Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011)★

2012-03-08 01:04:24 | 映画(ま)行
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE

あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり


上映時間 129分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2012/02/18
ジャンル ドラマ
映倫 G

 【解説】 
「僕の大事なコレクション」の原作『エブリシング・イズ・イルミネイテッド』
でデビューした注目の
作家ジョナサン・サフラン・フォアが9.11後の喪失と再生をテーマに描いた傑作小説を、
「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」のスティーヴン・ダルドリー監督が映画化。
9.11のテロで父親を失った少年が、父の遺品である一本の鍵に合う鍵穴を探そうと
ニューヨーク中を旅する中で、様々な出会いを重ねながら少しずつ父の死を受け止め、
悲しみを乗り越えていく姿を感動的に綴る。主人公の少年役には本作がデビューとなる
新人トーマス・ホーン、共演にトム・ハンクス、サンドラ・ブロック、
マックス・フォン・シドー。

人気ブログランキングへクリックよろしくです

 【ストーリー】 

9.11アメリカ同時多発テロで最愛の父を失った少年、オスカー。
いまだ悲しみから立ち直れずにいる母と2人暮らしの日々。
そんなある日、父の遺品の中から一本の鍵を見つける。
それが入っていた封筒には“ブラック”の文字。オスカーはこの鍵に
父のメッセージが託されていると確信し、母親に内緒でニューヨークに住む
ブラック氏をしらみつぶしに訪ねて謎を解き明かそうと決意する。
やがて、祖母のアパートに間借りしている風変わりな老人がオスカーの
鍵穴探しの旅を手伝うようになるのだが…。

2月18日(土)公開

公式サイト

 【感想】  (109シネマズ川崎にて2D字幕鑑賞・3・1)
4.7

この作品の感想の前の記事が「ヒューゴの不思議な発明」なのですが、
実は、映画の日の1日、1本目に観たのがこの作品でした。2月公開映画では、
「ドラゴンタトゥーの女」の次に観たかったのですが、中々観に行けず
1日は、実は、この作品がメインの鑑賞で、「ヒューゴの不思議な発明」は、
ついでに・・・と言う感じだったんです(^^;
そして、この作品があまりにも良かったので、2本目のヒューゴの評価が
下がってしまったのかもしれません



さて、この作品ですが・・・

父の死を受け入れられないオスカーは、空っぽの(父の亡骸が入っていない)
棺おけを埋葬する母親に、苛立ちを覚え、ますます自分の殻に閉じこもってしまい、
母親との関係もギクシャクしてしまいます。
夫を父親を、同じ愛する人を失った者同士なのに、悲しみや辛さを分かち
合えないなんて哀しい・・・

そんなある日、父のクローゼットで、偶然見つけた鍵は、父からの自分への
メッセージなのではないかと、人と接するのが苦手な少年が、父親のメッセージを
受け取るために、父親がいつも彼を導いてくれた方法で、NYのブラックさん探しを
始めます。

友人との付き合いが苦手だったり、ものすごい怖がり(乗り物にも乗れない、
ブランコにも乗れない)だったりというオスカーにとって、ブラックさん探しは、
決して簡単なものではありませんでした。



調査が思うように進まず、苛立つ彼ですが、そんな時、祖母の家に間借りしている
謎の老人に出会います。そして、この老人が、オスカーの調査を手伝うことになります。
一気にまくしたてるオスカー、一言もしゃべらない(話せない)老人のバランスが良くて
この二人の関係は、観ていて微笑ましくもありました。

内容は重いですし、ストーリーに、ものすごく大きな盛り上がりがあるわけでは
ないのですが、ブラックさん探しは、ちょっとミステリーっぽい展開にもなっているので、
惹き込まれて行きました。

アスペルガー症候群(検査はしたけど不確定だっだ)のオスカー少年にとって、
彼の良き理解者であり、彼を大きな愛情で包み込んでいた父親が、
突然いなくなってしまったら、理不尽に亡くなってしまったら・・・
その深い悲しみと喪失感は、計り知れないものであろうと言うことは、
想像がつくのですが、彼には、ある秘密がありました・・・その秘密が彼をより苦しめ、
自分の体と心を傷つけていました。。。



オスカーの秘密とは?
オスカーは、あの鍵を知るブラックさんにたどり着く事ができるのか?
そして、父のメッセージを受け取ることができるのか?
果たして、彼は父の死を受け入れて、それを、乗り越えていくことがで
きるのでしょうか?

以下ネタバレです

予告編でも涙だった私ですが、まあ、本編でも、涙、涙、涙、涙、メチャクチャ
泣かされました

私が泣かされたのは、以下のシーンです(映画のシーン順)

1 母親がいるとは思わず、ドアの外から「ママ、愛してるよ」とオスカーが言うと、
  嗚咽するサンドラのシーン
  
子どもに「パパでなく、ママがあのビルにいれば良かった。ママが死ねばよかった」
と言われた後のこの言葉だけに彼女の気持ちを思うと・・・
サンドラと一緒に泣いてしまった



2 間借り人に、留守電が父親から6回もかかってきたこと(誰にも言えなかった)
  を打ち明けるシーン

父から、こんなに何回も電話がかかってきていたのに、その時自分は何をしていたか
を祖父に話すオスカー。彼の苦悩を思うと、そして、その留守電を聞く謎の老人
(実は祖父なので息子の最後の声)の気持ちを思うとまた涙

3 鍵の持ち主に 電話に出られなかったことを話すシーン

大好きな父親からかかってきた最後の電話に、恐怖で凍り付き電話を取ることが
出来なかったオスカー。そしてビルの崩壊する様子が聞こえ、電話が切れ・・・
きっと、オスカーは、あの時、なぜ電話に出なかったのかとずっと後悔して、
自分を責め続けていたんじゃないかと思うと涙。また、自分が死ぬと言う時でさえ、
オスカーのことを最優先に考えていた父親の気持ちを思うと涙



そして、きわめつけが・・・もう涙腺崩壊状態~~

4 オスカーに対しての愛情は感じるものの、そっけない対応だと私は思っていた母親が
  実は、オスカーの調査を知っていて、自分が先回りして、1軒一軒にオスカーのことを
  お願いしていたことがわかったシーン

父の愛も大きかったですが、母親の愛も大きかった・・・
オスカーに、ママが死ねばよかったとまで言われたのに、何も知らないふりして、
こんなことしてたなんて・・・
きっとオスカーが出かけている時は、帰ってくるまで、心配で、心配で仕方が
なかったんだろうなって思ったら・・・

このシーンは、ほんと、堪らなかったですね・・・今、これを書いていて、
思い出しても、涙が自然と出てきてしまいますもん。
映画館でも、あちこちで、すすり泣きが聞こえました

ラスト、あんなに怖がって乗れなかったブランコに乗って、大空へ漕ぎ出す
オスカーの笑顔が忘れられません


最後に、主なキャストです



トーマス・ホーン・・・トム・ハンクス、サンドラ・ブロックと
オスカー俳優相手に堂々の演技をした彼が、映画初出演どころか
初演技だったと言うのですから驚きです(クイズ番組で優勝するくらい
頭のいい少年です)

トム・ハンクス・・・オスカーの良き理解者であり、深い愛情を持っている父親役
出番は少なくても、その存在感はさすがでした



サンドラ・ブロック・・・コメディもシリアスな演技もOKのサンドラ
出番はそんなに多くないのにとなぜ彼女が母親役?と思いましたが、
ラストのシーンの彼女の素晴らしい演技で、彼女が母親役だったわけがわかりました
抑えた、静の演技良かったなあ。。。

マックス・フォン・シドー・・・アカデミーショー授賞式の時には、この作品
観てなかったのですが、彼の演技観て、受賞させてあげたかったなあと思いました
(クリストファープラマーも好きですから、受賞は嬉しかったですよ
台詞がないのに、表情で仕草で表す彼の演技は、ホント素晴らしかった。



その他、重要なブラックさん役で、写真の二人、そしてジョン・グッドマン(オスカーが
住んでるマンションのドアマン)も出ています。

あっ!最後にひとこと、このタイトルで長くて覚え難かった(笑)



人気ブログランキングへクリック感謝です
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (30)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★ヒューゴの不思議な発明★ | トップ | ★シャーロック・ホームズ シ... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-03-08 01:12:01
うん、その4つとも感動した!
特に4はたまらないよね。私は去年観てるんで3ヶ月以上たってるんだけど、読んでいても思い出して涙がにじんできちゃう。
「私があなたから目を離すと思う?」この言葉に母親のとてつもなく深い愛情を感じます。忘れられないせりふになりそう。
KLYさ~ん (*^.^*) (ひろちゃん)
2012-03-08 02:43:24
コメントありがとうございます

KLYさんは、去年に鑑賞?はやっ!(笑)
そんなに時間が経っていても、思い出すと涙が滲んできちゃうんだ

でも、本当に素晴らしい作品でしたもんね
期待を裏切らない作品であり、今年1番(今のところ)泣かされた作品でもありました

>「私があなたから目を離すと思う?」

私も忘れられない台詞になりそうです(^_-)-☆
おはようございます。 (BROOK)
2012-03-08 05:51:19
鍵穴探しがオスカーの成長とどう繋がっていくのか、非常に興味深かったです♪
いろいろな人と触れ合うことで、心の再生に向かっていったんでしょうね。

そして、最後に明かされる母の“愛”…
もう涙でした。
吾輩は…。 (mori2)
2012-03-08 12:04:08
特に3でヤラれました。涙腺決壊!
オスカーの胸中察すると、もお悲しくて悲しくて…(泣)。
最初感情移入できなかったことが、ホント申し訳なく思えちゃいました。

両親の包み込む愛情の大きさにも感動!
トム&サンドラ、素晴らしかったです。
ものすごく・・・ (たいむ)
2012-03-08 18:02:47
ひろちゃん、こんにちは。
私も4番だなぁ。
オスカー中心の映画なのだけど、真の主役は母親みたいな感じで、あの母親あきりのあのオスカーって思いました。

本当は被害者サイドのお話ってあんまり好きじゃないのだけど、これは見応えのある良い作品でしたね。

涙は出なかった・・ (☆オレンジピール☆)
2012-03-08 20:03:14
何故か、涙は出なかった私です。
あんなに「3丁目の夕日」で泣いたのに(^^:

大好きな監督がゆえ、期待が大き過ぎたのかなぁ(*^-^)ノ

3は良かったですよねー♪
4は何だか唐突で・・・伏線があったら、入り込めたかも。
辛口な感想になりましたが、時間が経ってから
またDVDで観たいと思う上質な作品でした☆
こちらにも^^ (みすず)
2012-03-08 22:34:56
とっても良かったよね!
涙ジャジャ漏れだったわ><。
トーマス君を初めとして出演者がみんな素晴らしかったわ♪
4がわたしも良かった!
特にドアの隙間からのシーンは感動的だったなー^^
BROOKさ~ん (*^.^*) (ひろちゃん)
2012-03-08 23:44:11
コメントありがとうございます

オスカーの成長につながって行く鍵穴探しは
ミステリーっぽい展開でもあり、観ていて惹き込まれて行きました

何度も何度も泣きましたが、最後の最後、母の大きな、強い愛に、涙腺崩壊、号泣に近いくらいに泣いてしまいました
いい作品でしたよね(^_-)-☆
mori2さ~ん (^O^) (ひろちゃん)
2012-03-08 23:49:37
コメントありがとうございます

mori2さんは、3でしたか!私もオスカーの胸中察すると、3も堪らなかったのですが、まさか4があるとは!
自分も母親なので、4は堪らなかったです

私も最初は、オスカーに感情移入できなかったので、mori2さんのお気持ちわかります

トムとサンドラ、素晴らしかったですね
たいむさ~ん \(~o~)/ (ひろちゃん)
2012-03-09 00:10:03
コメントありがとうございます

たいむさんも4番ですか!ツボが同じで嬉しい
です
真の主役は、母親って言われると、同じ母親なんで(それだけの共通項ですが)なんか嬉しいですね(笑)

被害者サイドのお話であり、辛い場面もありましたが、希望のあるラストで、見応えのある作品でした

☆オレンジピール☆さ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2012-03-09 00:16:28
コメントありがとう

え~~!3丁目で泣けて、この作品で泣けなかったの?
オレンジさんは好きなお話かと思ってました・・・
かなり前から、期待していたから、そのせいもあるかもね

オスカーの気持ちを思うと3が良かったのですが、同じ母親なので、やはり、4が、もう
ダメでした
4は、伏線がなく唐突でしたが、それが、どんでん返しと言う感じで、号泣につながりました
みすずさ~ん (^.^) (ひろちゃん)
2012-03-09 00:20:19
コメントありがとう

あはは~涙ジャジャ漏れって、凄い表現(笑)

初演技と言うトーマス君は、もちろん、トム、サンドラ他、キャストが良かったですね

ドアの隙間からのシーンは、自分が母親だったら、絶対に泣くよね
涙涙 (ノルウェーまだ~む)
2012-03-09 15:19:10
ひろちゃん☆
もう全部同じところで泣いたーっ!
そして、ひろちゃんのを読んで又思い出して泣いたーっ!!
まさにひろちゃんが書いている事全て同じ思いだわ。
サンドラ母さんの愛だけでなく、出てくる人みんなの愛を感じたよね。
Unknown (リバー)
2012-03-09 16:07:42
TB ありがとうございます。

鍵の謎で惹き付けながらも
ドラマ部分での丁寧な作り、感動がありました。

間借り人のマックス・ファン・シドーが素晴らしかったですね。
ノルウェーまだ~むさ~ん (*^.^*)  (ひろちゃん)
2012-03-09 17:07:59
コメントありがとう

息子を持つ母親には、また、堪らない映画でしたね。どんだけ泣く?ってくらい泣きました
特に中盤からは、畳み掛ける感じで涙(笑)

お父さん、お母さんだけでなく、出て来る人
みんなに愛を感じました。
この映画のラストシーン、忘れないだろうな
リバーさ~ん (ひろちゃん)
2012-03-09 17:19:54
コメントありがとうございます

そうなんですよね。ヒューマンドラマでの感動もありましたが、鍵の謎はミステリぽくもあり
その展開にも惹きこまれて行きました

主役のトーマス君は素晴らしい演技でしたが
声なき間借り人、マックスフォンシドーがこれまた素晴らしかったです
Unknown (mig)
2012-03-09 17:32:42
ひろちゃんこんばんは☆思ったより意外と賛否ありましたね

わたしもこれは泣いたんだけど、
全体的になんかぐっときちゃったというか
やっぱり母子のシーンもいいけど
9.11のことが思い出されて泣けちゃったの。
そういう思いをした人がすごい数いたんだよなぁってリアルに思えて。。。

4番のシーンは、そんなに先回りなんてできる?って思っちゃったけど(笑)
そもそもほとんど一人でNYのブラックさん全部まわったのありえない、すごすぎる~っていうのがありますが(笑)

いよいよジュード&ロバート様!
ひろちゃんの感想お待ちしてまーす。
さっきジュードの今回の宣伝記事載せちゃいました♪


 (ituka)
2012-03-09 21:21:56
4番目の母親の行動には、そうきたか!という感じでウルウル状態になりました。
へんてこな邦題の割にはいい映画だったな~と満足してます^^

モノ言わぬ老人が、どことなくアントニオ猪木と重なって仕方なかったですよ(笑)
もちろん、映画『ACACIA-アカシア-』での猪木ですけどね。
ちなみに予告編だけでのイメージで未見です(おいおい)
全体に (ボー)
2012-03-09 23:08:09
私は全体的に泣いてましたねえ。
これが作品・監督・主演男優(ホーン)・助演男優(フォン・シドー)・助演女優(ブロック)・脚色賞でもいいくらいです。勢いで。(笑)
いや、アカデミー賞に限らず…。

何も言うことは、ございません!
素晴らしかったです。
migさ~ん \(~o~)/ (ひろちゃん)
2012-03-10 00:33:14
コメントありがとうございます

すごく感想が別れる映画で意外でしたよね

migさんは、NYには思い入れが深いですから、9・11は、私なんかより、ずっと悲しい思いが強いんだと思います。
私でさえ、映画のシーンで、ビルが崩れて行くのを観た時は、凍りついた当時を思い出しましたから

確かに、4はツッコミどころでもあるかも何ですが、私は、母親なので、サンドラお母さんの気持ちはわかるので、その気持ちを思うと、違和感は感じませんでした。

はい!ロバート&ジュード(あはは。migさんと逆)は、明日鑑賞してきま~す
itukaさ~ん (^O^) (ひろちゃん)
2012-03-10 00:38:54
コメントありがとうございます

ですよね?ですよね?トーマス君の告白にも
え~~!でしたが、4は、もっと衝撃的で、え~~でしたよね
私はウルウルどころじゃなかったですよ~

>モノ言わぬ老人が、どことなくアントニオ猪木と重なって仕方なかったですよ(笑)

もう~~。itukaさんてば、せっかくいいお話なのに~
アカシアは、予告編さえ観ていない私なので
何とも言えませんが
ボーさ~ん (^^)v (ひろちゃん)
2012-03-10 00:43:05
コメントありがとうございます

私も全体的にウルウルだったんですが、涙が
出てきだしたのは、ドア越しの「愛してる」からでした

そそ、私も、ボーさんと同じく、全ての賞とってもいいくらいっ!って思いました

私も文句ございません!素晴らしい作品でした
2と4。 (BC)
2012-03-10 11:04:30
ひろちゃん、こんにちは。

この作品、今年のマイベストに入りなんだけど、
私のブログは辛口記事のほうがコメントつくから、この作品はコメ0なんだよね。。。
なので、話し相手いなくて寂しいから、ひろちゃんとこに来ちゃった。^^

ブラックさん探しは訪ねて行く先々での相手の反応が様々なので意外とスリルありましたよね。

2は祖父が息子の最期の声を聞かされてしまう痛切さが伝わってきました。

4は母親って子供の一瞬の顔色・声色・動作で全てを察知して
子供を守ろうとする時がありますよね。
そういう母親ならではの無償の愛にじーんとしました。
BCさ~ん \(^O^)/ (ひろちゃん)
2012-03-11 18:11:11
コメントありがとうございます

おお!BCさんの今年のマイベスト入り確定ですか!私も、今年1番泣いた作品ですし、良かったですから、私のマイベストにも入るかも~

寂しくて来てくれたなんて~嬉しいお言葉ありがとうございます
辛口にコメがつくってちょと不思議ですね(笑)

2はね~オスカーの気持ちと祖父の気持ち考えると堪りませんでした・・・特に祖父にとっては、逢ったことのない息子であって、その息子の初対面(対面ではないけど)が、亡くなる直前の息子の声って、キツイですよね

4は、母親でない人でも母親の無償の愛を感じてくれると思いますが、私の場合は、なおかつ二人の息子を持つ母親なので、余計にその気持ちがわかって・・・

いい作品でしたよね
こんばんは♪ (yukarin)
2012-03-11 20:35:56
これ先に観ちゃったら2本目はちょっと~となっちゃいますねぇ。
私もひろちゃんの泣きポイント同じ~思い出すとうるっときちゃいますね。
yukarinちゃ~ん(^.^) (ひろちゃん)
2012-03-11 23:03:15
コメントありがとう

やっぱり、これ先に観ちゃうと、2本目は
ちょっと評価が下がってしまいますよね

yukarinちゃんも、やっぱり同じツボで泣かされちゃったみたいですね
こんにちは (dai)
2012-05-05 08:06:47
ひろちゃんさんからコメント貰ってたのに返信遅れてスミマセン。少し日本にいなかったもので…(いいわけ)。

ヒューゴよりは断然に良作でしたね。ものすごくうるさくて、ありえないほど近い存在の大切さを巧く描いていたと思いました。
daiさ~ん \(~o~)/ (ひろちゃん)
2012-05-05 22:54:09
コメントありがとうございます

>ひろちゃんさんからコメント貰ってたのに返信遅れてスミマセン。

えっ?そうだった?って思ったのですが、この作品のことでなくて、シャリーズ・セロンの記事のことだったんですね(笑)
映画の感想記事ではないので、どうぞお気遣いなく~

>少し日本にいなかったもので…(いいわけ)。

きゃあ~!カッコイイ!今回は、どちらだったのかな

ヒューゴと比較するのもなんなんですが(^^ゞ
こちらのほうが好きな作品でした
これ、本当に良い映画ですね~ (ストーリーセラピスト)
2012-12-01 23:53:26
最近アクション映画やアニメなどの娯楽ものばかり見てたので、いつもより奮発して準新作や新作を借りました。
その一本がコレだったんですが、ホントに良かった~!
この長いタイトル、邦題かと思ったら原題もそのままでしたね。
お話の作り方もうまいし、テーマも結末も本当に良かった。
自信を持って人に勧めていい作品だと思います。
ストーリーセラピストさ~ん\(^o^)/ (ひろちゃん)
2012-12-02 21:53:24
コメントありがとうございます

映画は娯楽と思っていますので、気分転換ができる娯楽映画が大好きな私なんですが、たまにはこういう感動できる作品もいいですよね

>この長いタイトル、邦題かと思ったら原題もそのままでしたね。

そうなんですよね。ちょっと意外でしたけど
確かに、みんなに自信を持ってお勧めできる作品ですよね

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud  (LOVE Cinemas 調布)
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ...
劇場鑑賞「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (日々“是”精進! ver.A)
大切なものは、何ですか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202180004/ ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ジョナサン・サフラン・フォア 近藤 隆文 NHK出版 2011-07-26 売り上げラン...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画...
スティーブン・ダルドリー監督 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
急遽、今日、休みになりました。(ただ単に明日に仕事を振り替えただけですけど…) 私の知ってる映画館で、木曜日にメンズデーを実施している渋谷シネパレス そこで先週末からかかっている映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 アカデミー賞候補にもなっ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
「9.11文学の金字塔」と言われるベストセラー小説の映画化。これがタイトルなの?とそれだけで気になる感じなのだけど、原題が「Extremely Loud and Incredibly Close」とい
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (みすずりんりん放送局)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た。  【あらすじ】  9.11が最愛の父トーマス・シェル(トム・ハンクス)を奪ってしまう。オスカーは父が遺した一本の鍵に、最後のメッセージが込められていると信じ、鍵穴を探す旅に出る。  鍵の入っていた封...
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。 登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆
少年の一歩 (笑う学生の生活)
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に胸...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ....
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) ピーンと張り詰める重い空気からの解放感が心地よい
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (こんな映画見ました~)
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』---EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE---2011年(アメリカ)監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー 、ヴァイオラ・デイヴィ....
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (或る日の出来事)
素晴らしい映画。半分以上は泣きながら観ていたと思う。
*『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:アメリカ映画、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴィオラ・デイヴィス出演。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (風に吹かれて)
ブランコを思い切りこいで飛ぼう  公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose原作: ものすごくうるさくて、あり
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 理不尽な現実、そこからの再生 (はらやんの映画徒然草)
主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに (SOARのパストラーレ♪)
賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの思...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (我が頭に巣くう映画達)
48点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー、 主演はトーマス・ホーンです。 トーマス・ホーンはこの映画がデビュー作だそうです。 アメリカ同時多発テ...
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Memoirs_of_dai)
"ものすごくうるさくて、ありえないほど近い"大切な存在 【Story】 9・11の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い '11:米 ◆原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE ◆監督:スティーヴン・ダルドリー「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」 ◆出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン ◆STORY◆9.11同時多発テロ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (銀幕大帝α)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) -監督- スティーヴン・ダルドリー -原作- ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 -出演- *トム・ハンクス…トーマス・シェル ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストー
ものすごくうるさくてありえないほど近い (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした 少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入った オスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。 その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと 考えたオスカーは....
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」手助けではなくサポート (あなたの幸せ力を引き出すストーリーセラピー)
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」という映画を見ました。 9,11、アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年が、 父親のクローゼットの中で古い鍵を見つけます。 父親との距離をもう一度近づけたい彼は、 その鍵が何の鍵なのか突き止めようとします...
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...