銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

トランス

2014年03月15日 00時17分23秒 | 洋画サスペンス
TRANCE
2013年
アメリカ/イギリス
102分
犯罪/サスペンス/ミステリー
R15+
劇場公開(2013/10/11)



監督:
ダニー・ボイル
『127時間』
出演:
ジェームズ・マカヴォイサイモン
ヴァンサン・カッセルフランク
ロザリオ・ドーソンエリザベス



<ストーリー>
ゴヤの名画を奪った競売人・サイモン。しかし、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失った彼は、催眠治療で記憶をたどることに。

ここは、誰も見たことのない
<記憶のその先>――。


-感想-

監督がダニー・ボイルだから期待するものはあったんだけど、なーんかそれ程自分の中では盛り上がらなかった。

ストーリーそのものは二転三転として面白いというよりも上手く考えてるなぁと思えるものだったけど、その人によっては感じられる“面白さ”が私のツボには嵌らなかったんだろうなぁ、オチを観ても「ふーん」程度の印象しか出てこなかったです。

で、結局、話の内容よりも一番に頭の中に焼き付いちゃったのがロザリオ・ドーソンまさかの全裸!
しかも陰毛全剃りのパイパンときた!
修正加えられてなかったけど、映画だから大丈夫なのか?
その衝撃的なワンシーンはこの下に載せちゃうぜ!

評価:★★★
14/03/14DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-02-05
メーカー:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

オフィシャル・サイト(日本語)

ここからは中学生以下は閲覧禁止だよ。
パイパン観たけりゃ親に見つからないようにこそっと観な!
























【パイパン無修正の花園】へようこそ

AVでもモザイク当たり前やのに、思い切り無修正露出で登場したのでおったまげた!
ボディダブルじゃないよね?
御本人だとしても良く承諾したなぁ。
ムラムラ度(4/5)

切り株画像はこちら
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 切り株画像(映画『トランス』よ... | トップ | ビザンチウム »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こっちも (ちゃぴちゃぴ)
2014-03-15 23:41:45
これは、観てあります。記事書いてませんが…。腕固定の時に観ました。
そーですよ、コレにボカシはないんかいっですよ(爆)毛がある方がヒワイなんでしょうかねぇ。
物凄く眠くなって、ぼけ~と観ていたのに、えっ?となりましたもん。マカヴォイくんのマッパもあったけどな。
ご贔屓のマカヴォイさんだったし、ダニーボイル監督だしっていうので、観たのですが、寝ボケた頭では私も「ふぅ~ん」でしたねぇ。
ヴァンサン・カッセルの頭斜め飛びは笑ったけど。絵的に、こうやって「えっ?!」はあるんですよね。どこかトレスポ風味もあったし。
でもさー、あのヌードが全部持っていった気がしないでもない。びっくりしたなぁ~。
びっくらは (sakurai)
2014-03-16 22:43:30
ビックらこきましたが、前半のスタイリッシュな展開はなかなかいいかなあと。
あとは完全尻つぼみでしたが。
>ちゃぴちゃぴさんへ (ヒロ之)
2014-03-18 21:54:48
こちらにもありがとうございます。
まさか陰毛剃ってそのままボカシなしで登場するとは思いもせず、私もここで一気に眠気が吹っ飛び、思わず

巻き戻し

してしまいました←変態オヤジ笑

いやまぁ、よく出来たストーリーだとは思うんですよ。
ただ、そんなに「おぉ!すげぇ!」とまではならなかったんですよねぇ。
「なるほどねぇ」程度でした。

もうちゃぴさんが仰る通りで、あの全裸で他の内容、消えちゃいました(笑)
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2014-03-18 22:23:36
コメントありがとうございます。
もうあのシーンが一番の衝撃で、他はどんなだっけ?ともう既にうろ覚えです(笑)
二転三転とする展開は面白いとは思いました。
こちらにも~☆ (Puff)
2014-03-23 01:22:49
そーなんですよ!
この映画を語るにはやはりあの驚きのバイパンシーンですよねぇぇ
劇場で観た時は大きなボカシだったので、その時は意味が通じませんでした。
DVDではバッチリだったのですね!
↑で無修正の写真を載せてくれたので、モヤモヤが晴れました。
ありがとう!!!

映画自体は、うん、私もダニー・ボイル監督なので大いに期待したのですが、
ちょっと複雑過ぎて思わせぶり過ぎたかなあ。
絵画盗難の掴みは良かったのですけどね。

私はボカシで憤慨した印象が強く残った映画となりました。ハハ…
>Puffちんへ (ヒロ之)
2014-03-23 21:20:22
こちらにもありがとうございます!

劇場ではボカシ付でレンタルではボカシ無しってのはおかしな話ですよねぇ。
あれをはっきり見せる、見せないでは理解するという意味では全然違ってくるので、劇場でも見せるべきでしたね。

良く練られた話だとは思いますが、面白かった!と声を大にして言える程の映画としての見応えは後半にかけて特に薄くなってしまっているように感じました。

これも素直に「驚いた!」と思いたかったんですけどね。
なんかイマイチでした

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『トランス』 2013年10月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トランス』 を観賞しました。 本日の2本目なり~ 【ストーリー】  アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)はギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を盗み出すことに成功する。しかし計画外の動きを見せた彼はギャングのリーダー(ヴァ...
『トランス』 (beatitude)
ゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」が出品されるその日のオークション会場は興奮に満ちていた。熾烈な競売の末、2750万ポンド(約40億円)という高値で落札。だがその瞬間、会場にガス弾が投げ込まれる。競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、緊急時のマニュアル通り、絵...
トランス (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】オークション会場で絵画を盗んだが、行方不
『トランス』 (時間の無駄と言わないで)
ダニー・ボイル監督作品のサスペンス。 ダニー・ボイルらしい画作りと音楽がとてもイイ。 いちいち格好イイ。 お話も面白いは面白いんだけど、それにしても催眠療法が便利過ぎ ...
劇場鑑賞「トランス」 (日々“是”精進! ver.F)
記憶の迷宮の中にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310110002/ 【送料無料選択可!】トランス [輸入盤] / O.S.T.価格:1,569円(税込、送料別) メール便180円♪宅配便350円♪SALE OFF!新品北米版B...
トランス (あーうぃ だにぇっと)
トランス@スペースFS汐留
[映画『トランス』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは、観てみるとわかると思うけど、ダニー・ボイル監督が、明らかにクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』を意識した作品だと思う。  私は、一部に評判の良かった『インセプション』を、あまり面白く感じなかったので、こちらの方が気に入ったのだが、...
トランス (映画的・絵画的・音楽的)
 『トランス』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作のはじめの方では、競売人で主人公のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)の口から、彼が関与するオークション会場の警備の完璧さについて語られます。 ...
催眠療法~『トランス』 (真紅のthinkingdays)
 TRANCE  ロンドンでオークションを手掛ける競売人・サイモン(ジェームズ・マカヴォイ) は、裏社会のギャング・フランク(ヴァンサン・カッセル)と共謀し、ゴヤの名画 を盗もうとする。しかし犯行途中のトラブルでサイモンは記憶を失くし、名画も ...
トランス~魔女の宅配便 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:Trance。ダニー・ボイル監督、ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、タペンス・ミドルトン、ダニー・スパーニ。18世 ...
トランス/ジェームズ・マカヴォイ (カノンな日々)
『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督と脚本家のジョン・ホッジが再タッグを組みジェームズ・マカヴォイを主演にギャングと競売人が盗み出した名画に関する記憶を巡っ ...
トランス (そーれりぽーと)
名画強奪をめぐるサスペンスをダニー・ボイルが撮ったなんて、面白いに違いない!と、前知識0で『トランス』を観てきました。 ★★★★★ これヤバい、すげーオモロイ。 何も知らずに観て正解。 何も知らずに観て下さい。 ダニー・ボイルの映画は、ずっと目が釘付けで...
トランス (ダイターンクラッシュ!!)
2013年10月14日(月) 14:40~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 混乱している。 『トランス』公式サイト 騙し系の映画。 人間の欲深な話がテーマだと思うのだが、マカヴォイがストーカーだったという物語をリセットす...
『トランス』 (ラムの大通り)
(原題:Prometheus) ----ダニー・ボイルって、 去年のロンドン・オリンピックで 開会式総監督を務めた人だよね。 北京オリンピックがチャン・イーモウだったし、 映画人のフィールドも広がってきたニャあ。 「そうだね。 それだけ現代のイベントは <映像>のウェイト....
「トランス」催眠術にかかれ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
評判も良い話題の映画「トランス」 ダニー・ボイル監督だしね☆ 監督とか俳優とか関係なく映画を観る!といいながらも、ダニー・ボイルは別♪これは観ないとね。 ロンドンの映画祭のレッドカーペットで、「あの凄い声援もらってる人、誰?」と話していたのがダニー・ボ...
トランス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 一見難解なストーリーに睡魔が襲うが映像の素晴らしさには
トランス (to Heart)
原題 TRANCE 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/イギリス 上映時間 102分 映倫 R15+ 脚本 ジョー・アハーン/ジョン・ホッジ 監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームズ・マカヴォイ/ヴァンサン・カッセル/ロザリオ・ドーソン/ダニー・スパーニ アート競売人のサイモン(...
トランス (とりあえず、コメントです)
ダニー・ボイル監督&ジェームズ・マカヴォイ主演のダークなサスペンスです。 この二人でどんな物語を見せてくれるのだろうと楽しみにしていました。 現実と夢の間を彷徨うような展開と共に、ちょっとぞっとする物語が繰り広げられていました。
トランス ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
さまざまな作品を世に送り出したダニー・ボイル監督が、『つぐない』などのジェームズ・マカヴォイを主演に迎えたサスペンス。『トレインスポッティング』の脚本家ジョン・ホッジとボイル監督が再びタッグを組み、ギャングと名画を略奪した競売人が絵画の隠し場所の記憶を...
トランス (心のままに映画の風景)
白昼のオークション会場からゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」が盗まれ、競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ギャングのリーダー、フランク(ヴァンサン・カッセル)に暴行され気を失う。 強盗の協力者であったサイモンは、絵画を抜き取り隠していたが、頭に...
トランス (だらだら無気力ブログ!)
観てるこっちもトランス状態に。
『トランス』 (こねたみっくす)
忘れた記憶、知識が繰り出す言葉、豊かな経験。最後に笑うのは誰か。 やはりダニー・ボイル監督にはクライムサスペンスが似合います。デビュー作『シャロウ・グレイブ』を思い出 ...
トランス/TRANCE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「トレインスポッティング」「普通じゃない」 「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」などなど 様々なタイプの作品を撮り続ける、ダニー・ボイル監督最新作 記憶を失ってしまった男の潜在意識に入り....
「トランス」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Trance」2013 UK サイモンに「つぐない/2007」「ジェイン・オースティンの秘められた恋/2007」「ウォンテッド/2008」「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」「声をかくす人/2011」「ビトレイヤー/2013」のジェームズ・マカヴォイ。 フランクに「オーシャンズ...
トランス (迷宮映画館)
何も言えねえ!!!
トランス (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
トランス '13:米・イギリス ◆原題:Trance ◆監督:ダニー・ボイル「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」 ◆主演:ジェームズ・マカボイ、ロザリオ・ドーソン、バンサン・カッセル、ダニー・スパーニ、マット・クロス、ワハブ・シェイク、タペンス・ミドルトン ...
トランス (風に吹かれて)
真実はどこに公式サイト http://www.foxmovies.jp/trance監督: ダニー・ボイル 「トレインスポッティング」 「スラムドッグ$ミリオネア」白昼のオークション会場で、ゴヤの傑作
トランス (secret boots)
評価点:77点/2013年/イギリス/102分 監督:ダニー・ボイル 結末以上にさわやかに感じてしまう妙な映画。 様々な絵画をはじめとする美術品を扱う競売商に勤務するサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、あるとき幻の作品と言われる「魔女達の飛翔」を競売...
トランス (映画の話でコーヒーブレイク)
先日「ビトレイヤー」を見て、ジェームズ・マカヴォイは上手いなぁ~と実感。 「危険なプロット」の後、本作を鑑賞しました。 監督は「スラムドッグ$ミリオネア」「127時間」のダニー・ボイルです。      *******************     ...
映画『トランス』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-81.トランス■原題:Trance■製作年、国:2013年、イギリス■上映時間:101分■料金:1,800円■観賞日:10月19日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:ダニー・ボイル◆ジェームス・マカヴォイ◆ヴァンサン・カッセル◆ロザリオ・ドーソン◆ダニー...
トランス (本と映画、ときどき日常)
監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームズ・マカヴォイ     ロザリオ・ドーソン     ヴァンサン・カッセル ギャングから名画を奪略した競売人。 その隠し場所の記憶を失い、ギャングに脅され、催眠療法で記憶を呼び戻そうとするが…。 いろいろな謎、不自然さ...
トランス (いやいやえん)
【概略】 オークション会場からゴヤの名画を奪った競売人・サイモンは、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失い…。 サスペンス 頭の中がトランス状態になるのかと思えば意外と単純なストーリーでした。無くなった絵画をめぐり 催眠状態が絡んで真実と虚...