テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

栄光のル・マン

2005-07-01 | アクション・スポーツ
(1971/リー・H・カッツィン監督/スティーヴ・マックィーン、ヘルガ・アンデルセン、ジークフリート・ラウヒ、ロナルド・リー=ハント)


 封切り時には見逃していて、74年のリバイバルで観たと思う。それでも30年ぶりの再会だ。
 カー・レースを観ることはTVででもほとんどないが、そんな私でもこれは大好きな映画の一つ。ご贔屓の一人、マックィーンが出ているせいもあろうが、映画としてもとても良くできていると、再見して改めて思った。
 「栄光のル・マン」という邦題も、今ならただの「ル・マン」でしょう。原題が【LE MANS】だし、“栄光の”というのがダサク聞こえるくらい、クールでプロフェッショナルな雰囲気を持った映画だから。

 映画が始まってから十数分はなんのセリフもない。いわゆる、セミ・ドキュメンタリーのようなタッチで、自らレースチームを持っていたマックィーンが、フランスの耐久レース“ル・マン”にカメラを持ち込んで作った作品らしい。なんと、撮影用のポルシェを70年のレースに正式にエントリーして、24時間走りきったそうだ。なるほど納得。だからあれ程までの迫力ある映像が生まれたわけだ。観戦スタンドやコース沿いの観客の映像、色々な角度からの車の疾走シーンなどが上手く編集されていて、それだけでも見飽きることが無い。

 主な登場人物は、ポルシェチームのマイク・デラニー(マックィーン)。サラ(アンデルセン)は去年のこのレースで事故死したレーサーの未亡人。マイクとも知り合いで、去年の事故にはマイクも絡んでいるようだが、詳しくは描かれていない。ポルシェと優勝を争うフェラーリチームのエーリッヒ・ストーラー(ラウヒ)はこのレースで引退する予定で、レース途中で奥さんにソレを打ち明ける。その他、ポルシェチームのマネージャーもセリフのある人物だった。

 レース初日の早朝からル・マン(パリの南西約250キロのところにあるサルテ州の州都)の田舎町の様子が点描されていく。日が昇ると共に町が起き出し、レース場に車や人々が集まってくる。前夜から野宿をしている人も目を覚ます。この辺の映像の編集が素晴らしい。



 会場のアナウンスがレースの説明をする。要約すると、<レースは6クラスが同時に行われ、午後四時にスタートし、翌日の午後四時までに走った距離で争われる。一台のマシンに複数のレーサーが交替で乗り、一人が続けて4時間以上運転することは出来ず、一人で延べ14時間以上運転することも許されない。直線での最高時速は350キロを越す。コースは一年の内363日は一般道として使用されている道路で、このレースの行われる二日間だけ立入禁止となる。>

 ドラマらしい展開はほとんどないにもかかわらず、静かな緊迫感が持続していきます。疾走する車を地面すれすれのカメラで追っている映像は、美しいだけでなく迫力も充分。
 雨用のタイヤに何時交換するかなど、技術的なことも気になるし、最後はポルシェ対フェラーリの戦いに絞られていく。カー・レースなど見ない私も、ラストのデッドヒートは手に汗握りましたな。

▼(ネタバレ注意)
 レース直後から雨が降り出してスリップ事故が心配になるが、事実事故が発生します。この事故のシーンは30年経っても忘れていなかった。ただ、スローモーションを使った最初の事故はマックィーンだと思っていたので、そこは勘違いでした。夜になっても雨は止まない。一般道で普通に走っていても、夜の雨はイヤなのに、時速200キロを優に超えてるんですから、ハラハラします。
 その後、マックィーンも“事故る”が、どの事故のシーンも迫力があって怖いくらいです。

 フェラーリのストーラーも、奥さんに『このレースで引退する』なんて言ってるので、悲劇を予感してしまい気になります。私には、サラよりはストーラーの奥さんの方が美人に見えましたな。

 事故の後、サラがマイクに尋ねる。『命を懸ける仕事は他にもあるでしょうに。他人より速く走って、それが何なの?』
 『イイ加減な人生はたくさんある。レーサーは走っている時は真剣勝負だ。そして、それ以外は待ち時間なのさ。』とマイクは答える。カッコ良すぎる。本当はレーサーだって、“待ち時間”に色んな鍛錬をしているんだが、確かに他のスポーツとは一線を引かざるを得ない、命がけの仕事ではあるような気がする。
▲(解除)

 監督以下この映画のスタッフは、この映画以外にはあんまり聞かない。マックィーンのソーラー・プロが製作したらしいので、実質マックィーンの映画と言っていいのかも知れません。目立ちませんが、音楽はミシェル・ルグランです。

 マックィーンは同じ年に「栄光のライダー」という、コチラはバイク・レースのドキュメンタリーを作っている。この時41歳。何か思うところがあったんですかねえ。わずかこの9年後、50歳の若さでこの世を去ってしまった。

 これ以外に知っているカー・レース映画は、J・フランケンハイマーの「グラン・プリ(1966)」とか、P・ニューマンが製作・主演した「レーサー(1969)」。そして「モンテカルロ・ラリー(1969)」はケン・アナキンのドタバタコメディですな。いずれも未見です。

・お薦め度【★★★★★=大いに見るべし!】 テアトル十瑠
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ターミナル | トップ | 間違えられた男 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (anupam)
2005-07-01 09:39:50
お~~なつかしいタイトルの登場ですね。

マックイーンは大好きですが、この映画は未見なんです。リアルタイムのころはレースっていうものに興味がなかったんですよね。当時映画雑誌「スクリーン」の読者が選ぶ年間ベスト10映画の第3位に選ばれていましたっけ。この記事を読まさせてもらい、「う~~ん、面白そう。見てみようっと」と思いました。





スクリーンは、その頃 (十瑠)
2005-07-01 13:36:58
毎月買っていましたけど、ランキングはおろか、ベスト10に何が選ばれていたかも覚えてないです。順位までよく覚えてますねぇ。

人気男優はマックィーンとアラン・ドロンが双璧だったのは、なんとなく記憶にあります。
ようやっと見ました! (anupam)
2005-11-09 21:27:25
「栄光のル・マン」見ましたよ~~むちゃむちゃ、よかったです!

でも今見てよかったのかも。公開当時に見ても、カーレースにはあまり興味もなかったし・・



こうした静かな大人の感じにはピンと来なかったかも・・



今になって見て正解・・かな
むちゃむちゃ (十瑠)
2005-11-09 22:30:51
って、響きがいいですねぇ!

さっき、お邪魔してコレがアップされていたので、取り急ぎこちらに駆けつけました。ということは、anupamさんちに先に行ったということですね。ハハッ!



そうそう、映画も本と同じで、タイミングがありますよね。
カッコよかったですね (mayumi)
2009-04-09 00:12:21
マックィーン、本当にカッコよかったです!
もともと、「グラン・プリ」に出たくて監督に売り込んだのに拒否されたので、じゃあ自分で作ってしまえ、という感じで製作されたらしいですけど・・・自分で作って大正解!って感じでしたね。
リサとの関係も大人の雰囲気で素敵でした。
ちなみにストーラーの奥さんは、アシュレイ・ジャッドにどことなく似てるなあ・・・と思いました。
アシュレイ・ジャッドは (十瑠)
2009-04-09 07:57:41
美しくて笑顔も素敵な女優ですよね。
ストーラーの奥さんの顔忘れてしまいましたが、美人と書いているので、多分似ていたのでしょう。(^^)

>「グラン・プリ」に出たくて監督に売り込んだのに拒否されたので・・・

そういえば、フランケンハイマーの映画には出てないような気がしますね。相性が悪かったのかな?
痺れます (オカピー)
2010-12-18 00:27:56
ル・マンはF1やインディと違って1年に1回だけなので毎年楽しみだったのですが、2003年で日本での中継は終わってしまいました。
プロトタイプの貫禄ある姿には本当に痺れたものです。残念至極。

本作はドキュメンタリー・タッチの映像が全く古びず、今観ても断然格好良いですね。

所謂サーキット系のレース映画には、ハワード・ホークスの「レッドライン7000」(1966年)というのもありますよ。
ホークスが1932年に作った「群衆の歓呼」というレース映画も観たことがありますが、お話は大同小異です。
イッツ クール! (十瑠)
2010-12-18 12:08:08
車の免許を取ったのも遅かったくらい、レースにも疎いです。一応、色々なレースの名前くらいは知ってますが。
そうですか。2003年に終了したんですか。

あげられたホークス作品と、「グランプリ」は未だに未見ですね。
観ても「ル・マン」を越えるかどうかは甚だ疑問ですが^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
栄光のル・マン (かたすみの映画小屋)
今週末の土日、世界3大自動車レースのひとつである「第73回ル・マン24時間耐久レースがフランスのル・マンで開催されます。最近ではあまり語られることも少なくなりましたが、当時話題を呼んだこの映画が好きでたまらなかったという人も少なからずいるんではないでしょう
「レースが人生なんだ。それ以外は待ち時間だ」・・「栄光のル・マン」 (シネマトリックス)
71年リー・H・カッツィン監督作「栄光のル・マン」 この当時は邦題に「栄光の・・」をつけるのがはやった。それ以外には「華麗なる・・」がはやったこともある。今は英語のタイトルが、まんまつくことも多くなったけど、昔はね・・本作の主演男優、スティーブ・マックィ
栄光のライダー (On Any Sunday)
ジェネオン エンタテインメント 栄光のライダー めっきり寒くなって、バイクのシーズン・オフが近づいてきた。 イヤイヤ年中無休。真冬だって乗っちゃいます。 ということで、只今、極寒仕様のウェアを検討しているところ。 極
「栄光のル・マン」 (It's a wonderful cinema)
 1971年/アメリカ  監督/リー・H・カツィン  出演/スティーヴ・マックィーン      エルガ・アンデルセン      ジークフリート・ラウヒ  マックィーンがカッコイイ!ファンなら必見ですね。そして、カーレースファンも是非!という作品。すごく面...
映画評「栄光のル・マン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1971年アメリカ映画 監督リー・H・カッツィン ネタバレあり