銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

アンチクライスト

2011年09月07日 15時31分27秒 | 洋画ドラマ
ANTICHRIST/09年/デンマーク・独・仏・スウェーデン・伊・ポーランド/104分/サスペンス・ドラマ/R18+/劇場公開
監督:ラース・フォン・トリアー
脚本:ラース・フォン・トリアー

出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー

<ストーリー>
子供を失くした夫婦の悲しみと苦悩を、過激なセックス&バイオレンス描写と共に描く。
<感想>
難しそうな映画だけど、例のアレをこわいもの見たさで鑑賞。

うん、訳分からん。

一種の宗教映画?
実験映画とも芸術映画とも観てとれる。

殆どBGMを無くし、自然音だけで美しく映し出される映像には引き込まれるものはあったけど、屋根に降り注ぐどんぐりとか、鹿・狐・烏の動物とか、内容に対してそれらは何を暗示しているのかが理解出来ない。

画面にはほぼ2人の姿しか映っていないけれど、デフォーはまぁ良いとして、シャルロット・ゲンズブールの狂気の沙汰が尋常では無く観ていて嫌になってくる。
笑っていたと思っていたら次の瞬間いきなり怒りだし暴力性を爆発させ、また次になると下半身丸出しにしてセックス強要。
喜怒哀楽表現が目まぐるしく変わり、プッツン所じゃないキチっぷりさはある意味不気味で恐ろしくさえも思わせてくる。

屋外に飛び出して、突然大木の下でオナニー始めるとか、異様に半裸シーンが多いが、これは精神錯乱状態を暗喩していると受け止めていいのかな?

彼女の体当たりな演技は評価するべきものはあるが、逆に1人だけ変に浮きすぎて、結局作品としては何を描こうとしていたのかが全く伝わってこなかった。

夫としてセラピストとして懇親的に妻に温かく接するデフォーの姿には希望の光がまるで見えてこないだけに痛々しくすら感じてくる。
しかも彼の努力も空しく、妻は回復する兆候すらなく益々精神を病んで行く。
彼らが辿り着いた先は苦痛からの解放。
流石に我慢の限界にきたのか、結局そうなっちゃうのね。

エデンから抜け出すかのように森を歩むデフォーの元にわらわらと姿を現す大勢の人々。
このエンディングもどういう意味があるのか。
私には到底理解出来ないストーリーが広がっていました。
向いてないというより、苦手な作風です。

で、例のアレですけど、修正が加えられているにしてもちょっとキツい。
ジョキンって一気にやってくれたからまだ直視出来たけれど、無修正だと目を背けちゃうだろうな^^;

受賞履歴:2009年 第62回 カンヌ国際映画祭女優賞 シャルロット・ゲンスブール

オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★☆
11/09/07DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-09-07
メーカー:キングレコード
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マッハ! ニュー・ジェネレ... | トップ | アウェイク »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (maki)
2011-09-07 18:19:54
何か凄いらしいと聞いて私も今日これ借りてきましたが、そうですか、例のジョキンはやはりキましたか。(まだ観てません)
アンチとタイトルがついてるとおり、一種の宗教映画なんでしょうけれど、
ヒロ之さんの評価だといまいちっぽそうですね
難しいテーマなのかな
色んな意味で痛々しそうな作品ですね

あと、またTBとコメントも弾かれているようでgooサポートに連絡しました><
Unknown (KLY)
2011-09-07 22:50:49
あのジョキンはキツイねぇ。^^;
私も無修正版は直視出来ないと思います。
もちろん宗教的な意味合いが非常に強いんで受け取り方には様々あるでしょうね。
DVDでたんですね、もう一度観なきゃ!
>KLYさんへ (ヒロ之)
2011-09-08 00:50:22
キツかったですorz
一気にやってくれたので何とか観れましたが、あれが長々だと修正されていても観てらんないと思います。

もうちょっと分かり易いストーリーなら、評価も変わって来たかもしれませんが^^;

もう一度観ますか!?
私はもういいです(笑)。
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-09-08 00:51:03
いや~幾ら修正されているとはいえ、きっついものがありました。

いまいちというか、意味不明というか、自分には理解出来ない世界が広がった映画でしたね。
好みの問題もあると思いますよ。
makiさんは意外と独特な世界観にハマルかもしれませんね。
異様な空気漂うこの作品を是非、その目でお確かめ下さい^^

あれ?
またですか?
きちんと解決されたのかと・・・。
どうなっているんでしょう?
Unknown (にいな)
2011-09-08 20:12:28
宗教が絡んでくると理解できないジャンルだなぁ。ラース・フォントリア監督の作品って日本人にはわからないと思うな。

あの奥さん一体どうしちゃったんだろう。なんで子供の靴を左右逆に履かせてたの?あんな悪魔みたいな部分を持っていたなんて・・・

人間て何がきっかけで本能が目覚めるのかわからないね。
映像は美しいのに・・ (Puff)
2011-09-09 00:38:06
こんばんは~☆

とんでもなく凄まじいものを観た!
って感じの映画でしたね。
観た後は何時までも後を引き不快感で一杯になるという
まさにトリアー監督の手中にハマってしまったようでした。

実はトリアー監督の作品ってあんまり好きじゃないのです。
でも新作が出ると毎回観てしまいます。ハハ
・・・ホントは好きなんだろうって?笑

それにしても痛いシーンが多かったですね。
チョッキン☆やら足ズコーンやら赤ん坊密かに虐待?やら
極限の痛みを与えるのが本当に巧く嫌らしいです。
見ました~ (maki)
2011-09-09 19:10:32
こんばんは♪
私もかなり「?」な部分ばかりの
感想になりました
いわんとしていることはわかるのだけど、
だからどうだという部分がわからないんですよね…
宗教がテーマになってくると、どうしてもわからないことだらけになってしまって
しかも内容がアレでしょ、かなり難しい作品だと思いました
ジョキンは背中ゾワゾワ~としましたよ!
>にいなぁんへ (ヒロ之)
2011-09-10 14:41:52
何を描いて、何を伝えようとしているのか、正直さっぱり分からなかったよ^^;

奥さんは子供に虐待していたんだろうね。
その自念の責に駆られて精神を病んじゃったのかもしんないね。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2011-09-10 14:48:12
こんちは~

物凄く狂気と絶望に満ち溢れた作品でした。
観ている私もぐったりしちゃうような

トリアー監督作はこれが初です。
過去の作品もこんな感じなんでしょうか。
私には・・・向いてないかも

痛いシーン連続でしたね~
平気でやっちゃう奥さんの心理状態が本当に恐ろしかったです
>makiさんへ (ヒロ之)
2011-09-10 14:59:03
ハハ。
makiさんもやはり「?」になっちゃいましたか。
私は、結局何だったのかが全くこの世界からは掴めませんでした。
宗教が絡んで来ると、どうにも苦手な作風になっちゃいます。
映像の美しさには魅せられましたけどね~。
観終わった後はドッと疲れました^^;
Unknown (Quest)
2012-06-05 20:01:52
こんにちは。

トリアー作品は好きなのですが、これはまたえらくわかりにくいモノ撮ったなーと言う感じですね。
冒頭の超スローなモノクロ映像などビジュアルセンスは素晴らしいんですけどね(笑)

ジョッキンのところはボカシありでしたが、なかったらなかったで、とんでもなく凄そうですよね。
>Questさんへ (ヒロ之)
2012-06-07 23:04:27
こんばんは。

私はさっぱり解りませんでした(笑)。
狂気な世界と、鬼気迫る演技には魅せられたんですが、話自体はチンプンカンプン。
観る人を選ぶ作品なのかもしれませんね。

ボカシなしでも観たい・・・ような観たくないような^^;
グロいのは大丈夫ですけど、痛いのは苦手です。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アンチクライスト/シャルロット・ゲンズブール (カノンな日々)
私の好きなラース・フォン・トリアー監督が私の好きなシャルロット・ゲンズブールを主演に描いたエロティック・サイコ・スリラー作品です。とはいえラース・フォン・トリアー監督 ...
アンチクライスト (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
アンチクライスト [DVD]ほぼ二人芝居のこの物語は、自ら“うつを患った”と公言するラース・フォン・トリアー監督が、物議を醸すことを目的にしたかのような問題作だ。子供を失った ...
アンチクライスト (LOVE Cinemas 調布)
情事の最中に息子を事故で失い、深い悲しみと自責の念に苛まれ精神を病んでしまった妻と、それを治そうとするセラピストの夫の姿を描いた衝撃の問題作だ。出演は本作で第62回のカンヌ国際映画祭で女優賞を授賞したシャルロット・ゲンズブールとウィレム・デフォー。監督は...
アンチクライスト / ANTICHRIST (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click ウィレム・デフォー×シャルロット・ゲンズブール。 カンヌ映画祭で話題となったラース・フォントリアー監督最新作! ホラーやミステリアスな映画、衝撃作!や問題作!は全然平気、むしろ好み。 当然の....
アンチクライスト (538ねん。)
いくら映画の情報を事前にとりこまない といってもたかが知れてますから あれやこれやと断片的にははいってきますが 実際に見て見たら いやすさまじい映画でしたねぇ ラース・フォン・トリアー監督 ホラー映画作ってしまいましたねぇ 「アンチクライスト」ってタイトル....
アンチクライスト(2009)▲▽ANTICHRIST (銅版画制作の日々)
 ようやく京都にやって来た! 京都シネマにて鑑賞。何と1日1回のみの上映。 過激な描写があるということで、心して観ないといけないのではと臨んだのですが・・・・。意外にもそんなことははまったく感じさせず。 暴力的シーンがあるものの、映像美の美しさでそんな...
『アンチクライスト』 私を泣かせてください (映画のブログ)
 最初の10分間だけで映画代を払う価値があった、と『カールじいさんの空飛ぶ家』の感想に書いたが、『アンチクライスト』は冒頭の5分を観ただけで大満足だった!  これまでもたびたび引用している岡田斗...
◆『アンチクライスト』◆ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:デンマーク+ドイツ+フランス+スウェーデン+イタリア+ポーランド合作映画、ラース・フォン・トリアー監督、シャルロット・ゲンズブール、ウィレム・デフォー、ストルム・アヘシェ・サルストロ出演。
『アンチクライスト』 (ラムの大通り)
(英題:ANTICHRIST) ----この映画、日本での公開は絶望視されていたとか。 監督がラース・フォン・トリアーで、 主演のシャーロット・ゲンズブールは カンヌ映画祭主演女優賞受賞しているのに、なぜ? 「まあ、そのふたつの事実で おおよその想像はつくよね。 かなり....
アンチクライスト (迷宮映画館)
なんだろ、覚悟の問題かな。とっても理解できた。トリアー監督の中でいままで一番・・・ 。でも嫌い。
アンチクライスト・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
デンマークの鬼才、ラース・フォン・トリアーによるミステリアスなスリラー。 事故で子供を喪った夫婦が、心を癒すために訪れた森で、狂気の地獄に溺れてゆく。 「アンチクライスト」という直球なタイトルに...
アンチクライスト (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
息子を事故で失った夫婦の悲しみと苦悩を、「奇跡の海」のラース・フォン・トリアー監督が美しく、かつ残酷に描いたエロティック・サイコスリラー。出演は、本作で第62回カンヌ国 ...
アンチクライスト (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月4日(金) 20:50~ ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『アンチクライスト』公式サイト ラース・フォン・トリアーが嫌いだ。「エレメント・オブ・クライム」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」映画じゃ...
「アンチキリスト」感想・・・(+_+) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
痛たたた!!見てられましぇん!!
アンチクライスト☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ラース・フォン・トリアー監督・・・『ダンサー・イン・ザ・ダーク』観て・・・こんな鬱になるミュージカルは^^;;;ちょっとなぁ~、、、っと思った。『ドッグヴィル』も、結構陰湿な感覚でめり込んだ。そして『アンチクライスト』・・・監督、製作中に鬱になってた時...
映画『アンチクライスト』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-17.アンチクライスト■原題:Anchchrist■製作年・国:2009年、デンマーク・ドイツ・スウェーデン・イタリア・ポーランド■上映時間:104分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:2月26日、シアターN渋谷(渋谷)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名) □監...
トラウマづくりの名人芸 『アンチクライスト』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:ラース・フォン・トリアー出演:シャルロット・ゲンズブール、ウィリアム・デフォーデンマーク他映画 2009年 ・・・・・・ 6点