テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

シカゴ

2005-05-07 | ミュージカル
(2002/ロブ・マーシャル監督/レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア、ジョン・C・ライリー、クイーン・ラティファ、ルーシー・リュー)


 意外だったのは、ポッチャリちゃんだと思っていたゼルウィガーが細身で筋肉質だったことと、スマートだと思っていたゼタ・ジョーンズが、巾広の体型で着装時とのイメージが違っていたこと。キャサリンは最初、デミー・ムーアかと思いましたな。

 2002年のアカデミー作品賞を獲った映画。ミュージカルが作品賞を獲ったのって「オリバー(1968)」以来でしょうか。ボブ・フォッシーの舞台劇の映画化。フォッシーが監督賞を獲った「キャバレー(1971)」も面白かったけど、カット割りなんか、すこし雰囲気似てます。

 人生の暗い部分というか、皮肉な部分にフォーカスをあてるフォッシーらしい話でしたが、あまり深刻にならず、音楽と踊りで笑い飛ばしてしまうところがアメリカのミュージカルの面白さ。やっぱりこれは、楽しい楽しいフォッシー・ミュージカルの快作です。

 1920年代、いわゆるジャズエイジと云われる時代のシカゴの話。キャバレーで姉妹ペアで売っている歌手のヴェルマ・ケリー(ゼタ=ジョーンズ)は、妹がマネージャーである自分の夫と不適切な関係をもった所を見つけたため、二人とも射殺してしまう。
 オープニングで、ショーの開幕にバタバタと駆けつけたヴェルマが、血糊がべっとり付いた手を洗い、拳銃を隠す。ここまでは、ゼタ=ジョーンズの顔は見せない。『一人で大丈夫よ』と舞台マネージャーに言って“♪オール・ザット・ジャズ”を唄い始めるときに初めて顔を見せる。そして、歌い終わったところに警察が店にやってくる。テンポよろしく、ぐっと引き込まれる出だしでありました。

 そして、このショーを見に来ていたロキシー・ハート(ゼルウィガー)は、スターを夢見る人妻で、ショービジネスのコネを紹介するという愛人の家具のセールスマンに騙され、かっとなって彼女もセールスマンを射殺する。

 こうして、二人は監獄というショービジネスとは全然関係ないところで出会うわけだが、ここに、女性を弁護して死刑になったことが無いという辣腕弁護士、実は金儲けの腕もピカイチのビリー・フリン(ギア)が登場する。

 殺人者までもスター扱いしてしまうシカゴのマスコミを巻き込み、夢と現実が入り乱れ、ロキシーとヴェルマの華麗な女の戦いが歌と踊りで繰り広げられる。女性看守長ママ・モートン(ラティファ)や他のプリズナー達の人間模様も織り込まれ、こんなところがミュージカルの舞台になるんかいな、とあきれる話ではありました。

 話の展開の行き着く先は途中で読めますが、やはり私はミュージカルが好きなんでしょう。ラストの歌と踊りも楽しかった。

 リチャード・ギアの歌とダンスは、最初はちょっとコチラが照れてしまいましたな。上手くやれるんかな?・・・なんてね。さっき見終わったばかりですが、違和感は・・・ちょい残ってますね。下手とかじゃなくて、ただ彼に対する私の印象だけの話なんですが。

 “♪ミスター・セロファン”のエイモス・ハート(C・ライリー)。こちらの方が意外性という意味では大きいんだが、その分印象深い。どこかで聞いた曲なんですがねえ・・・思い出せない。

 ブロードウェイで振付兼演出家をやっているというロブ・マーシャルの映画初監督とのこと。舞台劇の雰囲気を生かした見事な映像でした。編集の力も大きいなと思っていたら、オスカーを受賞していました(=マーティン・ウォルシュ)。

 ミュージカル・シーンで気に入ったのは、レニーが腹話術の人形になってR・ギアと共演するやつ。あと、レニーがブルーの短いスカートで暗いステージでソロで唄ってるやつ。ありゃ、どっちもレニーだった。顔のアップでは肌の荒れが目立ったけどねぇ。
 そして、裁判シーンで、決定的なところでのR・ギアのタップと裁判のカットバックは上手い編集でしたな。

 キャサリンの意外な体型についてネットで調べると、この時妊娠していたとのこと。それで、アノ踊りとは・・・天晴れ。

オフィシャル・サイト
http://www.miramax.com/chicago/

・お薦め度【★★★★★=大いに見るべし!】 テアトル十瑠
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『映画館、今昔物語』 | トップ | ショコラ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (turtoone)
2005-05-20 19:02:18
TBありがとうございました。私も腹話術のシーンは好きです。前半の6人の女性監獄囚と、キャサ・ゼタのひとり二役も良いですね。それと、ジョンCライリーの「セロファン」には職人芸を感じます。
いらっしゃいませ (十瑠)
2005-05-20 20:18:09
絞首刑をエンターテイメントにするなんて、ビックリしましたね。

6人の女性監獄囚のシーンにしても、これはやっぱりR指定にした方がいいかも・・・です。
Unknown (ケイティ)
2005-08-20 08:18:00
TBさせていただきました

&TBありがとうございます!

レニーの腹話術人形の歌のシーン

すごかったですよね~

みんな本当に人形みたいなんだもん!

あとミスターセロファンの歌の歌詞が

悲しすぎで好きです(笑)
いらっしゃいませ (十瑠)
2005-08-20 09:00:10
コチラこそTBありがとうございました。

いきなり舞台上でピエロになって歌い踊るミスターセロファン。

舞台裏から撮るというカメラアングルさえ、もの悲しい雰囲気でしたね。
Unknown (Unknown)
2006-02-24 15:25:09
TBありがとうございました♪

カッコいいミュージカルを久しぶりに見た気がしました!

Unknown=Dさん、ですよね (十瑠)
2006-02-24 17:39:42
TB返し&コメントありがとうございます。



レンタルに出てからも、数年経ってから観たんですよね。

ウン。かっこいいミュージカルでした!
TBありがとうございました!! (anupam)
2006-05-20 22:20:27
顔がアップになったとき、肌荒れにチェキが入るなんて・・男の人ってよく見ているんですね~気をつけよ・・



この作品で一番印象に残っているのは「ママ」役の黒人のおばちゃんですかね。強烈です。

でも全体に思っていたより面白かったな~もう一度見たいです



モンローみたいで・・・ (十瑠)
2006-05-20 23:06:11
可愛かったんですよ、レニーが。だから、肌荒れがねぇ。

減量のせいなんでしょうがね。



「ママ」似のボスって、恐そうでんなあ~
困ったことに (オカピー)
2006-08-26 01:51:36
コメント、有難うございました。



80年代以降、タモリが嫌っているような<話の途中で唄いだす>不自然な流れのミュージカルがなく、私のようなファンを嘆かせています。

本作は幻想であり、「オペラ座の怪人」は劇中劇であり(ミュージカルというよりオペレッタ)、「コーラスライン」は楽屋裏。そうなると、「ジーザス・クライスト・スーパースター」まで遡るのかな。

私はMGMミュージカルが好きなんですよ。
確かに (十瑠)
2006-08-26 08:12:37
ミュージカルは少なくなっているんでしょうねぇ。

生活のリズムがスピードアップしていて、音楽もアップテンポのものが多くて、昔風のミュージカル映画は作れないのかも知れませんね。



オカピーさんがあげてらっしゃる3作品、存じておりますがいずれも見ていません。

「スイート・チャリティ」も「素晴らしき戦争」も見逃しております。トホホ。
Unknown (宵乃)
2013-08-23 07:39:09
初見はかなり前だったので、まさかロキシーが「ミスポター」や「シンデレラマン」のゼルウィガーとは気付いてませんでした。
それを聞いて、驚いて再見したんですよ(笑)
本当にほっそりしていて、頑張って悪女を演じてましたね。ますます好きになっちゃいました!

「NINE」は合わなかったので、同じ監督というのもビックリです。
ミュージカルはいいですよね~♪
宵乃さん (十瑠)
2013-08-23 09:23:16
ゼルウィガーはデビュー作から知ってましたので、それでも「ブリジッド」と同じようにぽっちゃりしたイメージだったので、このロキシーには驚きましたね。
踊りも切れてて、僕も好きになりました♪

「NINE」は観たいのですが、まだ観てません。

>ミュージカルはいいですよね~♪

はい。まだまだ観てない名作もあるので、楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シカゴ (シネマ座椅子)
「ミュージカルは苦手」な人には元から薦めるだけ無駄かも知れないけれど、ミュージカルがOKならばこんな楽しい作品もそうはない! ストーリーはともかく(悪くはないよ)、まぁ歌と踊りの素晴らしいこと!ロキシー(レニー・ゼルウィガー)のキュートなこと!ブリジット・ジョ
シカゴ ~My Collection~ (利用価値のない日々の雑学)
筆者は音楽評論家ではないし、増してや多少演奏は出来るものの音楽家ではないので詳しいことは良くわからないが、そもそもミュージカルの発祥って何なのだろう? ネット検索や専門書も読んでみたが今ひとつピンと来ないのが実感である。歌という点ではオペラがあり、舞踊とい
シカゴみました (Nitty-Gritty)
 シカゴ観ました、今更って言われるかも知れないですけど。これまでDVD買おうかな...
シカゴ(2002米) (趣味は映画鑑賞。)
監督:  ロブ・マーシャル キャスト:レニー・ゼルヴィガー       キャサリン・ゼタ=ジョーンズ       リチャード・ギア 〔ストーリー〕 スターを夢見るロキシーは、キャバレーの専属歌手ヴェルマのステージを羨望の眼差しで見入っていた。そんなロキシーは
シカゴ (いつか深夜特急に乗って)
「シカゴ」★★★★ 2002年アメリカ 監督:ロブ・マーシャ
シカゴ (I LOVE CINEMA +)
シカゴ スペシャルエディション 監督 : ロブ・マーシャル 出演 : キャサリン・ゼタ=ジョーンズ レニー・ゼルウィガー リチャード・ギア ミュージカル映画で、飽きるかと思ったらほとんど飽きませんでした。 率直な感想としては、キャサリン・ゼタ=ジョー
CHIKAGO。 (のんびりみちくさ)
 来月このミュージカルを  観に行く予定なので  一度みておかなきゃと  思っていた、  『CHIKAGO』 これはすんばらしくおもしろかった!!! サイコーです! 舞台のミュージカルを ここまでうまく映画にすることってできるのでしょうか? ・・・て.
「シカゴ」を見て (寄り道しながら前へ)
図書館でDVDを借りて見た。 ブロードウェーのロングランミュージカルの映画化だし、 アカデミー賞では6部門、ゴールデングローブ賞もとっている! 私が見たかったのは、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。 「And All That Jazz」の歌もダンスも素晴らしかった。 こんな
シカゴ (a story)
主演レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア、クイーン・ラティファ、ジョン・C・ライリー 監督ロブ・マーシャル 脚本ビル・コンドン 製作2002年、アメリカ 女囚ミュージカル ブロードウェイ・ミュージカルのヒット作を映像化した作
シカゴ (ケイティの映画的生活)
CHICAGO ハピネット・ピクチャーズ シカゴ スペシャルエディション あらすじ…  1920年代のシカゴ。そこは、犯罪さえも  エンターテインメントにしまうショービジネスの街。  スターを夢見るロキシーは、キャバレーの  専属歌手ヴェルマのステージ
シカゴ (映画を観よう)
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10003563207 ハピネット・ピクチャーズ シカゴ スペシャルエディション Chicago アメリカ 2002年 レネー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、リチャード・ギア、クィーン・ラティファ、ジョン・C・ラ
シカゴ (ジャックinブログ)
「シカゴ」見ました。 以下感想です。 内容知らないままになんとなく借りてきたのですが、結構面白かったです。 ってか、ギャング映画かと思ってた(笑) えー「オペラ座の怪人」の時と同じく、歌劇っぽい感じの映画でした。 でも「オペラ座の~」よりも、よりミュ
映画評「シカゴ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2002年アメリカ映画 監督ロブ・マーシャル ネタバレあり
映画「シカゴ」観た (忘却エンドロール)
(イラスト準備中) 原題:CHICAGO 製作:アメリカ’02 監督:ロブ・マーシャル 原作:ボブ・フォッシー、フレッド・エッブ ジャンル:★ミュージカル/コメディ/ドラマ1920年代のシカゴ。スターを夢見...