銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ピクセル

2016年02月24日 16時20分00秒 | 洋画コメディ
PIXELS
2015年
アメリカ
105分
コメディ/アクション/SF
劇場公開(2015/09/12)




監督:
クリス・コロンバス
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』
製作:
アダム・サンドラー
クリス・コロンバス

原作:
パトリック・ジーン(短編映画「Pixels」)
出演:
アダム・サンドラーサム・ブレナー
ケヴィン・ジェームズウィル・クーパー
ミシェル・モナハンヴァイオレット・ヴァン・パッテン中佐
ピーター・ディンクレイジエディ・プラント
ジョシュ・ギャッドラドロー・レイモンソフ



<ストーリー>
過去にNASAが宇宙に向けて発信した友好のメッセージ。しかし、そのメッセージが大きな誤解を招いてしまい、人類に悲劇が襲い掛かる。

ゲームクリアか、
全滅か。


-感想-

ギャラガとパックマンとドンキーコング後スペース・インベーダーか、それ位しか分かんねぇ。
言うても名前だけね。
実際に遊んだことはない。

エイリアンが接触すると物が全部ピクセル化するのは面白いよね。
多彩な色のキューブが街中に散らばっている光景は華やかだわ。

対パックマン戦では何と「パックマン」の生みの親である岩谷徹氏が登場!
すわ御本人か!?とビックリしたが、実はデニス・アキヤマという日系俳優さん。
余りのソックリさん振りに笑ってしまった。
自分的にはここのパックマンゲームが一番面白かった。

1戦1戦の間に小休止を挟んで来るので、ちょっとテンポが悪い。
本来ならクライマックスとして大盛り上がりになるはずのドンキーコング戦も白熱さが無く大して楽しくも無い。
そもそも、戦闘中に流れる曲が場面と合ってないのがダメ。
そこは変に現存する楽曲を使わず、普通にゲーム音だけでも良かったのではないかな。
余計な演出が作品を平凡にしちゃっている感じがした。
レトロなゲームキャラが地球を襲ってくるというアイデア自体は良いが、全体的に展開が幼稚な事もあってか、映像は大作だが内容は小品といった具合で、勿体無い仕上がりに思えて仕方が無かった。
脚本次第ではもっとワクワクさせられる作品になったかも、と気持ち半分残念。

ズルをしまくっていたピーター・ディンクレイジが演じるエディ・プラントの吹き替え声優が神谷明さん。
流石本職の人だけあって無難に仕事をこなしてくれている中、頻繁に“ケンシロウ”化するのは可笑しかったのは確かだけど、あれは神谷さんのアドリブなのか、それともそうするように指示されたのかは不明ではあるものの、観る賑やかさに聴く賑やかさも加わって私は好意的に受け止めていましたよ。

エンドロール後のおまけ映像も実際にあんな赤ちゃんが居たら不気味かもしれんが、ゲーム映画としての笑いとしては可愛さ的なものは抱かされたのでホッコリ気分。

評価:★★★
16/02/24DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-02-03
メーカー:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカン・バーガー | トップ | ジュラシック・ワールド »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (maki)
2016-02-24 19:40:40
友好のための人類の情報を載せたロケットが悪意にとられて宇宙人に進攻されるという設定は面白く奇抜なものなので、確かにもっと面白くさせられるのだろうけれども、
アダム・サンドラー映画だし、こんなものかな?的に軽くみられる映画に変わっていますよねー
内容スカスカ
だけど昔を知ってる人は面白いというね。
>makiさんへ (ヒロ之)
2016-02-24 22:29:13
こんばんは!
コメントありがとうございます。
アイデアそのものは悪くはないですよ。
ただそのアイデアをもっと大きく活かせられなかったかなぁと、工夫次第ではもっと面白い作品になったかもしれません。
アダム・サンドラーの映画としては安心して観れる作品でしたが、もっと自分的には興奮するような描写が欲しかったです。
昔のレトロゲームをやり込んだ人は懐かしい気持ちには浸れたでしょうね。
Unknown (ふじき78)
2016-02-24 22:32:28
天はアタ゜ム・サンドラーの映画に二物を与えない。ので、これくらいでいいんじゃないかと思います。
>ふじき78さんへ (ヒロ之)
2016-02-25 14:29:47
こんにちは!
コメントありがとうございます。
まぁ確かにアダム・サンドラーらしい作品だなとは思いました。
平均以上でも以下でもなく至って普通。
映像は楽しかったんですけどねぇ。
こんばんは。 (白くじら)
2016-02-25 21:29:34
いやぁ、なかなかゲーマー心をくすぐってくれる作品で、私は結構満足しています。
映像もさることながら、ちょっとした言い回しもよかったのですが、逆に言うと当時のゲームを知らない人から言わすと…「何が?」なんでしょうね。もっと万人受けするように作ればよかったのでしょうけど…ここまで今の人をほったらかしにするのもまた一興なのかなって。(^^) おいおい

ピクセル化して飛び散るのはとってもよかったですね。

あ、そうそう、パックマンの親である岩谷徹氏は、序盤のゲームセンターで1カットでしたけど登場してましたよ。(^^;;
もう、あのパックマン戦にも出てもよかったのにねぇ。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせて頂きました。(^^)/
>白くじらさんへ (ヒロ之)
2016-02-26 20:36:46
こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

レトロゲームをやり込んだ人は懐かしさもあってか、面白く感じる作品かもしれませんね。
この頃のゲームは本当にプレイした事がないです。
親が厳しかったので、ファミコンとかも買ってくれませんでしたし。
ゲームウォッチくらいかなぁ、許して貰えたのは。
その反動が高校卒業してから来てしまったんですけどね。
専門学校もほどほどに、寮で友達とずっとゲームばかりしてました。
なので自分的にはプレステ1世代なのかもしれません。
プレステ1のソフトを使って映画化してくれたら私は盛り上がるのかも(笑)。

他の方のレヴューで知ったのですが、冒頭の岩谷さんは御本人様だったんですね。
てっきりそのシーンもソックリさんなのかと思ってました。
別にアクションする訳でも無かったので、そのまま本人が出ても良かったような気はしますよねぇ。
おはようございます。 (タケヤ)
2016-02-28 07:49:29
つまらんかったなあ・・・という気持ちを
思いだしました(笑)

やっぱ映画は吹替え声優とストーリーですね(笑)
今となっては内容をほとんど憶えていません。。。

まあそれだけの作品って事でしょうね。
(ヒロ之さんの記事を読んでも思いだせないんです。。。)
>タケヤさんへ (ヒロ之)
2016-02-28 16:00:09
こんにちは!
コメントありがとうございます。

記事にも書いてらっしゃいましたね^^;
まぁこれは見る人を選ぶ作品だと思いますよ。
ゲームに興味ないと、特に面白いとは感じないかも。
ストーリーに然程魅力がないってのは同感。
見てくれは華やかな映像だけかしら。
私もねぇこれといって特に印象として残る作品ではなかったんですよねぇ。
なのでタケヤさんと一緒で半年も経てば忘れるかもしれません。
遅れてすいません・・ (メビウス)
2016-03-20 10:23:39
ヒロ之さんこんにちは♪TBが遅れて申し訳ありませんでした--;

確かに全体的に陳腐な内容なのは否めないですよね^^;扱ってる題材がニッチっぽいだけに客層が凄い偏っていたのも、公開時にひどく印象に残ってたりしました(笑

自分はゲームが大好きなのもあってかご祝儀的な評価でもあったのですが、人間がピクセル化する場面とか巨大パックマン等が原作ゲームさながらに動いているリアルな映像の方はやはり凄いと思いました。今の映像技術だからこそ出来たんだろうな~とも賞賛してみたりw
>メビウスさんへ (ヒロ之)
2016-03-20 11:39:59
こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。

ゲームが主題ですからねぇ。
見る人が限られてくるでしょうね~。
レトロなゲーム好きな人とかにはウケが良さそうですけど、ゲームやらない映画ファンは内容に付いていけないような感じもします。

映像技術の凄さはしっかりと確認出来る作品ではありましたね。
けど悪く言えばそれ位しか見所の無い作品、とも思えます。
こんばんは (yukarin)
2016-04-10 22:41:33
パックマンの生みの親はご本人じゃなかったんですね。
ゲームのタイトルやキャラの名前を知ってるくらいで、なつかしいも何もないので盛り上がりに欠けました^^;
>yukarinさんへ (ヒロ之)
2016-04-11 16:16:10
こんにちは!
こちらにもコメントありがとうございます。
最初に出てきた人は御本人だったようです。
大したアクションもしないので、全部本人がすれば良かったのにとは思いました。
思い入れがあるかないかで作品に対しての愛も変わるでしょうか。
私もそんなに盛り上がらなかったです。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ピクセル (だらだら無気力ブログ!)
何だかいろいろ懐かしい。
劇場鑑賞「ピクセル」 (日々“是”精進! ver.F)
目指すは、ゲームクリア… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201509120000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック ピクセル [ Henry Jackman ]価格:2,592円(税込、送料込) ★地球を...
ピクセル 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』などで 知られるアダム・サンドラーが主演し、パックマンや ドンキーコングなど懐かしの日本製ゲームキャラが 登場するSF映画『ピクセル』が公開、1週間限定で アイマックスデジタルシアターで上映されていました ので、そちらま...
「ピクセル」、ゲームクリアか?全滅か? (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆ クラシックアーケードゲーム好き ☆☆☆☆ クラシックアーケードゲーム、すなわち1980年代に流行したテレビゲーム。 パックマン、ドンキーコング、ギャラガ、スペースインベーダーなどが、スペースインヴェーダーとしてやってくるのだ。 インド...
『ピクセル』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
かつてNASAが打ち上げた、地球外生命体へのメッセージを搭載したロケット。その中に含まれていたビデオゲームの映像を地球人からの宣戦布告と受け取った宇宙人が、そのゲームをコピーした侵略兵器を開発し攻撃を開始した。この地球消滅の危機に立ちあがったのは、当時のゲ...
ピクセル (いやいやえん)
【概略】 1982年、NASAが宇宙に向けて「友好」のメッセージを発信した。2015年、しかし宇宙人はそのメッセージを人類からの宣戦布告と勘違い。ゲームキャラに姿を変え、地球を侵略しはじめたのだ! SFアクション ゲームクリアか、全滅か!? やつらがピコピコ地...
ピクセル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(11) 冗長な本編はすべて編集カットして1分間の予告編だけで十分である。
ゲームセンターあだむ氏 クリス・コロンバス 『ピクセル』 (SGA屋物語紹介所)
ああ、やっぱりハンバーガーにはあれが入ってないとね。ビーフに酸味がよくあう…って
映画「ピクセル」3D、字幕版 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2015/10/3、ユナイテッドシネマ豊洲。 9番スクリーン。E列が良かったが中央が空いてなかったのでD列を選択。 少し下すぎるが近さは十分、今度はF列と比べてみたい。 ユナイテッドシネマ豊洲の3DはRealD3D。 メガネはMasterImageより丈夫...
ピクセル (映画好きパパの鑑賞日記)
 ドンキーコング、パックマンなど80年代の昔懐かしいゲームキャラが地球を侵略しようという物語。ピクセル風のキャラは、チープだけど今のCGからするととても懐かしいというのはアメリカでも一緒でしょうか。日本のテレビゲームが世界に与えた影響というのを改めて感じ...
『ピクセル(字幕版)』をトーホーシネマズ日本橋4で観て、何も残らんでええでふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★くだらなくてグー】 宇宙人がテレビゲーム見て、挑戦状と勘違いして ゲームキャラの形態で攻撃してくるってプロットが単純に馬鹿馬鹿しくてええわあ。 これ ...
『ピクセル』 (こねたみっくす)
持つべきものはゲームヲタクの友人か、それとも大統領になった友人か。 何だろう、この懐かしさは…。「パックマン」や「ドンキーコング」が懐かしいだけじゃない。まるで『ゴー ...
懐かしさで見入っちゃったコメディ。~「ピクセル」~ (ペパーミントの魔術師)
これはもう、楽しいというより懐かしい~気持ちになりました。(;´∀`) おもいっきり年のバレる話になりますが、まだ新入社員のころに 子供相手にパックマンやらドンキーコングやらを「売っていた」ひとだったんですが いかんせん、反射神経ないし、マリオやってもそ...
ピクセル (シネマ日記)
以前から面白そうだなーと思っていたのでシルバーウィークに見てきました。まだファミコンのなかった時代。ビデオゲームは所謂ゲーセン(アメリカではアーケイドゲーム)でやるしかなかった。サムブレナー(のちの)アダムサンドラーはアーケイドゲーム大会でエディプラン...
ピクセル ★★★ (パピとママ映画のblog)
パックマン、ドンキーコング、スペースインベーダーなど、日本の名作ゲームのキャラクターたちをフィーチャーしたアドベンチャー。ゲームキャラクターにふんして地球侵略を開始したエイリアンと人類の攻防を活写する。メガホンを取るのは、『ハリー・ポッター』シリーズ....
ピクセル (海外ドラマ☆SFワールド)
1982年の頃の人気ゲーム、ドンキー・コングとかギャラガ、パックマンなど。 あの独特のピコピコ音
ピクセル (Dラえもん Nび太のK底K岩城)
『ピクセル』 "PIXELS" (2015・アメリカ・1h45) 製作・監督 : クリス・コロンバス  製作・出演 : アダム・サンドラー 出演 : ミシェル・モナハン、ケヴィン・ジェームズ、ジョシュ・ギャッド、ピーター・ディンクレイジ、マット・リンツ、ブライアン・コッ...
ゲームキャラたちが地球侵略!? (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「ピクセル」を鑑賞しました。 30数年前 NASAが宇宙に向けて宇宙人との交流を図ろうとし発信した映像、その映像を受信した宇宙人は宣戦布告だと勘違い 地球が発信したゲームキャラに扮し現代の地球を侵略してくる 全てピクセル化してしまう能力に...
ピクセル (MOVIE-DIC)
ピコピコと壊しちゃうよ♪ 2015年(PIXELS)製作国:アメリカ監督:クリス・コロンバス原作:パトリック・ジャン:「ピクセル」製作:アダム・サンドラー、クリス・コロンバス、アレン・コヴァート、マーク・ラドクリフ製作総指揮:パトリック・ジャン、ベンジャミン・ダラ...
ショートレビュー「ピクセル・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ある意味、ヲタクの理想郷。 ビデオゲーム黎明期の名作アーケードゲームにオマージュを捧げた、異色のSFコメディ。 いや~本国のレビューは散々だった様だが、実にアホらしい、もとい実に楽しい映画じゃないか。 1982年、NASAは地球外生命体に向けて、ゲーム大会の様...
ショートレビュー「ピクセル・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ある意味、ヲタクの理想郷。 ビデオゲーム黎明期の名作アーケードゲームにオマージュを捧げた、異色のSFコメディ。 いや~本国のレビューは散々だった様だが、実にアホらしい、もとい実に楽しい映画じゃないか。 1982年、NASAは地球外生命体に向けて、ゲーム大会の様...
ピクセル (そーれりぽーと)
ファミコン発売当時世代の日本人、アーケードゲーム創世記世代の米国人は絶対に楽しめそうな『ピクセル』を観てきました。 ★★★★ ファミコンやアタリのドット絵ゲームキャラ達が画面の中で大活躍と言うか、地球を侵略して来る面白さ。 どう転んでも楽しい映画にしてく...
『ピクセル』('15初鑑賞64・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 9月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 11:45の回を鑑賞。2D:字幕版。
『ピクセル』 いやされる大人の童話 (映画のブログ)
 ピクセルじゃなくてボクセルだろ、というツッコミはなしだ。  『ピクセル』には立方体が集まったエネルギー体が登場し、地球の物体を小さな立方体に分解してしまう。だから2次元の画素を表すピクセル(picture + element)よりも、3次元の立体を表すボクセル(volume + p...
『ピクセル』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2015年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:105分  原題:PIXELS  配給:ソニー・ピクチャーズ  監督:クリス・コロンバス  主演:アダム・サンドラー      ケヴィン・ジェームズ      ミ...
ピクセル(3D 日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:クリス・コロンバス 出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、ミシェル・モナハン、ピーター・ディンクレイジ、ジョシュ・ギャッド、ブライアン・コックス、アシュレイ・ベンソン、マシュー・リンツ、ショーン・ビーン、ジェーン・クラコウスキー、ダン・...
「ピクセル」 特定世代じゃないとわからないかなー (はらやんの映画徒然草)
自分はまさに「ゲームセンターあらし」世代で、80年代にゲームセンターに100円玉
ピクセル(Pixels) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 自転車に乗った主人公の少年サムが住宅地を走っている。街に新しいゲームセンターができたんだ! 親友ウィルを誘って遊びにいこう。こいつは太っちょだけど愉快なやつだ。ふたり並んで自転車をぶっ飛ばす。コインはたっぷりある。バックに流れる音楽はチープトリッ...
「ピクセル」ああ、ピコピコが止まらない…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[パックマン] ブログ村キーワード  80年代の懐かしゲーム・キャラ達が、地球を侵略??「ピクセル」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。吾輩世代には、とても懐かしいゲーム・キャラがテンコ盛り!若い人達には、わっかんないかなあ~??  1982年...
ピクセル (真・天文台)
監督:クリス・コロンバス 脚本:ティム・ハーリヒー、ティモシー・ダウリング
ピクセル (Pixels) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリス・コロンバス 主演 アダム・サンドラー 2015年 アメリカ/中国/カナダ映画 106分 コメディ 採点★★★ 何気に最初の就職先が大手ゲームメーカーだったので、80年代後半から90年代に掛けたゲームセンターの大変換期をその目で見てきたっていうか先頭に...
「ピクセル」 (Con Gas, Sin Hielo)
"Pac-Man Fever"よ、ふたたび。 言われてみれば、アーケードゲームは単純でパターンがあって、そこが今のゲームと違うというのはそのとおりだと思う。 今は顧客をつなぎとめるためにパターン化させているだけで、能力的にはどこまでも複雑化させることができ...
[映画『ピクセル』を観た(一言^^;)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・「テッド2」に続いて、毒入りオタクコメディを楽しみました(*⌒▽⌒*)  レディーリサは、必見の可愛さ!!                            (2015/09/12)
ピクセル (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリス・コロンバス 【出演】アダム・サンドラー/ケビン・ジェームズ/ミシェル・モナハン/ピーター・ディンクレイジ/ジョシュ・ギャッド/ブライアン・コックス/デニス・アキヤマ/マシュー・リンツ/ショーン・ビーン 【公開日】2015年9月12日 【製作】アメ...
ピクセル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【PIXELS】 2015/09/12公開 アメリカ 105分監督:クリス・コロンバス出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、ミシェル・モナハン、ピーター・ディンクレイジ、ジョシュ・ギャッド、ブライアン・コックス ゲームクリアか、全滅か。 STORY:1982年。NASAは宇...
映画「ピクセル」レビュー(吹き替えの神谷明がノリノリ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ピクセル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『ピクセル』予告編動画あらすじはNAS ...