やっと週末だ~!

春のきざし。

畑、リニューアルスタート。

2017年03月20日 18時45分58秒 | Weblog
春ですね〜。目が痒くて鼻水がどんどん流れてきます。
でもやっぱり春は気持ちが良いですね。



冬のあいだ何も植えていなかった畑もそろそろ始動です。
まずは硬い土を耕します‥‥母が。



しかしですよ、ここ数年で畝の土がどんどん低くなってきて、今では



周りより低い‥‥‥‥って、それ田んぼじゃない?
水はけが悪くなる分、水やりが少なくて済むかもしれないけど。
ここらでちょっと模様替えしようかな。木の枠も朽ちてきたので取り払って、



畝の間の土が固まっていて耕運機が入らないので、
まずはトンガで割っておきます、義弟が。



はい、割れました。



そして何度も何度も全体に耕運機を掛けて、もちろん義弟がですけど‥‥。
そしたら大きな石があちこちから出てきたり



場所によってはバラスみたいなのがゴロゴロしてたり



↑こんなのを一生懸命拾って畑の外に出したのだけど、いくらやっても
キリが無い感じ。でも根気良く取り除いていくしかないよね。

さて、畝を上げます、母が。



元々3本だった畝を4本にしてみました。



そしていきなりですが、ジャガイモを植えました。だってもう遅いんだも〜ん。



↑しかも母が。義弟は水を汲んでくれてます。

ぜ〜んぶ義弟と母がやってくれたように見えるけど、私ももちろんやってますよ!
でも本当に色々手伝ってもらったわ〜、ありがとう、ありがとう!
ジャガイモが出来たらお渡しするね。

ここのところ音楽の趣味の方が忙しくて、なかなか畑に時間を取れないのだけど、
またボチボチ頑張ります。

では皆さま、花粉に負けずに春を楽しんでください。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

コタツで梅鑑賞

2017年03月05日 01時33分58秒 | Weblog
梅が咲けば心にも春が訪れますね〜。もう冬は飽きてしまったわ。

ってな訳で、いつものお友達、まきさんと梅を見に大阪府立
花の文化園に行ってきました。



ここはなんと、コタツに入りながら梅が鑑賞できるのです。



コタツという日常が恐ろしく非日常な風景になってますね。

梅は満開とは言えなかったけど、結構楽しめました。



↑姫千鳥



↑黄金梅



↑梅はバラ科ですが、蝋梅はロウバイ科で別物なんですね〜。

そして私達の行った第3日曜日は「コスプレの日」で、コスプレイヤーさんも
撮影を楽しまれていました。更衣室が無料で貸してもらえるそうです。

梅の枝には万葉集の句が下げられていて、なかなか風流でございます。



↑世の中は恋の悩みが多くて、こんなに悩むんだったら梅の花にでもなったら
楽チン〜!という意味だそうです。へ〜。

梅以外にも展示室にはクリスマスローズが飾られていたり







温室には夜のライトアップ用の照明器具がたくさん取り付けられていたり、







なかなか楽しめます。

では最後に、私が一番気になった植物の写真を。



アサラム スペシオサ だそうです。蕾がキノコっぽい所がかわいくないですか?
花っぽく見えているのはガクらしく、内部でひっそり咲いているのが花との事。

では最後の最後に、トケイソウっぽい花がきれいに撮れたので、貼っておきます。



う〜ん、これはどこまでがガクで、どこが花なんでしょうね。

濃い半日を付き合ってもらった まきさん、どうもありがとう!
来年はライトアップも見よう! 皆さんも良かったらコタツでのんびり
梅を見に来てください。3月末までですよ〜。では!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬の中にも春のきざし

2017年02月20日 02時05分37秒 | 
この冬は鳥取県と島根県が大雪で大変な事になっていますが、
先週は和歌山県北部も雪にみまわれました。



実は私の畑には今何も植わってないのですが、



この黒い子のためにほぼ毎週帰って散歩に行ってます。
道中スマホでこんな写真や



こんな写真を撮ったりするのですが、



とにかく走り回る子なので、10枚撮っても9枚はブレブレです‥‥。

さあ、そろそろジャガイモを植えるシーズンやってきましたよ。
私はまだ種芋を買っていませんが、今年も家に物体Xまではいかない
ジャガイモがいくつかあるので、それを植える事にします。

ではちょっとだけ実家の風景を。



やっとこさ、梅が開いてきました。



少し大きさを増した葉牡丹と、多分リュウキンカ(立金花)。

一歩ずつ春が来ている感じがしますね〜。

残りわずかの冬ですが、お風邪などひかれぬよう。ちなみにうちの会社は
社長のみインフルエンザにかかりましたが、社員は無事でした。
ではね〜。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

島根へ、ズームカーを追いかけて。

2017年01月30日 01時31分04秒 | Weblog
行ってきました、島根県。



1月21日の夜、岡山から「特急やくも」に乗ること3時間、
鳥取経由で島根入りです。途中の駅では



う〜ん、雪景色。いいですね。この特急やくも、島根側の顔はこちら。



岡山側の顔は



全然違う〜! ザ・国鉄って感じですね。

さて今回の旅の目的について少し。元南海電鉄21000系、通称ズームカー、
こちらは平成8年に島根県の一畑(いちばた)電車に譲渡されたのですが、
このたび約20年の役目を終える事になりました。

さよなら運転のイベントがあるとネットの噂で聞き、いてもたっても
いられなくなり、出かけたというわけです。

一畑電車と言えばこちらの映画。



「レイルウェイズ・49歳で電車の運転士になった男の物語」ですね。



さて、まずは電鉄出雲市駅で電車を待ちます。なかなか立派な駅ですよ。



営業運転はすでに終了し、ラスト2日は臨時の「さよなら運転」となります。
ホームに懐かしい姿が入線してきました。



社員さんが作ったヘッドマークはかつての南海時代のカラーで、顔の
ラインの中央が下がった部分を再現してくださっています。泣けます。
記念乗車券にも南海カラーに復活した時のもの?を載せてくれてるんですね〜。



ちなみに記念乗車券の右端に「だんだん 3000系」と書かれていますが、
この「だんだん」はこの辺りの言葉で「ありがとう」だそうです。
そういえば昔の朝の連ドラでありましたよね、「だんだん」。

懐かしいフワフワのシートに座りまして、出雲大社前駅に到着。
少しだけ時間があったので、出雲大社の入り口まで行ってみました。



しかし中に入る時間は無く、今回の目的はあくまでもズームカーなので
割り切って戻ります。こちらの駅舎は国の登録有形文化財だそうで、
なかなか良い雰囲気です。



ちなみに出雲大社の向かいにあるスタバも雰囲気ありました。



車窓からは木造の出雲ドームが見えたり、



鳥居が並んでいたり。



のどかな風景が続きます。



踏切ごと、駅ごとにカメラを構えた人が何人もいたり、線路脇の
家の中から御夫婦が携帯のカメラで最後の姿を撮っていたりと、
こちらで愛されてるんだな、と心が温かくなりました。

ここらで南海時代のファンにサービス写真を1枚。



↑ドア開放コックが懐かし過ぎる‥‥。

さて電車は東の端、松江に向かいます。国道を挟んですぐ宍道湖が見え、
なかなかの美しさです。山育ちの私には海かと思う位の雄大さ。


並走する車からもカメラを構えた姿が見られ、ビデオ撮影の人とずっと
手を振りあったのも良い思い出となりました。

そうこうしている内に最後の停車駅、雲州平田駅に到着です。
なんだか感無量な気持ちの中、線路に降りて最後の勇姿を思い思いに
撮影します。



この日はじゃんけん大会で何人かにプレゼントがもらえたのですが、
1回目に私がポスター、2回目に夫が南海カラーの缶をいただきました。



この缶は南海の復刻カラーにした時に、南海から色出しをしてもらった
オリジナルカラーと言ってたような‥‥。それを一畑の社員さんが
ペイントしたという、超レア物なのです。もらえて本当に嬉しかった!

他にもオリジナルの座席シートの生地で社員さんが作った椅子もあったり。



気前いいわぁ、一畑電車さん。

出雲の地で愛されてきたズームカーですが、このあと解体され、同じ時期に
譲渡された大井川鐵道さんの部品取りになるようです。という事は、もう
しばらく大井川の方で走ってくれるという事ですね。

ちなみに大井川さんの方とは7年前に再会を果たしています。



こちらは常にオリジナルカラーです。これからも頑張ってね〜。

私は特に鉄道ファンではないのですが、このズームカーだけは思い入れが
強くて。南海沿線の人にはザ・高野線だと思うし、実際に運転していた
父のお気に入りだったというのも大きいかな。

本日も長文にお付合いくださいまして、どうもありがとうございました!

最後に、さよなら運転の日に一日中車内アナウンスをしてくださった
アテンダントの女性にもお礼を伝えたいです。最後の1駅間の、
社員さん達の思いが詰まったアナウンスには涙腺が崩壊しそうで
ヤバかったです。

では〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅くなったけど、今年もどうぞよろしくお願いします。

2017年01月10日 00時37分20秒 | Weblog
もう1月も中旬に突入ですが、本年もよろしくお願いいたします。



暖かい新年で過ごしやすかったですね。でも年末は少し寒かったかな。

実家に帰った時にお墓の掃除をしたら、花筒の水が‥‥



凍ってたわ。さっぶー。

でも元旦は暖かくて良かった良かった。

初詣は実家メンバーと近所のお宮さんに行ったのですが、
田舎なのでお参りする人はほぼ全員知っているため、挨拶大会に
なるのです。この時も久しぶりに会うご家族とご挨拶。



なんかほっこりしました。

このあと、30年以上続く中学高校仲間の宴会にも行って、



ひさびさに運転手じゃなかったもんだから、いつもより余計に楽しめました。

正月らしい話をもう1つ。この季節の植物と言えば葉牡丹ですよね。
高校の同級生が苗を作って販売しているのですが、そこのお父様の
作品をどうぞご覧ください。



毎年干支の動物を葉牡丹の作品にされるそうで、今年はもちろん酉。
良く出来てるわ〜。すごいわ〜。後ろ姿もどうぞ。



尾も観葉植物で作ってあるのが上手。よく表現出来てますよね。
そして胴体は物凄〜く小さな株でびっしりと埋め尽くされてるのです。
上の後ろ姿の写真を拡大しますと‥‥



生産者だからこんなに小さな株をこれだけも使って作れるんでしょうね。
そして細かい。きっちりしてる。株の使い分けもよく考えられていると
思います。これは毎年見たくなりますよね。もう年賀状もここで撮って
印刷すればそれでいいかも。

では皆さん、お風邪には気を付けて。

宴会と友達のお店まで送り迎えしてくれた
まきさん、どうもありがとう〜。来週のコストコもよろしく!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

結構きつい‥‥が、楽しい事もある。

2016年12月26日 01時43分14秒 | Weblog
鎌倉旅行の続きが全く書けないのですが、今ちょっと
仕事がどうにもこうにも滅茶苦茶忙しい事になってまして。

仕事量とお給料のバランスに対して全く納得できなくて
日々悶々としております。会社で完徹の翌日に神戸外出で
まじ倒れそう。でももう私は決めました。はい。なので
皆さん心配御無用です。

そしてそんな日々でも土日はきっちり休む事にしてます。
つい先日は少年少女合唱団時代の大先輩のクリスマス演奏会があり、
私は飾り付けで参加してまいりました。

しかしこれまた時間が少なすぎ!教会の椅子に付けるミニブーケを
50個作って欲しいって本番2週間前に言う?しかし私も受ける?
受けたからにはやらねば。作業日は3日しか無いけどね。

百均で造花を買いまして、花の部分をカットして、他のお花と束ねる。



ひたすら束ねる。



ただもう、ひたすら。



ナイロンと紙で包んで出来上がり〜。



当日は50人ぎりぎり入れる教会で、ほぼ満員のお客様。
ありがたや、ありがたや。



↑お客様が座っている長椅子の両側と真ん中にブーケを付けていますが、
ちょっとわかりにくいかも。

あとはソリスト本人が作られたレースの敷物を活かして、



↑古いオルガンの上に飾ったり、



ソリストさんのお庭に生えていたローズマリーもリースになったり
大活躍。良い香りに気持ちも落ち着きます。



祭壇はお花やポインセチアで飾り、会社の人から借りた
サンタさんなどを置いて、何となくそれっぽくなったかも。

この日は放置されていた古いオルガンを数日掛かって復活させ、
それのお披露目もあり、



↑フルートや、上側に置いている「トーンチャイム」という
とても心安らぐ音がする珍しい楽器や、



アイリッシュハープも持ち込まれ、ソリストの友達が何人か
入れ替わりながら歌に合わせて演奏する形式でした。
最後には客席からの飛び入りで歌のアンサンブルをしたのですが、



ちゃっかり私も歌ってます‥‥。



クリックしても大きくなりませんよ〜。

私はクリスチャンではないのだけど「どうか神様、
残業地獄から私を救ってください」という感じでした。
ま、それは自分で何とかするしかないね。

さあ、そろそろ年賀状作りかな!がんばる!
ではお風邪などひかれぬよう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉散策

2016年12月04日 23時25分22秒 | Weblog
先週書くつもりだったのに無理でした。すみません。

ディズニーランドの翌日は鎌倉です。旅のお供のまーたんさんと
現地集合して、まずは鎌倉駅近くで鎌倉彫を鑑賞します。私ここで
良い写真が撮れなかったので、鎌倉彫会館のリンクを貼っておきます。
こちらをクリックすると飛びますのでお時間のある方はどうぞ。
結構見どころのある資料館でした。

さてそこから江ノ電に乗りますよ〜。駅舎がね、かわいいんです。



右が江ノ電、左がJR。さあ江ノ電に乗ってしらす丼を食べに出発進行〜。



江ノ電は初めてなのでワクワク。正面の行き先表示の絵が
かわいいです。上は江ノ電キャラの「えのんくん」。下の写真はモミジ。



2種類かと思ったらイチョウもあった!他の季節も見たいな〜。



そして古い車両は床が懐かしの木製です。



いいね〜。車体側面の広告も「えのんくん」だったり。



自社製品だったり。



そしてもちろん景色もいい!と言いたいところだったけど、
ちょっと曇りだったので、モヤモヤしてますが、それもまたいい!



↑♪江ノ島が〜遠くにぼんやり寝てる〜♪ってやつですね。
↓この地層むき出しの横を通るのもかっこいい!



あと、江ノ電と言えばこの駅の‥‥



すぐ近くにある例の踏切ですよね。



なんかもう某国の方々がいっぱいおられて、人を写さずに撮るのが精一杯。
かっこいい写真とか無理。地元人も大変だろうなぁ。

さあ、江ノ電はこれ位にしてお昼ご飯ですよ〜。生しらす丼ですよ〜。
まーたんさんが選んでくれたお店は「しらすや 腰越漁港前店 」。



生、釜揚げ、漬けの三色丼です、どうぞ〜!



やっぱり生が最高!漬けも美味しかったな。
お味噌汁もあさりだったか、これも良かったわ。

美味しくいただいてからは次の目的地まで江ノ電の線路脇を
散策しながら戻ったのですが、私の育った生活環境では
見た事のない光景に出会いまして‥‥



サーファーが自転車で走ってる‥‥のはまだしも、何その自転車?
そんな改造いいの?もうみんなこれで走ってるんです、不思議〜。
ちょうど帰り仕度のお兄さんがいたので、自転車を見せてもらいました。



↑潮風でめっちゃサビてて雰囲気ある自転車オーナーさん。
「乗っていいよ」と言われたけど、バランス崩して倒して壊したら
申し訳ないのでお断りしましたが、丁寧に説明してくれました。



うん、こうなってるんやね。自作らしいですよ。

なんか話が長いので、一旦ここで前半終了って事で。
今年中に終わるのかな‥‥。ではまた
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

実は‥‥夢の国に行っておりました。

2016年11月21日 06時42分20秒 | Weblog
またまた3週間ぶりの更新となりましたが、わたくし、夢の国に
行っておりました。ええ、あの千葉県にある夢の国です。

私自身、近くにUSJがあるのに今まで一度も行った事が無いくらい
テーマパークには足が向かないのですが、今回は神奈川県にお住みの
ブログ友達、まーたんさんが「チケットが当たったので来ませんか?」と
声をかけてくださいました。



私、実は‥‥東京ディズニーランドは今回初めてなのです。
東京じゃない所には35年前に和歌山県の文化交流事業で行ったけど、
時間が限られていたし、言葉も分からないしで、楽しめたかというと
う〜ん、どうだったかな。でも今回は関西弁でも通じるし、何といっても
ディズニー歴の長いまーたんさんと一緒なのでメチャ楽しめそう、と思い、
御一緒させていただいたのでした。

さて、今回の私の宿は横浜市。朝6時15分に横浜駅集合で、バスで
楽々1時間。7時半にゲート前到着です。



平日の早朝でお天気も下り坂の予報なのに人でいっぱい。
8時にゲートが開きまして、まーたんさんの素敵な計画によって
まず向かったのは‥‥ふふふ‥‥朝ごはん!!!



ミッキーのパンケーキかわいい!そしてこの朝御飯は
ただの朝御飯じゃないんですよ。なんと!



プーさんファミリーが各テーブルで一緒に写真を撮ってくれるのだ!
プーさん好きの私は10年振りの関東でテンパってるのもあってか、
プーさんに感涙!泣くか?普通。50歳のオバハンが。でも泣くの。
それ位感激したの。プーもイーヨーもピグレットもティガーも、
みんなおもてなしが超一流。さすが。

ちなみに上の写真は真ん中だけ本物のプーさんで、左右はコスプレの
お客様。きっと手作りなんじゃないかな。時期的にハロウィーン直前
だったのでフル仮装の人がかなり多く、それを見るのもとっても
楽しかったです。白雪姫が3人もいたりね。みんな楽しんでるわ〜。



1枚目のゲートの写真もそうだけど、パーク内の色んな所がハロウィーン
仕様になってるのも見どころだと思います。私は普段を知らないけどね。

朝御飯のあとは私の希望で、ディズニーランド唯一の人力アトラクション、
「ビーバーブラザーズのカヌー探険」で人生初のカヌーを漕いでみました。



↑中央に写ってるカヌーをみんなで漕ぐのですが、その前方に
写っている大型の船が同じ方向に動いて水流が発生するのか、
案外漕がなくても進んでるように思ったのは気のせいかな‥‥。

そのあとはパレードを見たり、



「プーさんのハニーハント」でプーさんの世界に入り込んだり、



「ジャングルクルーズ」でまた船に乗ったり。



そうこうしている内にお昼御飯の時間ですが、この日は寒く、
暖かいものがいいよねという事で麺類に。ここに麺類があるって
意外な感じだけど、味は美味しかったですよ。



↑左は今回の旅の友、我が家のピグレット。
虎(ティガー)の威(衣)を借るピグレットです。

お昼から雨が降ってきたのもあってか、夕方からは待ち時間も
30分程度とかなり短く、思ったよりもはるかに多くの
アトラクションを体験できました。

その中でも印象的だったのは「ビッグサンダー・マウンテン」。
絶叫系はポートピアで乗った以来、これまた35年振り。

しかも今回は夜の暗さの中、雨も降っている状況。そして乗っている最中に
まーたんさんが発した「いつもより速い気がする!」の言葉で恐怖爆発!
人生で一番長い絶叫だったかも。降りたら放心状態でした。
でもこれでやっと友達のディズニー話に入れる気がする。よかった。

夜7時を過ぎた辺りからどんどん待ち時間が少なくなって、
「イッツ・ア・スモールワールド」もちょっと待っただけ。



回転木馬の「キャッスルカルーセル」なんて待ち時間無し。



↑これね、お姫様のコスプレで乗ってるお嬢様方が何人もいて、本当に
優雅で、「自分はこの時間に毎日残業してる。なのに同じ時間にこんな
世界も実在している。なんだこれ?」とものすごく考えさせられたまま
白馬で上下してました、私。旅行が終わってから数日は何度も何度も
この時の動画を見て、夢の世界を反芻したりしてね‥‥。

さあそしてディズニーランドの夜といえばエレクトリカルパレードですよね。
そろそろかな、でも雨で中止かなと言いながら晩御飯してたら、いつもと
逆周りで近くを通過したという情報が入り、まーたんさんと走る走る!
しかし体力の無い私はチラッと見たのち、まーたんさんに追いつけなくて
落伍。日々鍛えているまーたんさんがカメラに収めた渾身の画像を
ご覧ください。



これ、最後の最後に建物に入っていく寸前だそうです。
手を振ってくれてますね。雨の日に普段と違うものが見れるというのも
お客様の心を離さない演出かも。

さて、私たちが最後に見たものは「ワンス・アポン・ア・タイム」。
まーたんさんオススメのプロジェクションマッピングです。
映し出される場所はシンデレラ城というのだから「あんな凸凹した所に
どうやって?」なんて思いますが、これは本当に素敵でした。



↑私の非力なカメラではこのモヤモヤ感だけど、まーたんさんの
ミラーレス(?) デジタル一眼では↓



う、美しい‥‥。ビームがビカビカです。公式サイトをリンクさせておくので、
20分の内の55秒だけですが、ご覧になってください。ここ←クリック!

尚、wikipediaによるとこのアトラクションの総投資額は約20億円。
それだけの値打ちはあると思います。

さて朝8時から夜10時の閉園までフルタイム楽しんだ夢の国から
帰る時がきました。



さようなら、夢の国。なんかこう、普段の生活と違い過ぎて、
楽しめたと同時に、自分は毎日サー●ス残業ばかりで何やってるんだろ
という虚無感を家に帰ってからも数日間感じましたが、とにかく
夢の国は夢の国だった。そこで思い切り楽しんでる人を見るだけでも
幸せな気分になれるんだな〜、なんて思いました。

ディズニー超初心者をフルで楽しませてくれたまーたんさん、
本当にありがとうございました!!!
さて、次回は旅の続き。鎌倉散策です。更新日は、う〜ん、1週間後。
書けるかな‥‥。ま、覗いてみてください。今回も長文にお付合い
くださいまして、どうもありがとうございました。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

きのこ狩り・2016

2016年10月27日 01時25分08秒 | きのこ類
朝晩寒いですね〜。ベランダのコキアも3週間前にはすっかり色付いて、



紅葉となりましたが、今はもう半分枯れてます。畑のコキアは



ベランダより色が長持ちするのかも。大阪市内は暖かいので
10日前でもこの様子。↓



何だか季節感に欠けますね。

さて、ちょうど1ヶ月前になるのですが、伯父&叔父ときのこ狩りに
行ってきました。去年はお目当のコウタケが沢山採れたのだけど、
今年はもう誰かに採られたのか、収穫ゼロ。

でもそれ以外のキノコは去年よりもはるかに多く、
きのこに会うのが目的の私としてはかなり盛り上がりました。

本来なら写真に名前を添えて書くべきだけど、きのこは種類が
多い上に似た物が多過ぎて、私には正しい名前を書くのは無理〜!
なのでとにかく貼っていきます。

最初はキノコではなく、ギンリョウソウ。



↓こちらの写真で大きさがわかってもらえるかと。



どんどん貼っていきます。



タマシロオニタケと思われる物。↓



↓伯父撮影の家族写真。



↓兄弟?



ぬめり感は今回でNo.1。↓



大、小、極小↓



極小のアップ↓ おぎゃ〜って感じ。幼菌と言われる状態。



続きで幼菌シリーズ。





木に寄生するタイプ↓



カワラタケ↓



↓これは圧巻でした。伯父撮影。



↓「トトロいたもん!」的世界。



前回は美しいピンクできれいなカーブの傘を持つ、私が惚れたキノコが
たくさんあがっていたのに、今年は本当に少なく、↓これが精一杯。



と思って山を降りたら、伯父の家の庭にポツネンと



おられました!なぜここに!ついでに、と言っちゃなんですが、
玄関の戸にハビも!!! どこにいるとは書かないよ〜。



今調べてわかったけど、ハビって呼ぶのは和歌山県だけみたい。
マムシの事で、ハブではありません。
この後また別の叔父の手によって皮を剥がれ、干されました。アーメン。

ではまた。随分冷えるみたいだから体調に気を付けてね!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

隅田八幡さんの秋祭り

2016年10月11日 07時11分20秒 | Weblog
10月9日、和歌山県橋本市にある隅田八幡宮の秋祭りに出かけました。



神社からすぐの所に夫が高校生の時まで住んでいて、私も同市
出身なのでとっても懐かしい場所なのです‥‥が、35年も経てば
色々変わるもんですねぇ。まず乗り換えの橋本駅には万葉歌碑が
建てられたようですが、よく見ると



向こうにお立ちになっているのは



まことちゃん・真田丸バージョン! まことちゃん自体は以前にも
紹介しましたが、今回は真田丸。トナカイっぽい兜を少し斜めに、
いわゆる阿弥陀に被ってるのがかわいいね。大河ドラマもそろそろ
クライマックスで、この辺りは真田丸一色と言ってもいいほど。
駅の中の通路も



待合室も



あちこち真田丸。ちなみに↑この真ん中にある兜は自由に被ってOK!
もちろん被りましたよ。そして右側の立派な一式はカッコ良すぎて?
一度盗難に遭ったのですが、無事戻ってきた、いわく付きの物であります。

さて橋本で南海からJRに乗り換え、はい着きました、隅田(すだ)駅。
今にも降りそうな曇り空と相まって、妙に寂しい雰囲気‥‥



と思いきや、駅のペイントが意表を突く明るさで、私たちは戸惑いを隠せません。



いや、実はネットで見た事はあったのですが、実際見ると凄いインパクト!
隅田中学の生徒さん達が描かれたそうです。力作揃いなので他の絵も
ご覧ください。橋本市と言うと柿だもんね。



紫陽花園もあるよね。



だけど、右から覗くカッパは?と思いながら向かいのホームを見ると



ピンク+黄色+祭りの提灯で不思議な感じになっています。
さて改札を出て駅舎を見ますと



うん、いいよいいよ。私も慣れてきました。少し離れた所には



手作りの「顔はめ」。もちろんはめました。でも顔を出す所が
小さくて合わなかったわ。最近の子のサイズなのかもね。

さて、駅から少し歩きますとのぼりが見えてきました。



階段を上がって



下を見たところ。



良い雰囲気です。そうこうしているとお囃子が近づいてきて



はい、やっと出ました、本日のお題であるだんじりです。



だんじりと言ってもこちらは全て「担ぎだんじり」で、台車はありません。
ものすごいスピードでカーブを曲がる「やり回し」はありませんが、
全員でだんじりを左右に大きく揺らす所は大きな見どころで、もう皆さん
必死の形相です。



↑揺らしているところ。だんじりには神様が乗ってる説と
乗ってない説があるらしいけど、乗ってたら振り落とされそうな揺れ。
昔からこうやって奉納してきたんでしょうね。ちなみにこのお祭りは
和歌山県指定無形民俗文化財となっております。

何年も変わらないものを見たあとに、随分と様変わりしたこの周辺を
散策し、何だか不思議な気分になりましたが、やっぱり地元は
気分が落ち着きます。他にも色々良い所があるかも。

長文にお付合いくださいまして、どうもありがとうございました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加