雨の日も風の日も ららる~♪

気ままな毎日を綴ります。

火花

2015年10月30日 | TV・本


話題の、又吉直樹氏の「火花」を読んだ。
林真理子と瀬戸内寂聴の対談の中で、又吉氏を寂聴さんが上手いね~と褒めていた。
又吉氏が漫才師なのであんなに売れるなんて嫉妬するわねえと言っていました。
寂聴さんが上手いと褒める本とは、そりゃあ読まなくては。

2~3行読んで、上手い!と思った。
表現力が半端ではない。
又吉氏は、かなりの読書家らしい。
本を沢山読んだからと言ってこの文章は書けるものではない。
芥川賞受賞納得。
熱海の花火大会に始まって、花火大会で終わるところもいい。
何だか情景が目に浮かぶ。

破天荒で、ある意味天才の先輩漫才師神谷。
4歳違いの神谷の中に神がかり的な才能を見つけ師弟関係を結ぶ徳永。
どちらも売れない芸人。
神谷を師と仰ぐ徳永との物語だ。
後輩の徳永は又吉氏彼自身かもしれない。

それにしても二人の会話やメールのやり取りのセンスにはついていけません。
即座に反応するあの言葉の応酬。
鈍いおばさんは、じっくり考えないと良く分からないよ(笑)

それにしてもあのラストのおかしくて切ない結末は・・・。
ほんまに先輩の神谷はあほんだらです。

う~ん。漫才は哲学だ。













コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都ぶらぶら歩き

2015年10月28日 | 京都行き


shirayukihimeさんたちと4人で京都へ行ってきました。
紅葉にはちょっと早いけれど、やはり京都は魅力がある。

今回は、お寺や観光地には行かず京都博物館で開催中のダビンチ展と街歩き。
平日の朝一番に着いたのに、結構な人出。
幻の壁画日本初公開の「タヴォラ・ドーリア」がお目当て。
フレンツェのベッキオ宮殿に完成していたらどんなに迫力があったか。
モナリザと最後の晩餐くらいしか知らなかったダビンチって、発明家でもあったのですね。
思いがけない側面を知りました。
この界隈、歴史建造物がいっぱい。
博物館も、東京駅を設計した辰野金吾の弟子が設計。赤レンガ造りで趣がある。


お昼は、前から覗いてみたかった「素夢子古茶屋家」へ。
呉服屋さんの店舗を改装した韓国料理店。
ポジャギの大きな暖簾。韓国の古い家具。白磁や作家ものの食器etc。
なかなか雰囲気があって落ち着く。
話題は、芥川賞の又吉氏の火花に太宰の人間失格・・・。
みんなよく本を読んでますね。
Fさんの太宰論に、苦手だった太宰も読んでみたくなった。
宮廷料理からチョイスしたおかずがいっぱいの定食も美味しかったな。
久しぶりの韓国料理に、また韓国に行きたくなった。

あとは街をぶらぶら歩き。
伊衛門サロン~千總ギャラリー~文椿レトロビル~永田萌ギャラリー~鳩居堂~ANGERS
烏丸から高倉通り、寺町、河原町界隈を行き当たりばったり。
お茶は、博物館の前田珈琲で。ここはね元日銀京都支店の金庫だった場所。
重い石造りの扉が入口。昔の金庫の中でお茶。ここにお金がどっさりだったのね(笑)

骨董屋を覗くのも楽しい。
shirayukihimeさんは、ちいさなぐい飲みやかわいいお皿を買いました。
Nさんは、とっても似合う大判のスカーフ。
これも出会いですね~♪みんないいお買い物が出来ましたね。

帰り道、本能寺の看板が目に。
寄ってみたらまあ立派な大きなお寺。信長の廟も。本能寺は一度来てみたかった。
今回唯一のお寺参りでした。

秋の日暮は早い。
快速電車で運良く座れて、神戸までまたまたおしゃべりの花。
一年ぶりに皆に会えて楽しかった。
一年で一回では少ないから2回にと言いながら・・・1年はすぐに過ぎてしまう。
ではでは、春にまたどこか行きましょう~





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

交流会

2015年10月26日 | リコーダー


昨日、7つのリコーダーのグループが集まって演奏会があった。
初参加のグループがひとつ。
あとは、お馴染みの顔ぶれです。

これで3回目。ありすさんと一緒に演奏会やりたいね~って始まったこの交流会。
神戸でも人気のカフェI邸の2階を借りきって始まりました。
おしゃれな会場でケーキとコーヒー付きでした。
ここでライブをやりたかったのよね♪

で、2回目はあちこち探して意外とお安く借りれるのが分かって芸術ホールの立派な会場でした~。
ここまでは関わってきましたが、3回目からはグループ持ち回りですることに。

今回は、ありすさんのグループが担当。
いつも練習されている所が会場になりました。
ここは眺めが抜群! 明石大橋に淡路島が望めます。

演奏順はくじ引き!
なんとF・G・Sとソナテーラ(2つのグループで出演しています)が続けて演奏することになった。
続けて8曲演奏しましたよ~。
一気に演奏してかえってよかった。あとは、ゆっくりお客さまです。
今日は、みんなでお揃いの紺のワンピースの新ユニフォーム。
みんなレディに変身♪
MCも全員に割り振って皆ちゃんとおしゃべりも出来ました。
人前で2回目の、長い(5分)フーガも難なく終了。
まあまあの出来。もっともっと練習しなきゃあね。

演奏もね、シンフォーニーホールを経験してから度胸がついたと言おうか、
ちょっと自分の中で変化がありました。

各グループの演奏は、それぞれのグループの個性がしっかり出ていました。
1回目から上手だなあ~と注目していたM。ますます磨きをかけていて聴かせてくれました。
選曲がおしゃれ。かわいいお揃いの帽子もMらしい。
ひとりひとりの演奏技術が優れているんですね。音が柔らかくて独自の雰囲気を醸し出していました。

演奏が終わって記念撮影♪
担当していただいたSのみなさんお世話ありがとうございました~。
また来年が楽しみです。

みんなもお疲れさまでした~楽しかったね!
さあ今日もさっそく練習。
あと2つ。ステージが待ってます。


















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

犬パワー

2015年10月23日 | 日々


ある冬の夜、ただいま~って帰って来た父がコートの懐から出したのは
子犬!だった♪。
ほろ酔いの父が捨て犬を見つけて思わず連れて帰ったのだと思う。
犬年生まれの父が犬が好きだったみたいで、暮らしの中には犬がいた。

数十年後。
ただいま~って帰って来た夫がにこにこうれしそうに見せてくれたのが子犬!
友人の家に泊まって、朝起きたら子犬が何匹かいた。あんまり可愛くて思わず1匹欲しいと言ったらしい。
その中で一番やんちゃらしいのを貰ってきました♪
夫も犬年生まれ。やっぱり犬が好きだったのね。
知らなかったなあ~。犬が好きだと聞いたことがなかったものね。
横浜の夫の実家には猫がいたもの。
みんなで大騒ぎ。初代ロッキーがわが家に来た日だ。
以来わが家には犬がいる。

初代ロッキーは、私が長い入院から帰ってくるのを待っていてくれたみたいに、
退院して間もなく安心したように旅立った。
ロッキーがいなくなって、もう犬は飼わないと思っていたのに、
夫がまた子犬を貰って来た。私にはないしょで。
それが2代目ロッキーだ。2匹とも柴犬の雄だった。

去年、2代目ロッキーが亡くなって、年齢も年齢だし今後犬を飼うことはないと思っていたのにローラがやって来た。
喜んだのは私より夫かもしれない。今度は大きなコーギの雌。
毎日夫婦の会話は、ローラのことで盛り上がる。
ローラで笑うことがいっぱい。
生き物が側にいるということがこんなにも楽しいとは。
夫婦二人暮らしになってなおさらかもしれません。
わが家に来るべくしてローラはやって来たんだね。

次の日曜にも、私も夫も留守なのに、三男とMちゃんがローラに会いに来るらしい。
めったに帰ってこなかったのにね。母の手料理よりも強し(笑)
犬って不思議な力を持っている。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2015年10月22日 | 家族

先日、四男のマンションに引っ越し祝に行ってきました。
築3年の新古物件ですが、人気の場所で地価が高騰しているらしい。
地価が高いのでかなりのお値段。

今時のマンションっておシャレなんですね。
まるでホテルのよう。
ガラス張りの吹き抜けのロビーにソファーがあって、ここで来客の応対が出来るようだ。
それに来客が泊まる場合の貸し部屋まであるらしい。
管理人が常駐していて、宅急便はここで受け取ってくれるとか。

5階で、見晴らしも良くベランダが広い。
バリアーフリーで床暖房。羨ましい環境です。
ここでT君の子育て。
来春からママはお仕事に復帰します。T君は保育所に。

これで大きなローンを抱えて定年まで支払って行くのかと思うと、
息子の選択なんですが。大変だなあ~と思う。
また違ったお金の使い方があったかも…と。
もちろん親はお祝いだけで、援助はしません。
わが家の方針と言うか、私たちの親もそうでした。
周りでは、家を買ってやったとか、○千万出してやったとか聞きますが、
皆さんお金持ちなんですね。

長男も、次男も家のローン支払い中。
しっかり者の次男は、中古住宅を買ったので、もうすぐローンは終了するらしい。
それが注文住宅の一軒家でいい買い物をしたと思う。
長男は、設計からこだわった注文住宅の一軒家。
オール電化の面白い間取りの家です。
こんなところにも、それぞれの価値観が出ています。

わが家もローンを払い終わった時は清々した。
なんと長い~間、払ってきたんだなあって。家はやっぱり大きな買い物でした。
その家も、今では購入時の半額を切ったしね~
部屋が余っているけど、同居の予定は全く無いし。
残したところで大したことは無い。かえってお荷物になるかも。
でも家があるおかげで、生きてる間は、雨露がしのげる場所があるのが救いかも。
そう思えば、元を取ったかもしれない・・・。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加