バースくんの今日も発車オーライ♪

小さな町の広告代理店。働く「バースくん」の日々のおしゃべり

残念

2017年06月26日 | Weblog
ラジオで「残念な人の思考法」という話をしていた。ボクは、いわゆるビジネス書の類は読まないことにしているし、もう何十年も前になるけれど経営コンサルタントなるものにあきれかえってひっくり返ったことがあるので、この種のセンセの話は眉唾、話し半分で聞くことにしている。(最初から聞かなかったらいいのにー)
センセ曰くまず「頭も悪い、努力もしない、仕事も出来ない奴は即刻首を切る」のが賢い経営者のあり方と力強く言う。(それはそうだけど、貴方がガツンと上から見下ろすような言い方をするのは不愉快だよ)そして頭がよく、努力もしているのに結果が出ない残念な人はどうすればいいのかという話になる。ふむふむ。
その残念な人の思考法はどうなっているかというと、物事を効率的に処理が出来ていない、つまり段取りが出来ていないというのだ。さらに自分の置かれた状況を把握できないのが残念な原因だと重ねた。ふーむ。
段取りと状況把握か、いわんとすることはわからなくはないけれど、それができないと残念な人になってしまうのだろうか。というか、段取りが出来て状況把握が出来ても、残念な人はいくらでもいるような気がするんだけどね。
昨日の宝塚記念。一番人気のキタサンブラックに乗った武豊は段取りもいいし、状況把握も完璧だったと思うよ。でも残念な結果となった。勝負ごとだから、他にも様々な要因が絡んで沈んだんだよね。
残念なことになるのは、単に本人の思考法だけはないと思う。ましてや、段取りと状況把握なんて基本のき、それができないようならセンセの言葉をお借りして「首を切らねばなるまい」よ。
なのに、それが結果の出ない最大の原因のように熱弁をふるうセンセ、貴方こそが残念な人ではないのか?と意地悪バースくんは思いましとさ。そもそも「残念な人」というのがおかしくない?!あの人「残念な人」という君は一体何様だ?!と…
につけても、昨日の阪神は残念な人だらけだったよー凹鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ鳥取

この記事をはてなブックマークに追加

おとなって!!大人って…

2017年06月23日 | Weblog
遠まわしにしかお話にならないのは、大人でいらっしゃるからでしょうか。すごくちぐはぐなたとえ話をなさるのは、大人だからですか。どう考えても逆だろうということを正当化するのは、挙句には何も言わないというのは、それこそ大人だかからということでしょうか凹。バースくんが子どもなのか、はたまた大人になりきれていないのか、もしくは頭が悪いか気配を察知する能力がないのか、とにかくそのやり方でこられても、なぁーーんにもわかりません!!ごめんなさい。はっきりと、直接的にお話をしてください。
仕事をしていて一番困るというか、時間をとられるというか、余計な障害となるのはよく言う「大人の事情」だ。何が「大人の事情」だ!!事情なんてものは、万人にあるのだよ。幼稚園に行っている子どもにだって、それなりの事情があるんだよ。でもみんながその事情を盾にとって「いやぁーそれは…」なんて言いだしたら、世の中どうなる!!事情ありきは含んだ上、その先を行かなければいけないんぢゃないのか?!事情、事情で手も足も出さず、動かないでいてはどうしようもないではないか。
昨日暴言暴力女性議員が自民党に離党届を出したというけれど、あれだってヘン。事実なら、まずは自分の非礼を相手に詫びるのが本筋。離党届って、ましてや入院って「大人の事情」のバリケードの中に立てこもっているとしか言いようがない。
ボクにだってボクなりの「大人の事情」はある。でもそれを盾にとったり、自分に都合のいい言い訳に使うことは、最終的に自分の首を絞めることになると思うのだ。
そういえば昔「大人って!!大人って!!」と子どもが縫いぐるみにあたっているCMがあったなぁーー。あの気持ち、わかるなぁーーと思う。ホント「大人って!!大人って!!」、バースくんは一体何に八つ当たりすればいいんだろう鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ鳥取

この記事をはてなブックマークに追加

そうこなくっちゃ!!

2017年06月22日 | Weblog
テレビには速報テロップ、スマホには災害アプリ経由で速報、新聞は号外が出る、夕方のニュースは軒並みトップ扱いで、NHKの7時のニュースではトップニュースかつ10分もかけていた。そうこなくっちゃ!!
藤井君はとうとう28連勝を達成!!歴代記録に並んだ。バースくんは終局は7時ぐらいかなと踏んでいたので、まだ仕事中に速報で知ってびっくり!帰宅する頃には記者会見が始まっていた。もうなんだかワケもなくうれしくて、テレビでニュース番組のハシゴをする。不穏な不安な不愉快な嫌なニュースしか流れてこない昨今、はにかんだ中学生の快挙が全局で大きく取り扱われる、世の中こうでなくちゃやってられないよ。さしずめ稲葉屋のお孝なら「こうでなくては、日本は闇だわ」と啖呵を切ることだろう。なんだろう、とにかくうれしい!!うきうきする。
ニュース解説に将棋連盟の佐藤会長が「彼は何か斬新な指し手を持っているわけでなく、普通の手を確実に積み重ねて勝つんですよね」と話されていた。昨日の対戦相手には「隙がない」と言わしめた。あーそれってボクの一番好きなタイプ!!羽生さんに得意戦法がないのと同じ。得意がないのではなく、どれも出来るからそれ以上に突出するものがないという最強!!
先だって森内さんが現役を離れられたこともあり、バースくんの大好きな棋士ベスト5はここに新たに改訂された。
5位都成竜馬四段、4位中村太地六段、そしてここ3位に藤井聡太四段が入り、2位里見香奈女流名人、1位は不動の羽生さん、以上。ボクは強い人が大好きだぁー。
それにしても、世の中猫も杓子も棋士藤井くんの話しで盛り上がっている。こんなに将棋知ってる人多かったっけ?!ボクなんか今だに駒の動かし方がやっと、1手詰めがなんとかなのに…。まあそれだけ破格のことを藤井君がやってのけたということだ。今頃は学校で授業を受けているのだろうか、それがまたすごいなぁーと思うボク鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ鳥取

この記事をはてなブックマークに追加

言わずとも知れる

2017年06月21日 | Weblog
ナイターがお休みの昨夜、ボクは加藤一二三九段の対局を静かに観ていた。終盤、ひふみんの指し番、それも敗色くっきりの時点で離席してなかなか帰ってこない…。今朝のインタビューで知ったけれど、対局後の対応、いかにして一人で将棋会館を去るかを考えていたという。投了と同時に立ち上がり、えーーっ感想戦は?!と思うまもなく無言で報道陣をかき分けタクシーに乗り帰っていかれた。その心境は…、言わずとも知れるではないか。さきほど「後日引退会見はするので誰にも無礼はしていない」と言い切る加藤九段はいかにもひふみんらしくて、ふっと思わず力が抜けた。長い勝負師としての人生お疲れ様でした。去る人あれば来る人あり、今日は藤井君の対局がある。さてさて本当に彼は負け方を知らないのか注目だ。
さて今日はもう6月21日、夏至だ。4月に駆け出した新社会人も、そろそろリズムを掴み始めたのではなかろうか。ここにきてボクも2人の新人くんたちと仕事を始めた。そして気が付いたこと。
ボクは就職の面接試験というのが、どうもよくわからなかった。最終面接はさておき、ふるいにかける多人数の面接は何が判断基準なんだろう、30代そこそこの人事課と言う肩書きだけの人が、人を観る力を本当に持っているのか?ちなみにボクなんかこの歳になったって人を見極めるなんて無理!と思っているのに。
ところが同時に2人の新人君を見ていて、あーこちらが判断基準を持たなくとも、出来るか出来ないかはわかるものなのだと知る。言動、立ち居振る舞い、ちょっとしたおしゃべりだけで、その人の力量が言わずとも知れるのだ。このたびは2人という比較対象があるから余計だったのかもしれないが、緊張や失敗をしても出来る人は出来る。落ち着き払って堂々としていても、出来ない者は出来ないのだ。こわいもんだねぇー。
じゃあ、言わずとも知れるバースくんの正体ってーーー(言って知ってる短気でおっちょこちょい!!)あはは、ぎゃふん鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ鳥取

この記事をはてなブックマークに追加

終わりの会

2017年06月20日 | Weblog
うろ覚えだけれど、小学校のとき、一日の終わりの終業ホームルームを「終わりの会」と言っていたような気がする。その日一日を振り返ったり、明日の予定だったり、細々の注意事項があったりしたあれ。
「掃除の時間に、男の子がほうきでチャンバラごっこををするのは良くないと思います」なんて女の子がツンと肩までそびやかして言ったりする。言われた男子は「なんだよー」と小声で抵抗するも、それなりにシュンとした顔を見せる。
そこに登場するのが学級委員長、今はなんて言うんだろう。クラス委員長?級長?まあなんでもいいけど、一応リーダー的立場にいる男の子。「ぼくもちゃんばらごっこをしてしまいました。ごめんなさい。でも○○ちゃんが切りかかってくるので仕方なかったんです。今は掃除の時間だからそんなことをしてはいけないと言えばよかったんだけど、つい相手になってしましいました。でもそのあとすぐに机も運んだし、床も拭きました。きれいになったと思います。明日からは遊びの誘いにはのらないできちんと掃除したいと思います」と先生に訴えるかのように言う。でもその背中には、どうだ!ぼくはすごいだろー堂々と反省してあやまっているんだぞ!!君たちにはこんな立派な態度はとれないだろうという傲慢さが溢れている。
でもクラスメイトはみんな別のいろんなことを思っている。点数稼ぎはあそこまでやるんだー、見てるほうが恥ずかしいよねー、まだなんか言うのかなぁー、もう帰りたいけどなぁー、今晩のおかずは何だろう…てな具合で誰も取り合ってはいない。
こんな思い出が蘇ったのは、昨日の夕方の安倍首相を見たからだ。突然テレビ中継が始まって、先日のオムライスの卵直割り事件のときぐらいぎょっとした。何、何??!!と聞きはじめてすぐに、あーいたいた、こんな手のつけようない小学生と思った次第。そして祖父がよく言っていた言葉も思い出す「センセ(先生)と呼ばれるほどのアホやなし」。安倍さん!あんな茶番、バースくんでさえ相手にしませんよ。何のための会見だったのでしょう鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ鳥取

この記事をはてなブックマークに追加