付 け、大空へと飛び立つのだったが・...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマ ...
映画『カールじいさんの空飛ぶ家<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ピート=ドクター、ボブ=ピーターソン。脚本、ボブ=ピーターソン、ロニー=デ
カールじいさんの空飛ぶ家 (こんな映画見ました~)
『カールじいさんの空飛ぶ家』---UP---2009年(アメリカ)監督:ピート・ドクター声の出演: エドワード・アズナー カール・フレドリクセン ジョーダン・ナガイ ラッセル ボブ・ピーターソン ダグ/アルファ クリストファー・プラマー チャールズ・マンツ 古....
カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年12月7日(月) 19:15~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1550円(チケットフナキで購入した前売り1250円と差額300円) パンフレット:600円(買っていない) 『カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版』公式サイト 恒例のピクサーの新作は、ディズニー・デジタル3...
カールじいさんの空飛ぶ家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カールじいさんの空飛ぶ家」である。 なんともまんまな邦題だが、原題...
UP カールじいさんの空飛ぶ家 予想をはるか越え奇想天外、かつハートウオーミング、とは 凄くないか (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ゴテゴテした日本語タイトルとは裏腹に、アメリカの原題タイトルは極めてシンプル。 そのロゴの映画上の登場も、過去になくさりげなく短く表示。 さて、その中身は?! 全く予想してなかったことだが、 家が空を飛ぶだけではすまされない、かなり奇想天外!な展開に驚嘆...
カールじいさんの空飛ぶ家 (mama)
UP 2009年:アメリカ 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー カー ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (悠雅的生活)
チョコレート。テニスボール。ビニールホース。
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (そーれりぽーと)
ディズニー・ピクサー最新作で、ピクサーとしては初のDisney Digital 3-D作品『カールじいさんの空飛ぶ家 3D』字幕版を観てきました。 ★★★★ こないだの『ボルト』は同じディズニー3DCG映画でジョン・ラセターが携わってても非ピクサー作品。 今回はピクサー純正、本...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み (はらやんの映画徒然草)
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
カールじいさんの空飛ぶ家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
PIXARの新作は主役がおじいさん。んーーーっと、どうなんだろうって思ってましたが冒頭10分くらいの、カールがエリーと出会ってからの現在までの追憶映像が、すごくいい。出会い、成人し、結婚して、叶わない夢があって、でも愛する人といつまでも一緒に楽しく暮らせたら...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (古今東西座)
泣けそうな映画だよなぁと予測していたので、いかにも観客の少なそうな日曜日の最終回というタイミングを狙って劇場へ。「これなら映画が終わってメソメソしていても、あまり他人から見られなくて済むので恥ずかしくないかも」という目論見は外れ、3Dメガネを受け取って...
[映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってし...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 字幕版の3Dを初体験!
カールじいさんの空飛ぶ家(3D日本語吹替版) (映画通信みるみる)
「パラダイスの滝よ。伝説の場所って言われてるんだ…… あなたが飛行船で連れてって。ぜったい約束ね。」 解説:『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
映画 ■■カールじいさんの空飛ぶ家■■ (Playing the Piano is ME.)
見る前からヤバイな、と思っていたけど もう、涙腺決壊。 泣いた泣いた。 体中の水分が全部涙になったと思うくらい泣きました。
カールじいさんの空飛ぶ家 (銅版画制作の日々)
 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかな...
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP & 晴れ ときどき くもり (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」 その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよいよ来週から日本公開★試写にて鑑賞 妻に先立たれたカールじいさんの、想い...
字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』 (水曜日のシネマ日記)
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (ラムの大通り)
「いやあ、やはり映画は観てみないと分からないね」 ----えっ。どういうこと? この映画、気に入らなかったの? 「いや、そうじゃなくて、思っていたのと、少し、いやかなりかな、 自分の受けた印象が違ったってこと」 ----そうニャの? これって、おばあさんを先に亡くし...
「カールじいさんの空飛ぶ家」:西日暮里五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
ビルメンテナンス・・・カールじいさんの家もメンテナンスしてくれないかな。 冒険の旅でボロボロになっちゃったもんね。 いまはなき愛妻の夢をかなえようと、自宅に風船をいっぱいつけて南米の滝をめざすじいさんのア二メーション映画が、「カールじいさんの空飛ぶ家」...
カールじいさんの空飛ぶ家<字幕> (りらの感想日記♪)
【カールじいさんの空飛ぶ家<字幕>】 ★★★★☆  映画(36)ストーリー 古いけれど手入れの行き届いた一軒家に暮らす老人カール・フレドリク
カールじいさんの空飛ぶ家 (心のままに映画の風景)
亡き妻エリーとの思い出に満たされた家で暮らす老人カール・フレドリクセンは、 周りの開発が進む中で頑なに家を守り続けてきたが、ついに立ち退かなくてはならなくなった。 施設からの迎えが来た日、カー...
「カールじいさんの空飛ぶ家」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
まだ公開が12月と先なので、ネタバレは無しで・・・。 一番私が良かったのは最初の15分間位の回想シーンでした。
カールじいさんの空飛ぶ家 (Diarydiary! )
《カールじいさんの空飛ぶ家》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - UP 愛す
カールじいさんの空飛ぶ家 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:UP) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ピクサー映画の10作目にして、初の3Dアニメーション。 偏屈で孤独なガンコ老人が亡き妻との約束を果たすべく、我が家に大量の風船をつけて大冒険に出発するアドベンチャー映画。 1930年代。伝説的な冒険家チ...
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の北部九州地方は晴天です 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね…せっかく買ったカメラの撮影にも行きたいんですけどねぇ 数日前にちょこっと書いた“悪...
カールじいさんの空飛ぶ家 (シネマDVD・映画情報館)
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンク...
『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・“冒険はそこにある!” (SOARのパストラーレ♪)
不機嫌そうなしかめ面の老人とどこか抜けてるマイペースな少年。およそアクション・アドベンチャーのヒーローにはほど遠いこのコンビが、大空でそして伝説の地で繰り広げる大冒険。ピクサー10作目は擬人化した昆虫でも魚でもおもちゃでもクルマでもなく、“人間”二人をど...
★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
カールじいさんの空飛ぶ家【3D鑑賞】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カール...
■映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ピクサーの最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』は、2009年度カンヌ映画祭のオープニング作品に選ばれた作品。 (アニメ作品としては史上初!) それも納得の大名作です。 美しい映像とユニークなキャラクターたちが織りなす素晴らしい物語。 映画でしか表現できない...
【カールじいさんの空飛ぶ家 3D】 (日々のつぶやき)
愛する妻が死にました―  だから私は旅に出ます。 甥っ子初の3Dに連れていってきましたー ストーリーは勿論、3Dの立体感に甥っ子ったら始終ワクワク興奮しっぱなしでしたー♪ 私は・・ 冒頭やられてしまいました! カールとエリーが出会った恋に落ちて、哀し
カールじいさんの空飛ぶ家 (いやいやえん)
冒頭の妻との出会いから旅に出るまでの物語が秀逸。台詞がほとんどないにも関わらず二人の背景が読み取れる。子供が出来なくて二人だけの生活でも、幸せな人生だったんだろうなと思える。 主人公は偏屈気味なおじいさんで、要所ででてくる妻への愛にはジーンとくる。...