銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ソーシャル・ネットワーク

2011年05月27日 20時35分12秒 | 洋画ドラマ
THE SOCIAL NETWORK/10年/米/120分/青春ドラマ/PG12/劇場公開
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作総指揮:ケヴィン・スペイシー

出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー

<ストーリー>
ハーバード大に通うマークは、恋人に振られた腹いせに作った女子学生たちの人気投票サイトで注目を集めるが…。
<感想>
facebook?

んなもの知らね。

世界中の人に自分の顔を公開するの?

私の顔を見たら世の女性たちはイケ面過ぎてひっくり返っちゃうよ、いいの?

本名も載せなきゃいけないの?

普段余り聞かない名字だから直ぐに覚えられるかもよ。

え!?学歴まで??

それはちょっと恥ずかしいな。大学出てねぇからなフッ

まぁ何だ、結論から言うとだな、興味ねぇって事だ。
面倒臭そうだしな。

それよかマークが彼女にフラれた腹いせに始めた女学生の顔を比べるサイトなるものが面白そうだよね。
あ、不謹慎な事書いちゃったな。
立ち上げた時点で女性差別的で大顰蹙ものか。
作るのも駄目。
閲覧するのも駄目。
選ぶのも駄目。
でも、人ってこういうのが好きな生き物なんじゃないの?
え?私みたいな最低人間くらいだろうって?
ハハすまんね。
だったら無断で顔を公表するんじゃなくて、facebookみたく顔に自信のある男女が自ら登録して競い合う、そういったサイトだったら問題ないんじゃない?
実際あったら参加覗き見してみたいな私は。

って、映画と全然関係ない事ずらずらと書いちゃったよ。

予想通りっていうのかな、物凄く楽しめるって程じゃないけれど、セリフで物語が進む、いかにも眠たくなりそうな構成なれども、妙に入り込めるほろ苦い青春劇で飽きはしなかったし、天才が億万長者になる為には友達をも犠牲にしていかないとサクセスは掴めないという表の部分を丁寧に描きつつも、裏の部分には人の欲深さの恐ろしさというものを見て取れて、凡人には計り知れない天才には天才なりの欲と苦労と挫折に満ち溢れた生き方があるんだな、といたく感心しました。

ラストでマークに対して女弁護士が言う

「あなたは最低の人間じゃないけれど、そう見える生き方をしている」

我々鑑賞者がこの男の行動に対して思う事を、ずばり代弁してくれたような皮肉たっぷりの名セリフなんじゃないっすかね。
そして誰もいなくなった状態のマークの寂しそうな姿といい、一番好きなシーン。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

受賞履歴:
2010年 第68回 ゴールデン・グローブ賞作品賞<ドラマ部門> デヴィッド・フィンチャー
2010年 第68回 ゴールデン・グローブ賞監督賞 デヴィッド・フィンチャー
2010年 第68回 ゴールデン・グローブ賞脚本賞 アーロン・ソーキン
2010年 第68回 ゴールデン・グローブ賞音楽賞 トレント・レズナー、アッティカス・ロス

評価:★★★☆
11/05/27ひかりTV鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
レンタル開始日:2011-05-25
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャリー2 | トップ | デヴィッド・フィンチャー »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (yukarin)
2011-05-27 22:09:37
あら、イケ面なヒロ之さん見てみたいなぁ(笑)
冒頭からセリフが多くてマズイ...と思ったけれどどんどん引き込まれて観ちゃいました。
天才もいろいろ大変なんだな~と思うと天才じゃなくて良かったかなと^^;
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2011-05-27 23:45:48
フフ、イケ面過ぎて泡吹いてしまいますよ、なんて(笑)。

僕も思いました。
セリフの応酬やん!って。
でも、なんか引き込まれちゃいましたね。
こういう生き方もあるだなぁって。

自分の才能は認められたいけれど、他人に嫌われるような人間にはなりたくないですね。
そ~ですかぁ (そよ)
2011-05-28 08:02:03
ヒロ之さんはイケメンで珍しい苗字、と(メモメモ笑)

私はこれ、好きなんですよ~
主演のお兄ちゃんの素晴らしいセリフまわしに感心しまして
職人技、みたいで打たれました

自分もフェイスブックは興味ないですが、
アイデアはスゴいな~!と思いました
でも 元々の発案は他の人から・・なのだとしたら(実話でもそうだったら)
ズルいですよね~
>そよさんへ (ヒロ之)
2011-05-28 22:53:25
いや~あくまでも

自称イケ面です(笑)

珍しい苗字って程じゃないですけれど、一般的には余り聞かないですかね。

セリフの応酬、セリフ合戦な映画でしたね。

聴き入ってしまう程、セリフ回しが凄いなと思いました。

よくよく考えると・・・アイデア横取りですかね^^;
それでも自分のモノにして億万長者になってしまう所が天才だからこそ出来る技なのかも。
おひさ~ (ちゃぴちゃぴ)
2011-05-29 00:48:24
新作が安い日だったんで、映画館で観たけど借りた。
脚本家&キャストの音声解説を見ました(笑)これも、裏話満載で面白かった。
監督さんの解説は、寝やすいんで、俳優さんのにした。
楽しい映画じゃないし、しゃべりまくりだし、主人公には自分と共通点が見いだせないし…なんだけど、なぜかひきこまれる映画だったね。
天才とは、やはり違うもんですね。俳優は演じるにあたり、視点を役にもっていってるから、そのあたりの話が面白かったです。双子の人が面白い人でした。
facebookは、ちょっとな。
ヒロ之さんのイケメンぶりは拝見したいですけどね。うふ(私はイケメン・ハンター)
サマージャンボ買うの忘れた…
凡人は、こういう手段でしか思い浮かばないなぁ。
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2011-05-30 00:01:59
こんばんは~。

DVDで二度観ですね。
音声解説ってのは余り聞いた事ないんですが、作品によっては裏話なんかがあったりして面白いのかもしれませんね。

セリフで物語が進む映画ですけど、妙に引き込まれるものがありました。
天才には天才なりの生き方があるんだなぁって。
凡人な私は凡人なりの生き方で成功を掴んでみたっすね。

ヘヘ。
イケメン・・・って自分で言うなって感じですけど、まぁそこは大目にみて下さい。
言ったもん勝ちって事で(笑)。

あぁ、私もサマジャン買っていないなぁ。
どうせ300円しか当たらないんだろうなぁ。
こつこつとロト6で夢を求めるしかないんだろうか。トホホ。
Unknown (shimaneman)
2011-05-30 10:57:09
こんちは^^
イケメンという噂を聞いて来ましたw

一方フェイスブックの社長の嫁はすげぇブサ…ゲフンッゲフンゲフンッ……
>shimanemanさんへ (ヒロ之)
2011-06-01 01:53:55
こんばんは~^^

おおぉ!噂を聞きつけて?
いや~、闇雲に書いたネタ(笑)がこうも噂になって広がるとは^^;

え?社長の嫁ってそんなにブサ・・・グオハッ!!
ドロドロ秘話 (メビウス)
2011-06-06 00:55:50
ヒロ之さんこんばんわ♪TBが遅れて申し訳ありませんでした・・。

デヴィッド・フィンチャー監督は一番大好きな監督なれど、こうも会話劇の激しい内容だと自分もどこかで睡魔が襲ってくるのではと言う懸念も抱きながら鑑賞したのですが、それは杞憂でしたねぇ。
それに自分もフェイスブックって何?って疑問に思うほど無知だったので、その誕生秘話や創設者と関係者の愛憎渦巻くドロドロな青春劇は、面白かったというよりもなんか裏話を聞けたようなお得感があり、観て損は無かった作品でした♪

でも作品賞は逃しちゃったんですよねぇコレ・・。フィンチャー監督ってなんでこんなに嫌われてるのやら?^^;
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2011-06-07 22:01:38
コメントありがとうございます!!

私は全く前知識なしで観たので、冒頭での畳み掛ける様な会話劇に唖然としながらも、徐々に引き込まれて行きました。

日本人には余り馴染の無いフェイスブックがいかに作られ、世界的に広まっていったのかというサクセスストーリーと実に丁寧に描いていたと思います。

僕もフィンチャー監督は好きですが、出来れば、こういう社会的なドラマものよりも、『セブン』とか『ゲーム』みたいなアッと驚かせてくれる作品を作って欲しいという希望はありますね。

あわせて読む

73 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ソーシャル・ネットワーク (あーうぃ だにぇっと)
10月23日(土)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ。 東京国際映画祭のオープニング上映で鑑賞。 チケットはぴあの先行発売で購入。 正規料金2,000円に加え、特別販売手数料など600円が加わり1枚2,600円。 はなしのタネに一度だけ参加してみようということで大枚はたい...
ソーシャル・ネットワーク (LOVE Cinemas 調布)
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「Facebook」誕生から登録者100万人を越えるまで、創始者のマーク・ザッカーバーグと彼を取り巻く若者たちの悲喜こもごもを描き出した伝記ドラマ。監督は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のデヴィッド・...
ソーシャル・ネットワーク (映画鑑賞★日記・・・)
【THE SOCIAL NETWORK】 2011/01/15公開 アメリカ PG12 120分監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク ...
ソーシャル・ネットワーク (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE SOCIAL NETWORK。デヴィッド・フィンチャー監督、ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ブレンダ・ソング、 ...
ソーシャル・ネットワーク/ジェシー・アイゼンバーグ (カノンな日々)
劇場予告編で流れるあの音楽にやられてしまいした。好きなんですよねああいう曲調って。もちろん物語も興味深くて、世界最大と言われるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS ...
ソーシャル・ネットワーク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(14) アイディアこそ、その人に与えられた神からの贈り物
デヴィッド・フィンチャー監督 「ソーシャル・ネットワーク」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
ゴールデン・グローブ賞決定!映画作品賞受賞リスト!『ソーシャル・ネットワーク』が最多4冠!『ザ・ファイター』助演W受賞 - シネマトゥデイ ↑この記事に刺激されてって訳じゃないのですが… 昨日(1月18日)観てきました。 現在、世界で6億人もの人が登録して...
ソーシャル・ネットワーク (to Heart)
原題 THE SOCIAL NETWORK 製作年度 2010年 上映時間 120分 原作 ベン・メズリック 脚本 アーロン・ソーキン 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 トレント・レズナー/アッティカス・ロス 出演 ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン....
ソーシャル・ネットワーク(2010)☆THE SOCIAL NETWORK (銅版画制作の日々)
東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントでの鑑賞。まもなく6000ポイント、さていつ頃フリーパスポートをゲットしようか?と思案中です。出来れば、観たい作品がたくさん続く時期にと考えているんですが、、、、。タイミングが難しいわ。 話題作、「ソーシャル・...
ソーシャル・ネットワーク (だらだら無気力ブログ)
ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクションを基に、誕生から わずか数年で世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)へ と急成長した“facebook”をめぐる創業秘話を『ベンジャミン・バトン  数奇な人生』の鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が...
映画レビュー「ソーシャル・ネットワーク」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ソーシャル・ネットワーク 【デラックス・コレクターズ・エディション】(2枚組) [DVD]◆プチレビュー◆世界中の人間とつながりながら、大切な人との絆は失う皮肉。フェイスブック ...
ソーシャル・ネットワーク (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
開設から数年後、仲間から訴訟を起こされて弁護士と同席した主人公達の会話から、若い頃の友情とビジネスマンとしての葛藤が痛いほど伝わってきた。誰が正しいわけでもないし、誰の味方をするわけでもない。あるのは、新しいものを生み出そうとする情熱だ。Facebookを理解...
ソーシャル・ネットワーク (こんな映画見ました~)
『ソーシャル・ネットワーク』---THE SOCIAL NETWORK---2010年(アメリカ)監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ 、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク 、アーミー・ハマ、ルーニー・マーラ ベン・メズ...
ソーシャル・ネットワーク/ The Social Network (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ゴールデン・グローブ賞6部門ノミネート他、各映画祭などで高評価 デヴィッド・フィンチャー監督最新作! プロデューサーに、ケヴィン・スペイシー。 全米で秋に公開、東京国際映画祭でも上映されて話題の作品、い....
[映画『ソーシャル・ネットワーク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、面白い!  が、非常に不愉快な作品でもある。  冒頭の主人公マークの、女の子とのデートでの会話の不安定さから、物語に非常に引き込まれる。  頭は良いのだが、思考回路が高スピードで、しかも拡散していて、妙なプライドももっているマークは、会話相手...
ソーシャル・ネットワーク (心のままに映画の風景)
  2003年、秋。 ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、恋人にフラれた腹いせに、学内のデータベースをハッキングして、女子学生の顔写真を使った人気投票サイ...
「ソーシャル・ネットワーク」世界一バカな世界一の天才 (ノルウェー暮らし・イン・London)
世界で最も若い億万長者。 そんな人には、凡人では到底なれないのは解っている。 でもこの映画でよぉく解った。 人は天才なだけでは、「世界一若い億万長者」にはなれない。 世界一天才で、世界一バカでなくてはいけないのだ・・・・・
デヴィッド・フィンチャー監督『ソーシャル・ネットワーク』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・台詞、内容に触れています。ハーバード大学在学中に19歳でSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)「Facebook」を立ち上げ、その後一躍有名人となり史上最年少の億万長者となったマーク・ザッカ
■『ソーシャル・ネットワーク』■ (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、デヴィッド・フィンチャー監督、ジェシー・アイゼンバーグ、 アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ出演。
ソーシャル・ネットワーク (Memoirs_of_dai)
大きな代償 【Story】 2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフ...
ソーシャル・ネットワーク (映画的・絵画的・音楽的)
 すでにグラミー賞の4冠を獲得していて、さらにアカデミー賞の最有力候補ともされていますから、早目に見ておこうと、『ソーシャル・ネットワーク』を吉祥寺のバウス・シアターで見てきました。 (1)この映画はFacebookの創始者であるマーク・ザッカーバッグ氏のことを中...
ソーシャル・ネットワーク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...
ソーシャル・ネットワーク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...
ソーシャル・ネットワーク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...
映画:ソーシャルネットワーク Just Brilliant! 2010年はズッカーバーグ & この映画の年! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日発表された、TIME誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」。 その人物は、マーク・ズッカーバーグ。 この「パーソン・オブ・ザ・イヤー」を、デビット・フィンチャーが料理するとどう仕上がるか。 それは一言で説明できる(そんな映画は珍しい) = Just Brilliant!! ...
ソーシャル・ネットワーク/The Social Network (いい加減社長の映画日記)
日本では、まだそれほどでもないけど、世界で5億人が利用しているフェイスブック。 アクセス数で、グーグルを抜き、創業者のマーク・ザッカーバーグは、去年のマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。 ということで、マーク・ザッカーバーグの伝記ともいえる「ソーシャル・ネ...
映画『ソーシャル・ネットワーク』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、デヴィッド=フィンチャー。脚本、アーロン=ソーキン。原作、ベン=メズリック
『ソーシャル・ネットワーク』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ソーシャル・ネットワーク」 □監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 アーロン・ソーキン□原作 ベン・メズリック □キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク■鑑賞日 ...
ソーシャル・ネットワーク / The Social Network (勝手に映画評)
全世界で5億人ものユーザが登録しているFacebookの創業にまつわる物語。しかしながら、制作に際してFacebook側の協力は得られず、どこまでが事実で、どこからが創作なのかが不明である。 この手の物語には、仲間内での衝突が数多く繰り広げられるものですが、Facebookの....
孤高の天才~『ソーシャル・ネットワーク』 (真紅のthinkingdays)
 THE SOCIAL NETWORK  2003年、ハーバード大学。天才ハッカー、マーク・ザッカーバーグ(ジェシ ー・アイゼンバーグ)は、親友エドゥアルド(アンドリュー・ガーフィールド)と共 に学内限定のソ...
【ソーシャル・ネットワーク】 (日々のつぶやき)
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク  天才 裏切者 危ない奴 億万長者 「ハーバードの学生マーク・ザッカーバーグは、同じ寮の親友エドゥアルドに話を持ちかけハー
ソーシャル・ネットワーク (Akira's VOICE)
成功と孤独は表裏一体。  
ソーシャル・ネットワーク (とりあえず、コメントです)
世界最大のSNS“フェイスブック”が出来るまでを描いた青春&社会派ドラマです。 実はフェイスブックのことをこの映画に出会うまで知りませんでした(^_^.) でも、とりあえず映画自体の評判がとても高かったので、期待して見に行きました。
『ソーシャル・ネットワーク』 (こねたみっくす)
2010年だけでなく、21世紀最初の10年を代表する顔、マーク・ザッカーバーグ。 facebookの創始者にして親友に6億ドルの訴訟を起こされた学生企業家。ハーバード大学に在籍する天才プロ ...
『ソーシャル・ネットワーク』('11初鑑賞8・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:20の回を鑑賞。
ソーシャル・ネットワーク  監督/デヴィッド・フィンチャー (西京極 紫の館)
【出演】  ジェシー・アイゼンバーグ  アンドリュー・ガーフィールド  ジャスティン・ティンバーレイク 【ストーリー】 2003年。ハーバード大学2年生のマークは高校時代から腕利きのハッカーだったが、人付き合いに関しては奥手で、寮の自室に籠もり、ハーバード中....
ソーシャル・ネットワーク (そーれりぽーと)
フェイスブックが出来るまでの人間ドラマを描いた『ソーシャル・ネットワーク』を初日に観てきました。 ★★★★★ 独善的で人間関係の形成が苦手な天才青年のエキセントリックな発想と行動により、好意を持って接してきた周囲の人々を傷つけ続けるのに反して、“友達作...
映画「ソーシャル・ネットワーク」 (FREE TIME)
話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞しました。
ソーシャル・ネットワーク (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ソーシャル・ネットワーク/THE SOCIAL NETWORK 2010年/アメリカ/120分 監督: デヴィッド・フィンチャー 出演: ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガ...
ソーシャル・ネットワーク (晴れたらいいね~)
今年お初な映画館です。これで、ちょっと弾みが付くといいんだけどな。前々から興味のあった映画ですが、ここにきて賞取りレースの激化で、俄然close-upされている作品ではあると思 ...
映画 ■■ソーシャル・ネットワーク■■ (Playing the Piano is ME.)
ゴールデン・グローブ賞の ドラマ部門作品賞を受賞して アカデミー賞の有力候補にもなった 「ソーシャル・ネットワーク」 これは見逃せません! ああ、アカデミー賞前後は、名作が多くて嬉しい!
「ソーシャル・ネットワーク」色々な発想と失敗から学んだ人脈づくりのプログラミングストーリー (オールマイティにコメンテート)
1月15日公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞した。 この映画は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス) のFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が ...
ソーシャル・ネットワーク☆独り言 (黒猫のうたた寝)
マーク・ザッカーバーグ 世界で最も若い億万長者としてTIME誌の2010年の表紙を飾ったその青年の実話を映像化。監督はデヴィッド・フィンチャー。その青年はソーシャルネットワークの”フェイスブック”創始者。それは2003年から物語が始まる。きっかけは、彼女を振り向か...
ソーシャル・ネットワーク (試写会) (風に吹かれて)
天才の考える事は凡人にはわかりませーん 公式サイト http://www.socialnetwork-movie.jp1月15日公開原作: 「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」
『ソーシャル・ネットワーク』・・・きっかけは“右か左か” (SOARのパストラーレ♪)
世界最大のSNS、“フェイスブック”の創設者マーク・ザッカーバーグ。ハーバード大の天才だった彼が“フェイスブック”を立ち上げたきっかけからその成功と挫折の波乱に満ちた顛末を、その後の調停の場に集まった三者(四者?)の証言で見せていく人間ドラマ。
ソーシャル・ネットワーク (ダイターンクラッシュ!!)
2011年2月22日(土) 16:10~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『ソーシャル・ネットワーク』公式サイト facebookの創設と急成長を巡る人間の話。 創設時と成長後の訴訟の話で前後するので、最初の...
ソーシャル・ネットワーク (迷宮映画館)
とんとんと進んでいく話と、小難しい用語についていくのが大変。
「ソーシャル・ネットワーク」 牽引するのは脚本力 (はらやんの映画徒然草)
現在世界最大のSNSへ成長しているフェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグを
ともだち100人できるかな (宇宙のめいぐると)
「ソーシャル・ネットワーク」
ソーシャル・ネットワーク 今年はこれか! (労組書記長社労士のブログ)
【=4 -1-】 長女、再就職が内定した、今勤めている再建中の会社は、新しい経営者に業務がもうすぐ引き継がれるが、彼女は当初の予定通り辞職するために現在年休を消化中だ。 会社都合の退職にして貰うことに話は付いていたが、結果的に、失業給付は受けずに新しい仕事に....
ソーシャル・ネットワーク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック"創設の裏側を「セブン」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のデヴィッド・フィンチャー監督が描 ...
ソーシャル・ネットワーク【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ソーシャル・ネットワーク 制作:2010年・アメリカ 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ、ブレンダ・ソング、...
「ソーシャル・ネットワーク」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
映画には、旬がある映画と、見る時期時代が関係ないのとがあるけれど、これはまさに前者タイプ。
ソーシャル・ネットワーク (映画の話でコーヒーブレイク)
ゴールデングローブで4冠に輝く本作、アカデミー賞はどうでしょう? 私としてはゴールデングローブで主演男優賞を取った「英国王のスピーチ」が早くみたいなぁ。 Facebookの加入者って日本ではどれくらいなんでしょう? 日本でのスタートは2008年、昨年10月時点で15...
★「ソーシャル・ネットワーク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 その1本目。 最近話題のフェイスブック創業者のドラマ。
「ソーシャル・ネットワーク」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの「facebook」創設者をこんな風に軽佻浮薄なヤツに描いてよく本人のオーケーが出たな。 まだ生きているだけじゃなくて、いまがいちばん絶頂の人物をこんな風にだらしなく描いちゃっていいわけ?って思っちゃうわよね。 日本でいえば、孫正義を....
ソーシャル・ネットワーク (いやいやえん)
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)「Facebook」誕生の裏側を描いたお話…なんですが、私の場合まずFacebookってなに?から入るので、なんの知識もなく見ることができました。 会話のスピード、テンポが良い。ある意味でついていけるかなと心配にも...
ソーシャル・ネットワーク (メルブロ)
ソーシャル・ネットワーク(原題: THE SOCIAL NETWORK) 343本目 2011-03 上映時間 2時間 監督 デビッド・フィンチャー 出演 ジェシー・アイゼンバーグ(マーク・ザッカーバーグ)  ...
『ソーシャル・ネットワーク』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ソーシャル・ネットワーク 』 (2010)  監  督 :デヴィッド・フィンチャーキャスト :ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハ...
■映画『トロン:レガシー』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
父の創りだした電脳世界に入り込み、父と同じ顔をした男と戦う運命を担った若者。 電脳世界で、小さなバグをも許さず、誤ったバグを強制的に排除しようとするプログラムと、突然変異で“意志を持ち”“自由に動き始めた”プログラムの戦い。 こう聞くと、なんだかいろ...
映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
11-10.ソーシャル・ネットワーク■原題:The Social Network■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月1日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・フィ...
ソーシャル・ネットワーク  アー・ユー・ト・コーユー (as soon as)
ヤ・キュージョー 無線のつぶやき ソーシャルネットワークを鑑賞 これ、怖い話だね 共感できない方がいい 男と女に必要なのは体の連帯 マークは男にしろ女にしろ肌の連帯がない 相手がああ...
The Social Network ソーシャル・ネットワーク「字幕」(2011-003) (単館系)
世界で5億人以上が登録しているSNS(交流サイト) 「Facebook(フェイスブック)」の誕生物語。 自分は未登録。→登録しました。 ソーシャル・ネットワークを略してSNS。 日本でのSNSといえばmixi。 ...
ソーシャル・ネットワーク (食はすべての源なり。)
ソーシャル・ネットワーク ★★★★☆(★4つ) やっと観てきました。ソーシャルネットワーク! 高評価はだてじゃないね、面白かったです。 一言でいうなら「うらやましかった」かな~。天才って、遊べる幅が凡人とは違うんだろうな。小学生相手にポーカーするような...
ソーシャル・ネットワーク (The Social Network) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ジェシー・アイゼンバーグ 2010年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★★ いつまでも根に持って虎視眈々と復讐の機会を伺うタイプではないんですが、“機会があれば仕返ししたいリスト”ってのを常に心の奥にしまっている私...
ソーシャル・ネットワーク (うろうろ日記)
試写会で見ました。フェイスブックを創った人のお話です。彼は、ガールフレンドに振ら
映画「ソーシャル・ネットワーク」  facebookのザッカバーグのサクセウストーリー (珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~)
期待していた「ソーシャル・ネットワーク」を観た。 但し、マンション管理士の全国研修会の酔い覚ましの意味もあったので、 出だしは寝てしまったが。 訴訟の進行とともに、過去を振り返る形でストーリーが綴られる。 マーク・ザッカーバーグが友人のエドゥアル...
ソーシャル・ネットワーク (小部屋日記)
The Social Network(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/ブレンダ・ソング 天才 裏切者 危ない奴 億万長者 世界最大のSNSサイト「フェ...
【映画】ソーシャル・ネットワーク…大学卒では無い者が登録してもいいのでしょうか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
折角の休みなのに北部九州地方は雨です…晴れてても予定は無い私ですけど 近況は…書くほどの事件無し。 書店、食料品買い出し、模型店、モンハン、休みなのに土日両方で会社に忘れ物を取りに行く…そんな事だけしか行っていない最近です。 以下は映画観賞記録です。 ...
映画『ソーシャル・ネットワーク』 (虎犇秘宝館)
監督 デヴィッド・フィンチャー ジェシー・アイゼンバーグ (Mark Zuckerberg)アンドリュー・ガーフィールド (Eduardo Saverin)ジャスティン・ティンバーレイク (Sean Parker)アーミー・ハマー (Cameron Winklevoss)マックス・ミンゲラ (Divya Narendra) ★...
【映画】ソーシャル・ネットワーク…大学卒では無い者が登録してもいいのでしょうか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
折角の休みなのに北部九州地方は雨です…晴れてても予定は無い私ですけど 近況は…書くほどの事件無し。 書店、食料品買い出し、模型店、モンハン、休みなのに土日両方で会社に忘れ物を取りに行く…そんな事だけしか行っていない最近です。 以下は映画観賞記録です。 ...
ソーシャル・ネットワーク (我が頭に巣くう映画達)
52点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「セブン」、「ファイト・クラブ」のデヴィド・フィンチャー、 主演はジェシー・アイゼンバーグです。 2010年度のアカデミー賞で脚本賞、脚色賞、編集賞を受賞して...
ソーシャル・ネットワーク (こみち)
JUGEMテーマ:洋画マイクロソフトのビル・ゲイツやナップスターのショーン・パーカーが   登場するなんて、ちょっとした時代の寵児達の   記憶映画を見ているようでした。   こんなに身近に映画を感じられるなんて。 &am...