銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

MONSTERZ モンスターズ

2014年11月07日 | 邦画サスペンス
2014年
日本
112分
サスペンス/アクション
劇場公開(2014/05/30)



監督:
中田秀夫
『クロユリ団地』
オリジナル脚本:
キム・ミンソク(映画「超能力者」)
出演:
藤原竜也“男”
山田孝之田中終一
石原さとみ雲井叶絵
田口トモロヲ雲井繁
落合モトキジュン
太賀
三浦誠己“男”の父
藤井美菜押切奈々
松重豊柴本孝雄
木村多江“男”の母



<ストーリー>
ひと目見るだけですべての人間を思い通りに操れる男と、唯一操れない男。対立する能力を持って生まれた宿命のふたりが生死を懸けた壮絶な戦いを繰り広げる。

禁断のバトル、勃発。

生き残るのは、
人間を操れる男か
それとも唯一、操れない男か


−感想−

内容うっすーー!

監督・中田秀夫、出演・藤原竜也、石原さとみ。
このトリオを見て思い出さないだろうか?
そう、あの超ツマラン映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』の面子ですよ。
悪い予感しかしない。
案の定、その悪い予感は見事に的中した。

一応これ、あの韓国映画『超能力者(2010)』(傑作!)のリメイクだよ?
あれをどう脚色したらこんなにも酷い映画になるんだよ。
確かに多少の不安を持ちながら鑑賞はしたけれど、まさかここまでズタボロなリメイクになっているとは予想の遥か斜め上を行っていて、一気に不安から失望に変わってしまったわ。

終始、藤原竜也の目をキランと光らせて、人間の動きを停止させたり、思い通りに動かしているだけ!
ほんと、それだけ。
他に描く事が無かったのか?と疑問に思うほどに、しつこい位サイキックパワー発動描写を此れ見よがしに連発させるものだから、飽きる、退屈、眠気に襲われるの3段階が私にも発動されましたがな。

これはあれか?藤原竜也の独演会動画なのか?

ラストの螺旋階段なんて、どこまで深いんだよ!てツッコミ一丁入りましたぁ!

ドラマ性、サスペンス性、全くなし。
ただひたすら、藤原竜也の暑苦しい演技と鋭い眼光を繰り返し見せられる拷問映画です。

脚本家と監督は『超能力者』を1000回観直して、己らの無能さを痛感せよ。
そして、こんなつまらんリメイク作っちゃってすみません、とオリジナルのスタッフに頭を下げろ。
こんなの韓国人に見せたら絶対鼻で笑われるわ。
あー恥ずかしいっ。
同じ題材を以ってしても、ここまで出来の良し悪しがくっきり出て来られると、改めて日本映画は韓国映画の足元にも及ばないと身にしみて感じた。
情けねぇ。。。

今作の俺の嫁・石原さとみ図鑑




映画が糞なので、私にとっちゃあさとみちゃんの出演シーンだけが唯一のお楽しみでした。
さとみちゃんは泣いた顔も魅力的だが、笑っている顔の時の方がもっと素敵。

評価:★★
14/11/07DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2014-11-05
メーカー:バップ

オフィシャル・サイト

関連作:
『超能力者(2010)』(オリジナル)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニード・フォー・スピード | トップ | 映画クレヨンしんちゃん ガチン... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カズ)
2014-11-08 22:10:01
同感ですね
もう少し工夫ってものがあるだろうって言いたくなりますよね・・・・
不思議と藤原竜也から凶悪さが感じられなかったです・・・・
真の恐怖 (ふじき78)
2014-11-09 00:31:03
石原さとみがお父さんの田口トモロヲにどんどん似ていったら怖い。

オリジナルを見てないんですが、主犯はガッチャマンも手掛けた脚本家でしょう。中田秀夫は脚本が良ければいい物を作ってくれる監督だと信じてます(信じたい)。
Unknown (タケヤ)
2014-11-09 07:30:30
やっぱり自宅観賞でも駄作は駄作でしたか(笑)

ダメなもんはどこまでいってもダメなんですねえ。
僕も期待に胸膨らませながら観賞しましたが・・・

まあさとみチャンが出ているから良しとしました。
ヒロ之さん。独り占めしちゃあダメですよ。

彼女は日本の国宝なんですから(爆)
こんばんは (maki)
2014-11-09 19:36:00
あの面白かった「超能力者」のリメイクってもんだから
どきどきして待機してたんですが、
あらダメでしたかー
私も期待しないで 観よっ(笑)

「超能力者」は知名度は低いながらも
なかなかの傑作だと私も思ってマス

インシテミル・トリオだとは知らなかったですが、
推してみるべきですね
邦画は絶対に韓国映画を越えられないですね
>カズさんへ (ヒロ之)
2014-11-09 23:36:45
こんばんは!
コメントありがとうございます。
リメイクするにももっとやり方があるのでは?と思わざるを得ない作品でした。
藤原クンはなんか暑苦しい演技をしているしか思えなかったです。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2014-11-09 23:39:42
田口さんもまぁまぁ男前ですよ(適当笑)

えぇ!脚本家ってガッチャマンの人だったんですか!
そりゃこうなるわ、と納得しました。
多くの方には不評ですけど自分「クロユリ団地」好きです。
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2014-11-09 23:45:48
こんばんは!
コメントありがとうございます。

オリジナルが好きなので、どういう風にリメイクされているのか、期待半分・不安半分で観ましたが、不安が圧勝でした。
なんでこんなものに仕上げちゃったんだろ。
脚本家、センスないですわ。

え?さとみちゃんは将来、私の嫁ですよ?
(書いてて自分でも悲しくなってきました。。。)
>makiさんへ (ヒロ之)
2014-11-09 23:54:16
こんばんは!
コメントありがとうございます。

「超能力者」の面白さをイメージしたまま観ると肩透かし食らうかもしれないので、程々の気持ちで鑑賞してあげて下さい(笑)

私自身はかなりガッカリさせられました。
まさかこんなにも酷いリメイクになっていようとは。
雲泥の差とは正にこの事ですわ。
Unknown (yukarin)
2014-11-10 10:46:23
日本映画を韓国でリメイクすると面白いのに、その逆はツマラナイのが残念ですね...とほほ
こんにちは。 (みぃみ)
2014-11-11 10:11:28
韓国版未見なのですが、そちらは面白いのですね(^^)。

能力の効かない相手に近づいてく男の意図が「?」状態でしたが、
俳優2人は頑張ってくれてたので、良しとしました。


ひどかった (ミス・マープル)
2014-11-11 16:58:21
最後まで見るのに苦労しました。
脚本もひどいけれど監督さん、「リング」の方ですよね。
あの映画以降すっかりさっぱりですねえ。
韓国版は未見なので今度見てみようと思います。
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2014-11-11 21:36:12
こんばんは!
コメントありがとうございます。
仰る通りですね。
多分、「オールドボーイ」を日本で作ったらしょうもない映画になるんじゃないでしょうかねぇ。
>みぃみさんへ (ヒロ之)
2014-11-11 22:14:16
こんばんは!
コメントありがとうございます。

韓国版の方は少しコミカルな感じも入っていますが、作品としては非常に面白かったです。
日本版はコミカルさを無くしてシリアスな感じに仕上げていましたが、単に藤原クンの演技が暑苦しいだけの駄目なリメイクでした。
プロットは同じなのに、話の組み立て加減でこうも面白さが変わるとは・・・。
残念です。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2014-11-11 22:16:33
そうです、「リング」の監督です。
今回は脚本が駄目過ぎたのではと思いました。
その点、韓国版は脚本と演出がしっかりとしているせいか、引き込ませる力はありましたよ。
なるほど (そよ)
2014-11-13 22:42:42
そーんなにダメだったんですね〜(^^;)
オリジナルは2010年ですか!全く知らなんだ
「超能力者」 ですね  リストに入れておこ

「オールド・ボーイ(2013)」の感想も見に行きましたが、最初の部分でやめときました(笑)
ジョシュ・ブローリンかぁ  でも私、けっこう好きです
全く期待せずに観ようと思います
>そよさんへ (ヒロ之)
2014-11-15 09:02:01
おはようございます!
コメントありがとうございます。

オリジナルが自分的には傑作だったので、比べてしまうとどうしてもリメイク版は見劣りしちゃいました
好みはあるかと思いますが、個人的にはオリジナルの方を推します。

あ、『オールド・ボーイ』はネタバレしまくっているので、読まれない方が良いです(笑)
こちらのリメイクはそれなりの良く出来たものになっていたと思いますよ。
ただこちらも同じくオリジナルと比べるとラストがかなり改変されちゃっていて、オリジナルの方が断然良かったです。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「MONSTERZ モンスターズ」 (日々“是”精進! ver.F)
死ぬまで生きることが人生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406010000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】MONSTERZ [ 渡辺雄介 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【新作...
MONSTERZ (Break Time)
今朝は、久ぶりに朝から晴れて・・・
『MONSTERZ モンスターズ』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「MONSTERZ モンスターズ」 □監督 中田秀夫□脚本 渡辺雄介□キャスト 藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀晃、       三浦誠己、藤井美菜、松重豊、木村多江、川尻達也 、森下能幸 ■鑑賞日 5月...
MONSTERZ モンスターズ〜オイディプスの運命 (佐藤秀の徒然幻視録)
遠隔操作できないのは自分自身? 公式サイト。キム・ミンソク監督の「超能力者」のリメイク。中田秀夫監督、藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、三 ...
MONSTERZ モンスターズ (to Heart)
製作年度 2014年 上映時間 112分 脚本 渡辺雄介 監督 中田秀夫 音楽川井憲次 出演 藤原竜也/山田孝之/石原さとみ/田口トモロヲ/落合モトキ/太賀/三浦誠己/藤井美菜/松重豊/木村多江 見るだけで他人を思い通りに操作できる特殊能力を持つ男と、その能力が唯一通じない男....
MONSTERZ モンスターズ  監督/中田 秀夫 (西京極 紫の館)
【出演】  藤原 竜也  山田 孝之  石原 さとみ 【ストーリー】 対象を見ることで他人を自由に操れる超能力を持つ男は、その能力ゆえに孤独と絶望の人生を歩んできた。ある日、自分の能力が一切通じない田中終一に出会ってしまった男は、動揺のあまり誤って終一の大切....
MONSTERZ モンスターズ ★★★ (パピとママ映画のblog)
見るだけで他人を思い通りに操作できる特殊能力を持つ男と、その能力が唯一通じない男の激闘を描く韓国発アクションサスペンス『超能力者』をリメイク。『リング』『クロユリ団地』などの中田秀夫監督がメガホンを取り、互いに呪われた宿命を背負い、閉塞感漂う社会で葛藤...
MONSTERZ モンスターズ/藤原竜也 (カノンな日々)
予告編の冒頭くらいですぐにこれは韓国映画『超能力者』のリメイクだと気付きましたよ。主演が藤原竜也さんと山田孝之さんというちょっと意外な感じもする組み合わせと監督があの ...
MONSTERZ モンスターズ/藤原竜也 (カノンな日々)
予告編の冒頭くらいですぐにこれは韓国映画『超能力者』のリメイクだと気付きましたよ。主演が藤原竜也さんと山田孝之さんというちょっと意外な感じもする組み合わせと監督があの ...
映画『MONSTERZ モンスターズ』★結末は“生き方“へと向かったのが良かった (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163367/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     韓国映画『 超能力者 』のリメイクですが、結末は異なります。   私が楽しみだったのは、配役です。 ...
【 MONSTERZ モンスターズ 】死ぬまで生きること (映画@見取り八段)
MONSTERZ モンスターズ      監督: 中田秀夫    キャスト: 藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、三浦誠己、藤井美菜、松重豊、木村多江、川尻達也、森下能幸、平山祐介、松岡恵望子、林田直樹、佐藤詩音、土師野隆之介 公開: ...
MONSTERZ/モンスターズ (そーれりぽーと)
松岡修造のモノマネを起用した予告編がウザすぎてクレームが出たのか、直前になってモノマネバージョンが劇場から消えた『MONSTERZ/モンスターズ』を観てきました。 ★ 今更『X-MEN』の基本的な設定を思いっきりパクって、かったるく重苦しく面白くなくして作ってみまし...
「MONSTERZ モンスターズ」 真にわかり合えるのは二人 (はらやんの映画徒然草)
のっけから痛〜い描写で始まり、観るんじゃなかったと後悔したのですが(肉体的な痛み
MONSTERZ モンスターズ (だらだら無気力ブログ!)
コッチは石原さとみが可愛かったけど、個人的にはオリジナルの方が好き。
『MONSTERZ』をトーホーシネマズ渋谷4で観て、予告越えるのって難しいなふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★役者はいいけど、驚きは少ない】   原作映画『超能力者』未鑑賞。 場面場面の異様な空気感は中々よい。 ただ、能力から起こりうる場面がCMや予告で観た ...
MONSTERZ モンスターズ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:中田秀夫 出演:藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、松重豊、木村多江 【解説】 見るだけで他人を思い通りに操作できる特殊能力を持つ男と、その能力が唯一通じない男の激闘を描く韓国発アクションサスペンス『超能力者』をリメイ....
MONSTERZ モンスターズ (ダイターンクラッシュ!!)
2014年6月1日(日) 13:30〜 TOHOシネマズ日本橋9 料金:1100円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 今回も藤原は五月蠅くない。 『MONSTERZ モンスターズ』公式サイト 一睨みで人間を意のままに操る男藤原。 アンブレイカブルな山田と戦う。 例によって人...
MONSTERZ モンスターズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/05/30公開 日本 112分 監督:中田秀夫出演:藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、松重豊、木村多江 禁断のバトル、勃発。 生き残るのは、人間を操れる男かそれとも唯一、操れない男か 韓国映画『超能力者』のリメイク。日本の作品....
映画:「MONSTERZ モンスターズ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年6月2日(月)。 映画:「MONSTERZ モンスターズ」。 監  督: 中田秀夫 脚  本: 渡辺雄介 音  楽: 川井憲次 キャスト: 男:藤原竜也 ・男の父:三浦誠己・男の母:木村多江 田中終一:山田孝之・雲井叶絵:石原さとみ 雲井繁:田口トモロ...
「MONSTERZ」 (ここなつ映画レビュー)
日本の若手俳優の中で、好きな男優を二人挙げろと言われたら、山田孝之と藤原竜也、と即答できる私にとっては見逃せない作品。という事で、次男を誘いてくてく劇場へ。作品については、…まあまあ。CM通りのストーリー紹介だけをするとすれば、その眼力で人を意のままに...
「死ぬまで生きる」VS「死ぬまで殺す」〜「MONSTERZ」〜 (ペパーミントの魔術師)
MONSTERZ モンスターズ [DVD] by G-Tools 韓国映画「超能力者」(2010)のリメイクだそうですね。 見ただけで相手をコントロール出来る男と唯一制御されない男。 なんだか「ほこ×たて」みたいな話なんですけども。 藤原竜也は別に悪人顔じゃないんだけど、ヒー...
MONSTERZ モンスターズ (いやいやえん)
【概略】 ひと目見るだけですべての人間を思い通りに操れる男と、唯一操れない男。対立する能力を持って生まれたふたりが生死を懸けた壮絶な戦いを繰り広げる。 サスペンス 内容の薄いサスペンス・アクション。藤原竜也の眼力がくどい。オリジナルの韓国映画「...
MONSTERZ (映画好きパパの鑑賞日記)
 藤原竜也×山田孝之という、ある意味、ゴジラVSガメラ的なインパクトのある若手俳優の対決とあり楽しみにしていました。穴だらけの脚本、演出を最後まで飽きずにみられたのは、この2人の暑苦しい演技のおかげ。もう少し、設定がこちらに判るようになれば、もっとよか...
[邦画2作まとめて一言寸評(『万能鑑定士Q』『モンスターズ』)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『MONSTERZ』             目で人を操ることのできる男(万能傀儡子)と、人間で唯一、その超能力に掛からない、異常に回復力の高い男(万能STAP野郎)が、全編これ、ひたすらに闘い続ける物語。  面白いんだけど、面白くないという、...
「MONSTERZ」 (Con Gas, Sin Hielo)
「俺の世界から出て行け」歩く"どくさいスイッチ"。 藤原竜也の最近の役柄って、どこか固定化しつつあるのではないだろうか。 「デスノート」以来だろうか。「カイジ」や「インシテミル」などは観ていないけれど、SF的なストーリーで生死の境を綱渡りする....
映画『MONSTERZ モンスターズ』 (健康への長い道)
 藤原竜也さんと山田孝之さん。個性的な役を演じることの多い演技派若手俳優の2人が初共演。それ見たさに劇場へ。監督は『リング』シリーズで有名な中田秀夫さん。韓国映画のリメイクだそうです。 Story ある孤独な男(藤原竜也)には、幼い頃から視界に入っている人間...