(新) 日本の黒い霧

日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故の真相、その他の未解決事件、改竄された歴史について考える。

JAL123便墜落事故-真相を追う-神々の落涙(1)

2010-12-12 18:37:40 | JAL123便墜落事故
前回、「蘇る亡霊(10)」で宗教的な話題にあまりにも偏り過ぎたので、今回はもう少し現実的な話題を取り扱います。軍事面の考察を中心とした「蘇る亡霊」シリーズと差別化するため、タイトルも「神々の落涙」としました。日航機事件に関わった人々の心の弱さ、悲しさを象徴する言葉を選んだつもりです。このシリーズで取り扱うトピックは、もしかしたら、一般の人までを傷付けてしまうかもしれません。当分の間、「封印」を心に決めていましたが、本ブログの開設、軍機破片実物の展示をしてからかなりの時間を経過した現在でも事実隠蔽が解かれていないこと、放射性物質による汚染がもはや放置できないレベルであるとの判断から、意を決して公開することにしました。

もしかしたら、私は恨まれるかもしれません。しかし、日航機事件で一番の被害者、最も悲痛な思いを味わったのは、命を落とした乗客乗員とその遺族であり、私がどんな責めをを負うことになってもそれに及ぶ苦しみはないでしょう。また、私の記事に苦痛を感じる人々がいたとしても、遺族・被害者のそれと比べて、果たして如何ほどのものでしょうか?

能書きはそれ位にして、本テーマの最初のトピックとして、123便墜落現場の南側、長野県南相木村で見た不思議な光景について報告します。


■「食い詰め者」の村と呼ばれた寒村、南相木村(みなみあいきむら)

のっけから、ひどい物言いで申し訳ないのですが、「食い詰め者」とは同地域の人が本当に言ってた言葉です。25年前の事故当日、墜落現場はここでないかと、北相木村と並んで報道陣が押し寄せて有名になった村です。

同村に隣接する長野県川上村や南牧村などは、レタスなど良質の高原野菜の大規模栽培で有名で、年収が億に届く豪農も珍しくありません。しかし、山間の南相木村は、開墾できる農地や水田は非常に少なく、冬の最低気温がマイナス20℃に届くこともある極寒地帯です。畢竟、農業による収入は周辺町村に比べるまでもなく、勤めによる収入こそが村民の主な拠り所だったと言います。

30年程前の南相木を知る人は、「極寒の真冬でも障子1枚で外と隔てるような貧相な家ばかりだった」と言います(多少誇張はあると思いますが)。

 南相木村データ (http://www.minamiaiki.jp/)
 世帯数:  455
 人口 :1,155

■南相木村に訪れた新築ラッシュ

昔の南相木村を知っている人が、最近の村の様子を見たらきっと驚くことでしょう。貧相な家しかないと思っていたのに、大きくて新しい家があちらこちらに立ち並んでいるのですから。私が視察した時の実感でもそうなのですが、一緒に現地へ赴いたプロの住宅建設関係者に聞いても築年数5年前後の新しい家が非常に多いと言います。

その住建関係者に、新しい住宅の建設費がいくらになるか値段を査定してもらいました。この時は写真による査定なので、正確な値段というより、だいたいの数字と考えてください。なお、査定の数値に内装費等は含まれていません。あまり趣味のいいことでないのはわかっていますが、この査定作業こそが、この村が隠している大きな謎を露呈することになるのです。

査定額を出すに当たって、南相木村特有の条件が存在することをご理解ください。その条件とは、冬場の気温がマイナス20℃に達するため、表土の凍結深度を1m20cm程度は見なければならないこと。つまり、1m以上の深さまで基礎を打たないと大きな家は建てられないという自然環境による制約があるということです。そのため、平地ではそんなに高価とは思えない住宅でも、基礎工事費が跳ね上がるため、南相木村ではどうしても1~2千万円は建設費が嵩んでしまうのです。

その点も加味し、南相木村の築浅物件の査定結果を以下掲載します。


写真1:3千万円くらい、ただし、高級な木製サッシを使っているので、内装にはかなりお金をかけているだろう


写真2:奥行きがよくわからない、見えてるところだけで7千万円くらいか

 
写真3:右の家は安そうに見えるが、3階建て(ロフトルーム)が作られているので5千万円くらい。左の家は贅沢な2重サッシでやはり4~5千万円くらい。


写真4:都会の住宅地のような新築住宅群。これはそんなに高くない。1件、2~3千万円くらい


写真5:2階に出入り口、1階に下りる側溝部分の施工状態で値段は大きく膨らむ。そんなにお金をかけてないとして4千万円くらい


写真6:これはお金がかかっている。建坪は広く、屋根は瓦の下に銅板を葺いている。楽に1億2千万円以上。家格に見合う家具を新調していたなら、総額は1億5千万円に達するだろう。


写真7:奥の家は瓦屋根にお金がかかる入母屋作り。ざっと見ても1億かかっている。手前の家は建坪がはっきりしないが、大きいと見れば7~8千万円くらいか。


写真8:大きな建坪、切妻の家。7~8千万円。

以上、都会のサラリーマンが羨むようなお金のかけっぷりです。また、ローンで家を買ったことのある方ならよくおわかりでしょうが、図6~8のような40平米を超えた建坪の家には住宅金融公庫の住宅ローンはおりません。通常は現金で建築費を用意する必要があります。


■高級築浅住宅が建て並ぶ和田地区

以上のような住宅が、南相木村全域で見られるかというとそうでもありません。最も頻度が高く見られるのは、南相木の中でも「和田」地区と呼ばれる村の中心を流れる川の下流域の辺りです。一方、川の上流域である「三河(または三川)」地区は、今でも上記の証言にも出てくるような貧相な家(失礼)を見かける地域です。



図1:和田地区と三河地区。Google Map に南相木ダムが表示されない理由は?南相木ダムの東、山向こう側が123便の墜落現場とされている御巣鷹の尾根。墜落現場に非常に近い


和田地区と三河地区の違いはどこから生じるのか?近隣町村出身者の証言では、和田地区には地元建設会社の「(株)腹黒組(仮称*1)」に勤めている住人が多く、一方、三河地区の住人にはどちらかというと腹黒組とライバル関係にある企業への勤め人が多いとのことです。先にも触れたように、農業生産能力に限界がある南相木村では、役所や建設会社など地元企業の被雇用者となることが生きる道なのです。


写真9:腹黒組(仮称)の本社

その腹黒組が会社を大きく成長させ、金銭的にも豊になる大事業が1990年代半ばにスタートしました。このブログでも何度か取り上げた「神流川発電所」の建設事業です。この事業の関連施設として南相木村に「南相木ダム」が建設されたのは以前に触れたことがあるかと思います。この事業は2005年に1号タービンの稼動をもって運用が開始されました。腹黒組が事業のどの部分を担当し、どれ程の収益を得たのかはまだ調べていませんが、現在は南相木ダムのメンテナンス業務を受注していることから、地元企業として相当部分に関わっていたことが予想されます。


写真10:南相木ダム。山を削った痕が今でも残る。長時間の停留は厳禁(理由本文)

*1 腹黒組:品のない仮称ですみません。しかし、本当にそう呼ぶ地元の方もいるので、これを採用しました。


■ダム景気で説明できない豪華住宅

ダム建設が決まり、事業主体の東京電力や電源開発(現電源開発株式会社)から一定の保障を受け、地元企業がダム建設関連工事を受注したとなれば、村全体として景気が良くなるのはわからない話ではありません。それなりの保障、税収があったことは、南相木村の近年建てられた立派な庁舎(見積建設費、3~4億円くらい)を見るとよくわかります。


写真11:南相木村庁舎。建設費3~4億くらいか。人口千人程度の過疎村にしては立派だ

しかし、高々下請けの地元建設会社の被雇用者が、あれだけ豪華な住宅を建てるだけの現金を、賞与や退職金、ましてや給与で受け取っているというのは、どう考えても不自然です。税金のことだけ考慮しても、1億の現金を手元に残すなら、2、3億円貰っていないと辻褄が合いません。また、最近建てられたばかりの家は、数10件規模で点在してますので、多くの従業員にそれが支払われていることが想像されます。被雇用者にしてそれですから、会社の収益となれば莫大なものとなるでしょう。ダム工事の下請け受注程度でそんなことが可能なのでしょうか?それとも、何か別のとてつもなく大きな事業に参入できたのでしょうか?

「ダムの建設保障費なのでは?」という疑問に対しては、南相木ダムの建設でダムの底に沈んだ集落は無く、移転保障などの発生はあり得ないと答えられます。そもそも、このダムは川のかなり上流域で、少なくとも7~8個程度の山を削って作られています。通常は深い谷を堰き止めるなど、地形をうまく利用するのがダム建設の定石ですが、南相木に関してはわざわざ山を丸ごと取り除くなど、極めてコストのかかる非効率な建設手法を選択しています。南相木ダムの建設目的に関する疑惑は本記事の直接のテーマではないので、次回以降に取り上げます。


■豪華住宅の資金源は何か?

遠方のため、現地に張り付いての調査は中々困難です。そこで、現地に近い本ブログの読者に調査協力のお願いがあります。

 ・まず、この記事が事実かどうか、南相木村の和田地区をその目で確認してください
 ・法務局の佐久支局で和田地区の住宅の評価額および抵当権が設定されている場合は
  抵当権者の名義を確認してください。
  http://houmukyoku.moj.go.jp/nagano/table/shikyokutou/all/saku.html
 ・「(株)腹黒組(仮称)」の実名は現地へ赴けばわかります。この会社の過去10年の
  収支報告と実態(資産・所有建造物)との整合性を確認してください。

また、オンブズマン活動の経験がある方は、南相木村の歳入、特に補助金や固定資産税の内訳、施設・建造物など実態と比べた場合の整合性について過去10年に遡って確認してみてください。

資産評価額および税収額と実体との乖離が確認できた場合、例えば評価額が不当に低く設定されているような場合、闇資金の流入がはっきりと確認できるはずです。もしもそのような不正が事実だと判明すれば、東京電力、電源開発(現電源開発株式会社)、地元村役場、地元企業だけでなく、国税庁(財務省)・総務省を巻き込んだ国家・企業ぐるみの不正が露見するはずです。また、これら築浅高級住宅を一覧すれば数10億円に上る資金が短い期間に動いているのは明らかであり、これの出元が闇資金ならば、外に秘密が漏れないよう限られた銀行が幹事となり、密かに資金マネジメントを行っているのは確実です。抵当権者を調べることは、闇の銀行を突き止める重要証拠となるでしょう。

調査に当たっては、私たちがそうされたように、地元暴力団を使った妨害が予想されます。必ず2人以上で行動し、携帯電話ですぐに外部と連絡が付くよう、安全の確保を万全にしてください。また、上流のダム付近には長時間停留しないでください。上流部はほぼ確実に放射能汚染されています(測定値など関連情報は近日公開します)。


■闇の政治家は誰か

お役所、企業、暴力団、地元住民と出てくれば、最後に残された役者は、政治家ということになります。南相木村は、現民主党最高顧問「羽田孜(はたつとむ)」氏の選出地域です。たいへん失礼ながら、以前より、能力的資質に著しく欠けると思われる羽田氏が、新進党時代に総理大臣に選出されたことへ疑問を感じていました。しかし、南相木村闇資金疑惑(および日航機事件)と何か絡んでいるとなれば、その必然性も理解できます。しかも、総理大臣への就任はちょうど神流川発電所の計画が始まった頃と同じ1994年(事業決定は1995年)です。

以上、疑惑の矛先である羽田氏については、日航機事件に絡む他の政治家たちと同列にこのブログで取り上げることにします。


写真12:民主党最高顧問 羽田孜氏


* * *


以上、闇資金の具体的な調査はこれからの課題ですが、仮に不正な資金が南相木村に流入したとしたなら、その目的は何だったのか?実はそれが一番の問題なのです。推論を許していただけるなら、その目的は「証拠隠し」、「口封じ」以外に考えられません。私たちの調査への批判として、よく「目撃証言が出ていない」というのがありますが、もしも、その「目撃証言」が金で買われていたならば、証言が出てこないのも頷けていただけるのではないでしょうか?

日本人の良心が金で買われている。私は、この国の神々が泣いているように感じて止みません。

CLARITATEM AB HOMINIBUS NON ACCIPIO. SED COGNOVI VOS QUIA DILECTIONEM DEI NON HABETIS IN VOBIS
わたしは人からの誉を受けることはしない。しかし、あなたがたのうちには神を愛する愛がないことを知っている。

管理者 日月土
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JAL123便墜落事故-真相を追... | トップ | JAL123便墜落事故-真相を追... »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
口止め料 (福田元昭)
2010-12-13 04:27:04
「5000万円の口止め料をもらって救助を遅らせ、長野県警レスキュー隊が介入するまで遅延を図った群馬県上野村の黒澤村長」というコメントをよく見る。
 2010年8月10日付けの貴ブログのコメント「知人の親戚が辻堂に住んでいて、やや離れた上空で旅客機に何かが当たり、オレンジ色の光が光った瞬間を目撃しました。これはただ事ではないと思った親戚は、すぐにNHKに通報しました。その直後に事故のニュースが流れ、目撃した出来事と強い関連があると判断したそうです。現場が判明した数日後、親戚宅にNHKの職員と称する人物が訪れ、情報提供に対して丁寧に礼を述べ、その気持ちとして紙包みを手渡されたのです。そして帰り際にその”職員”は、要請がない限り、この事実は決して口外しないように、と何度も念を押したそうです。その親戚は職員が帰った後にその紙包みを開けたところ、中から大量の札束が現れ、しばらく足が震えて泊まらなかったとか。この件について、その親戚は今から5年前にようやく周囲に公表しましたが、お金には一切手を付けず今でもタンスの奥に眠っているそうです。」
相模湾での一連の出来事にも口止め料が支払われているのですから、事変の現場である南相木村や上野村の人々に口止め料が支払われていると推論しても自然でしょう。
そして、書きにくいことではありますが、「ご遺族の方たちは国から数十億円と云う多額な口止め料と賠償金を貰っています」というコメントもネット上に散見される。
貴ブログでも疑問が挙げられている2005年のJR福知山線事故でも、大勢の目撃者が居ながら、日航機事故と同様に真相が明らかになっていない。こちらでも「隠蔽」「口止め料」が囁かれている。
池田昌昭先生は、福知山線事故の真相究明の本もお書きになる予定とのこと。楽しみです。
 羽田孜は、日航機事故の4ヶ月後の1985年12月、牛肉オレンジ交渉の実績が認められて、第2次中曽根再改造内閣で農林水産大臣として初入閣する。ちなみにこの時自治大臣として小沢一郎も初入閣している。
 羽田孜は、松本サリン事件が起きた時の首相でした。彼の首相在任期間は、1994年4月28日~6月30日。松本サリン事件は、1994年6月27日の夕方から翌日6月28日の早朝にかけて起きた。
 私は、2010年5月16日に江戸東京博物館1Fホールで開催された<(新)日本の黒い霧 5/16 講演会>「御巣鷹山事変と日本の失われた25年」に参加し、質問もしています。その際の質問内容が貴ブログに出ている政治家と日航機事故の関わりでした。終了後、国際軍事評論家のB氏が、わざわざ私の所に来て下さり、私の質問の「政治家と日航機事故の関わり」の回答の補足説明をして下さったのでした。
Unknown (地元民)
2010-12-13 12:44:43
主さん、急にやる気になりましたね。

上野村の地元民の方は、南相木側だけにあんなにお金が落ちたのは行政の違いだと思ってる方が多いようです。何せ当時の黒沢村長の権力が絶大だったせいで、中曽根と結託して地元民を抑えつけたのだと言っていました。私もそんな理由なのかなと思っていたのですが、土建業界の裏事情が絡んでいたのですね、和田地区と三河地区の違いは興味深いですね。私も行ったことありますが、やはり役場の周りに豪勢な家ばかりなのは目につきましたね。一目見て裏があるに違いないと私も思いました。上野村の住民の一人に聞いた話ですが、やはり政治家羽田氏の名前を挙げていました。住民が知っているくらいだからそうとう関わっているのでしょうね。

また何か思い出したら書き込みしてみます。
駿河湾岸地域の放射性物質汚染 (123)
2010-12-16 13:49:01
福田様。先日はお世話様でした。先日のセミナー後に行った伊東地域はよいのですが、駿河湾岸地域は、1985年8月12日の日航機の際、フォールアウトが発生したことは否めません。

シンポジウムの際、言い忘れましたが、1986年のソ連のチェルノブイリ原発事故の際、
放射性物質が、何日後に来るということで、到達する前から各地で放射性物質濃度が測定され、
連日報道されておりました。

当方、埼玉でしたが、屋外の体育の授業が中止されるなど、影響が大きかったので報道をよく記憶しております。

それで、問題点なのですが、放射性物質が到達する前から静岡茶のある産地の放射性物質濃度が異常値を示しており、
新聞、テレビにて大きく報道されておりました。
他の地域の茶の放射線レベルは正常であったことからすると、
1985年の日航ジャンボ123便の伊豆~静岡の光った件が関連しているのでしょう。

朝日新聞にも載っていたはずなのですが、asahi-netの過去記事検索をかけてみても出てきませんので
隠蔽されてしまっているようです。
相木村の県外者召致 (planz)
2010-12-18 22:28:54
ずい分前の話ですが、相木村(北だったか南だったか両方だったか忘れましたが・・)は県外からの移住者を必死で募っていました。
その為に、住居(土地)の資金の補助金を出していました。
どの程度の補助だったかまで覚えてませんが、かなりの金をそこへ使った筈です。過疎化が進む村にその原資があるのか?と不思議に思ったのを覚えています。おそらく十年以上前の話だったと思います。
税収が豊かな南佐久郡南相木村 (福田元昭)
2010-12-20 03:55:42
 123様、私こそ、先日はありがとうございました。伊東へのミニツアーでいろいろな貴重なお話を伺った上に、翌日の代々木八幡でのBenjamin Fulford氏の講演会の際は、電子攻撃を仕掛けたり敵の電子攻撃に対抗する軍事装置であるECM(Electronic Counter Measures:電子的妨害手段)発振装置が敷地脇に設置されている上野村JAで販売されているヤーコン焼酎「とんだこんだ」を買ってきて下さり、ありがとうございました。
また、planz様、貴ブログに対する8月下旬の私のコメントに際し、何かとお気遣い頂きありがとうございました。
(新)日本の黒い霧2010年3月1日付けで問題にしているオウム真理教の不動産が以前あった南相木村は、税収が豊かで2006年度から普通交付税不交付団体だった。しかし、2010年12月7日、南相木村が交付団体に転じることが、総務省が発表した普通交付税の配分内訳を示す「再算定大綱」で分かった。長野県内の不交付団体は1985年8月12日にあの中曽根康弘が滞在していた北佐久郡軽井沢町だけになった。
南相木村がなぜ税収が豊かなのか?
それは、「(新)日本の黒い霧」や「~この世・あの世を知る~」に登場している軍事要塞化されて放射能汚染している南相木ダムがあるからに他ならない。南相木ダム建設により村に33億円が入った。金回りがよくなり、小学校の修学旅行はオーストラリア(ホームステイ)になった。
 その児童がオーストラリアに修学旅行に行く南相木小学校に密かに自衛隊の前線基地が1985年8月12日夜間に設営されていて、ここから123便生存者を殺害する部隊がヘリで御巣鷹の尾根へ5分程度で到着し、生存者170名前後を殺害した。(阿修羅の2010 年2月7日付け愉快通快氏投稿をお読み下さい)
日本航空キャビンクルーユニオンのPINK色のビラ (福田元昭)
2010-12-21 03:46:35
 2010年12月20日(月)20:05頃、仕事を終えて自宅に着いた。比較的早い帰宅である。先週は終電で帰宅の日もあった。PCをつけた。画像が実にひどい状況である。「~この世・あの世を知る~」によれば、123様もplanz様も一時妨害勢力の仕業なのか、PCの具合が悪かったとのこと。私もやられたのかなと思ったら、15分くらいしたら、いつものきれいな画面に戻った。(笑)
さて、2010年12月20日(月)午前3時55分の私のコメントの補足をさせて頂く。
南相木村は05年冬完成の東京電力神流(かんな)川発電所南相木ダムの固定資産税が得られるため、普通交付税不交付団体になっていた。2010年度の一般会計歳入総額14億5900万円のうち、何と御巣鷹山事変隠蔽のための南相木ダムの固定資産税は9億6700万円と7割近くを占める。
ところで、「急減圧はなかった」と結論したレポ―トを発表している日航乗員組合連絡協議会の構成団体の一つである日本航空キャビンクルーユニオンのPINK色のビラを手に入れたので紹介させて頂く。どのように入手したかは詮索しないで下さい。(笑)
 それとともに、ビラを拝見して疑問点もあるので、もし関係の方が私の文章を読んで下さったなら、このコメント欄を通じご回答頂けると幸いである。または、関係の方以外の方でもお解りの方がいらしゃいましたら、ご教示頂けると幸いである。
A4サイズのPINK色のビラは両面刷りである。
まずは表面の紹介から。左上には漫画の二人のキャビンクルー(「スッチー」とか「キャビンアテンダント」とおっしゃる方もいらっしゃることでしょう。)の女性が花模様の垂れ幕を持って登場!
垂れ幕には、「整理解雇の強行は許されません。私たちは、JALの真の再生を目指しています。 日本航空キャビンクルーユニオン」と書いてありました。
その下には、次の文章が続く。
更正法適用申請以降、日本航空が更正会社として再建を目指す中、皆さまのご理解とご協力により、順調に運航が継続されています。皆さまの温かなご支援に、心よりの感謝を申し上げます。
 現在、客室乗務員の食場では、すでに様々なコスト削減施策が実施されていますが、私たちは、一日も早く健全な再生を成し遂げ、皆さまに「安心で便利」と喜んでいただける航空会社を目指していきたいと考えています。
 ☆皆さまのご理解、ご支援をお願い致します☆
表面右側には、「人員削減目標はすでに達成! 整理解雇は、必要ありません。」という文章がまず上に囲みで出ている。その下には、次の文章が続く。
日本航空は更生計画案に沿って、グループ全体で16000人の人員削減を行っています。
客室乗務員に関しては、660人を削減目標とする中、762人の応募があり、すでに102人も超えています。にもかかわらず会社は、9月末になって「稼働ベース」という新たな削減目標値を持ち出し、その数値では、さらに72人の削減が必要だとしています。(2010年12月9日現在)
この数値を使えば、休職者はたとえ100人辞めても、削減数は「ゼロ」とされ、削減数に反映されません。私達は、この数値による削減数を認めることはできません。
削減目標を大幅に超えているにもかかわらず、経営は12月9日、どの労組も合意していない会社の人選(案)で、12月31日に整理解雇を実施するとし、108名の対象者に解雇予告の通知をしました。人選(案)で対象となっているのは、病気欠勤歴のある者や53歳以上の乗務員です。既に対象者は3ヶ月の自宅待機を指示され、乗務を外されていますが、これ以上必要のない人員削減で、大晦日に整理解雇することは許されません。
更にその下には次の文章が続き、それは線で囲まれている。
希望退職年齢制限撤廃・期限延長等で、整理解雇を避けることは可能で、整理解雇を避けることは可能です。
 裏面左側には、「不当な整理解雇は、JALの信頼を失墜させ、安全運航をおびやかします」という文章がまず上に囲みで出ている。その下には、次の文章が続く。
客室乗務員は、航空機の「輸送の安全」を確保する重要な任務を持っています。万が一の非常事態発生時にお客様全員を安全に避難誘導すること、航空機の状態を常に五感を駆使して点検監視すること、また機内の秩序維持や体調不良の方への手当てなどを任務として乗務しており、看護職の方々と同様に、経験が大変重要な要素となる職種です。日本航空の人員削減のやり方には、豊かな経験を活用し、その経験に基づいた職業意識や技能を伝承する視点が全くありません。
整理解雇通告された豊かな経験を持っている53歳以上の乗務員も、不幸にして傷病を経験した、あるいは闘病中の乗務員も、日本航空の再建に自分たちの力を切に望んでいます。
更にその下には次の文章が続き、それは太線で囲まれている。
私たちは、「整理解雇撤回」を求めて、12月24日・25日にストライキを構えています。しかし、経営が「整理解雇」を撤回した時には、ストライキは行いません。
次に右上には次の文章が続き、それは破線で囲まれている。
日本航空の破綻の原因と責任は、
★米国から必要以上のジャンボ機を100機以上も購入させられた事
★採算の取れない地方空港への乗り入れを余儀なくされた事
★放漫経営(ドル先物買いやホテルリゾートの乱開発等)にあることは明らかであり、社長自ら団体交渉で「経営破綻の責任は従業員の皆さんにはありません。」と答えています。しかし、経営は未だにこれらの問題に対する抜本的な対策を取っていません。
更にその下には、<抗議先>日本航空インターナショナル管財人室、日本航空インターナショナル社長秘書室 TEL FAX <発行連絡元>日本航空キャビンクルーユニオン 住所 TEL FAX と続く。

貴ブログの2009年11月8日付<伊藤副会長を辞任に追い込んだ「10年ものドル先物買い予約」>で登場する「ドル先物買い」の話が出てきて興味深かったです。
さて、ビラを拝見しての私の疑問点ですが、それは、「★米国から必要以上のジャンボ機を100機以上も購入させられた事」に関してです。
Q1 なぜ購入させられたのか?
Q2 いつごろ購入させられたのか?
Q3 その件と123便事故は関連があるのか?
以上です。
ブログ主様、123様、planz様、日本航空関係者の皆さま、ご指導よろしくお願い申し上げます。
本日峠が冬季閉鎖 (planz)
2010-12-22 23:13:56
>福田様
政治が絡むと難しいですね・・・
正直それらは当人達(政治家)の証言でないと説得力無いでしょうね。
でも御巣鷹事変以降色々な変革があった訳ですから無関係ではないでしょうね・・
講演会でもかなりややこしい話でしたね。ブログの方々もまだ確信までは至ってないようですし、先を急がねば・・という気持ちになります。
もはや日航の幹部らも入れ替わり、関係する政治家も影を潜め追究者もごく一部となった今、真実を引っ張り出すのは非常に難しいと思います。
出来る事は123様、(新)日本・・の方々の様にがむしゃらに食らいつくしかないのでしょうね・・・

羽田元首相は私の遠ーーい親戚にあたり(本人とは会った事はない位の遠さです・・・)、奥様の関係で本人の地元建設会社と親戚として関わりがあったりするのは事実です。
特に悪い話は聞いた事ないですが。ましてや裏があるか無いかまでは知りません。

ただ、短期の首相を終えた後はまるで何も無かったかのように表から消えてしまったのは気になりますね。
噛ませ犬であったことは間違いないでしょうね。
現在では最後の任期をこなしていますが、脳溢血(?)の後遺症でほとんどまともにしゃべれません。なのに現役というのも非常に気になります。
後ろ盾なくして現役はありえないほどまともにしゃべれません・・

すべてが消えてしまう前に明らかにしたいですね。

ちなみに本日現場付近のぶどう峠と299が冬季の閉鎖になりました。
10時と12時に閉鎖だったのですが、8時過ぎ頃、上田から佐久方面へ向かう自衛隊の大型ジープを見ました。
以前は自衛隊の移動は大抵列をなして国道を走っていたものです。
演習か何かへ向かうのだろう・・と分かりました。
しかし最近は単独もしくは2台くらいの行動がほとんどです。
おそらくダム付近へ行ったのではないかと思いながら見ていました。
仕事でなければ確認したかったのですが・・
拉致 (福田元昭)
2010-12-24 02:46:04
 planz様、早速、私の疑問に反応して下さり、ありがとうございました。
planz様の「~この世・あの世を知る~」も、その後、コメントは入れないものの、現在に至る迄欠かさず拝読しています。最新の「日航123便事件の真相・・・すげの沢のオーブ」も興味深く読ませて頂きました。11月3日付けの「日航123便事件の真相・・・生存者はどこへ」は、生存者を拉致したのではないかと感じさせる内容でした。「(新)日本の黒い霧」2010年3月6日付けの中に、「・多くの生存者を見殺し、惨殺、あるいは拉致連行したこと」というはっきりした表現が出てくる。また、池田昌昭著「鎮魂 JAL123便」にも、123便生存者拉致疑惑が出てくる。
 拉致と言えば、1964年の東京オリンピック開会式の5日前に生まれた横田めぐみさんが金正恩氏の母親であると飯山一郎氏は主張している。この主張が正しいとすると、福田赳夫内閣(1976年12月24日~1977年11月28日)時代の13歳だった1977年11月15日に拉致され、鈴木善幸内閣(1980年7月17日~1982年11月27日)時代の17歳だった1982年3月頃、41歳の金正日と同衾させられたことになる。そして、中曽根康弘内閣(1982年11月27日~1987年11月6日)時代の1983年1月8日、横田めぐみの子・金正恩は誕生した。
鈴木善幸氏は、首相辞任後、しばらくたって、後継となった中曽根康弘首相の対米協調路線を批判して『超大国の核戦力の前に通常兵器をどんなに充実させても、力には限界がある。それよりも、平和を 求める第三世界の声の先頭に立って、軍縮を求めて行くべきだ』と語った。
 鈴木善幸は、首相在任中の1982年6月9日の第二回国連軍縮特別総会で次の演説をした。
 「私は、戦火の廃墟の中にあって、政治に志を立、我が国の憲法の理想とする戦争のない平和 な社会の実現を目指して国民と共に努力してまいりました。爾来三十五年、平和のために一身を 捧げたいと思う私の信念は、今なおいささかも変わるものではありません。私は、この壇上か ら、世界の人びとに対し、日本国民の核廃絶と平和への願いを強く訴えるものであります」
 「議長。私は、若い頃、海に親しみ、しばしば船上から夜空にまたたく無数の美しい星を眺め ては、神秘の感に打たれたものでありました。我々の宇宙には、何千億もの星が存在していると 言われます。しかし、我々の知る限りこの星の中で生命の宿っているのは唯ひとつ我々の住むこ の地球のみであります。我々は、祖先から受け継いだこのかけがいのない地球を、愚かな選択に よって破滅に追いやることは許されないのであります。繁栄か滅亡かは、かかって我々の双肩に あります」
1985年8月12日も、鈴木善幸内閣が続いていたら、御巣鷹山事変は起きなかったかもしれない。
口封じ (福田元昭)
2010-12-27 06:00:56
 「口封じ」と言えば、貴ブログによれば、ブログ主様や123様(S氏)も「口封じ」の為、何度か殺されそうになりましたね。また、2009年8月8日、東京都北区の「北とぴあ」にて、御巣鷹山事変の真相を語った佐宗邦皇氏は、毒入りの「お~いお茶」で殺害された。これも、「口封じ」の為の殺人でしょう。
2005年に日本航空123便墜落事故の真相に切り込んだ「御巣鷹山」を完成させた渡辺文樹氏と私は、2008年10月16日、話をした。「2003年に完成した『阿鼻叫喚』という作品はある市議を演じている女性に、ある巨大宗教団体の支配下にある暴力団が、作品を公開したら殺すと脅されているため公開できない。」(監督は団体名をはっきりおっしゃっていた。)と言う話は、2005年にその組織に嵌められ、人生を破壊された私としては興味深い話でした。2010年5月29日、その暴力団の元リーダーが『憚りながら』(宝島社)と言う本を出した。一般の人々への悪影響を阻止するため、その巨大宗教団体の人々が買い占めたとのことである。ある市議を演じている女性に対する脅迫は、もちろん「口封じ」です。この話を伺った2008年10月当時は、この話はネットでも余り出ていなかったのですが、2010年12月現在は、具体的な団体名とともにネットにたくさん出ています。渡辺文樹を検索し、Wikipediaを読むとそこにも出てくる。だから、新宿区長が・・・。
NHKの解説員主幹の長谷川浩さんが、2001年10月10日23時からの特別番組で「WTCビルでの犠牲者を国籍別に調査したところWTCに勤務していたアメリカとイスラエルの二重国籍をもつ4000人のユダヤ人は一人も死んで無かった」と報告しました。ところが、2001年10月15日、NHK構内で長谷川浩さんは変死体で発見されました。これも、「口封じ」の為の殺人でしょう。
岩手県警、そして警察庁も関わる、ある殺人事件について長年取材していたジャーナリスト黒木昭雄氏が、2010年11月2日、死亡した。これも、「口封じ」の為の殺人ではないかと疑う人々がいる。
他にもたくさんあるが、きりがないのでやめる。
日本は、健全な言論が封殺されるファシズム国家である。
東アジア戦争阻止 (福田元昭)
2010-12-27 06:03:36
コメントが激減しましたね。思えば、2010年1月は嵐のような勢いでコメントが届いていました。あの頃は、荒らしのコメントも多かったのですが(笑)。嵐と言えば、2009年のoriconシングル年間ランキングでは、1位~3位を嵐が独占したのですが、2010年の年間1位と2位は、秋元康氏が総合プロデュースを務めているAKB48が独占した。もっとも、TOP10圏内で言えば、何と嵐が6曲で、AKB48が4曲で嵐が勝っているのだが。つまり、2010年の年間CHARTのTOP10は、AKB48と嵐で独占しているのだ。
2010年12月8日(John Lennonの命日・アジア太平洋戦争がSTARTした日)に発売されたのに、何と年間8位に食い込んだAKB48の「チャンスの順番」は、非正規雇用が増大し、若者が希望を持ちにくい状況下で、若者に希望を持たせようとする歌である。
 どうして若者が希望を持ちにくい社会になったのか?
*********
AKB48「チャンスの順番」の歌詞
次は君に来る どんなに負けてても
今度は勝ちにいこう あきらめなければ 
夢は叶うんだ ずっと頑張ってきた
君の努力 報われるように
空を流れる白い雲たちの どれが速いかなんて
意味がないと思う 昨日の君が出遅れていても
そのうち風の向きも 変わり始める
自分には何が 足りないのだろう?
一人悩んだ時もあった だけど立ち止まっていてもしょうがない
じゃんけんみたいに 運は巡るもの
今までついてなかった 今度は君の番だ
くじけちゃいけない 泣いてちゃいけない
長い冬の後には 君の春がすぐそこに来てる
周りの友は 一人また一人
夢に続く階段 登っていったよ
例えビリでも焦ることないさ どこかで風が吹いたら
追いつき追い越せる
途中で誰かと 比べるよりも
未来の自分信じるんだ 君のペースでゴールまで
走り抜けろ
夢の方からは ソッポ向かないよ
勝手にこっちから 背を向けてしまうもの
何があったって その手伸ばすんだ
運はがむしゃらの味方 君に出来る全ての事をやれ
チャンスの順番 いつかきっと来る
まだ先のようでも 確かに近づいてる
声がかかるまで 光り当たるまで
君は今まで以上に どんな時も輝いていよう
*********
「くじけちゃない 泣いてちゃいけない」とAKB48は歌うが、この曲の作詞を手がけた秋元康(1956年生まれ)の世代より、現在の若者の方がくじけたくなったり、泣きたくなることが多いように思える。
アメリカもそうだが、どうして後の世代が割を食う社会になってしまったのか?
日本の失われた20年はなぜ生じたのか?
貴ブログがある程度答えを与えて下さいましたね。
私は、「○○○が市民に知らせたくない現代史」と言うタイトルの本を書いてみたいと思っています。(○○○には何が入るでしょう?)
身の程知らずの私は、商業出版を考えています。ブログ主様や123様やplanz様の足もとにも及ばない私が、無理だとは思いますが。
ところで、AKB48の「チャンスの順番」は、2010年12月20日付オリコン週間シングルチャートで1位を獲得。1位獲得は「RIVER」から6作連続・通算6作目となった。女性グループによる連続1位獲得記録は、おニャン子クラブが1986年から1987年にかけて記録した6作連続と並ぶ最多タイ記録となった。
おニャン子クラブは、御巣鷹山事変のあった1985年、フジテレビのテレビ番組『夕やけニャンニャン』から誕生した、女性アイドルグループである。当時、私の勤務していた都立南野高等学校の隣に恵泉女子短大があった。そこに、おニャン子クラブに
1986年に加入した生稲晃子が通っていた。そして、私が勤務していた都立南野高等学校には、会員番号5番の中島美春がいた。1985年度当時高校3年生であった彼女は、高校卒業後歯科衛生士を目指し、その専門学校に通うため、おニャン子クラブから脱退し、芸能界から引退するという決断をする。番組スタッフらは彼女の決断を快く受け入れ、彼女のための卒業記念シングルを制作する。それが現在では卒業式のシーズンの定番曲となった「じゃあね」である。この曲は当初、中島美春個人名義(=中島美春 with おニャン子クラブ)で進められたが、本人の意向によりおニャン子クラブの名義に変更(しかしフロントボーカルは中島単独)。「セーラー服を脱がさないで」、「およしになってねTEACHER」に続く第3弾シングルとして1986年2月21日に発売された。なお、自身の在籍中に「おニャン子クラブ」名義でリリースされた全てのシングルA面曲でリードボーカルをとっているのは、彼女だけである。「じゃあね」は、1986年3月3日付けオリコン週間シングルチャートで1位を獲得した。TBSの「ザ・ベストテン」で彼女を中心にしたおニャン子クラブが「じゃあね」を歌うバックで
南野高等学校の卒業式のシーンを流したいとTBSが希望してきた。私は高校の宣伝になるので良い話だと思った。しかし、校長が断ってしまった。
当時、私の勤務していた都立南野高等学校の図書館には、歴代の卒業ALBUMが保管されていた。中島美春が在籍していた5期生の卒業ALBUMだけは、何者かに盗まれてしまい、図書館から無くなった。
やがて、残念なことに、学校そのものが2005年3月に無くなった。2007年7月、跡地を隣接する恵泉女学園が28億8220万円で購入した。2008年のTBSドラマ『ROOKIES』(ルーキーズ)のロケ地として利用された。『ROOKIES』を見た私は涙があふれた。当時の想い出が走馬燈のように思い出されてというのもあるが、在職当時に比べ運動用具や施設が錆びていたり雑草が多くなっているのが涙を誘ったのであった(笑)。
都立南野高等学校は、他にも卒業生で有名人が結構いる。ちなみに、現在、私が勤務する都立小平高等学校も卒業生で有名人が結構いる。柳原可奈子もその一人である。
なお、おニャン子クラブのデビュー曲「セーラー服を脱がさないで」は、オリコン週間シングルチャートで1位を獲得していない。2006年9月から放送された日本航空の「先得割引」のCMで、客室乗務員役の相武紗季がこの楽曲の替え歌「先得割引をのがさないで」を、本来の振り付けをアレンジした振り付けをしながら歌っていた。なお、この歌はJAL国内線のハートフルキャンペーン(2006年〜2007年)の当選者向けの景品として、直筆サイン入りCD(ロングバージョン)が200枚作られた。
 秋元康が手がけたおニャン子クラブが大ブレイクした1985年に起きた御巣鷹山事変の真相が、秋元康が手がけたAKB48が大ブレイクした2010年にかなり明らかになったのは、貴ブログの偉大な功績ですね。
年間CHARTと言えば、アメリカの「BILLBOARD YEAR END CHART-SINGLES(年間CHART)」のNO37(37位)に「.Like A G6」と言う曲が入っている。Far East Movementと言う名のアメリカの日本系&中国系&韓国系のラッパーの曲である。
2011年、東アジア戦争が起きそうな情勢である。死の商人共はそれを望んでいるのかもしれない。Far East Movementを見習い、東アジアの人々は仲良くしてほしい。
70億人近くの地球人すべての皆様の2011年が良い年でありますように!
ダイエットしたい人へ。 (本売上向上請負人)
2010-12-27 22:49:17
短期間ダイエットがあります。
アクセスカウンターをはることができます。 (本売上向上請負人)
2010-12-27 22:51:20
簡単です。
知育玩具。 (本売上向上請負人)
2010-12-28 00:22:55
脳の発達を促す知育玩具というものがある。


運輸省JA8119号機報告書にも出てくる地震観測所の場所 (123)
2010-12-28 09:10:52
日航ジャンボ123便当時の川上村の地震観測ポイントにつきまして、池田様よりメールいただきました。

<以下引用>
> 川上観測点(E.KWI) 観測期間('82 4/1~'05 10.18) 1:25,000地形図(居倉)
>
>   観測点再編成により廃止 (2005年10/18)
>
> 所在地 : 長野県南佐久郡川上村大字秋山53-21
> 位 置 : 緯度 35.94030°経度 138.67444°標高 1,430m
>
>秋山地区梓川の奥で、2006年10月に更地になったようですね。(東大地震研信越地震研究所HPより)。
ジャンボ機は安全な乗り物です (123)
2010-12-28 12:42:59
福田様。返信が遅れ申し訳ありません。また今日の夜から山に行きます。電話090-1537-8885連絡いただければ明日あさってでしたら近くまでお迎えにあがらせていただきまして現地をご案内することも可能です。

ジャンボ旅客機は安全な乗り物で、
アメリカの大統領専用機や、日本政府専用機にも採用されています。

ジャンボ機の導入とJALの経営悪化はリンクしないものと思われます。
南相木村が県外からの移住者を募っていたことと、本記事の、南相木村の家々が極端に立派なこととは関連性がありません。 (123)
2010-12-29 01:35:03
南相木村が県外からの移住者を募っていたことと、本記事の、南相木村の家々が極端に立派なこととは関連性がありません。
十石峠は今年も通れます。 (123)
2010-12-29 01:37:45
上記コメントに、十石峠が通行止めのようなことがまことしやかに記載されていますが、今年も通り抜けが可能です。
本ブログ過去記事にもありますように通行量を伴って通り抜けが可能です。
十石峠は今年も通れます。 (123)
2010-12-29 01:38:38
上記コメントに、十石峠が通行止めのようなことがまことしやかに記載されていますが、今年も通り抜けが可能です。
フィリップはナチスの支持者。 (本売上向上請負人)
2011-01-02 21:19:38
マウントバッテン卿は工作員だ。
十石峠を通って御巣鷹の尾根に初詣に行ってきました。 (123)
2011-01-04 08:54:29
長野側から十石峠を通って御巣鷹の尾根に乗客慰霊軍人慰霊もうでに行ってきました。

十石峠は今年も交通量があり、正月早々にも関わらず数台の車とすれ違いました。
日本航空 パイロットと客室乗務員およそ170人を不当解雇! PART1 (福田元昭)
2011-01-05 03:46:57
(新)日本の黒い霧のコメント欄をお読みの極少数の皆様、明けまして、おめでとうござまいす。
 2009年7月31日にSTARTした貴ブログも3年目に入りましたね。応援してます。
年頭に当たり、今年こそ、御巣鷹山事変の首謀者の方々が、真実を語ってくれることを祈念します。また、妨害勢力の皆様、私を含む御巣鷹山事変の真相究明をしている人々の生活を脅かさないで下さい。
 最近、PCの画像が実にひどい状況である。昨年12月20日の場合、15分くらいしたら、いつものきれいな画面に戻ったが、今回は違う。昨年12月29日の帰宅後からずっと続いている。文字がすこぶる見にくい。液晶が劣化したのかもしれない。思えば、現在使用しているPCが購入後1年も経たない2007年秋にも同じ症状になったが、極めて多忙故、放っておいたら、3~4ヶ月後に自然に治ってしまった。PCには自然治癒力があるのだろうか。
今回はPCの不具合に加え、集合住宅の私の部屋の明かりが半分くらい全くつかなくなってしまった。昨年12月26日に電球を交換してしばらくしたら、その交換した新しい電球はおろか、それ以外の明かりもつかなくなってしまった。
万が一、妨害勢力の皆様の仕業なら、私を余り虐めないで下さい。
さて、123様、2010年12月28日には貴重なお誘いを頂きありがとうございました。電話で2010年12月30日に挨拶申し上げた通り、2010年12月28日は、SKIをするため長野県の野沢温泉村に滞在していたため、123様のお誘いを拝見したのが、12月30日だったので、今回は同行することができませんでした。ご迷惑でなければ、また誘って下さい。また、年始早々慰霊もうでにいらしゃったのですね。お疲れ様でした。思えば、昨年の1月4日、123様は、群馬県上野村での現場調査の際、通りすがりの車に危うく轢き殺されそうになったのでしたね。それも一度ならず何度も。
くれぐれもお気を付け下さい。 
 彼の地で無念にも亡くなられた乗客と日本の自衛隊員とアメリカの軍人と旧ソ連の軍人と警視庁の警察官のご冥福を、私も首都圏某所より祈り申し上げます。彼の地で無念にも亡くなられたすべての御霊のためにも、冒頭に書かせて頂いた通り「御巣鷹山事変の首謀者の方々が、真実を語ってくれること」が必要です。そして、首謀者の方々が、すべての御霊並びに遺族の方々をはじめとする多くの人々に謝罪することが必要です。それを実現するためには、多くの人々が御巣鷹山事変の真相究明をしてくれることである。そのためには、ブログ「飄(つむじ風)」で飄平様が表現されてらっしゃるように「情報拡散」が急務である。
御巣鷹山事変の真相究明をしているネット世界の住人は、このブログ以外に、阿修羅、飄(つむじ風)、~ この世・あの世を知る ~、御巣鷹山ゲストブック、和順庭の四季おりおり、世界の真実の姿を求めて、123便 メモ、オルタナティブ通信、日航機墜落の真実を求めて、フェアリーテール~なりちゃんのブログ~、純日本人会、
4つの目で世の中を考えるなどのブログをご覧になっているかもしれない。
2010年12月12日付の(新)日本の黒い霧の記事に寄せられた20以上のコメント(2011年1月4日現在)を書いた人は、すべて御巣鷹山事変をはじめ現代史の真相を知りたいと考えている人々だと思われる。
本売上向上請負人様は、私が<私は、「○○○が市民に知らせたくない現代史」と言うタイトルの本を書いてみたいと思っています。>などと身の程知らずのたわけたことを書いたので、それに対応して所謂「荒らし」のコメントを投稿された方を思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、それは違うと思います。確かに、ここに寄せられたコメントの内容からすると、「荒らし」のコメントを送付される方のようにも思えるのですが、別のブログに本売上向上請負人様は、抗がん剤の問題点を指摘するコメントを寄せてらっしゃるくらいですから、問題意識の鋭い方のように思えます。ですから、(新)日本の黒い霧に時々立ち寄られるのだろうと思います。ですから、本売上向上請負人様も御巣鷹山事変の真相究明をしている同志ということになります。
要するに、最近は同志しか(新)日本の黒い霧にアクセスしていないのかもしれない。そうした現状を変えなければいけない。私は、機会あるごとに周りの人々にこのブログを見るように勧めている。12月のSKIの際も勧めた。SKI仲間から「名前を出して大丈夫か?」と心配された。1月4日夜の民放のバラエティ番組である出演者が「ネットって本名出さないし信用できない」と言った趣旨の発言があった。その時間、BSの鉄道の番組を主に見ていて、その鉄道の番組がたまたまCMだった時、リモコンを使い、とある地上波の民放にしたところ、その発言があったのである。どうやら、ある外国人女性がブログで嘘をついていたという話を受けてのコメントらしいが、台本に書いてあって言わされているのかもしれない。TVなどのマスコミは、ネットに、特にこのブログや私が先程挙げたようなブログやサイトに、人々を近づけたくないのかもしれない。確かに本名を出さずに、嘘を書いている人もいるだろう。私はそれを言われるのが嫌なので本名を出している。一方のマスコミも、真実を伝えていない場合や歪めている場合があるということは、ネットが数多く指摘している通りである。ネットでは「マスゴミ」と言う言葉も多く登場している。
私の書き込みは、今回のこのコメントもそうだが、長いことが多い。そして、しばしば話題が飛ぶ。私のキャラと言ってしまえばそれまでだが、「そんなに長いコメントだと、うんざりして誰も読まない。」とか「話が飛びすぎ」と言った忠告の声が聞こえてきそうである。誠に傾聴に値するご意見である。しかしながら、私は現代社会の裏や本質を鋭くえぐりマスコミが伝えない事実を伝える(新)日本の黒い霧のようなブログやサイトに接したことがない人々(よくB層などと馬鹿にした表現を使う方がいらっしゃるが、私は使いたくない。あ、今、使ってしまいましたね。)を引き込む為に、わざとそうしている。
長い文章の中に、こうしたブログに接したことのない人々を引き込む言葉(EX:AKB48「チャンスの順番」の歌詞、浜崎あゆみが、婚約!、oriconシングル週間ランキング、海老蔵事件、紅白歌合戦、朝まで生テレビ、スッチー、TBSドラマ『ROOKIES』、
BILLBOARD、TBSの「ザ・ベストテン」、オウム真理教、おニャン子クラブ、ETC)を挿入し、ネットサーフィンをしている人々を引き込むのである。1人でも初めての方がアクセスしてくれれば御の字である
と言うことで、今回も長いが、ぜひお付き合い賜りたい。
字数制限があるので、PART2に続く。
日本航空 パイロットと客室乗務員およそ170人を不当解雇! PART2 (福田元昭)
2011-01-05 03:48:29
 さて、2010年12月21日午前3時46分に私が投稿した内容の続きです。日本航空の客室乗務員の一部で構成する労働組合「日本航空キャビンクルーユニオン」(約670人)は2010年12月23日夜、24、25日両日のストライキを回避することを決めた。ストライキが回避されたからと言って、闘争が勝利したわけではない。
 労組の闘いの甲斐もなく、2010年12月31日、ついに、パイロットと客室乗務員およそ170人を整理解雇してしまいました。なお、整理解雇は、経営不振に陥った企業が雇用契約を一方的に解消する措置ですが、実施には厳しい条件をクリアすることが必要となっています。
 もっと長く書くと、整理解雇とは、解雇の種類の中の「普通解雇」に属するもので、法律上の用語ではなく、裁判での判例により浮上してきた労働慣例での用語である。事業を継続することが困難な場合に行なう人員整理としての使用者からの労働契約(雇用契約)の解除のことを指す。
12月31日には、金曜日、つまり、平日なのです。ですが、いつもの平日と違い、報道ステーションなどのニュースSHOWが無い為、夜の全放送枠に占めるニュースの割合は極めて少ない。したがって、整理解雇の話題は、一部の放送局がわずかに伝えたのみでした。
私が長野県の野沢温泉にSKIに行っていた2010年12月28日にはある程度報道されたようですが、報道された時間は、「海老蔵事件」に比べれば極わずかです。日本以外のほとんどの国々が、ウィキリークスのニュースをTOPにもってきてかなりの時間を割いている日ですら、日本は「海老蔵事件」がTOP、あのNHKもそうです。それも10分以上の時間を割いて。
「芸能ネタをニュースSHOWでまったくやるな」と言っているのではない。バランスが問題なのだ。「2010年12月31日の紅白歌合戦で異常に長いウェディングドレスを着た浜崎あゆみが、婚約!」などとニュースSHOWで報道してもよい。だけど、
10分以上もやる必要はない。幸い、10分以上もやっていないようだが。
あゆのお相手は、oriconシングル週間ランキングで、2010年10月11日付NO1のVirgin RoadのPVで共演をしたオーストラリア人の俳優で2才年下。
なお、123様が123便関係のコメント(このブログ以外も含めて)でよく挙げている CoCo (カレー屋ではない、女性アイドルグループである。)は、残念ながら、
oriconシングル週間ランキングでNO1を獲得していない。
 さて、私が「海老蔵事件の大量報道」を不満に感じていたら、上杉隆氏も不満に感じていたようである。2011年1月1日の朝生(朝に飲む生ビールではなくて、「朝まで生テレビ」のことである。)で、私が2010年12月に感じていた不満を、上杉隆氏が語ってくれた。
上杉隆氏は、私が約30年前に問題だと感じ現在も全く改善されていない放送業界の労働の二重構造についても、番組で触れていた。「この番組もそうです」と付け加えながら。
 私は、1979年10月から1983年3月迄、TBSの「ハイ&ロー」と言う番組のスタッフの一人であった。オーディションに合格し、出演者扱いでその番組に入った。実際、何度かTVに写り、それを見てびっくりした友人から反応があった。途中からは一切TV画面に出ないポジションに異動した。とは言え、自分の動きは番組の進行に大きく影響するポジションであった。いずれにしても、出演者扱いで局直属で雇われたため、ギャラは良かった。私は、大学時代から社会人になってからもこの番組に関わり続けた。社会人になってからは本業をやりくりしながら続けたのである。もっとも、大学時代も苦学生だったためたくさんアルバイトをしていたので、他のアルバイトやりくりしながら局へ通い続けた。結局、ほぼ番組の開始時から終了時迄、関わることになった。更に詳細を書くと、単独スポンサーのブラザーの社長が交代し、新社長はこの番組のあるルールが企業イメージを損なうと判断し、高視聴率だったにもかかわらずスポンサーを降りてしまった。そのため番組は、1982年9月末で終了するかと思われたが、『人生ゲームハイ&ロー』から『社長ゲームハイ&ロー』とタイトルを変え、時間帯も月曜19:30 - 20:00から日曜14:30 - 15:00に移し存続した。結局、私は、兼業禁止の教育公務員になる直前迄、この番組に関わった。
 高給取りの正社員の下で、低賃金の下請け会社の社員が多数、この番組でも働いていた。これが、放送業界の労働の二重構造である。こうした構造は、この約30年間の間に他の業界にも広がっていった。もちろん、このブログのテーマの一つである航空業界にも。1990年代半ばには、既に、客室乗務員の世界に、まったく同じ仕事をしているのに、方や正社員で方や不安定雇用という状況が出現していた。
日本航空は、グループ全体で1万6000人の人減らしを進め、2010年12月21日午前3時46分に私が投稿した内容の通り、早期退職募集に対する応募が既に目標を上回ったのです。にもかかわらず、さらなる「整理解雇」を強行したのです。
「整理解雇」、この用語や定義ができたのは、過去の裁判の判例や実績から、最高裁判所が下した「整理解雇の四要件」によるものである。法律や規則の用語ではないのであるが、その後の実務に大きな影響を及ぼしており、使用者が仮に事業が思わしくないだけの理由で解雇をしてしまうと不当解雇となる可能性がある。
 整理解雇の四要件は次の通りである。整理解雇はこの要件にすべて適合しないと無効(不当解雇)とされる。
1.人員整理の必要性  余剰人員の整理解雇を行うには、削減をしなければ経営を維持できないという程度の必要性が認められなければならない。
人員整理は基本的に、労働者に特別責められるべき理由がないのに、使用者の都合により一方的になされることから、必要性の判断には慎重を期すべきであるとする。
2.解雇回避努力義務の履行  期間の定めのない雇用契約においては、人員整理(解雇)は最終選択手段であることを要求される。
例えば、役員報酬の削減、新規採用の抑制、希望退職者の募集、配置転換、出向等により、整理解雇を回避するための経営努力がなされ、人員整理(解雇)に着手することがやむを得ないと判断される必要がある。
3.被解雇者選定の合理性  解雇するための人選基準が合理的で、具体的人選も合理的かつ公平でなければならない。
4.手続の妥当性  整理解雇については、手続の妥当性が非常に重視されている。例えば、説明・協議、納得を得るための手順を踏まない整理解雇は、他の要件を満たしても無効とされるケースも多い。
字数制限があるので、PART3に続く。
日本航空 パイロットと客室乗務員およそ170人を不当解雇! PART3 (福田元昭)
2011-01-05 03:49:44
 菊池自由法曹団団長は、「整理解雇は4要件が必要ですが、日航はすべてないがしろにしている。労働者が解雇撤回を求めたストを恫喝妨害したのは違法だ」と指摘しています。
早期退職募集に対する応募が既に目標を上回ったということ、この解雇が不当解雇であるということに言及した報道は極僅かである。日航機事故がこの解雇の遠因かもしれないなどとコメントした報道機関は皆無である。
多くの報道は、解雇は正当であると感じさせる大本営発表型であった。今年の地デジ移行のため、2011年1月1日のニュースによれば、TVの大本営発表型ニュースが浸透しない世帯が出ては支配層が困るのか。更なる対策が施されるようである。
2011年1月1日夜のNHK・SPECIALで、ある出演者が「日本の正社員は世界一恵まれていて、日本の非正社員は世界一恵まれていていない。」という趣旨の発言をした。日航の不当解雇を考えると、とてもそうは言えない。解雇されない労働者も、過労死寸前迄働かせられたり、「職場に憲法なし」と言われるように人権侵害の嵐の中で耐えて働いている。
ネットでは、「解雇される日航の正社員に同情などしない」と言った意見が出ている。日航の正社員が高給を得ていたのが経営不振の元凶なのだから、自業自得という論理だ。そこにも、日航機事故が経営不振の遠因かもしれないといった発想は微塵もない。
また、こうした解雇を容認したら、このような事例が増加し、社会不安が増大するとともに、社会全体の購買力がより低下していき、経済にも悪影響を与えるといった視点も欠落している。
 日航の歴史は、貴ブログでも取り上げられている小説『沈まぬ太陽』(山崎豊子著)で知られるように、組合分裂や解雇や差別などすさまじい労組解体攻撃の歴史でもある。同時に安全問題や戦争動員拒否などを背景にくり返し労働者の闘いが再生してきた歴史でもある。
 日本航空は、国威発揚をかけたナショナル・フラッグ・キャリア(国営航空企業)として1953年、半官半民の特殊法人として出発した。高度成長に伴い、日本の航空産業は急成長。日航の輸送旅客数も53年の23万人から70年には644万人と飛躍的に増加した。しかし急激な事業規模拡大に要員体制などが追いつかず、労働条件の悪化と安全の危機が深まった。
 安全問題がバネとなって労働組合が結成され、64年に戦後の民間航空初のストが闘われた。報復で役員4人が解雇され、激烈な組合分裂攻撃が始まった。第2組合がつくられ、露骨な賃金・昇格差別が行われた。
 日本航空は1953年から20年間近く、死亡事故を起こしていない。世界一安全な航空企業と宣伝され、「安全神話」とも評価された。だが1970年代に入って以降、日本航空は連続して死亡事故を引き起こす。輸送力の拡大とコスト削減を同時に実行する無理な事業計画、会社に異議を唱えさせない労働組合に対する分裂と差別の組合敵視政策が背景にあった。
 1980年代以降、航空産業はすさまじい新自由主義の嵐に襲われる。米国ではカーター政権が航空規制を全面撤廃。続くレーガン政権は就任後すぐに航空管制官労働組合(PATCO)のストを徹底弾圧、約1万3千人の組合員全員を解雇した。
 競争促進と規制緩和の攻撃は、日本の航空業界にも波及。1983年に第二臨調第4部会報告は、日航の完全民営化と大合理化を要求した。1987年に日本航空株式会社法が廃止。日本航空の国際線独占は終わり、全日空などが参入した。本格的な競争促進政策、聖域なきコスト削減の暴走が始まった。
 完全民営化にいたる過程で1985年8月12日、日航ジャンボ機墜落事故(御巣鷹山事変)が発生したのだった。
ところで、今年2011年は「辛亥革命100周年」である。そのに「辛亥革命100周年」沸く台湾の台北市で、日本航空台湾支店が罰金の支払い命令を受けた。一言で言えば、不当解雇に対する罰金の支払い命令である。
 台北市労工局は2010年12月24日までに、日本航空台湾支店が今夏解雇した乗務員らについて、解雇には「年齢差別」があり就業サービス法に違反しているとして、同支店に罰金60万台湾元(約170万円)の支払いを命じる処分を行った。
 日航本社の経営再建の一環として、台湾支店は希望退職者を募集したが、目標を下回り、一方的に雇用契約を解除。労工局の2010年12月23日の発表によると、同局は2010年8月24日、解雇された18人の乗務員から訴えを受け調査を開始。18人に占める高齢者の割合が明らかに高いと判断した。
 日航側は同局に対し、解雇基準としてコストや人事考課を理由に挙げたが、同局は日航では乗務員の給料と年齢に密接な関係があるとして「実質的には年齢差別」と認定した。
つまり、台湾では所謂「当局」が解雇された労働者の味方になったのである。
菅直人首相は、日頃「雇用、雇用」とよく口にしてらっしゃるのですから、ぜひ台湾を見習い、不当解雇した日航を弾圧し、解雇撤回を指示してほしいものです。
修学旅行の費用制限等を戻す等、航空機利用促進が重要 (123)
2011-01-05 07:46:22
高速道路の値段設定、それに伴うバスフェリーへの補助金投入等で、相対的に航空会社の利益が棄損している構造ですから、どこの航空会社も厳しいわけです。

民間で、グアム旅行プレゼントのような企画で航空会社を支援するというのも大事です。
http://www.leopalace21.com/osirase/guam.html
JA8119号機もグアム路線にも充当がありました。

また、首都圏から沖縄旅行に行きやすくするための施策も重要と思います。
(大宮ー東京間の新幹線とのタイアップ、新横浜ー品川間の新幹線とのタイアップ等)
南相木小学校に近い地域に集中しているという見方もできます。 (123)
2011-01-19 15:43:11
豪華住宅群ですが、
南相木小学校
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=360232&l=1383220
を中心として立っているという見方もできるのではと分析されます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。