Cinema Collection 2

映画のミーハーな感想が主ですが
多々脱線してます
コメント欄は閉じさせて頂いてます
(2015/6より)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★L.A. ギャング ストーリー(2012)★

2013-05-10 03:14:01 | 映画(あ)行
GANGSTER SQUAD

まるでギャングな警察たち

ロス市警が、キレた。
“本当にあった”
最強部隊と大物ギャングの死闘。


映時間 113分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2013/05/03
ジャンル アクション/犯罪
映倫 R15+

【解説】

1940年代後半から50年代にかけて、ロサンゼルスで繰り広げられた
衝撃の実話を基に、警官としての正体を隠し、街を支配する伝説の
ギャングに戦いを挑んだ男たちの運命を描くクライム・アクション。
主演はジョシュ・ブローリン、共演にライアン・ゴズリング、
ニック・ノルティ、エマ・ストーン、ショーン・ペン。
監督は「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー。

人気ブログランキングへもうすぐ、母の日なので(笑)ポチッとよろしく

【ストーリー】

1949年、ロサンゼルス。街は巨大犯罪組織のボス、
ミッキー・コーエンに牛耳られ、不正や悪がはびこっていた。
また、彼の影響力は政治家や警察内部にも深く浸透し、
表立って取り締まることはほとんど不可能だった。
そんな実情を見過ごせずにいたジョン・オマラ巡査部長に、
ある日ついに市警本部長から密命が下る。
それは、少数精鋭の極秘部隊“ギャングスター・スクワッド”を
結成し、ミッキー・コーエンの組織を隠密裏に壊滅せよ、
というものだった。さっそくオマラによってジェリー・ウーターズら
署内のはみ出し者ばかり6人が集められた。
そして、彼らは街の未来を取り戻すため、警察バッジを外し、
法に縛られることなくギャング顔負けの手段で
ミッキー・コーエンに立ち向かっていく。

5月3日(土)公開

公式サイト

【感想】 (TOHOシネマズ・六本木ヒルズ・5・8・水)
4.5

「LAコンフィデンシャル」が大好きだった私、
「LAギャングストーリー」と言うタイルと予告編に
惹かれての鑑賞でしたが、ジョシュ・ブローリンが
アンタッチャブルのエリオット・ネスみたいに、
はみ出しものの(クセはあるが、能力のある)
警官を仲間にして正義のために戦う!という設定のお話でしたから、
内容は「アンタッチャブル」(こちらの作品も勿論、大好き!)に
近かったですね。

「アンタッチャブル」に近いと言いましたが、残念ながら
「アンタッチャブル」のような品格(気品)というか
重厚さは感じられませんでしたけど

とはいえ、目を背けてしまった残虐な冒頭のシーンの
人間真っ二つで、ショーン・ペン演じるミッキー・コーエンの
恐ろしさにドキドキして、はぐれで刑事(笑)たちがミッキーに
どうやって立ち向かうのかと惹きつけられ、最後まで、
目が離せませんでした

ドリフのコントか?(苦笑)と思ってしまうような脱獄シーンや
あまりにも無謀なオマラ巡査部長の作戦の数々(雑だ~)
に笑ってしまったり、ここでこんなに明るい歌?が入る?(苦笑)
な~んて感じで、王道のアクション映画とは思えない演出も
多かったんですが、私は、このB級っぽい感じにハマったらしく(笑)、
最後まで飽きることはなかったです。

ストーリーに奥深さはなく、人物の背景も弱く、心理描写も浅いので、
警官たちの悲壮さも実は、あまり伝わってはこないのですが
そのへんは、エンターテイメント重視の派手な銃撃戦、
カーアクション、殴り合いでカバーって感じでしょうか



監督はルーベン・フライシャー、「ゾンビランド」を
撮っているかたなのですが、「ゾンビランド」が
好きだった私は、この作品も楽しめました


<この夫にしてこの妻あり!ここ実話ではないと思いますが
部下を人選したのが妻っていうのもなんだか可笑しい>


予告編や粒ぞろいのキャストで、重厚感、大作感、感動もの
みたいなことを期待して行くとちょっと肩透かしになるかと思います。
って書いていくと、この作品に対して、なんか否定的な感想に
思われてしまいそうですが私自身は、本当にこの作品面白くて
楽しめたんですよ~評価でおわかりかと
思いますが
なんで、こういう文章になるのかな

ツッコミどころは勢いで消してって感じでしたし、こういうギャング映画で
笑いがあるっていうのも新鮮でしたしね~

さて、主なキャストですが・・・・



ジョシュ・ブローリン(=ジョン・オマラ巡査部長)
・・・ギャング(撲滅)舞台のリーダー
最初はコーエン役のオファーが来たそうです。
どちらかと言えば悪人顔?(笑)ジョシュ。友人のショーンに
コーエン役をオファーしたそうです


ライアン・ゴズリング(=ジェリー・ウォーターズ巡査部長)
・・・ロス市警の一匹狼
君読むの時は、まったく気にならなかったライアン・ゴズリング!
ドライブから、私の中で人気急上昇!(笑)
今作でも、クールでカッコ良かったわ~~。
最近の若手では、ジェームズ・マカヴォイ、
ジョセフ・ゴードン・レビット、そしてライアンが
お気に入りの私ですが、このところ、ライアンに夢中(笑)
でも、彼ってこんな声でしたっけ?(わざとかな?)


アンソニー・マッキー(=コールマン・ハリス巡査)
・・・ロス市警では浮いた存在。ナイフ投げの達人
やはり、このひともスマートでカッコイイ
この時代に黒人の警官はいなかったようですが、
この時代のあとの黒人警官がモデルになってるとのことです


ロバート・パトリック(=マックス・ケナード巡査)
・・・誰よりも多くの悪党を撃った拳銃使い
やけに老けた感じで出て来たと思ったら、カウボーイを感じさせる
警官役のために14キロも減量したそうです
(今年の11月で55歳だから、そんなに年ではないので
老けメイクしてるんでしょうね)
いつも言って悪いですが、この人見るたびにT2を思い出します


ジョバンニ・リビシ(=コンウェル・キーラー巡査)
・・・電気工学や機械いじりの天才。盗聴を担当
悪役が多いような気がするリビシ、珍しく善人役なのに
やっぱり死んじゃうんだ(苦笑)


マイケル・ペーニャ(=ナビダ・ラミレス巡査)
・・・ケナードを尊敬、師事するヒスパニック系の
若手警官
私が観る映画に良く出てくるペーニャですが、
ゾンビランドにも出てました


この中で、実在の人物ではないのは、アンソニーとペーニャの役柄
ロバート役の巡査は実在しましたが、人物設定はかなり違うようです。



ショーン・ペン(=ミッキー・コーエン)
・・・暗黒街の絶対的支配者
実際のミッキーは、剥げていて、アル・カポネみたいな
容姿のようですが、そのようにすると、デニーロが浮かんでしまうとのことで
あえてそういう容姿にはしなかったそうです。
ショーンの凄みのある迫力あるミッキー役はさすがです。


ミッキー・コーエン

エマ・ストーン(=グレイスーファラデー)
・・・コーエンの女で礼儀作法の先生
ショーン(コーエン)の彼女にしては、若すぎるような
気もしましたが、ライアンとは絵になるカップルでした


ニック・ノルティ(=パーカー市警本部長)
・・・コーエン撃退作戦の黒幕
いや~~年取っちゃいました。お年を調べたら
今年の2月で72歳、おじいちゃんになるわけですねえ


とキャストは文句なかったです。


<とにかくライアンがクールでスマートでカッコいい

その他

こういう映画にはありがちですが、それにしても、ラストの
マシンガン、あれだけ撃っても警察側には当たらないし
カッコイイいいけどライアンの背面うちでギャング側
には当たるって

盗聴器をつける場面も、犬まで飼って厳重な警備なのに
あっさり進入できるって・・・

事実に基づくストーリーと言っても、あの杜撰な作戦見ると
フィクションが多そうに思いました

チャイナタウンのシーンは、実は1年後に取り直したそう
公開直前に、映画館での銃乱射事件があったことで
映画を延期、そして、ハリウッドブルーバードの映画館に入っていき
そこで銃撃戦がはじまるというシーンもかえたそうです

「君みたいな人が、なんであんな奴がタイプなんだ」と言われたら
「あの人のタイプが私なの」と私も言ってみたい(爆)

ミッキーからミッキーマウスって笑えました(笑)




人気ブログランキングへポチッと感謝です

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★図書館戦争 (2013)★ | トップ | ★おかげさまで8周年★ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはよう~ (rose_chocolat)
2013-05-10 05:16:14
すごい時間の更新(笑)

>こういう映画にはありがちですが
>あまり伝わってはこないのですが
ひろちゃんも、評価高いのに、やっぱりこういう感想ですよね? 笑
弾が当たらないっていうか、弾の方が人を避けてるんじゃないかっていう感じでした。 笑
おはようございます。 (BROOK)
2013-05-10 06:02:39
冒頭はちょっとグロかったですが、
その後の展開は、安心の勧善懲悪ストーリーだったので、
かなり面白かったです♪

アクションに時折スローモーション演出を入れるのも良かった。
銃撃戦の音も半端なく…。

そうそう、銃弾が警察側に全く当たらないのは、私も思わずつっこんでしまいました(苦笑)

おはようございます♪ (☆オレンジピール☆)
2013-05-10 07:33:05
「LAコンフィデンシャル」、私も大好き♪
でも、今頃このような作品??って思ってましたが
B級な雰囲気もありそうですね。
ただ、ライアンのクールな感じと
ドリフのコントのような脱獄は気になります(゜∇^*)
私は今週末、「アンナ・カレーニナ」観てきます☆
本当のミッキー (ノルウェーまだ~む)
2013-05-10 09:02:12
ひろちゃん☆
本当のミッキー・コーエンはでっぷりしていたのですね。やはりマフィアのイメージ通り?
私は痩せて小さいショーンペンがどうしてもボスには見えなくて・・・でもその分、凄みと狂気が感じられましたけど。

ライアンはやっぱり声が?でしたよねぇ。
「ドライヴ」の時は寡黙だったので気が付かなかったけど・・・
rose_chocolatさ~ん(^^) (ひろちゃん)
2013-05-10 15:03:06
コメント感謝です

すごい時間でしょ?GWから、またまた夜更かしになってしまって、寝るのはいつも明るくなってから
(4時半とか5時・笑)の不良主婦です

この映画、観ている時は、サクサク進んで
勢いがあるし、すっごく面白かったんですが、感想
書いていたら、こんな感じになってしまいました
弾は善人には当たらず、悪人には吸い寄せられるって感じでしたよね

でも、面白くて好きな映画でした
BROOKさ~ん(^^)V (ひろちゃん)
2013-05-10 15:08:31
コメント感謝です

冒頭があまりにもグロく、どうなることかと心配でしたが、あれ以上のシーンはなくてホッとしました

やはり、勧善懲悪ものは、観ていて面白しいですし
ラストもスカッとしますよね

スローモーションも絵的に美しかったです


>そうそう、銃弾が警察側に全く当たらないのは、
私も思わずつっこんでしまいました(苦笑)

こういうギャング映画には、そのツッコミはなしなんでしょうね
オレンジピールさ~ん(^^)♪ (ひろちゃん)
2013-05-10 15:16:28
コメント感謝です

> 「LAコンフィデンシャル」、私も大好き♪

ですよね~。オレンジさんのお好きなガイ・ピアースが出てますもんね~

B級感が意外に心地よい映画かも?

>ただ、ライアンのクールな感じと
ドリフのコントのような脱獄は気になります(゜∇^*)

ライアンはとにかく素敵です
オレンジさん好みの作品ではないと思いますが、DVDになったら、ライアンメ目当てでご覧になってくださいませ

>私は今週末、「アンナ・カレーニナ」観てきます☆

ジュードが気になりましたが、キーラはあまり好きではないですし、監督とも愛称がイマイチなので私は
パスしてしまいました
オレンジさんは楽しめそうな作品ですね
ノルウェーまだ~むさ~ん(´∀`) (ひろちゃん)
2013-05-10 15:21:50
コメント感謝です

写真で見ると、ミッキーって、デニーロが演じたカポネ
みたいですよね

>私は痩せて小さいショーンペンがどうしてもボスには見えなくて・・・でもその分、凄みと狂気が感じられましたけど。

私は最初のサンドバッグを打つシーンと、あの残虐な殺し方で、ボスがインプットされました
そっか~まだ~むは、ボスに見えなかったんだ。

>ライアンはやっぱり声が?でしたよねぇ。

こんな声だったけ?って思いましたよね
ドライブの時は寡黙だからわかんなかったのかな?
おはようございます (ituka)
2013-05-11 10:53:33
作品内容自体、割と淡泊に感じたところが勿体ないな~でした(笑)
でも、この時代の背景すべてが大好きなので、どんな映画でもプラス0,5かな~なんてね(爆)

ギャングの大ボス自ら銃撃戦に参加するのは部下が少ないか信用してないといってるようなモノ。
ここは我慢してテーブルから指示だけしていた
かの有名なゴッドファーザー』のドン・コルリオーネを見習ってほしかった(笑)
itukaさ~ん!(^^)! (ひろちゃん)
2013-05-11 12:42:07
コメント感謝です

この時代の背景、雰囲気とかって、なんかいいですよね~
作品自体は、想像していたより、淡白でしたけど

キャストは良かっただけに、もうちょっと脚本が良ければ・・・とも思いますが、これはこれで私は結構好きでしたけど

>ここは我慢してテーブルから指示だけしていた
かの有名なゴッドファーザー』のドン・コルリオーネを見習ってほしかった(笑)

ごめんなさい  昔はギャング映画大嫌いで、なんとゴッドファーザー観ていないんですよ
ドン・コルリオーネはもちろん知っていますけどね
こんばんは! (タケヤ)
2013-05-11 19:31:55
アイアンマンに引き続き
昨日観賞しました。

ぼくもひろちゃんさんと同じく
面白かった~派です(笑)

テンポのよさがすごく良かったですね。
ツッコミどころも多いけれどギャング映画
は重いのばっかじゃなくてもいいんです!

お気に入りの1作になりそうです。
タケヤさ~んヽ(^o^)丿 (ひろちゃん)
2013-05-12 01:45:17
コメント感謝です

この映画は男性のかたにはイマイチな感想が多いみたいなんですが、タケヤさんは楽しめたようで
良かったです
お気に入りの1作になったとのことですから、相当お気に召されたんですね

渋い、重いギャング映画でなく、たまには、笑える?ギャング映画もいいものですよね
そそ、重くなくてもいいんです!(カビラさん風・笑)
こんばんは (dai)
2013-05-13 02:47:12
無事帰国しました~。

この映画機内で見たのもあるのかもしれないですが、
全編通して微妙で個人的にはいまいちな感想でした。
久々にひろちゃんさんと評価が分かれた気がしますね。

ひろちゃんさんが記載している、
「あの人のタイプが私なの」は印象に残りますよね。

ちなみに自分のところにコメントいただいたと思うのですが、非公開になっていましたがこれは敢えてですか??
daiさ~ん(^^♪ (ひろちゃん)
2013-05-13 21:54:00
コメント感謝で~す

無事帰国、おかえりなさ~い!
機内でご覧になったんですか
それは、スクリーンの大画面で観るより、ちょっと
マイナスになったかもしれませんね

>久々にひろちゃんさんと評価が分かれた気が
しますね。

そうですね~。今年になって、初めて、感想が
わかれましたね

>「あの人のタイプが私なの」

daiさんも言われてみたいですか?

え~~~~!!!非公開になってますか?
すみません。間違えて押してます。
最近PCの調子(ネットへのつながり)が可笑しいので、入った~と思って確認しなかったみたいです。後でお邪魔致します
エンターテイメント (風子)
2013-05-14 10:10:56
事実のままでなく、娯楽作としてうまく脚色してあったと思います。
みんなかっこよかったです。
ライアンはきみに読む物語の舞台挨拶で見て好印象だったので、ずっとお気に入りです。^^
風子さ~ん(^^)♪ (ひろちゃん)
2013-05-14 22:12:06
コメント感謝で~す

そそ、事実には基づいていても脚色が良かったのか、娯楽作として上手く仕上がっていましたよね

>ライアンはきみに読む物語の舞台挨拶で見て好印象だったので、ずっとお気に入りです。^^

わ~~
その時、ライアン来日したんですね。
それをご覧になった風子さん、羨ましすぎるわ~
エマちゃんさえいればいい (ボー)
2013-05-23 23:34:04
14キロも減量。→できるといいな。
言ってみたい。→あの娘のタイプが俺なんだよ。
ボーさ~ん(^^)v (ひろちゃん)
2013-05-25 10:29:24
コメント感謝で~す

>14キロも減量。→できるといいな。

ボーさん、太ってるってイメージないんですけど・・・
14キロも増量したら、老けちゃいますよ~
ちなみに私は、結婚後14キロ増です(苦笑)
それもどうかと思いますが

>言ってみたい。→あの娘のタイプが俺なんだよ。

でしょ?でしょ?1度でもいいから言ってみたい・・・
あっ!若い時、言ったかも?(笑)
な~んてね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『L.A. ギャング ストーリー』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: GANGSTER SQUAD 監督: ルーベン・フライシャー 出演: ライアン・ゴズリング 、ジョシュ・ブローリン 、ショーン・ペン 、 ニック・ノルティ 、エマ・ストーン 、アンソニー・マッキー 、ジョヴァンニ・リビシ 、マイケル・ペーニャ 、ロバート・パト....
劇場鑑賞「L.A.ギャングストーリー」 (日々“是”精進! ver.F)
ギャングを、潰せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201305030004/ L. A. ギャングストーリー《オリジナル・サウンドトラック・スコア》(帯付き直輸入盤)ス...
「L.A.ギャング ストーリー」☆どうしてもフレディ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まだ52歳というのに、かなり年寄りっぽくなってしまったショーン・ペン。 老けメイクで貫禄を出そうとしたのかな? 1949年のロサンゼルスを舞台にした物語が、ものすごくいい雰囲気なのに、極悪非道のギャングの大ボス、ショーン・ペンがどうしても「エルム街の悪夢」の...
L.A. ギャング ストーリー (風に吹かれて)
突撃はみだし警官隊 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/gangstersquad 原作: L.A.ギャング ストーリー (ポール・リバーマン著/ハヤカワ文庫)監督:
L.A. ギャング ストーリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 残念ながら『アンタッチャブル』には程遠い出来だった。
L.A. ギャング ストーリー (だらだら無気力ブログ!)
まあまあ痛快で面白かった。
L.A.ギャングストーリー /GANGSTER SQUAD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ポール・リバーマンの連載記事”テールズ・フロム・ギャングスター・スクワッド”を基に 「ゾンビランド」「ピザボーイ 史上最凶のご注文」の、ルーベン・フライシャーが監督 ロサン....
L.A.ギャングストーリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『L.A.ギャングストーリー』を渋谷東急で見ました(注1)。 (1)ライアン・ゴズリングやショーン・ペンが出演するというので、映画館に出向いてみました。  本作の舞台は、1949年のロスアンジェルス。  ブルックリン生まれで元プロボクサーのコーエン(ショーン・ペ....
天使の街の無法者~『L.A.ギャングストーリー』 (真紅のthinkingdays)
 GANGSTER SQUAD  第二次大戦後間もない1949年、ロサンゼルス。ハリウッドランドを抱く「天使 の街」は、ギャングのボス、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)の支配下にあり、 警察でさ...
天使の街の無法者~『L.A.ギャングストーリー』 (真紅のthinkingdays)
 GANGSTER SQUAD  第二次大戦後間もない1949年、ロサンゼルス。ハリウッドランドを抱く「天使 の街」は、ギャングのボス、ミッキー・コーエン(ショーン・ペン)の支配下にあり、 警察でさ...
L.A.ギャングストーリー (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「これ、西部劇だよね」 って言ったら笑われちゃったけど 超暴
映画:L.A. ギャング ストーリー ストレートに面白く、かな~りポイント高い ギャング vs ロス警察物! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画チラシのコピーは、「ロス市警が、キレた。」 確かにキレてる! 1949年のロサンゼルス、の実際の事件をノベライズしたものが原作というが、ホントか?(笑) 映画でいうと、なんたっていい!のが主役の2人。 ジョシュ・ブローリン(写真右はじ)は、正義ゴリ...
映画「L.A.ギャングストーリー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「L.A.ギャングストーリー」観に行ってきました。かつて実在し、大都市を支配する大物ギャングとして悪名を轟かせたミッキー・コーエンと、ロス市警の警官達との壮絶な死闘...
『L.A. ギャング ストーリー』 (pure breath★マリーの映画館)
               正義のために、法を犯せ。 『L.A. ギャング ストーリー』 監督・・・ルーベン・フライシャー 出演・・・ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ・ストーン、ロバート・パトリック、マイケ...
LAギャングストーリー はちゃめちゃながらスカーッとした~! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=26 うち今年の試写会5】 今日は午後、関東運輸局に仕事で行ったので(馬車道)、ランチは「みなと横濱牛鍋処荒井屋万國橋店」にて牛鍋定食、要はすき焼きやねんねってこと認識した。 で、こないだの金曜に観たこの映画、試写会に当選していたけど、それは自分の誕生...
「L.A. ギャングストーリー」 (或る日の出来事)
警官といえども、ギャングにはギャングのように立ち向かうっきゃないのか。
「L.A.ギャングストーリー」 ロサンゼルスの「アンタッチャブル」 (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争後、治安が悪化したロサンゼルスにおいて、裏世界を牛耳っていたのがミッキ
『L.A. ギャング ストーリー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「L.A. ギャング ストーリー」□監督 ルーベン・フライシャー□脚本 ウィル・ビール□原作 ポール・リーバーマン□キャスト ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、エマ・ストーン、ニック・ノルティ■鑑賞日...
映画:L.A. ギャング ストーリー ストレートに面白く、かな~りポイント高い ギャング vs ロス警察物! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画チラシのコピーは、「ロス市警が、キレた。」 確かにキレてる! 1949年のロサンゼルス、の実際の事件をノベライズしたものが原作というが、ホントか?(笑) 映画でいうと、なんたっていい!のが主役の2人。 ジョシュ・ブローリン(写真右はじ)は、正義ゴリ...
L.A. ギャング ストーリー (こんな映画見ました~)
『L.A. ギャング ストーリー』---GANGSTER SQUAD---2012年(アメリカ )監督: ルーベン・フライシャー出演:ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング 、ショーン・ペン 、ニック・ノルティ 、エマ・ストーン、ジョヴァンニ・リビシ、ロバート・パトリック...
L.A. ギャング ストーリー (とりあえず、コメントです)
1949年のロサンゼルスを舞台にギャングと警察の抗争を描いたアクションです。 禁酒法の時代ではなくて大戦後のギャングの物語がどんなものなのか気になっていました。 独裁支配を企むギャングに対抗するタブガイたちの戦いと危険なラブストーリーにドキドキしてしまいまし...
映画『L.A.ギャングストーリー』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-38.L.A.ギャングストーリー■原題:Gangster Squad■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:113分■観賞日:5月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(ポイント使用)□監督・製作総指揮:ルーベン・フライシャー◆ジョシュ・ブローリン(...
「L.A.ギャングストーリー」 (ここなつ映画レビュー)
たまらなく良かった。間違いなく私の今年度ベスト3に入る作品。 ライアン・コズリングがいい!ショーン・ペンがいい!警察のはみ出し者達がチームを組んで、大都会の無法者のギャングのボスに立ち向かうのがいい! 以下に試写会で観た当時に書いて某サイトに寄稿...
L.A.ギャングストーリー (いやいやえん)
目には目を、ギャングにはギャングを、という精神(?)のもと、はぐれ警官部隊が本物ギャングに立ち向かっていきます。 作りはノワールものに似てますが、アクションを主にもってきてるところから娯楽エンタメが強
L.A.ギャングストーリー (映画に耽溺)
「これ、西部劇だよね」 って言ったら笑われちゃったけど 超暴力的残忍非道の絶対的な敵がいて そいつを倒すために個性豊かな男たちが志を共に一致団結して立ち上がり・・・ってのは わたくしの中じゃ「西部劇じゃん!」 だったりするのだ~~。 この映画は実話を元...