(新) 日本の黒い霧

日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故の真相、その他の未解決事件、改竄された歴史について考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JAL123便墜落事故-真相を追う- 自衛隊撃墜説を斬る(1)

2009-08-16 06:15:37 | JAL123便墜落事故
■「自衛隊撃墜説」の概要

さて、崩壊必至の圧力隔壁説に代わって、おそらくネットを中心に最も浸透している説は、いわゆる「自衛隊撃墜説」でしょう。いろいろなバリエーションがあるようですが、大筋としては、次のような基本シナリオが想定されています。

----「自衛隊撃墜説」の基本シナリオ----

  1. 相模湾上空で自衛隊の「何か」が123便の垂直尾翼に衝突
     ↓
  2. 垂直尾翼が大破
     ↓
  3. 迷走飛行
     ↓
  4. 自衛隊の戦闘機(2機)が123便を誘導
     ↓
  5. 御巣鷹山付近に誘導したところで、証拠隠滅のためミサイルで撃墜
     ↓
  6. 墜落箇所の発見を意図的に遅らせ、証拠品を回収


確かに、1と2については、「圧力隔壁説の嘘(2)」で示した図の「外からの力」の説明になりますし、3は一般報道とも矛盾しません。4については角田四郎氏の著書に、著者自身が123便の後を2機の戦闘機が追いかけているのを目撃したとの証言があります。5.についても角田氏が現場からミサイルの断片と思わしき金属片を持ち帰っていますし、「赤い金属片」なるジャンボ機以外の部品が事故現場撮影のビデオに映っていたとの証言もあります(角田氏の著書)。6については自衛隊撃墜を云々する以前に、事故現場の発見が墜落から10時間後と、あまりにも遅いこと、発見現場の確認情報が二転三転したことから、事故当時も多くの識者がその理由について疑いを抱いています。自衛隊の「何か」やミサイル撃墜が原因だとしたら、当然証拠品を回収しようとするでしょうから、一応発見遅れの説明になっています。

ご存知のように、自衛隊には民間航空機の事故について前科があります。1971年に起きた全日空機雫石事故のことです(参考:全日空機雫石衝突事故-Wikipedia)。Wikiには、自衛隊、民間機の双方に回避ミスがありながらも、この事故の結果、自衛隊は一方的にマスコミの大バッシングを受けたとあります。本当の事を言えば、これは自衛隊戦闘機が全日空機を仮想標的にして訓練していた最中に発生した事故であり(軍事評論家B氏情報)、同義的な観点から判断すれば、明らかに自衛隊の過失と言えるものです。原因はさておき、この事故の結果、自衛隊は「空の凶器」とまで言われてしまい、国民の信頼を一気に失いました。もしも、自衛隊の「何か」が123便の事故に関係していたとしたら、同じ轍を踏まないためにも、何がなんでも隠そうとするのは容易に想像できます。

蛇足ですが、戦闘機が飛行中の民間機を仮想敵機に見立てるなどというのは日本に限らず軍事の世界では常識だそうです。報道されることはほとんどないのですが、危険な目にあった民間航空会社が軍部(日本では自衛隊)に抗議するなどというのは、世界中どこの国でも起きていることであり、中には誤って本当に打ち落とされたケースもあるとのことです(B氏情報)。恐ろしい・・

■有り得ない『たかちほ』ミサイル情報

さて、今回の締めに、自衛隊撃墜説の一つとして角田氏の著書「疑惑-JAL123便墜落事」に記述された次の一説を取り上げます。

-----------------(ここから)------------------
二度目にこの言葉を耳にしたのは知人のテレビ局スタッフからであった。彼もこの話には信憑性はない、としながらも語ってくれた。
「テレビ各局や新聞社に、自衛隊員というふれ込みで、怪文書が届いた。その内容は相模湾上にいた『たかちほ』より発射された対空ミサイル日航機に当たってしまった」というものであった。この話は後に日航乗務員の人たちからも聞いた。日本航空にもこの怪文書が届いたという。
-----------------(ここまで)------------------

文を読めばわかるように、角田氏は伝聞情報を載せているだけですので、これが角田氏の唱える自衛隊説だとは解釈しないでください。垂直尾翼破壊の原因となった基本シナリオ中の『自衛隊の「何か』は、ここでは艦対空ミサイルを指しています。

この情報には大きな嘘があります。『たかちほ』なる自衛隊艦船は当時も今も存在しません。海上自衛隊員だったら、一見して嘘だと見破ることのできる情報なのです。隊員でなくても、然るべきデータを調べれば直ぐに真偽の判定が付けられる程度のものです。

むしろ、何故このような簡単に誤情報と見破ることのできる怪文書が出回ったのかが気になります。私の予想としては、
 1.自衛隊が何かを仕出かしたという先入観をマスコミに植え付ける
 2.誰もが否定できる説を流布し、それを否定させることで他の陰謀説の信用性も貶める 
 3.マスコミ及び大衆の反応および情報分析能力を測定する
などを目的として流された情報操作(Disinformation)の可能性が濃厚です。ですから、嘘だと見破ることは簡単でも、事故を隠蔽する側の心理を分析する上で非常に大きな意味を持つ情報と言えるでしょう。

またまた蛇足ですが、当時の海上自衛隊が保有するミサイルに、7000m上空を飛び去る飛行機を撃墜する能力はありません。艦対空ミサイルについてはアメリカ製の出来損ないを掴まされていますので。データブック上は性能が謳われているでしょうが、そんなスペックが全く信用できないのは、現場の海上自衛隊員が一番よく知っているはずです。仮に実在する艦船から発射されたミサイルが123便に当たったとしたら、それこそ奇跡だと評されるでしょう。

最後に、この情報にはもっと大きな誤りが存在していることを付け加えます。その誤りとは、全ての自衛隊撃墜説に共通しているものであり、何故かこれまで指摘されてこなかったことです。それについては、次回以降にじっくり見ていきましょう。


SANCTIFICA EOS IN VERITATE SERMO TUUS VERITAS EST

管理者
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 64回目の終戦記念日に思う... | トップ | JAL123便墜落事故-真相を追... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
〇〇〇が誘導から墜落までを行った!!流れ星のように就いて行き!! (FBI)
2010-02-18 02:57:52

やはり、恩が有るので書いておきます。

リチャードコシミズを唐突に大柄な態度で宣伝に来た奴(大笑)59歳だって(大笑)!!年取ってれば、年下の人達に大柄な暴言じみた言葉吐いても良いって、こう言う年配者が、かってに決めたんだろうか(大爆笑)変だし、何か?そう言うの、ゆるせないな!!
リチャード・コシミズと云う人物は(笑)
宗教の事に関すると誤った見解を示し、とかく政治の事になると偏った意見を述べると言った
所謂、説明慣れしていて、接続詞が聞いていて気持ちが良い感じを受けるので、納得するような錯覚に陥るが(笑)
よくよく聞き惚れなくても間違った思想の持ち主であるとの結論に達してしまいます!

と言いますのも、結局相対する団体や対象人物の資料を確りと読んでいないのが原因だと見受けられますし、この方、あの毎日3人は必ず逮捕者が出ていると言う暴力集団。
Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けると出る、
ニュースで毎日のように報道されている団体に所属している過激な廃徒なので、最も注意が必要な人物なんですよ!!

受けている攻撃の件で?どのページでも創価創価って言わない方がい良いんじゃないか(笑)
それじゃないと、頭おかしいと思われるよ!!実際何かの犯罪をしている人たちの集まりなら分かるけど?日本だけで人口の1割1,000万人団体の良い人ばっかりの集まりなのに?何で有りもしない噂を付加えて、そんな事いろんなところで書き込んでるんだろう?

実際逮捕者が毎日3名以上必ず出ている顕正会宗教団体なら知ってるけど!ここみたいに具体的な監禁や暴行の犯罪を犯しているところや、静岡県の富士大石寺にある阿部と言う人がやっている日顕宗(宗門だか)の法華講員がJRでの痴漢行為やネット詐欺、結婚詐欺で信者が続々捕まっている2009年12月に裁判に敗訴した宗教団体だとかがはっきりしている場合以外は適当な事言うのは学会の人たちに失礼だと人として思いますが?

あまりやってもいない事を正当な人たちに向けて言わない方がいいと思いますよ!何か嫉んでいる人みたいに見えます!

それか?誰かに頼まれてやっているとかに見えますけど!!

後、遅れましたが、管理人さんの今の現状では!!ここの書き込んでいる人達を非難している訳ではありません。が、     例え自分の妻子や子供でさえも、誰も信じるな!!と言いっておきたいです。

1日も早く朝日新聞社の記者が四半世紀前の真実を暴露してくれることを願います!!
話は日航123に戻しますが↓”

JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊(3)
の上部の方に書かれてあった↓

Unknown (Unknown)
2010-01-21 16:19:05
日本への圧力として、下田沖で正式な日米合同演習を行いました。・・・・・・・・・・つづく→

↑この方を探して出てきてもらい語ってもらったほうが一目瞭然だと思います。

この方は確実に真実を知ってらっしゃると思われ、丁度このページの中間くらいに1回だけコメントを残していらっしゃる方です。

何やら撃墜説より恐ろしい裏があったみたいです。この方は直接米軍だった人に真実を聞いたらしく、私はこれを観たとき直感でこの情報は正しいと判断致しました。

まぁ~私が出てきて下さいと言っても
私自身、資料や情報を集めているだけですから、③を観たら次は④へ行き、状況証拠を拝見して、皆さんのコメントを上から下まで読んで、一言意見を書き込んだら、もう二度とこのページには立ち寄る事は無いと思いますので、

⑤⑥と先へ先へと待ち構えでもしていないと全く意味は有りませんが、是非でてきて匿名でも良いので一発カキコであの日なにがあったのかを語って頂きたいと思いますし、ここに居る皆さんが一番お聞きしたかった件かと思いますので、何卒、おいでになって教えてくださいませ。

宜しくお願いいたします。

尚、何度も言いますが
( 一言)一度訪れたページには、情報収集のみに訪れているだけですので、もう二度と来る事はないと思います。
こちらは、例えば、④を観たとしたら皆さんのコメントを最後まで読んで、何かあれば一言カキコしてから次⑤へ行くといった形をとっていますので、この後何か自分に対して質問されても見れませんので宜しくお願いします!

自分宛のコメントを観れるとしたら?先回りしてカキコして頂かないと拝見できませんので、その点も重ねてお願いいたします!

尚、決して逃げている訳ではありませんが、例えば:管理人さんなんかに、本人が居ないところで悪く言う程、卑怯で悪質で情けない姿はありませんので、そうならないように願いたいものです(大笑)
でわでわ!お疲れ様です!このページからは去りますので!管理人さんも宜しくお願いいたします!!

追伸:Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けてみてください!!確実だと、全てが確認できますから!!
リチャードコシミズのページは静岡県内でしか開かれないHPなのに何、宣伝してるんだろうか(笑)おかしいともっぱらの評判です!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

JAL123便墜落事故」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事