おかげさまです

香港・台湾・マレーシア・ヨーロッパなどの旅行記ときどき映画

観光@アヴィニョン

2006年08月22日 | フランス◆アヴィニョン
まずは城壁内へ入り、ジャン・ジョレス通りを法王庁宮殿へ向かって歩いて行く。

古本やCDなどを露店が出てた。街を歩いていると聞こえてくるニイニイゼミやクマゼミの鳴き声。まるで日本のようです。

法王庁宮殿へ向かって歩いてる途中、ツーリスト・インフォメーションへ。地図と「アヴィニョン・パッション」をもらい再び歩く。このアヴィニョン・パッションとは、入場料などが2回目から割引料金になるというお得な冊子。中の説明は日本語でも書いてあるのでわかりやすいです。
どこかしことカフェが席を出しててヴァカンスを楽しんでいる人たちがいっぱーい。この脱力感、とてもいいぃ。
そして街中にある演劇祭のポスター。目をひく個性的なものもいっぱい。で、その中でも「劇団東京乾電池」という文字を発見!蛭子さんのあやしげな絵が。。。インプログラムかオフプログラムかはわかりませんが、東京乾電池さんも参加してはりました。
ロルロージュ広場に出ると賑やかさが増しまつ。これまたカフェの嵐でつ。市役所の前を通り、ここでもカルーセル(回転木馬)がありますた。ここまで来るといろんな人たちがいろんなところでパフォーマンスをしてます。

真夏の夜のジャン・ジョレス通りです。

ここは城壁内の街の中心の目抜き通り。夜にもかかわらず人でいっぱい。お祭りの夜のようで楽しかったなぁ。

この奥にロルロージュ広場があり、カフェがひしめき合い賑やかさが増しまつ。

朝のロルロージュ広場

演劇祭の真っ最中だたので街中がいたるところにポスターが貼られていました。

ロルロージュ広場近くにある大きなアイスクリーム屋さん。ずらりと並んだアイスクリームとフロートの機械たち。真夏のヴァカンス時期。昼も夜もお客さんでいっぱいでした。

フロートを買いました。シトラス味とピーチ味。パラソルの下で冷たーいフロートを飲んでひと休み。

脇道にそれながらうろちょろ。法王庁の横道を歩いて、ぐるり一周。こういう小道は風情があります。

法王庁宮殿前のカフェで休憩しました。

夫はビール、わたすはパナシェを。真夏の炎天下で飲むビールは最高です。

昼間はこんな感じ。

夜になるとこーなりまつ。

夜の市庁舎


電車型した車輪で走る車が街中を走っていました。1台が戻ってきたので、それに乗車して待っていると、運転手のおじさんがチケットを売りに来てくれます。1人7ユーロと、金額はけっこうするのですが、アヴィニョンの見所すべてを30分以上かけて周ってくれます。
小回りが効き、細い路地でもなんのその。けっこー楽しめました。小さな子供連れのファミリーから、おじいちゃん、おばあちゃんまで乗っていました。

午前中にぶらぶらしてた時に見つけた「LA CURE GOURMANDE」というお菓子屋さんへ。

パッケージの袋や缶がノスタルジックで、めさかわいい。中には量り売りのクッキーやチョコやキャンディーが並ぶ。ヌガーもおいしそ~。いろいろ見ているとずーっと食べたかったカリソン(Calissons Artisanaux)がキュートなひし形の箱に入って売ってたので一番小さいやつを買いました。一緒にヌガーの6個入りのも1袋購入。帰りにお店のおねーさんがオリーブの形をしたチョコを試食させてくれました。
住所:24, rue des Marchands

ロシェ・デ・ドン公園で休憩。ここからの景色もいい~。

ロシェ・デ・ドン公園を散歩中に見えたブドウ畑でつ。


城壁の外へ出てリヨンでも流れてたローヌ川に途中までかかるサン・ベネゼ橋へ。童謡「アヴィニョンの橋」で有名なんだそう。けど、この童謡が夫もわたすも思い出せない。



奥に見える黄色いものはちびっ子たちがカヤックをしてたよ。

この記事をはてなブックマークに追加

ロルロージュ広場にあるカフェ・レストラン@アビニョン

2006年08月21日 | フランス◆アヴィニョン
ロルロージュ広場にあるカフェ・レストランで夕食をとりました。前菜+メイン+デザートで12.5ユーロのセットメニューでした。
◆前菜
夫:ニース風サラダ

わたす:魚のスープ


◆メイン
夫&わたす:ステーキ&フリット


◆デザート
夫:カフェアイス わたす:チョコレートアイス

演劇祭の最中だたもんで、ここらへんで食事してるとパフォーマンスをしに来たり、ビラを配る人がきたり、めさ賑やかでした。ライトアップされた法王庁宮殿を見てウロウロしてからホテルへ戻りました。

この記事をはてなブックマークに追加

ラ・ミランド(La Mirande)@アヴィニョン

2006年08月18日 | フランス◆アヴィニョン
法王庁宮殿のすぐ近くにあるラ・ミランド・ホテルのメインダイニングで1つ星のレストラン。

ホテルに入ると天井から自然の光が入り、中はこじんまりしているけれど上品です。レストラン内も上品で感じがよく、レセプションの女性がすぐ対応してくれました。テラス席を予約していたのでテラスへ。

お客は1組いました。わたすたちが座った後、ぱたぱたと何組か入ってきて、みんなテラス席。わたすたちが帰るまで、建物内のテーブルにつくお客さんはいませんでした。
夏はテラスなんだな。少々暑いけどね。涼しい服装で来て正解。
アペリティフは夫がグラスシャンパン、わたすがフルーツカクテルジュース。水はガスなし(エビアンでした)そしてメニューを激見。アラカルトにしました。

ワインは夫の希望でシャトーヌフ・デュ・パプ(CHATEAUNEUF DU PAPE)のドメーヌ・ド・ラ・ジャナス(DOMAINE DE LA JANASSE)のものを白をボトルで。とっても深ーい味わいで、夫もわたすも気に入りました。このワイン、うますぎる。


◆チーズディップの一口パン添え

◆アミューズ

ズッキーニのファルシィ、トマトソース。さっぱりしててスターターには最適です。

◆前菜

夫:Foie gras de canard confit, peches et amandes frahes (フォアグラのテリーヌ)


わたす:Thon rouge de Miterran marin caviar de France (マグロのキャビア添え)芸術品みたい!軽くマリネしたマグロはさっぱりしてるんだけど脂がのってておいしい。

◆メイン

夫&わたす:Selle d'agneau au sautoir et petits farcis
(仔羊の鞍下肉、3種類のファルシィ添え)この仔羊がおいしいのなんの。ファルシィも美味。

チーズはパスしました。

◆お口直し

イチゴのクリーム

◆デザート

夫:3種類のソルべ&アイス。ピスタチオ、バニラ、イチゴでした。


わたす:Chocolat liegeois
(コーヒーチョコレートパフェ)コーヒー味とチョコレート味が重なってわたす好み。

◆プティフール

焼き菓子、イチゴのタルト。そしてスティック状の何かをソースにつけて食べるものがありました。


食後にカフェを飲みました。

盛りつけも繊細で美しいし、味もいい。なんじゃこりゃ?というお皿はひとつもありませんでした。サービスもよかったです。テラス席で開放感があり、とても楽しい時間が過ごせました。アヴィニョンに来たらば、またぜひ来たい。

この記事をはてなブックマークに追加

アヴィニョン・グランド・ホテル(Avignon Grand Hotel)

2006年08月15日 | フランス◆アヴィニョン
アビニョンではこちらのホテルに宿泊しました。バス停や中央駅にもほど近く城壁のすぐ外側に位置し、ホテルの入口を出てすぐ目の前に横断歩道があるので渡ってすぐに城壁内へ入れます。
ホテルの外装は質素だけど、ロビーやレストランはプロヴァンスに来たぞ度が増す白を基調としたインテリア。

わたすたちが通された部屋はダブルベットが2つあり、2つの部屋は引き戸で仕切れました。なのでテレビも2つあった。

部屋は広くて2人掛けソファーと1人掛けソファー、テーブルセットにドレッサーもあり。室内金庫があり、冷蔵庫も買ってきたジュースや水を入れる余裕あり。
シャワーとバスタブが別タイプでシャワーもノズルが動かせて水の出る勢いも十分。けどアメニティはとても簡素。室内スリッパはありませんでした。
ボディーとヘアーのシャンプーが備え付けです。あらーとテンション低くなったけど、この備え付けシャンプーを使ったらば、お肌はしっとりとして、ほのかーにハーブのいい香りがする。夫もわたすも肌に合いました。

ホテル内のレストランでの朝食ビュッフェにて。

メロンが甘くておいしかったぁ。生野菜も充実してました。

ホテル自体もそうなのですが、ここも南仏カラーの内装でカラフルなお皿もかわいい。

この記事をはてなブックマークに追加