まーたん農園

安心安全な野菜作りと
畑の恵みを食卓へ~
農林水産省が進める
農業女子プロジェクトメンバーです。

コリンキーのヨーグルト漬け 祇園宵宮

2016-07-24 | やさいのおかず
畑のめぐみを食卓へ~コリンキーを使った一品
サラダカボチャ「コリンキー」良く見かけるようになりましたね

ヨーグルト漬けも さわやかさの中に少しぬか漬けっぽく
発酵の香りがとても美味しかったです。


材料
コリンキー 1/2

漬け汁
ヨーグルト 100g
塩     小1


1.コリンキーは半分に切り中の種を取る さらに1/4に切り薄切りにする
2.チャックができるビニール袋にヨーグルトと塩を入れよく混ぜる
3.漬け汁の中にコリンキーを入れて半日漬ける




夏の箸置きは祇園祭り限定のお品



箸置きは旅に出ると必ずといっていい程 目利きします。
前回の岡山では大好きな備前焼でしたね
リーズナブルだし小さいのでかさばらず~
ああここで買ったな~と思い出しながら使っています


少し撮りためた祇園宵宮の山鉾の風景です

長刀鉾(なぎなたほこ)



鉾先には大長刀 疫病邪悪を払いながら巡行の先頭を務め 唯一生稚児さんが乗ります



函谷鉾(かんこほこ)
前回上に乗せていただいた鉾です



鉾頭の三日月と山型は山中の闇を表し 
天正座に孟嘗君 その下に雌雄の鳥が祀られています ちょっとわかりづらいかな



月鉾(つきほこ)
鉾頭に新月形(みかづき)をつけ真木の中の天正座に月読尊を祀っています



鶏鉾(にわとりほこ)
鉾の上の三角の中の円形は鶏卵の意味



16世紀のベルギーの製作の毛連が美しい



菊水鉾(きくすいほこ) 
鉾頭には金色の菊花をつけています



船鉾(ふねほこ)
今回見たかった鉾の一つ 船の形をした鉾





ちょうど撮影会をしていましたよ



綾傘鉾(あやがさほこ)
珍しい傘の形



霰天神山(あられてんじんやま)
ちょうど雨が降り始めたので灯りがともされたところ




放下鉾(ほうかほこ)周辺



岩戸山(いわとやま)




いろいろ回ってきました。
まだ回りきれていない山鉾はまた次回のお楽しみです
京都の夏も好きです





 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

大暑 雨そして5月の気温

2016-07-22 | 二十四節気
7/22は二十四節気の「大暑」たいしょ
一年中で最も暑さが厳しく感じられるころ。梅雨が明けて、強烈な日差しが照り付ける日が続きます。
蝉の大合唱が響き、入道雲が見られ、夏真っ盛り。
暑さを和らげてくれる夕立が気持ちよく、夏野菜が最も美味しい時季です。

今日の関東は雨 そして気温24度 5月の陽気羽織るものを持参してください。
ラジオではそう話してました。
関東の梅雨明けはまだです。
雨でも収穫が待ったなしなので様子を見てきました。

サトイモの雨粒







雨が大好きな里芋は生き生きしてます



ゴーヤ もう少しかな



キクイモ グレープさんから種イモを頂いたものです 3mはありそう




先日植えたサツマイモ 雨のおかげで何とか根がついたかな




~~~~~

圃場近くのパン屋さんを紹介

ブーランシェリーヤマシタ 




パンとスープや飲み物が気軽に食べられるイーとインも併設されています。
パンを食べやすい大きさに切ってくれます。
今日のランチは暖かい野菜スープにしました





グッズも販売されています



3人のお子様たちも横のテーブルで食べていました。
そう 夏休みなんですよね~
なのに梅雨明けしない…身体は楽だけどね~


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

トマト コリンキーの収穫開始 湘南ひらつか七夕まつり

2016-07-19 | 夏の畑
もうすぐ夏休みですね
関東甲信越ではまだ梅雨明けしていません。
去年は10日と早かったのですが、例年は21日頃なのでもうすぐかな

夏を待つかのようにコリンキーが出来上がってきました。
サラダカボチャ 今年はヨーグルトサラダにチャレンジしてみようかな


そしてトマト達 中玉とぷちプヨ コンパニオンプランツのバジルはもう穂がついてきたので敵芯



まだ完熟ではないので甘味は乗ってないけど夏の暑さと共に充実してくるはず!


カボチャ



早雲蜜芋 第2弾苗とり
今から植えるとどうでしょうね~暑さに負けないといいけどね






夏日はすごいことになってる



~~~~~

湘南の海 見慣れた風景だけど
天気が悪いとこんな感じ



でもやっぱり富士山とコラボがいいね 今は雪は消えてます



そして海の家 今年はこんな看板を発見↓ イベントあるのかな~



週末の海岸はサーファーで一杯 






先日の七夕飾りの骨組みを見たけれど
日本3大七夕まつりの「平塚七夕まつり」ちょっと寄り道してきました





中でもラーメンで有名な「花水ラオシャン」が出している雪洞
今年は熊本の復興を祈った飾りです。
どちらも灯りがともる前と後を見られました。






裏側は福島の復興を願ったひまわり 





平塚の七夕祭りは2度目です。
前回はやはり東日本大震災の年でした 灯りの灯らないぼんぼりでした 
そのときのブログは→

雪洞が灯った様子が見れて良かったわ~

くまもん大好きな私
熊本の早期復興を願うばかり




 
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

小暑 蝉が鳴き始めました

2016-07-09 | 二十四節気
二十四節気の「小暑」(しょうしょ)
そろそろ梅雨明けが近づいて、夏型の気圧配置になり、暑さが本格的になるころ。
小暑と大暑の30日間が暑中と言われ「暑中見舞い」を出す時季
東京は入谷の朝顔市、浅草のほおずき市が行われ、浴衣、風鈴、打ち水と
夏らしい風情が感じられます。

今年は7/7 七夕の小暑でした。
朝「ジ~ジ~」と蝉の鳴き声を聴きました。

圃場への道のり 鶴岡八幡宮は七夕飾りが施されます。



新しくなった段葛の鳥居にも
子供たちは安全な段葛を歩きながら登校しています。




江ノ電の行先案内盤の脇の絵は「ひまわり」に変わりました。
少し前は「アジサイでした」



海の家も完成して 夏本番



梅雨の時期特有のモヤっている江の島



圃場の風景~ゴーヤの花



ヤマイモ



カボチャ



ダイコン 種取り用




落花生 おおまさりの花




帰り道は平塚の七夕祭りの前日 お飾り前の竹がセットされていました。




本格的な湘南の夏 スタートです
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ズッキーニのきんぴら風(ジャンボを使って)~カービングマーたん

2016-06-29 | ズッキーニの料理
畑の恵みを食卓へ~ズッキーニのきんぴら
時短のおかずです! 家族に好評のお惣菜

天気がいい日が続くとズッキーニは受粉が出来て豊作です!
少し目を離すと巨大になります

30センチほどの長さ (通常は15-17センチ)



500g(通常は100-200g)




去年のレシピを参考にアレンジ こちら→
今年はさらにジャンボ丸ごと一本を使い切るレシピに進化しました。
ペロッと食べちゃいますよ~

材料(3~4人分)

ズッキーニ ジャンボ1本
ニンジン  1/2本
油揚げ   長方形1/2枚

調味料

サラダ油 大1
醤油   大3
酒    大1
味醂   大1
砂糖   大1
ごま油   小1
ごま・糸唐辛子 お好みで

作り方
1.ズッキーニは5ミリほどの斜め切りにし、さらに千切りにします。人参も千切り 油揚げも食べやすい大きさにします
2.フライパンに油を熱し、人参を炒め透明になったらズッキーニをいれて中火で炒めます
3.野菜に8分目程火が通ったら、砂糖~酒~醤油~みりんを入れて味をなじませます
4.水分がでるので油揚げを入れてうまみをしみこませます
5.最後にごま油を回し入れ香り付けします。お皿に盛りごまや糸唐辛子を添えて出来上がり

ポイント!
採りたてのズッキーニは水分が豊富なので油揚げでしみこませて一緒に頂きます
ズッキーニは火の通りが早いので忙しい時に便利 時短レシピです 

~~~~~

マーたん頂きました。
名刺のマーたんです(絵:次女作)




仲間と一緒に




伊藤先生ありがとうございました!

アトリエプリムラ

農閑期になったら習いに行こうかな~


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加