アセンションへの道 PartⅠ その理論と技法

2012年には銀河の中心と太陽系そして地球が整列し時代の節目を迎えます。アセンションの理論と技法について考えます。

第13章 世界宗教 ⑯ラーマクリシュナの福音

2011-06-17 06:28:43 | 第13章 世界宗教
ラーマクリシュナの福音(要約版)には、ラーマクリシュナと信者或いは弟子達との活き活きとした会話が掲載されており、その魅力的な人柄を感じ取ることが出来ます。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑮バクティ・ヨーガ

2011-06-10 06:30:15 | 第13章 世界宗教
ヴィヴェーカナンダの説くバクティ・ヨーガを彼の同名の著書をもとに説明します。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑭カルマ・ヨーガ

2011-06-03 06:00:00 | 第13章 世界宗教
ヴィヴェーカナンダの説くカルマ・ヨーガの概要を彼の著書から引用して説明します。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑬単一宗教と普遍宗教

2011-05-27 06:00:00 | 第13章 世界宗教
ヴィヴェーカナンダの提唱する普遍宗教とはどのようなものなのか、又それがクリヤー・クンダリニ・ヨーガとどのような関係にあるのかを説明します。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑫プルシャとプラクリティ

2011-05-20 20:33:22 | 第13章 世界宗教
先ずヨーガ学派の教えの中心となるプルシャとプラクリティに就いて説明し、ヴェーダーンタ学派との接点を考えます。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑪マントラ

2011-05-13 06:38:31 | 第13章 世界宗教
「神の名やマントラを唱える究極の目的は、あなたの個としての意識を神なる意識と混ぜ合わせることである。」 ジョシュア D. ストーン . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑩第二イニシエーション

2011-05-06 06:18:51 | 第13章 世界宗教
クリヤー・ヨーガの第二段階目のイニシエーションの概要と体験談です。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑨ヴィヴェーカナンダ

2011-04-29 07:13:07 | 第13章 世界宗教
ラーマクリシュナとその高弟ヴィヴェーカナンダの邂逅、そしてラーマクリシュナ亡きあとの彼の活躍を『インドの光』から紹介します。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑧ラーマクリシュナとヴェーダーンタ

2011-04-22 06:02:40 | 第13章 世界宗教
不二一元論の要諦と、ラーマクリシュナがヴェーダンタ哲学を体得した経緯を、『インドの光』から引用し、説明します。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑦インドの光

2011-04-15 06:20:14 | 第13章 世界宗教
ラーマクリシュナの伝記、『インドの光』から、彼とヨーガとの関わりに就いて紹介します。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑥老子

2011-04-08 06:34:19 | 第13章 世界宗教
道教はヨーガのシッダによって中国に伝えられたものだとの説を以前引用しましたが、今回は道教とヨーガの教えの類似点を探るため、改めて『老子』を読んでみました。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ⑤シャンカラの不二一元論

2011-04-01 06:21:26 | 第13章 世界宗教
ヒンズー教に多大な影響を及ぼした、インドの大哲学者、シャンカラの不二一元論の説明です。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ④魂(アートマン)

2011-03-25 22:56:00 | 第13章 世界宗教
ラーマクリシュナの高弟、ヴィヴェーカナンダによる「アートマン」の明快な定義を、彼の著書、『ギヤーナ・ヨーガ』から引用します。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ③インド哲学の中のヨーガ学派

2011-03-18 06:35:06 | 第13章 世界宗教
インド哲学は、大きく6つの学派に分かれますが、それらとヴェーダ聖典との関連、又その中でヨーガ学派がどのような位置づけにあるのか、概略を説明します。 . . . 本文を読む

第13章 世界宗教 ②サンスクリット語とヴェーダ哲学

2011-03-11 06:21:40 | 第13章 世界宗教
サンスクリット語は、ギリシア語やラテン語の源流であり、又完全な言語とも言われています。更に、ヴェーダ哲学はドイツの哲学者にも多くの影響を与えました。 . . . 本文を読む