うざね博士のブログ

緑の仕事を営むかたわら、赤裸々、かつ言いたい放題のうざね博士の日記。ユニークなH・Pも開設。

寒河江の開花状況

2018年06月16日 18時36分43秒 | ぎぼうし栽培日記
ここでは現在の 寒河江 の開花状況をアップする。ギボウシとしては世界に日本が誇るべき品種です。どうぞご覧ください。撮影日は6月15日の開花です。なお、当株自体は佐倉市内の高級老人ホームへ納入予約済みのものです。






寒河江(黄覆輪くろなみぎぼうし)Hosta fluctuana‘Sagae’
【栽培難易度:中】(特大型大葉・広葉、黄白色覆輪・薄紫系白色花・花茎;長・結実;○:発芽率 優・・・芽出し;早・成長度;中・伸長時期;春)------2000 Hosta of the yearを受賞。葉は波打つのが特徴。この品種は、山形県寒河江市の農家の畑で食用ギボウシを栽培中に見い出されたことはギボウシ愛好家の世界では有名、今ではアメリカをはじめとして鑑賞用のギボウシ№1になった。 単価 ¥800.

 以下は長文になりますが、アメリカのサイト Hostalibrary による 寒河江 の特性の詳細な説明になります。
Descriptions (from various sources):
=fluctuans 'Variegated' (former name, declared invalid).
=fluctuans 'Sagae'.
Hosta of the Year for 2000 (HOTY).
Benedict Garden Performance Award 2010.
Of cultivated origin, it was discovered near the town of Sagae in northern Honshu.
Was a legend in Japan long before it reached the West. One of the best hostas.
The name is pronunced: suh-ga-eh (Japanese don't combine vowels).
AGM.
24" tall. Part Sun to Light Shade. Emerges early in Spring.
Blue green center with bright cream margin. No garden is complete without one.
June brings lavender flowers.
1982 President's Exhibitor Trophy.
1987 Benedict Award.
1991 Alabama Hosta Society Award.
1995 Alex Summers Distinguished Merit Hosta.
Frosted green with irregular yellow margins.
Wavy. Pale violet flowers.
Large broad green leaf with brilliant gold margins.
One of the best available.
Despite the name change after the former name was declared invalid by the International Nomenclature Code, this upright vase shaped large hosta with a satiny blue/grey leaf and a very wide creamy border remains as the finest and most dramatic variegated hosta ever introduced! The pale lavender flowers top the 3' wide clump on 54" scapes in summer.
Broad leaves are frosted green with irregular yellow margins, outstanding plant.
This is my favorite Hosta, bar none. First of all it's unique, you can't mistake it and I don't know of anything else like it, and it hasn't been widely available for very long, so it's still fairly unusual. More important, it is absolutely stunning. I really believe that if you have a yard full of beautiful plants that includes a mature clump of fluctuans 'Variegated', it is likely to be the first plant people point to and say "What's that?" The leaves are large and heart-shaped, with wavy edges and prominent veins. They emerge bright green, margined in deep golden yellow, and later turn to a frosty, silvery gray-green while the margins turn to creamy white. Pale lavender flowers. Someone has decided that this plant should now be called 'Sagae'. Now why do they have to do things like that? I still like the old name and I don't like the new one so I am going to hold out for at least one more year.
Distinctive upright vase shape with long oval leaves that reach skywards. The foliage is moss green with frosty green hues and creamy edge. The leaves have a smooth, silk-like, look to them. A truly regal Hosta! Formally named Hosta fluctuans 'Variegated'. (Plant 24x20)
Very heavy substance. Frosted green leaf with creamy yellow, frequently indented margin. Pale lavender flowers. Good slug resistance. 10" scapes.
One of the best large variegated hostas. May need some protection in early spring.
Formerly known as H. fluctuans 'Variegated'. New name but the same wonderful plant! Heart-shaped leaves are frosted green with wide, irregular margins. The plant has an upright growth habit with an attractive wave. SUPER! Lavender flowers.
Blue-green leaves with 1/4" to 3/4" creamy yellow borders when in high shade. Underside of leaves have a grayish bloom. Pale lavendar flowers.

<ご注文に際して赤字下線部分を左クリックすると、別画面を開くことができます。>
 ※各品種の単価一覧表は、H30/3/13付けのこのブログで公開しています。なお、【ご注文にあたって】と【購入時、栽培上の注意事項】もお読みください。また、ブログのトップページからたどる等、必ず、最新の情報をお確かめください。
 ※ご注文、ご質問やお問い合わせは H・P有限会社グリーンワークスのお問い合わせフォームにてお願いいたします。
            

コメント

株分け作業後のギボウシです。

2018年04月26日 04時11分46秒 | ぎぼうし栽培日記
 わたしにとって今年は、ギボウシが好きで栽培を始めてから足かけ12年目になる。 花よりも葉を楽しむ、ちょうどギボウシの葉色、草姿、斑の入りかたもこれから5月の連休を過ぎて入梅前までの間は特に素晴らしいものです。緑色と言え、そのバリエーションの多彩さには魅入られてしまう。もし千葉や近県の方、または業務や観光で関東までお越しになる方の訪問を歓迎いたします。事前にご連絡を下さい。
 ここでは、現在、ギボウシは増殖や更新のための株分け作業を完了して10日ほど経過する。その画像をUPする。

          
 今これは、埼玉県のIさん注文分のギボウシの根株の調整作業後です。今回は大型のギボウシばかり。生憎と屋外は久しぶりの強雨です。自宅の濡れ縁にギボウシ苗を置きギボウシの水揚げ状況を見ているところです。ギボウシの姿や茎がピンと立っているかどうか、です。わたしとしては、養生期間として数日かけています。この後は発送直前に段ボール箱内に動かないように荷姿を整えます。ちなみに梱包サイズは120cmです。
          
 下段の画像と比べてみてください。株分けからちょうど10日目、みるみるうちにギボウシは青みを増し伸びていきます。今日は久しぶりの降雨です。
          
 これは、4月15日、除草も含めて増殖や更新のための株分け直後の状況です。この時期からしばらくの間は天気や日照条件を考慮して、各鉢は品種ごとの特性に注意し配置しなおしていきます。また競合する品種もありよくそれぞれの生育経過を観察します。

<赤字下線部分を左クリックすると、別画面を開くことができます。>
 ※各品種の単価一覧表は、H30/3/13付けのこのブログで公開しています。なお、【ご注文にあたって】と【購入時、栽培上の注意事項】もお読みください。
 ※ご注文、ご質問やお問い合わせは H・P有限会社グリーンワークスのお問い合わせフォームにてお願いいたします。
コメント

ギボウシの株分けをおこなう。

2018年04月14日 19時10分31秒 | ぎぼうし栽培日記
幸いにも4月に入ってからは好天続きで、ギボウシ鉢の各品種の生育状況をチェックして除草、鉢土の補充、株分けをする。これは鉢内でギボウシの根がまわり過ぎていて衰弱を防ぐ更新作業の意味あいもある。わたしの場合は露地ではなく全部がポット栽培だ。正味、一週間ぐらいかかった。こんなに徹底的に作業をするのは数年ぶりか。肉体的には断続的な腰痛、右手の親指が突き指状態である。
 わたしは経験的に、ギボウシの園芸作業をこの新芽が出て展葉する今の時期が、一年の内で一番重要と考えている。次に大事なのは初秋の9月頃の根の分岐を促す肥培目的などの作業だ。そして、お客様から注文があった時点で鉢上げや株分け後が(わたしはこの作業を根株調整としている)10日以内の養生期間を設けた上で発送している。用土は市販されている雑菌の少ない培養土単用である。
 世間に出回っている園芸関連の雑誌や本では、作業時期は施肥や株分けを地上の草茎部分が枯れた晩秋が適期とか記されているがどうだろう。ところで今年は珍しい冬で霜柱によって鉢土が盛り上がったりの被害が少ない。
 除草では画像で見られるように雑草の種類がシダ・山苔・銭苔やイネ科やキク科・ハコベなどの耕地雑草・チドメグサ・カタバミの仲間など10種類と、ほかの草花である水引き・ツワブキ・ムラサキハナナ・小鬼百合・虞美人草(ヒナゲシ)・ミヤマオダマキ・ハナニラ・セダム、野菜では大葉・ニラ、樹木は隣家や住宅地の近所の山林から入り込む南天・クロガネモチ・杉であるが、面倒だがすべて手抜きで取り除く。これらは風や野鳥が種子を運び込むのだ。また、生け垣であるプリベットなどの根が鉢底から入り込む場合もあって難儀する。時には驚くことに鉢内にミョウガの地下茎が入っていたりして伸びてくる。
 また、自家製で堆肥などは簡易的に落ち葉や剪定枝葉を詰めて空いた肥料袋で作っているが、今回の場合は製造がその前段階である腐葉土には同じ自然の材料を持ちいている。再生品の利用に心掛ける。用土は赤土。補充的に肥料分も含む野菜や花壇用のブレンドされた培養土を増し土に使用する。基本的にギボウシ栽培に化学肥料は使わない。鉢底には発泡スチロールの砕いたかけらを敷き込む。
 ギボウシ株は今までの栽培経験から、近年は管理が楽なので各品種ともおおむね大株で維持するようにしている。購入したばかりの品種の特徴の分からないもの、貴重なもの、栽培の難しいもの、繁殖力の弱い品種は、日照時間・散水のしやすさを考慮し、手の届く範囲内に置き・季節ごとの天候によりギボウシ鉢の配置を替えていく。
 今回は、株分けで増えた鉢数は21鉢、除草作業以外でケアした鉢数は80鉢程度になる。不明株は10鉢。最終的に888鉢をカウントする。

<赤字下線部分を左クリックすると、別画面を開くことができます。>
 ※各品種の単価一覧表は、H30/3/13付けのこのブログで公開しています。なお、【ご注文にあたって】と【購入時、栽培上の注意事項】もお読みください。
 ※ご注文、ご質問やお問い合わせは H・P有限会社グリーンワークスのお問い合わせフォームにてお願いいたします。

            


            

            

            

            

            

コメント

ギボウシ・寒河江 の出荷準備

2018年04月10日 06時43分29秒 | ぎぼうし栽培日記
4月に入り好天が続き、わたしは屋外で、連日、ギボウシの株分けをおこなう。
 ここでは「寒河江」を紹介、これはコバギボウシとともに知人の造園工事業者から品種指定の要望があり、ポット苗の荷姿をこしらえる。ギボウシという植物はある意味で趣味の世界、品種指定ではなかなか入手が難しいだろうと想像する。むしろ、山野草や盆栽などの愛好者の世界と言ってもいいくらいだ。
 2鉢を1芽ごとに株分けし21.0VPの4鉢に仕立てる。その際に誤って幼い芽に根部を付けずに切り離してしまった。ギボウシの世界で「寒河江」は大型性で気品のある貴重な品種である。そこで急きょ、微塵混じり赤玉土の挿し木床に挿したもの。つまり、新芽挿しである。わたしは、以前に葉挿しをおこない成功したこともあってその後の様子を見守っている。

<赤字下線部分を左クリックすると、別画面を開くことができます。>
 ※各品種の単価一覧表は、H30/3/13付けのこのブログで公開しています。なお、【ご注文にあたって】と【購入時、栽培上の注意事項】もお読みください。
 ※ご注文、ご質問やお問い合わせは H・P有限会社グリーンワークスのお問い合わせフォームにてお願いいたします。





 
コメント

黄葉するギボウシ

2017年11月28日 08時22分57秒 | ぎぼうし栽培日記
今年も来月になれば師走、もうすぐ初雪のシーズンである。
 ここで、わがギボウシに触れる。黄葉するギボウシは斑入り品種には見られず、青葉種に多い。このギボウシの類は、割と葉や茎もしっかりしており見事に黄色く色づく。ついでに、ニシキギと風知草の紅葉もアップする。
 これで、今年も見納めである。
撮影平成29年11月24日

●薫風 Hosta‘Kunpuu’
【栽培難易度:易】(大型大葉・青緑色・裏白;淡紫系花・芳香花・花茎;中・結実;?:発芽率?・・芽出し;極早・成長度;早・伸長時期;春?)----タマノカンザシ系。


●ハルシオン Hosta‘Halcyon’
【栽培難易度:中】(中型中葉・青紫(ブロンズグレイ)葉・淡グレイ白色花・花茎;短・結実;×・・・芽出し;中・成長度;遅・伸長時期;初秋)∩
             

●トウギボウシ(品種名:長大銀葉チョウダイギンバ・ヨウ)Hosta sieboldii ‘ChodaiGinba ’
【栽培難易度:易】(極大型大葉、カップ形・灰緑色、粉白、立ち性・淡紫色系白花・花茎;長・結実;×:発芽率?優・良・不良・・・芽出し;早・成長度;早・伸長時期;春?)----天竜やKrossa Regalに似る。生花で切り葉に利用される。
             

●セトウチギボウシ Hosta ‘pycnophylla’
【栽培難易度:易】(中型三角葉・灰緑葉・縁は波打ち、葉裏は白・薄紫色系白花・花茎;中・結実;○:発芽率 良・・・芽出し;早・成長;早・伸長時期;春)----山口県周防大島の自生種。
             





コメント

セトウチギボウシの花が咲く

2017年10月09日 18時47分13秒 | ぎぼうし栽培日記
今年は、10月に入ってもセトウチギボウシが咲いている。梅雨のころから天候もやや例年に比し異常気味だったが、そのせいか遅い開花だ。




●セトウチギボウシHosta ‘pycnophylla’
【栽培難易度:易】(中型三角葉・灰緑葉・縁は波打ち、葉裏は白・薄紫色系白花・花茎;中・結実;○:発芽率 良・・・芽出し;早・成長;早・伸長時期;春)----山口県周防大島の自生種。
コメント

ギボウシ・ブルーマンモスを入手

2017年09月19日 12時01分09秒 | ぎぼうし栽培日記
お盆も過ぎて一か月、陽気がいいのか悪いのかよくわからずの曖昧な天候が続く。そして、わたし自身の体調は不活性の日常が続いている。
 ところで、先日来、地元のホームセンターで気にかけていたギボウシの「ブルーマンモス」を購入した。¥2,980.という高額のせいで売れ残っていたらしく、思い切って入手した。実は、この品種は長い間陳列棚に置かれていて在庫値引きを待っていた代物である。
 この「ブルーマンモス」は国内のギボウシ専門書には紹介がなくて、かの国アメリカのサイトの hostalibraly で特性を確認する。
 今までのギボウシを振り返ると、主要な品種の入手については「タマノカンザシ」は近所の山野草を育てていた人から、また「スーパー寒河江」は単身赴任先の東北の道の駅で手に入れたり、食用ギボウシの最高級品の「天竜」はギボウシ展示会でもとめた。
 わたしの知人にギボウシフリークの市職員がいる、それで時には、お願いして株分けで何度か分けてもらった。わたしにはほとんど山採り経験はなく、それ以外は地元に数多くあるホームセンターから蒐集した。今年は5品種の追加し、現時点でのギボウシの総品種数は192種にのぼる。
 ちなみに、「ブルーマンモス」の販売価格は¥1,000.を予定している。
             
●ブルーマンモス Hosta ‘Blue Manmoth’
【栽培難易度:易】(超大型青丸葉・薄紫花;?・花茎;?・結実;?・・・芽出し;・成長度;遅い ・伸長時期; )---Aden NR sieboldiana系

※品種の単価一覧表は、5/5付けのこのブログで公開しています。
 ※お問い合わせはH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームにてのメール等でお願いいたします。
コメント

ギボウシの花々

2017年08月18日 02時23分52秒 | ぎぼうし栽培日記
撮影:2017.8.13 

             

             

             

             

             

             

             
※品種の単価一覧表は、5/5付けのこのブログで公開しています。
 ※お問い合わせはH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームにてのメール等でお願いいたします。
コメント

ギボウシ苗圃の整理作業に忙しい。

2017年05月12日 14時37分23秒 | ぎぼうし栽培日記
 ギボウシについてのあれこれを書く。ほとんどボヤキである。
 5月連休前からギボウシの苗圃の整理作業に忙しい。一昨年の今の時期は東北に行っていて不在、そのままになっていた。夏などは乾いた天気で、ずいぶんと大事にしていた品種が枯れた。
 厳密にいえば、ギボウシは品種ごとに生長パターンが異なる。幸いにして育成場所が半日程度の日照しか得られない半日陰ではあったが、数年来の作業はそのためにギボウシポットの置き場に苦心している。
[書き込み中]



 ※各品種の単価一覧表は、5/5付けのこのブログで公開しています。
 ※お問い合わせはH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームにてのメール等でお願いいたします。
コメント

ギボウシ・スーパーサガエ を再度入手する。

2016年10月31日 05時20分00秒 | ぎぼうし栽培日記
先日、帰郷した際にたまたま寄った道の駅で、ギボウシ 『スーパーサガエ』 を¥1250.で購入した。実はこの品種については昨年も同じ場所で手に入れたが、特性的に 『サガエ』 よりも繁殖力が遅いと思っていて在庫を増やしたかった。
 わたしは売る側であるがこういう仕入れもある。珍しい品種や入手困難な品種は見つけ次第、即時に買う。見逃すといつになるかわからないのだ。ホームセンターの売り場にはたまに出るが、掘り出し物の品種はこういう地方に行った場合や、山野草店に限る。その時は財布の中身をありったけはたいても買う。
●スーパーサガエHosta‘Super Sagae’
【栽培難易度:中】(中型大葉・黄覆輪・色;淡紫色系白花・花茎; ・結実;○:発芽率?・・・・芽出し;?・成長度;?・伸長時期;?)-------メリクロン増殖変異種(芽変わり)。オランダで育種。寒河江に葉の切れ込みが入る?。



**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、7/7付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント

大型ギボウシです。

2016年09月09日 05時39分08秒 | ぎぼうし栽培日記
この頃、8月半ばから続いている長雨や台風が今後どうなるのか。台風9号では東日本大震災以来になるが、わが家では半日停電になった。しかしながら暦の上では、白露 も過ぎて今日は重陽の節句だ。
 わがギボウシも花が終わりに近づく。ここでは、大型になるもの、大葉の品種を4種アップする。

撮影:平成28年9月8日









●セトウチギボウシHosta ‘pycnophylla’
【栽培難易度:易】(中型三角葉・灰緑葉・縁は波打ち、葉裏は白・薄紫色系白花・花茎;中・結実;○:発芽率 良・・・芽出し;早・成長;早・伸長時期;春)----山口県周防大島の自生種。

●サムアンドサブスタンス Hosta ‘Sum and Substance’
【栽培難易度:中】(超大型大葉(葉裏-銀色)・照葉クリームイエロー色・淡紫色系白花・花茎;短・結実;×-・・・芽出し;早・成長度;早・伸長時期;春~初夏、初秋)∪--黒ギボウシ系とウラジロギボウシの交配種。ウィルスに罹患している株が出回っているので、要注意。

●シーボルディアナサンダーボルトHosta sieboldaina‘Thunderbolt’
【栽培難易度:難】(大型丸大凹凸葉・葉肉厚・黄中斑・白色花・花茎;中・結実;○:発芽率 優・良・不良・強健種・・・芽出し;遅・成長度;遅・伸長時期;春?)----オオバギボウシ系・エレガンスの変種。

●ブルーエンジェルHosta‘Blue Angel ’
【栽培難易度:中】(特大型中葉・灰色がかった緑色・淡紫色系白花・花茎;長・結実;○:発芽率?優・良・不良・・・芽出し;極遅・成長度;極遅・伸長時期;春?)----美しいブルーがかった灰緑色葉。葉長が50cm近くにもなる大型種。本来の大きさになるには2~3年かかるが、あらかじめ植付けスペースが必要になる。オオバギボウシ系。
                   
**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、7/7付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             

コメント

タマノカンザシの花が咲く。

2016年09月02日 18時17分19秒 | ぎぼうし栽培日記
こんなことは初めてであったが、ブログ開始以来(10年に及ぶか!)、8月は一切記事更新をしなかった。わたしがとりたてて忙しいわけでもないのだが、結果的にFacebookに樹木医関連の記事の書き込みが多いことになったのである。まあ、日常的には樹木医の活動とか、時候や時事的には台風やオリンピックがあり、日数があっという間に過ぎてしまった。実は、平日よりも土日が忙しい。

 それはさておき、いよいよ、ギボウシの花も終盤です。いずれも一日花。今の遅く咲く品種は「タマノカンザシ」、「薫風」です。中でも白花の タマノカンザシ は夜開性で、玄関の花瓶にさしているのですがオーデコロンのような引き込まれる香りを発します。
●玉の簪 Hosta plantaginea var. japonica
【栽培難易度:中】(中~大型大細長葉・淡緑色・白色花・花茎;長大・結実;×・芳香花(一重咲き)・・・芽出し;早・成長度;早・伸長時期;春?)★----マルバタマノカンザシより全体が小さい。葉幅が細身。新芽が紫がかる。
●薫風 Hosta‘Kunpuu’
【栽培難易度:易】(大型大葉・青緑色・裏白;淡紫系花・芳香花・花茎;中・結実;?:発芽率?・・芽出し;極早・成長度;早・伸長時期;春?)----タマノカンザシ系。

撮影:平成28年8月26日                    
           


       


**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、7/7付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント

ギボウシ・スーパーサガエの開花

2016年06月24日 15時17分28秒 | ぎぼうし栽培日記
今は梅雨の真っ最中、ギボウシ スーパーサガエ も開花した。この品種はひょんなことから昨年の今頃に入手、淡い紫色の花が咲いた。

●スーパーサガエ Hosta‘Super Sagae’
【栽培難易度:中】(中型大葉・黄覆輪・ 色;淡紫色系白花・花茎; ・結実;?:発芽率?・・・・芽出し;?・成長度;?・伸長時期;?)-------メリクロン増殖変異種(芽変わり)。オランダで育種。寒河江に葉の切れ込みが入る?。

撮影:平成28年6月24日 14:00過ぎ                   
                   
                   

**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント

ギボウシ・アバダバドゥの変異種

2016年06月15日 16時00分11秒 | ぎぼうし栽培日記
ギボウシは突然変異種が多いことで知られている。今回は、ギボウシ・アバダバドゥについて記したい。この現象を初めて確認したのは平成24年の5月、その後2回にわたり株分けし変異株を2株の別のポットにした。下の画像でご覧いただくと分かるが、同じ株の内で一枚の葉の主脈に沿って半分が黄緑色のうぶに片方が全緑(切り斑状)、及び支脈に沿ってうぶが入り(縞斑状)、また一枚の葉の全体が黄緑色の葉が出現する。芽変わりと言うらしい。この アバダバドゥ は葉形も含めて幾何学的にスッキリしたデザインだ。全く珍しい葉の特徴あるギボウシになる。
 以前には サガエ にも芽変わりという現象があったが、安定せずにいつの間にか消えた。わたし自身はギボウシの交配や育種にはあまり関心がないのだが、確認して以来今年で4年目になり、遺伝的に形態が安定してきたのかなと判断している。どうやら、世界に唯一の新しい園芸品種として発表し命名することになりそうだ。例えば、 ≪半月≫ とかどうだろう。この場合は世界最大の園芸団体であるアメリカギボウシ協会(AHS)に登録申請する運びとなりそう。また、必要であれば一般への頒布は来年以降に考えたい。
 わたしなりに、資料的には権威あるAHSや 、「Hosta Library」の英語ウェブサイトにあたってみたが、該当する品種が見当たらない。いずれ、「日本ぎぼうし協会」に鑑定をお願いする予定である。
 どなたか、同じ栽培経験のある方はご意見をお寄せ願いたい。

 下段にこの本来の品種の特性、栽培メモとその履歴を付す。         
                 
                
                 

◎アバダバドゥ Hosta‘Abba Dabba Do’
【栽培難易度:易】(大型・大葉・緑葉、黄糸覆輪・薄紫色系白花・花茎;中・結実;×:・・・芽出し;遅・長度;早・伸長時期;春?)----Sun Powerの突然変異種。
200611 H・Cにて購入、→1
200627株分け1→2
⇒21.0vp--1    6号プラ鉢--1              
210905鉢替え1→1
⇒6号プラ鉢--1→21.0vp--1               
221019株分け1→3
⇒21.0vp--1→ 21.0vp—1 15.0vp—1 13.5vp—1
230521株分け1→3
⇒8号プラ鉢--1→21.0vp —215.0vp—1
23521出荷→1                           
230605 株分け1→2
⇒21.0vp—1
240501 株分け1→3
⇒13.5vp—1 12.0vp—1
240503出荷→1
240519 株分け1→3(芽変り2株あり)
⇒8号プラ鉢--1 13.5vp—1 12.0vp —1
280418株分け1→2
⇒1→ 21.0vp—2 計 9株

コメント

ギボウシ・サンダーボルトの花が咲く。

2016年06月13日 09時00分41秒 | ぎぼうし栽培日記
今は梅雨の真っ最中、ギボウシも早い品種は開花し始める。ここではギボウシ・サンダーボルトの純白の花が咲いたので画像をアップする。
●シーボルディアナ サンダーボルト Hosta sieboldaina‘Thunderbolt’
【栽培難易度:難】(大型丸大凹凸葉・葉肉厚・黄中斑・白色花・花茎;中・結実;○:発芽率 優・良・不良・強健種・・・芽出し;遅・成長度;遅・伸長時期;春?)----オオバギボウシ系・エレガンスの変種。
                   
                    5月中旬過ぎ
                   

**** ** ****** ** *****
●各品種の単価一覧表は、4/21付けのこのブログで公開しています。クリックしてみてください。
●今までのギボウシの育成や繁殖、自家栽培については、このサイト左側の、 カテゴリー [ギボウシ栽培日記] などをクリックするとご覧になれます。  
●ギボウシの販売は当ブログのみでおこなっております。価格面や数量については、お問い合わせするか、カテゴリー [草花ナーセリーWeb直販コーナー] をクリックし日々の書込み履歴をご確認願います。必ず、最新の情報をお確かめください。
**** ** ****** ** *****

 ※品種の鑑定、購入の受付けやコメント、お問い合わせに際しての連絡は、ハンドルネームにて下段のコメント(0)をクリックし書き込むか、少々面倒ですがこちらのH・P 有限会社グリーンワークスから入り、お問い合わせフォームに書き込み送信をお願いいたします。必ず、返信をいたします。再確認を必要とされる場合がありますので、その際は、社会マナー上最低限必要な、氏名と電話等を明記してください。提供された個人情報は厳守することを確約いたします。
             
コメント

こちらも・・・

blogram投票ボタン