銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

セッション

2015年09月26日 21時02分00秒 | 洋画ドラマ
WHIPLASH
2014年
アメリカ
107分
ドラマ/音楽/青春
劇場公開(2015/04/17)



監督:
デイミアン・チャゼル
脚本:
デイミアン・チャゼル
出演:
マイルズ・テラーアンドリュー・ニーマン
J・K・シモンズテレンス・フレッチャー
ポール・ライザージム・ニーマン
メリッサ・ブノワニコル
オースティン・ストウェルライアン・コノリー
ネイト・ラングカール・タナー



<ストーリー>
偉大なジャズドラマーを夢見て全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマン。ある日、フレッチャー教授の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。そこで成功すれば、偉大な音楽家になるという夢は叶ったも同然。自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが、そんな彼を待っていたのは、わずかなテンポのずれも許さないフレッチャーの狂気のレッスンだった。それでも頂点を目指すためと、罵声や理不尽な仕打ちに耐え、フレッチャーのイジメのごとき指導に必死で食らいついていくニーマンだったが…。(allcinemaより抜粋)

<完璧>を求めるレッスン。二人のセッションは誰もみたことがないクライマックスへ――。

-感想-

この能無しでノロマなユダヤ野郎!!

みたいな事を言われてたと思う。

生徒のニーマン、教師のフレッチャー。
どちらにも全く感情移入出来ぬまま、まさかあの驚愕なラストシーンを迎える事になるとは。

思い上がりの激しいニーマン。
僕は音楽に集中したいから、君(ニコル)とはもう会えない、さようなら。

退学になり、ドラマーの夢を諦める。

やる事が無い日々&一人ぼっちで寂しい。

いや~久しぶりに電話しちゃった(照)、もう一度、君(ニコル)に会いたいなぁ。

うわぁ、こういう煮え切らない男、嫌い。

偉大な指導者になりたいという思いだけが強く、生徒を体育会系のノリで精神的にも肉体的にもとことん追い詰め(潰し)ていくフレッチャー。
俺様の思い描く通りの演奏をやりやがれ糞ったれ!

教え子がうつ病になり自殺。

嘘の涙を生徒の前で流し、同情させてからの強烈な扱き。

指導方法を密告されて学校をクビ。

少しは丸くなったのかと思いきや反省の色ゼロ。

密告したのはお前だろ!と、大衆の面前で恥をかかせて不敵な笑みを浮かべる。

うっわぁ、人としても指導者としても最低だろこいつ、ムカつく大嫌い。

倍テン出来たら一流のドラマーなのか?
自分は鍵盤楽器以外の楽器はやった事が無いので何とも言えないけれども、速く打てなかったら無能、打てたら有能、その辺の線引きにやたらと拘るフレッチャーの考えが理解出来ないんだよなぁ。
日本で例えるならYOSHIKIのドラムは速いけれども、松岡昌宏のドラムは普通やん?
でも、どちらもドラマーとしては名を残している訳だし、速いからドラマーの素質は十分だ、と一様に括ってしまうのは違う様な気がする。
個人の希望でパフォーマンスの一つとして速さを追及するのは良いかもだけど、あくまでもジャズバンドの一員に過ぎない訳だし、何故に3人のドラマーだけをやたらと目の敵にして指導するのか、他の楽器奏者は二の次かよって、バンド全体を育てる気が丸で無いみたいなフレッチャーの振る舞いが気に食わなかった。

でもそのイジメにも似た扱きがあってニーマンのスピードテクニックが格段に上達したのは確かで、ざまぁwwと笑われた後トボトボと半泣きになったまま退場せず席に戻り、テメェの望む以上の事を今から見せ付けてやんよ!とフレッチャーを無視して勝手にドラムを叩き始めるラストが悔しいけど秀逸なんだわ。

散々これまで嫌い嫌いと思ってきたのに、最後は「好き」になっちゃってた(笑)。
目をキラキラさせているフレッチャーを観て、ニーマン同等にどうだ!と私も勝ち誇った様な顔をさせられたんだもん、変な映画だよこれ。

評価:★★★☆
15/09/26DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-09-18
メーカー:カルチュア・パブリッシャーズ

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャッピー | トップ | 映画 暗殺教室 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画はよくできていました (ミス・マープル)
2015-09-27 06:53:38
ドラムの魅力が全然伝わらないんですよ。
ひたすらフレッチャーの鬼指導姿が映るだけ。
もしかしたら彼自身は自分の才能のなさをひがんで
いたのかな、と思ってしまうほど。
それだけJ・K・シモンズの演技が秀逸なんですね。
でも内容は好みじゃなかったです。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2015-09-27 12:00:32
こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。
シモンズの演技は素晴らしいと感じましたが、何故そこまでドラムを打つ速さに拘るのか自分には余り理解出来ませんでした。
ドラムをやっている人には共感が得られるんでしょうかね。
好みの分かれる作品ではありましたねぇ。
こんばんは (maki)
2015-09-27 20:35:04
別d難速さを競っていたわけではないと思うなあ
ドラマーにとっては(テンポが)速い遅いは致命的ですので
それの練習をひたすら繰り返しさせていたのだと。
父はエレキバンドをやってるんですが、ドラマーさんが実際には本人にはいえないですが、下手だそうです。テンポが常に一定ではなくずれると。バンドってドラムがテンポを握ってると言っても過言ではないですからねえ。
「変な映画」というのは当たっていますね
最後、フレッチャーと同じくかつニーマンと同じく「どうだこのやろう」と思わせられる痛快なものでしたもんね
Unknown (ふじき78)
2015-09-27 21:17:09
凄いし圧倒されるけど好きじゃない映画。
数こなしているとこういうのが出てくる。
こういう奴の方が賞取ったりするんだよね。
思い出しました! (そよ)
2015-09-28 14:38:05
あ~そっか~
ラストのところ、記憶が二つ残ってたんですがそーゆうこと!

この映画はですね やっぱキツイです

そうですね、いろいろとありましたね・・・
彼女と勝手に別れておいてまた連絡する
これはダメでしょ
再会した彼女がしっかりと自分の道を歩いていてよかった~。。と思いました
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-09-28 15:14:54
こんにちは!
なるほど~。
自分はバンドとかやった経験がないので素人目線で観てたのですが、ドラムのリズム(テンポ)がバンドとしては重要なんですね。
中々楽しく観れない作品だなぁと思いつつも見続けていましたが、ラストは引き込まれました。
ここで一気に感想が変わったてのもおかしな話ですが、そういう意味でも変な映画だなぁと。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2015-09-28 15:16:40
こんにちは!
これもアカデミー賞絡みなんですよねぇ。
好きか嫌いか、答えに困る作品ではあります。
>そよさんへ (ヒロ之)
2015-09-28 15:20:28
こんにちは!

殴られ罵声浴びせられな話なので、ちょっと苦痛には感じます。
褒められて伸びる自分なので余計にキツかったです。

自分から別れ話切り出しといて、また会いたいだなんて、お調子者も甚だしいですよねぇ。
こういう煮え切らない男は同姓としては嫌いです
気分は悪くなるけど・・ (メビウス)
2015-09-28 18:43:58
ヒロ之さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

罵りながらとことん追い詰める鬼教師に、野心だけは人一倍な生徒と、どっちもどっちな感じだから確かに終始鬱な気分にさせる内容でもあるんですよねぇ^^;(汗
最後のコンサートだって最悪な展開になりますし、これで『バードマン』より高評価なの?と疑いたくもなったのですが、それでも土壇場でやはり魅せてくれましたね。お互いいがみ合っていたけど、最後の最後で納得のいく結果となったのか、不意にこぼれる笑みが何とも言えませんでしたw
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2015-09-29 14:39:09
こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。

どちらかに感情移入出来ていたらまた違った感想が生まれたかもしれません。
どっちも自分の為に生きているような人物だったので、キャラクターが好きになれないってのは観ていて辛かったです。
こんな感じで最後まで続くのかと、どんどんしんどくなってきたのですが、最後でようやく苛々が吹き飛ぶシーンが見れて幾分安堵しました。
互いに自己チューだからこその気迫あるラストシーンになっていて、結果的にはこの人物設定で正解だったのかもしれませんが、なんか余り「面白かった」とは言い難かったです^^;
変な映画 (りお)
2015-09-30 23:02:43
面白いか?と言われると、ちょっと違うと思うし、
でもあの2人のぶつかり合いは、かなり見応えありました。
ラスト、第二のチャーリー・パーカーを生み出せたフレッチャーの顔。
そういう意味では、観て良かったと思いますし、
…やっぱり変な映画ですね(笑)
>りおさんへ (ヒロ之)
2015-10-01 20:25:18
こんばんは!
コメントありがとうございます。
好きか嫌いかの感想を求められると返答に困っちゃう映画ではありました。
途中まで人物に全く感情移入出来なかったのは楽しむ意味では痛かったですけども、二人のああいう性格だからこその、ラストのぶつかり合いながらの「セッション」には心が震えてしまったのは確かなんですよねぇ。
凄い9分間だった!と思いましたが、好きな映画とは言えませんし、う~ん・・・^^;
こちらにも海苔♪ (Puff)
2015-10-04 01:37:07
なんだかスポ根映画みたいでしたね。
「巨人の星」と通じるところがあるような…古い?
観ていてこちらまでシュッとなるような、
緊張感が続いて、しんどい映画でありました。

いやー、でも自分はこういう映画好きなんですよ。
特に最後の演奏会では、鳥肌が立つぐらいにしびれました。
結局はお二人は似た者同志なんですよね~

それにしても、J・K・シモンズさん、黒の服がとても似合ってた。
パブで普通の服を着て登場したら、オーラが薄れていたような?
オスカーも納得の迫力ある演技でしたね。
好きかも。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2015-10-04 14:22:26
こちらにもコメントありがとうで~す

音楽映画というよりもホント、仰るようにスポ根映画を観ているようでした。
罵声・罵倒の連続なので、こちらの神経も擦り切れてしまいそうでしたよ

そうなんですよね~。
似たような性格だからこその、あのラストへと繋がったんだと思います。
負けてられるか!という両方の気持ちがぶつかり合っていて、それによりあそこまで激しく衝撃的なラストが生まれたと言っても過言ではないでしょう。

俳優さんそれぞれの演技も見事でしたが、誰が見ても嫌悪感を持つであろう嫌な鬼教師を全身を使って表現させたJ・K・シモンズさんは流石の貫禄を見せ付けてくれました。
お早うございます (morkohsonimap )
2015-10-26 04:58:35
ある意味正しい指導だったようですね
あれだけパワハラ的な指導に耐えたから
途中で投げ出しても
ちゃんとパワハラに対する敵をうてたわけですからねぇ
邦題のセッションの付け方はこの作品に関しては意図が鮮明になってましたね
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2015-10-26 21:21:39
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。
最終的には見事にやり返せた訳ですから、強ち指導としては間違っていた事にはならないでしょうね。
あの指導方法に耐えられるかそうでないかで物語りも大きく変わったでしょうけど、主人公のやる気が芽生えてこそのラストの「セッション」でもあり、なんとも見応えのあるシーンにはなっていました。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
セッション (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 「セッション」 原題:Whiplash 監督:デイミアン・チャゼル 2014年 アメリカ映画 107分 キャスト:マイルズ・テラー      J・K・シモンズ      メリッサ・ブノワ      ポール・ライザー      オースティ...
劇場鑑賞「セッション」 (日々“是”精進! ver.F)
狂気と狂気のぶつかり合い… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック セッション [ (オリジナル...価格:2,592円(税込、送料込) <期...
「セッション」、しごき教師による評判の映画です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ ジャズ好きの方と書きたいところだが、ジャズマンには、不評のようです。 最後のジャズ演奏シーンは圧巻ですが、ようは、鬼教師によるしごきと、 しごきによって、上達していくドラマーの物語です。 この映画何がすごいのかというと、教師による...
『セッション』 (時間の無駄と言わないで)
J・K・シモンズはそりゃオスカー獲るわ。 もうサイコっぷりが堪らない。 罵声飛ばしたり、ピリピリと指導したりと目が離せない。 音楽学校の先生なのにハートマン軍曹みたいだも ...
『セッション』('15初鑑賞39・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月30日(木) シネ・リーブル神戸 スクリーン1にて 12:30の回を鑑賞。
『セッション』 音楽+スポ根=すごい楽しい (サイの角のように 独りよがり映画論)
 音楽映画というのは楽しい。『セッション』はあまり馴染みのないジャズを扱った作品だけれども、やはり音楽の力には人の心を高揚させるものがあるようで、ジャズをまったく知 ...
セッション 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
サンダンス映画祭やアカデミー賞などの映画祭で 話題になったドラマーが主役の映画『セッション』 が公開されましたので観に行ってきました。 向かったのは新宿歌舞伎町に4月にオープンしたばかり のシネコン「TOHOシネマズ新宿」、屋上には大きな ゴジラの頭部のオブジ...
セッション (映画好きパパの鑑賞日記)
 ジャズ畑の人からは評判が悪いですが、それほど音楽にこだわらない僕からすると、最後まで興奮しまくりの傑作でした。登場人物すべてが狂気か嫌なやつというのも、近年にない作品ですし、何より、才能のない人間は死にものぐるいで努力しなければならないという事実を突...
Session ~怒涛の107分 (まぜごはん)
シネモンドで「セッション」を観てきました。 公式HP ドキュメンタリー映画かと思っていたのですが違ってた・・・。 名門シェイファー音楽院へ入学したニーマンはドラマーとしてフレッチャー教授のバンドにスカウトされる。 一流音楽家への道が開けた、と喜び、練...
セッション~No Two Words (佐藤秀の徒然幻視録)
バードマンとは俺のことかとパーカー言い 公式サイト。原題:Whiplash(痛めつける)。デイミアン・チャゼル監督。マイルズ・テラー、J・K・シモンズ(本年度米アカデミー賞助演男優賞)、メ ...
セッション (あーうぃ だにぇっと)
セッション@よみうりホール
『セッション』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「セッション」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、        ポール・ライザー、オースティン・ストウェル■鑑賞日 4月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
ジャズは死なず~『セッション』 (真紅のthinkingdays)
 WHIPLASH  父子家庭に育ち、幼い頃からドラムに親しんでいたアンドリュー(マイルズ・ テラー)は、全米屈指の音楽大学、シェイファー音楽院に入学する。伝説の ジャズドラマーになる夢を抱いていた彼は、名物教授フレッチャー(J・K・シ モンズ...
映画:セッション Whiplash 予想外に見過ごせない、究極の体育会系教師と弟子のガチバトル (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
正直、ここまで面白いとは思わなんだ。 体育会系教師 vs 弟子 のバトル、という構造を聞いただけで、よくある予定調和の物語を想像していたので。 これでやっと、なぜアカデミー賞で5部門にノミネートされ、それも「作品賞」「脚色賞」含む、というのに、ナットク。 ...
セッション ★★★★ (パピとママ映画のblog)
サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『グランドピアノ 狙わ...
ムチをふりふりチャーリー・パーカー デミアン・チャゼル 『セッション』 (SGA屋物語紹介所)
チャーリー・パーカー 見つけたよ ぼくを わすれたかな(森田童子「ぼくたちの失敗
セッション (キノ2)
★ネタバレ注意★  観終わった瞬間、思わずホゥとため息が漏れました。  緊張感が凄まじかった。この映画は音楽映画と言うよりサスペンスだと思いました。  デイミアン・チャゼル監督のアメリカ映画です。  さきのアカデミー賞では、助演男優賞(J・K・シ...
「セッション」 Whiplash (2013 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
原題は「Whiplash」。ジャズの名曲のタイトルであると同時に「ムチ打ち」という、この映画の主題そのものをあらわしている。「アイアンマン2」でミッキー・ロークが演じたムチ男が、その名もウィップラッシュだったのでわかりやすい。 おそらくはジュリアードをモデル....
「セッション」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Whiplash)わくわくするほど面白い。音楽をネタにした作品だが、ここに描かれるのは単なるエンタテインメントとしての音楽ではなく、登場人物達を追い詰める狂気じみたモチーフである。常軌を逸した難行苦行の果てにある精神錯乱一歩手前の愉悦を、これほどま....
『セッション』 2015年4月18日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『セッション』 を鑑賞しました。 本当は新しくオープンした新宿で見たかったが、混んでるし、 有楽町のみゆき座はパスして、仕方なく六本木ヒルズで... 【ストーリー】  名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ...
セッション (いやいやえん)
【概略】 名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ところが、そこで待ち受けていたのは常軌を逸した厳しいレッスンだった。 ドラマ J・K・シモンズが狂気の鬼教師を演じたことで話題に。 シェイファー音楽院という名門音大に入...
セッション (映画と本の『たんぽぽ館』)
血みどろドラマー * * * * * * * * * * 名門音楽学校で世界的ドラマーを目指すアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)。 伝説の教師と言われる、フレッチャー(J・K・シモンズ)の指導を受けることになります。 しかし、常に完璧を求めるフレ...
『セッション』をトーホーシネマズ六本木2で観て、もろもろ連想ふじき★★★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★なんつーか悔しいけど、面白さ自体は否定できない】 ネタバレです まず、あのラストは好きではない。 勿論、主人公が負け犬のままなんてのは言語道断だ ...
セッション (映画的・絵画的・音楽的)
 『セッション』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞などにノミネートされ、結果としては、助演男優賞(J・K・シモンズ)、脚色賞、編集賞を獲得した作品ということで、映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭では、主人公のアンドリュー・ニー...
セッション  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  マイルズ・テラー  J・K・シモンズ 【ストーリー】 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引....
セッション/マイルズ・テラー (カノンな日々)
第30回サンダンス映画祭でグランブリを受賞し先の第87回アカデミー賞でも注目を集めた作品です。名門音楽学校に入学したドラマーと彼の指導にあたる伝説の鬼教師が繰り広げる狂気の ...
セッション (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 物語の97分間は圧巻のラストのための伏線であった。
セッション (Spice -映画・本・美術の日記-)
「セッション」 TOHOシネマズ新宿 名門音楽学校に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、伝説の教師フレッチャー(J・K・シモンズ)の指導を受けることになり喜ぶ。しかし、容
セッション (Whiplash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デイミアン・チャゼル 主演 マイルズ・テラー 2014年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ アホって文字を擬人化したようなウチの小6の長男。ただアホならではの吸収力の良さからか、所属しているブラスバンドでのスネアドラムの腕前は、大人混合の他チ...
『セッション』 男同士の戦いの到達点を体感せよ (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 第87回のアカデミー賞において助演男優賞(J・K・シモンズ)・編集賞・録音賞の3部門を受賞した作品。  監督・脚本は『グランドピアノ 狙われた黒鍵』の脚本を担当していたデイミアン・チャゼル。原題は「Whiplash」。これは劇中に使用されるジャズの曲名で、「むち...
セッション  whiplash (映画の話でコーヒーブレイク)
J・K・シモンズが本年度アカデミー助演男優賞受賞した本作。 やっと見ることができました。 期待に違わぬド迫力! 最後の最後まで息をつかせぬ展開に、のめり込みました。 本作が3部門(助演男優賞、録音賞、編集賞)しか受賞していないとは!? それどころか、主演男優賞...
映画「セッション」 感想と採点 (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『セッション』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら76点にします。 ざっくりストーリー 世界的ジャズ・ドラマーを目指し、名門音楽学校に入学したニーマン(マイルズ・テラー)。伝説の...
セッション(Whiplash) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 2014年・第30回サンダンス映画祭のグランプリ&観客賞受賞を皮切りに世界各国の映画祭で注目を集め、第87回アカデミー賞では助演男優賞ほか計3部門を受賞したオリジナル作品。世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、伝説の教師と言われる....
『セッション』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと 決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、 鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。 ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも....
セッション (映画に耽溺)
  アマゾン 最安値 音楽   書籍   楽天 最安値 音楽   書籍
セッション (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】デイミアン・チャゼル 【出演】マイルズ・テラー/J・K・シモンズ/メリッサ・ブノワ/ポール・ライザー/オースティン・ストウェル/ネイト・ラング 【公開日】2015年4月17日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャ...
セッション (心のままに映画の風景)
ジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門であるシェイファー音楽院に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、鬼教師として名をはせるフレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。 自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが...
「セッション」 (或る日の出来事)
ほぼ、嫌い。
『セッション』 (こねたみっくす)
ドラム版『フルメタル・ジャケット』という評価に偽りなし! ただ映画を見ているだけなのに、まるで自分自身も時間制限なしにドラムを叩かされているような、この全身に襲い掛か ...
『セッション』 (beatitude)
偉大なジャズ・ドラマーになるという野心を抱いて、全米屈指の名門校シェイファー音楽院に入学した19歳のアンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)は、何とかしてフレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に留まりたいと考えていた。彼が指揮する“スタジオ・バン....
セッション・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
魂を、叩きつける! ?恐ろしいまでの緊迫感が持続する、超クールな音楽映画。? 全米No.1の音楽大学を舞台に展開するのは、たった一人の天才を育てたい教師と、偉大な音楽家になりたいと願う生徒の、“指導”なんて緩い言葉は全く相応しくない、壮絶な“音バトル”だ。...
「セッション」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
28歳の監督さんが、実体験を織り込んで作ったそうで、すごい・・。4つ★
セッション (rambling rose)
一流ドラマーを目指して名門音大に入学したニーマン。ある日、フレッチャー教授の目に留まった彼は、教授の指導するバンドへの参加を告げられる。
セッション (シネマ日記)
アカデミー賞絡みの作品。こちらも予告編を見て面白そうだったので行きました。アカデミー賞絡みというよりもサンダンス映画祭でグランプリを獲ったっていうほうに期待して見に行きました。プロのドラマーを目指しニューヨークの名門音楽院に入学したアンドリューニーマン...
セッション (♪HAVE A NICE DAY♪)
楽しみにしてました 凄かったわ~~~~~! 面白かった~~! 助演男優賞を獲ったJ・Kシモンズさん 大納得!しました主演でもいいんじゃないの? 鬼教師フレッチャー 黒のTシャツが似合ってる・・・ 腕の筋肉もこの役には必要だわ! 怖いもん~ジェスチャーも怖いし...
セッション (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ みゆき座にて鑑賞セッション/WHIPLASH 2014年/アメリカ/107分 監督: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー/J・K・シモンズ/ポール・ライザー/メリッサ・ブノワ/オースティン・ストウェル 公式サイト 公開: 2015年04月17日 一流...
セッション (風に吹かれて)
血と汗がしたたる 公式サイト http://session.gaga.ne.jp 製作総指揮: ジェイソン・ライトマン 偉大なジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマ
No1263-1『セッション』~スパルタ教師と生徒の一騎討ち~ (パラパラ映画手帖)
ひとは誰だって認められたい。音楽、美術、文学、バレエ…、物差しがひとつではない芸術の世界ほど、一流の人から評価されたいという思いは強いはず。 スパルタ教師と、彼に認められたいと願う生徒との一騎討ちだ。音楽の世界では一流でも、人間的には疑問な鬼...
『セッション』 (ラムの大通り)
(原題:Whiplash) ----この映画って アカデミー賞作品賞にノミネートされていたんだよね。 観る前は、それほど乗り気じゃニャいみたいだったけど、 戻ってきたら大興奮してた。 「そうなんだ。 思っていたのとは、 まったく違っていて…。 タイトルが『セッション』で...
セッション (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WHIPLASH】 2015/04/17公開 アメリカ 107分監督:デイミアン・チャゼル出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー、メリッサ・ブノワ、オースティン・ストウェル、ネイト・ラング <完璧>を求めるレッスン。二人のセッションは誰もみたことがないク...
『セッション』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『セッション』を観てきました。 アカデミー&グローブの効果はすごいですね。近くの劇場は今日からだったのですが、満席でした。 ほぼほぼ登場人物が固定しているある意味ドメスティックな作品。 ストーリーは、ジャズドラマーを目指して名門の音楽学校に入学したニーマ...
「セッション」 (Con Gas, Sin Hielo)
私が直す。私が壊す。 世代が知れる話だが、スパルタといってまず思い出されるのが戸塚ヨットスクールである。昭和の時代は、運動部は水も飲まずに過酷な練習に取り組むのが当たり前であったが、犠牲者が出たヨットスクールの事件が行き過ぎた指導として捉えられるよう....
セッション (はるみのひとり言)
初日に観て来ました。もう何も言わない。とにかく観て! 新入生ドラマーと鬼教師の猛特訓。火花散るバトル緊迫感が半端ないです。 極限に達する瞬間を体感出来たって感じでした。興奮した。 終わった時、ブラボーって言いたい気分でした↑ランキング参加中    ...
いや~、ドッと疲れた。(^_^;)~「セッション」~ (ペパーミントの魔術師)
これはもう完全に、周りの方が好印象だったので興味本位で首突っ込んだ作品で バードマン同様、おそらく自分じゃチョイスしない作品だった。 いやもう、息止めてるわけじゃないんだけど、映画が終わって エンドロールが流れ出したとたんに力が抜けたというか、ドワッと....
セッション (5385 (ごみばこ))
おいらはドラマー ヤクザなドラマー おいらが叩けば嵐を呼ぶぜ ドラマーとそれを教える先生とのシノギを削るお話でしたねぇ 私の偏った勝手なポリシーのせいで ただでさえ映画館で ...
セッション (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
セッション '14:米 ◆原題:WHIPLASH ◆監督:デイミアン・チャゼル ◆出演:マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、ポール・ライザー、メリッサ・ブノワ、オースティン・ストウェル、ネイト・ラング、クリス・マルケイ、デイモン・ガプトン、スアンヌ・スポーク、ジ...
映画『セッション』 Whiplash ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
このブログの中では人気が高い、映画のお節介な解説シリーズ。 今回は『セッション』。 この映画はあえて様々な解釈や考察がなされるように作られています。 私もふと疑問に感じた事を調べようとネットで検索かけてみたところ・・・、出るわ出るわ、色々な論点で山ほ...
映画「セッション」レビュー(音楽学校で習うのは音学、聴いて楽しむのが本当の音楽) (翼のインサイト競馬予想)
映画「セッション」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「セッション」予告編動画あらすじは音 ...
博士とセッション (Akira's VOICE)
「セッション」 「博士と彼女のセオリー」
セッション (2014) WHIPLASH 107分 (極私的映画論+α)
 私はスパルタは嫌いです(笑)