雨の日も風の日も ららる~♪

気ままな毎日を綴ります。

恐るべしジュリー

2017年09月12日 | 映画・ライブ


沢田研二50周年記念LIVE2017~2018に行ってきました。

50周年ということで、なんと50曲をノンストップで歌ってくれました。
MCは全く入らず。編曲して短くカット。

ありがとう・サンキュー・ありがとね。

入るのはこの言葉のみ。
これは、ジュリー自身にとっての挑戦なんでしょうね。

年季入りのジュリーファンの妹とJちゃん、Mちゃんにくっついていきました~。
ファンクラブに入っているJちゃんのおかげで前から5番目の席。
舞台狭しと走るジュリーの姿もすぐそこでした~♪

イントロが入ると、わ~と歓声。
いきなり1曲目からスタンディングで、立ち見の出る会場はノリノリでした。
それぞれの振り付けも、みなさんちゃんとできるんですね。
つられて立ってましたが、バラードになると座って聞きました。
妹たちは2時間半、最後まで立ちっぱなしでしたよ。
前だったので座っても姿はバッチリ。
時々目線があった~とみんなが思う(笑)

感心したのは、ジュリーの歌唱力。素晴らしかったですね。
高音が伸びやかで低音もしっかり。声量もある。
歌のうまさが進化していますね。
一か所、歌が途切れました。ごめん~切れた~って(笑)。
よく歌詞を間違えないことです。
走って、ジャンプして。水吹いて。
あんなに走っても、息切れせずに歌い続けてるのは立派。
恐るべしジュリー。

24曲歌ったところでやっとMC。
杖を買ったことや携帯の話。ここ三宮界隈を12000歩も歩いたらしい。
誰も遭遇しなかったのかしらね。
携帯の電池がすぐ切れる・・・というところで、
電池じゃあなくて充電!と声が飛んだ。
「電池が切れる」に、ジュリーがすごく身近に感じました(笑)。

オープニングは子供の頃の写真。美しい頃のジュリーの映像。
で、ぱっと本人が登場。この落差(笑)ひゅ~ひゅ~と大歓声♪
最後は「渚でシャララ」に合わせてワイルドワンズと亡き加瀬邦彦さんの映像が。

いつもはMCたっぷりで爆笑らしいのですが、今回は怒涛の歌・歌・歌~。
こんなにたくさん、みんなに愛されるいい歌があったんですね。
東北の震災時に作った歌や、新しい曲でいい歌がありました。
じっくり聞いてみたい曲です。

50曲歌いあげて(素晴らしい!!)
~こんなに多くの皆さんに聞いていただいて感謝です。
 来年は70歳です。
 みなさんも元気でいてくださいね~

最後の曲「いくつかの場面」に、胸がいっぱいになった。
ただ男の色気が感じられなかったのが残念。
そちらの努力もされたらもっと魅力的になる。
ありのままもいいけどやっぱり見た目もね。夢を売る仕事なんだもの。
でもあの歌を聞いたら、体が楽器になってるのかも。

楽しかった♪ みんなありがとう~。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加