ボナさんの北海道の釣り三昧II

投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。

白狐を結ぶ

2017-03-22 14:35:13 | 釣り
アカハラ釣りには、刺さりが良いので定番の針が白狐。今、手元には10号から12号までしか持ち合わせが有りませんので、12号を使っています。形やサイズの遜色のない丸セイゴ16号も使います。医釣会の始竿会は、次の週に開催される今年度最初の北海道釣魚連盟の全道大会とほぼ同じ釣り場範囲になりました。

釣魚連盟の釣り場を意識したわけではなく、釣りバス代が高騰しましたので、行きたいけれど熊石までは行けないとバス会社と昨年の内に、たまたま協議して決めていたものです。どこの釣りバスもほぼ同じ理由で同じ範囲を決めているようです。



釣り場の話はさておき、ハリスの選択の後ですので、写真上は、実際に使用している針とハリスの実物を購入したお店の名前や代金も付いたままで示します。古いものも有りますので、値段は変っていることでしょう。クックが、じゃれたがってテーブルの下に寝転がっています。



白狐12号が銀輪6号のハリスで、ハゴトコさんに教わった漁師結び(仮称)で2本連結され、次いでイカゴロの長さをあけてフカセ15号が同様に漁師結びで繋がっております(写真上)。基本形です。レッドファイター6号でも同様に漁師結びで連結しています。縁起を担いで針を7回巻いています。銀輪よりも、柔らかさが減じて硬い繋ぎになります。ので、イカゴロの中に忍ばせることもできます。この工具の正確な名前は知りませんが、20年以上前より、常に手元において、糸結びをきつく締めたり、干物の皮をはいだりしています。コマイの皮はぎの時には、カミさんと取り合いになります。針の数を増やす方法は、単純に1本結んだものを縛り付けるとか、対面結びを縛りつけるなどの技もありますが、省きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハリスの選択

2017-03-21 20:52:38 | 釣り
雪が、一気に融けて春らしい気配になりましたけど、まだまだ、外の風の冷たいこと。雪の上を吹いているうちに、冷たくなると言われていますが、上着をひっかけて一寸昼食にと出かけて身震いしてました。しかし、注文は、ざるそばです。

昨夜から、4月の釣行で使う、仕掛け造りを始めました。須築漁港から、瀬棚港までの釣り場範囲ですので、この範囲なら定番で例年通り、黄門さんご一行は、瀬棚新港の最内川に針路をとる積りです。始竿会の肩慣らしですので、安全第一。根がかりするところは、避けます。

沖に離れ防波堤が波を遮って呉れますので、時化ても釣りになります。魚種は、アカハラは、2匹は釣れるでしょう。場合によっては、40オーバーの大物が釣れるかもしれません。水が冷たい筈ですので、カジカがまだごろ寝しているかもしれません。釣り場後ろの風車の写真をパソコンの背景にして毎日眺めています。



アブラコは、型ものをここで釣ったことはありません。ホッケは、ローソクを含めて時々回って来ます。カレイは、時に釣れますが、期待していません。砂浜ですから、大物アカハラをずるずると波打ち際を引っ張り上げるそのような、想像をして仕掛けを造っております。ハリスは、ナイロンが主になります。道糸も、ナイロン6号と、遠投の練習用の竿にはPE3号。ハリスは、アカハラ用の白狐を連結で結べるようにナイロン6号、赤とか黒とかファイター5号とかホンテロンも使います。イカゴロ仕掛けが主体です。すべての魚種が釣れるでしょう、言いたい放題ですみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼寝の後は、針結び

2017-03-20 23:07:28 | 釣り
今日もいい天気ですね。家の周りの雪を融かしておかねば、と駐車スペース造り、追い込みに入りました。雪の下は、硬い氷の層で覆われております。剣先スコップでも歯が立ちません。

氷の層までの雪をスノーダンプに積み込んで地面のでている部分に運んでいます。四肢の筋力が付いてきたようです。毎朝、筋トレをやっているような感じです。右手で雪を遠くに飛ばすのを続けてると、右の大胸筋の張りと痛みが出てきます。

こむら返りのしこりや症状とは違う筋肉痛のようです。四肢の筋肉と同様に心筋も横紋筋ですので、心配性の私は、例の芍薬甘草湯を筋肉を使った時には服用しています。これからは、釣りでも雪かきでも運動の前に十分な準備運動をしなければと思っております。

昼食後、あまりにもあたたかで気持ちがよいので、ソファで昼寝してました。昼寝の後は、針結びを始めてみます。あまり使っていなかった手指の筋肉の状態も分かるでしょう。ゴロ針仕掛けを先ず造っていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陽光に誘われ新港へ

2017-03-19 18:45:56 | 釣り
家の周りはまだ冬の積雪状態。中通りの両脇は、まだ積雪がかなり残っております。各家は、少しづつ通りの両脇に遠慮しながら雪を出して、通行の邪魔にならないように踏んでいます。釣りの歳時記の雪割り真っ盛りです。道路の中央に数個設置されている排水口を経て溶けた水がちょろちょろ流れ落ちて行き、春の音を奏でています。



あまりにも天気が良いので、昼食の蕎麦をすすっているうちに釣り場に行って見ようの気分になり、竿1本に有り合わせの仕掛けを1ケ、錘も1ケでダウンを着こんで、新港に向かいました。東埠頭に着いてびっくり、北風がまともにあたって三角波が立っています。それでも、写真上のように、沢山の釣り人が陽光に誘われて来ていました。



寒くてやってられない。次いで、花畔(ばんなぐろ)埠頭に向かいました。ご存知の駐車場は、きれいに雪が融けて30台以上の車が休んでおりました。バンナグロ埠頭の階段状釣り場(写真上)に降りて行きました。先日のニシンの群来(クキ)で、バンナグロ、樽川、西のコの字などの昆布に産卵されたようです。小樽の南防波堤と同じ状況が石狩新港でも起こっていたのです。徹夜をする努力家で運の良いヒトは釣っているということです。



樽川埠頭も同様です(写真上)。今日会ってお話をさせていただいた方は全員ボの字でしたが、試さないヒトは釣れません。写真下のように、クキのあった、コの字に向かって塩イソメをつけて、投げてみました。ご想像のように、一度のアタリもありませんでした。釣れなくても、自分の出したゴミは持ち帰りましょう。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

彼岸入り、墓参りで雪掘り

2017-03-18 19:43:59 | 釣り
3連休の朝は、自宅の駐車スペースの雪割りで、一汗かき、濡れた下着を交換している時に、娘のところから、墓参りの誘いを受けました。丁度、母の法事をひかえておりますので、雪掘りの格好で行ってきました。

昨日3月17日より、春の彼岸入りですが、いつもは姪のお婿さんモトクンが先陣を切って雪掘りをしているのですが、今年は、娘のお婿さんが一番乗りになりました。私の家の墓の雪堀り、次いで姪のところ、離れたところにある娘のところの墓と3軒分を娘、娘の婿さんと一緒に雪掘をしてきました。お花や、ローソク、ライター、タオルなどを渡す役はカミさん。

帰りは、冷たい風が吹いていました。小腹がすきましたので、有明の有名なスイーツの店に寄りましたが、椅子席はクローズ。寒い中ソフトクリームをなめながら帰ってきました。いつもの年より、雪が少なく、順調に作業は進みました。3連休でも土曜日のせいか、車が少なく渋滞にならずに済みました。



お蔭様で、法事の第一歩が済みました。上の写真の雪で覆われた左側の壁の下に有る筈の階段を探し当てるのが面倒と、雪面をよじ登りました。いい運動でした。うちの墓石と雪の隙間にスッポリ胸まで埋まりましたが、雪が入らないように巾着状に紐で結び、釣り用のスパイクを打ち込んだ長靴を履いていたので、靴が脱げずに済み、スパイクを利かして、婿さんに引っ張られて、無事に這い出しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽まで

2017-03-17 21:35:51 | 釣り
朝食後、陽も射してきましたので、カミさんと小樽に向かいました。写真下は、国道沿いにある市場です、傍を流れる小川の積雪状況はこのようです。歯が治りましたので、好きな干物の買い出しにきたのです。干した宗八、なめた、ニシンの開き、はたはた、など仕入れました。



八角は、焼いて食べやすくなるように捌いて貰いました。ホッケの開きは高値であきらめました。クロが釣れているのか小樽南防波堤の状況です(写真下)。先の方にかたまっていました。今日は、カミさんが一緒ですので、竿を持たないで海を見に来ただけですが、少し釣りモードになりかかっております。



帰り道、昼食は、発寒の中華のAシェフの店に寄りました。いつも、釣りの話ができないほど忙しくて、2年目です。例会の日程が知りたいと言っていました。旅先では、食べれなかったものを安心して味わいました。帰宅後、2時間ほど、雪割りしました。1週間後、法事で親戚が集まりますので、駐車スペース造りの為ですが、道路パトロールが何度も中通りをチェックにきましたので、適当な雪割りで済ませました。

眠気が出てきましたので、ソファでうとうとしていました。1時間の時差によるものか、疲れがでているのかもしれません。が、満腹のせいでしょう。明日からの3連休明け頃、冬眠から覚まさねばなりませんね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのお蕎麦

2017-03-16 20:04:53 | 釣り
差し歯が、抜け落ちてからおよそ1週間好物の蕎麦を食べていませんでした。今日の昼、いつも訪れる近くのおそば屋さんで、ミニ天丼ともりそばのAセットを注文しました(写真下)、待ちに待ったそばです。釣り名人のお父さんが引退し、息子さんがうったものです。勤めの有る時には、大抵、寄っております。



札幌の釣り名人会の創設メンバーの一人、レジェンド釣り名人の奥様が語ってくれた釣り名人の極意を思い出しながら食べておりました。
「釣り名人は秘密を持つものよ、家のヒトは、誰にも釣り場を教えなかった。ホントは、話しかったんじゃない、それが自慢」。信念を貫きました。

前歯の中心部位が抜けると、間の抜けた顔にもなりますが、随分不便でした。歯の抜けた最初の食事は、外地でした。蕎麦は、無理だろうが、ウドンはいいだろうと試しに1本のウドンを食べたところ、欠けた歯の隙間にウドンが、ピッタリとはまってしまいました。両脇の鋭い犬歯を含む前歯は、健在ですので、ウドンを噛んだトタン、口内の粘膜を噛み、強い痛みが走り、出血してきました。

抗凝固薬のワーファリンを服用してましたので、中々血が止まりません。これに懲りて旅行中は、お粥や軟らかな物のみにしました。空腹状態が、続きました。毎日情けない話ばかりですみません。旅の終わりころ食べた、「しょうほうろう」素晴らしい味でした。また食べに行きたいほどです。
いつも、黒猫のクックが出てきますが、今晩、カミさんの造ったマーボトウフの差し入れを持って、娘婿の所に行きました。アメリカン・ショートヘアーなのというほど、太ったシラヌイがじゃれついてきました。帰宅すると、クックは、何か叫んでいました。(写真下)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間抜け面から

2017-03-15 18:28:57 | 釣り
旅の出がけに差し歯が抜けて、一番目立つ位置の歯でしたので、恥ずかしく、ず~とマスクを掛けて旅行しておりました。アサイチで急患扱いで抜けた歯をみて、土台の歯の状態も含めてレントゲンを撮り、さっさと処置して呉れました。今度抜けたなら、新しく調整した差し歯を造らなけりゃなりませんね、と手際の良い女医さんの言でした。何と3百円台の治療費。これで、麺類も食べられます。人前で食事のできない恥ずかしい間抜け面からも気分的に開放されました。

大陸の方からが風が吹き、風下になる時に、この島国は、PM2.5のガスがまともにかかります。その時には、マスクの人口が急に増えていました。写真下は、千と千尋の・・モデルになった?ホテルから高雄の市街を望むと湖水の上はかすんでいます。ごった返している治安の落ちてきている北のほうより、優雅な南の方が気に入りました。この方面から、私の家に20名ほど、ホームステイーに来ておりました。カミさんは、今日ボランテイアの日本語教室で、日本人と結婚したフイリッピン人からドライフルーツのマンゴーを戴いてきました。日本語三級に合格、英語も得意で、国際女性協会の「What'sON]の編集にも携わっております。



マスクは、PM2.5対策にも有効でした。湖水(日月譚だったか?)では、うぐいに似た魚が釣れていました。釣り人は、キャッチアンド・リリースしていました。岸の一部には蓮の花が咲いている所も有り、鯉たちは、恋の季節入り?のように追っかけこしていました。亜熱帯、日本の6月頃の気候で。添乗員さんから頂いたバナナは、甘くおいしくて口の中でとろけていきました。



インフラが進んでいないところでは、トイレットペーパーを流せないところもありました。スタッフのIさんから頂いた大き目のウエットテイッシュは活躍しました。私のスマホは、「データー通信を有効にする」のほかに、この国の電電会社に課金される「データーローミング」もチェックしなければなりませんでした。スマホを売って呉れた営業所のスタッフの経験不足か、知りませんでした。札幌から直行便が往復しております、近い外国です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こむらがえりから快復

2017-03-14 08:09:02 | 釣り
両足のつっぱりと痛みもとれ、背中から右側の前胸部の筋肉痛からも快復しました。無事に札幌に帰れます。

釣り友の酷い苦痛を、見ておりましたが、自分もあのような状態がつづいて、同行の仲間の旅の気分に水をさしてしまいました。汗をかく前に、水だけでなく、ミネラルの補給をおこたらなくしようと、反省しております。


今朝起床して、痛みは、殆どなくなって、階段も支障なく、降りてこれるようになりました。ご心配おかけました。

札幌に帰ったなら、前歯の治療です。家に残してきた歯には、小さなネジが植え込まれていたようですので、即日、普段の食事が出来ると、思います。此方に来てから空腹状態が、続いておりますので、期待しています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こむら返りまで

2017-03-13 16:18:46 | 釣り
この國は、薄味というよりは、全く味が、しません。ペットボトルの水を、チビリチビりと、飲みながら塩キャラメルを、脱水予防でしゃぶっていましたが、350kmの長距離ドライブ後の夜中に、こむら返りを起こしました。

葛根湯と芍薬甘草湯を、念のために、入れてた筈の私の救急袋。葛根湯は、補充したのですが、こむら返りに効く芍薬甘草湯が、入っていませんでした。ウカツにも同じ薬品会社の袋を、しっかり確認しなかった。ミスでした。

同室の、スタッフを、起こしてしまいました。マグネシウムは、寝る前に、服用していますので、夜中に出来る事は、塩キャラメルを、しゃぶりながらペットボトルの水を飲むことしか、ありません。やっと朝がきて、先ずは、ミネラルの摂取しようと食堂に向かいました。誰か、芍薬甘草湯を、持っていないか、聞き回りました。

現地の添乗員さんと朝食が一緒だったので、先ず円を現地の通貨に交換、こむら返りの説明。昼食前に、商店街の中で薬局を見つけました。芍薬甘草湯と漢字で書いて示すと、広い店内を、走って行きました。粉の生薬は、旅先で、不便ですので、缶に芍薬甘草湯と書いた錠剤入りのものが差し出されました。薬剤師さんは、地獄で佛でした。スポーツドリンクやビタミンB群も、手にはいり、さっそく服用し、人心地つきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加