還暦過ぎの阿乱怒論

家庭菜園や工作好きの爺父が日々感じたことを綴る独り言

舟木一夫50周年記念コンサート

2012-11-16 11:00:23 | 日記

昨夜は芸能生活50周年記念と銘打った「舟木一夫」のコンサートを見てきた。
吉永小百合と舟木一夫と言えば私らの中学・高校生時代に大活躍した2大スターである。
現在と違って日本全体みんなが将来に夢を抱いていた良き時代を反映して、青春映画・青春歌謡全盛の時代であった。

さすがに観客も若い人はいなくて、腰の曲がりかけたような昔乙女・元少年ばかり。
過ごしてきた生活の場はそれぞれ違っても、みな同じ時代を生きてきた連帯感のようなものを感じるコンサートだった。

舟木一夫の「65才を過ぎて嬉しかったのは年金を貰えるようになって安定した生活がおくれること」(もちろん謙遜だろうが)の言葉に観客との距離が一気に縮まったような一体感で、伴奏なしで「赤い夕陽が 校舎をそめて ニレの木陰に はずむ声 ・・・」と一緒に歌う観客が少年少女のようになっていた。

終演後は余韻に浸りながら久し振りに夫婦二人で青春時代にカムバック、できるだけ顔を見ないようにして腕を組んで歩いてみた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美保関灯台(島根県) | トップ | 兵庫大仏 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶唱 (柏獅子)
2012-11-17 10:53:06
いやあ~~泣かせてくれます。お二人で青春時代にタイムスリップ。いいですね。ネットを検索してみたら、ファンのかたが、年賦もつけて、クリックしたら、絶唱のメロディーが流れ、思わず涙ぐみながら、全部聴きました。1966年だったそうですね、この映画。丸亀だったかなあ??多感な高校生は観ましたよ・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。