教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

少年詩集で勇気そして癒しを

2011-11-24 07:13:18 | 
子どものための少年詩集 2011―アンソロジー
クリエーター情報なし
銀の鈴社


☆1984年からつづいている

☆年間少年詩アンソロジー。

☆詩人たちの応募作品から毎年選定されている。

☆ステレオタイプな日常を

☆ステレオタイプな言葉で表現している

☆私たちに、たまには殻を破ることの勇気を抱かせてくれる一冊。

☆RINさんの「空に向かって」から抜粋してみよう。

無理かどうかなんて・・・
やってみなくちゃわからない

(略)

やってみよう!

新しいチャレンジが
空高く・・・
未来の夢に つながりますように

☆最後の一連は、

☆心を開く→目線を上げる→未来へのイマジネーション→再び内省の祈りへ

☆物質的日常生活では、イマジネーションの生み方を忘れてしまっている

☆ということだろう。

☆しばし癒された。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米政治 機能不全か? | トップ | リベラと少年詩でクリスマスを »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。