アセンションへの道 PartⅠ その理論と技法

2012年には銀河の中心と太陽系そして地球が整列し時代の節目を迎えます。アセンションの理論と技法について考えます。

第16章 神の詩 ⑭運命とパラレルワールド

2012-04-13 06:15:00 | 第16章 神の詩
世界劇場で演じられている「劇」には定まったシナリオがあるのだろうか、即ち地球の運命は決まっているのだろうか? . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ⑬汎神論と世界劇場

2012-04-06 05:53:26 | 第16章 神の詩
「わたしから万有万物は発現し展開する」 バガヴァド・ギーター . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ⑫ブラフマン

2012-03-23 06:47:35 | 第16章 神の詩
アートマン(真我)とブラフマンは同じものなのだろうか? . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ⑪輪廻と解脱

2012-03-16 05:25:29 | 第16章 神の詩
『解脱に匹敵する智慧はなく、ヨーガに匹敵する霊力もなし』 (マハーバーラタ) . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ⑩無執着

2012-03-09 05:47:49 | 第16章 神の詩
バガヴァッド・ギーターの要諦は「無執着」と言われています。 . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ⑨至上神への全託

2012-03-02 06:06:16 | 第16章 神の詩
あらゆる宗教の要諦です。 . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ⑧出家と離欲

2012-02-24 06:57:54 | 第16章 神の詩
ギーターの要諦である「無執着」の実践に関する説明です。 . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ⑦バクティ・ヨーガ

2012-02-17 06:01:28 | 第16章 神の詩
「しかしたとえ完全な解脱に達しないうちに死を迎えることになっても、クリヤを行じたヨギは、過去の努力から得た良いカルマを次の生涯に持ち越して、再び至高の目標に向かって進化の道をたどるよう導かれるのである」パラマハンサ・ヨガナンダ . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ⑥プルシャとプラクリティ

2012-02-10 06:01:13 | 第16章 神の詩
ギーターは二元論の立場をとっているのか、不二一元論を説いているのか検証します。 . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ⑤修行

2012-02-03 05:33:51 | 第16章 神の詩
かつてインドに於いては、「修行」はバラモンのみに課された義務でした。 . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ④智識のヨーガ

2012-01-27 05:33:56 | 第16章 神の詩
宇宙意識と合一する為の道(方法)の一つです。 . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ③カルマ・ヨーガ

2012-01-20 06:36:06 | 第16章 神の詩
ギーターに於ける「カルマ・ヨーガ」の詳しい説明です。 . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ②カルマとアートマン

2012-01-13 05:56:07 | 第16章 神の詩
これはギーターのみならず、あらゆる宗教の中核を成す考え方だと思います。 . . . 本文を読む

第16章 神の詩 ①知性のヨーガ

2012-01-06 06:22:27 | 第16章 神の詩
聖典バガヴァッド・ギーターを田中嫺玉氏の訳本、『神の詩』に基づいて説明して行きます。先ずはギーター全体の要約と言われている第2章からです。 . . . 本文を読む