うめちゃんと薔薇三昧の田舎暮らし

ミニチュワダックスうめちゃんと薔薇、庭の花々との
生活を楽しんでいます

冬に入る

2018-11-10 10:57:11 | 季節

冬に入った

立冬は過ぎたがが暖かい日が続いている

数日で紅葉がすすみ

対岸の山々の風景も少しずつ冬に向かっている

洗濯物を干しにベランダに上がってみると

うろこ雲が続いている

見る間にふわふわの綿菓子みたいになった

 

庭にも秋が深まってきた

       

ヘンリー蔦も綺麗に紅葉してきた

飛んできたカサゴユリの種も色付いてきた

この房一つで数えきれないほどの種が入っている

でも置いておこう

 

 花友から来たマユミがやっと3こ色付いてきた

緑の中で一際目立つ

 

冬薔薇が少しだけ青い空に綺麗

玄関のまばらに咲いてた花を来春を夢見て

植え替えて少し気持よくなりました

 

11/4(日)ミニコンサート

            

練習嫌いのmも参加  楽しい一時を楽しませてくれました

帰りはは吉野川を背景に明日の天気を

約束してくれるかのような

素晴らしい夕焼け

 

 

 

 

コメント (2)

秋日和

2018-10-28 12:08:10 | 季節

 

少しずつ秋が深まり

所々に紅葉を見ることがある

色付いた葉と青い空のコントラストに目入ってしまう

今年は生り年か何処の渋柿もたわわ

散歩の途中に在所に一つの稲架掛け

いつの間にか済んでいた

殆どお爺さん一人で何時も頑張っている

太陽の恵みで美味しくなる稲架掛け

田んぼの間の少しの岸にも

必ず3種類の野菜が連作しないよう四季通じて植えられている

大きい声では言えないが我が家より後から植えても大根は何時も大きい

 

湿原に行って来た

標高の高いここは秋も深まり里より大分紅葉が早い

湿原を案内してるくれるかのごとく

木道を先々進んでいた

赤とんぼ

暫く案内してくれた

さぎ草の時もいいが今の時期は蛇がいないのが良い

カエルを見たのでまだまだいるかもしれないが見無くて良かった

木道の傍の色んな雑草も紅葉している

 草紅葉というらしい

           

 

 

至る所にリンドウが咲いていた

秋晴れの空の下でひときわ美しい

 

何個かある池には水蓮が沢山植えられて

近くの小学校やボランテイアの方がお世話されているようです

以前時より道路等も整備されている

先週はお祭りだったらしい

お祭りの時は何時も松茸うどんが売られてますが

残念ながら今日はお休みでした

1時間くらいかけて1周した いい運動になる。。。

おにぎりが美味しかった。。。

ぶっつけ本番の絵手紙

 

書くよう持って来てくださった題材

今度こそはと思うが

何時もの事 旨く書けない

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)

日日是好日

2018-10-16 10:52:05 | 季節

    何時しか秋も深まり上着を羽織らなければ寒い時期になってきた

夜にはひざ掛けが丁度よくなってきた

あの酷暑と言われた暑さも懐かしい気もする

親の居る時は毎年お祭りが来たらコタツコタツと言ってたのを思い出す

柿の葉が落ちている

 

柿を「書きなさいよ」と届けてくれた

紅葉した柿の葉は赤いのもあれば黄色いのもあり色んな色が重なっている

踏みつけて歩くのにはためらってしまう程。。。

 

先日季木希林さんの遺作の映画を見てきた

よかった

楽しみにしていた

黒木華さんは好きな女優さん 

人生の静かに流れる傍らに何時も茶道があり

 

季節の移ろいその中で

 

茶道を通して色々な経験をしながら年月もたっていく。。。

お床にかかる掛軸。。。季節の言葉。。。

 

この間NHKのドキュメンタリで放映されていた

この頃は希林さんもしんどかったんだろうと思われる部分があった

 

我が家も少しずつ秋が深まっている

 

 

 

春からず~と咲いている

サハラとアルテシモ春とは違った色合い

秋は少し濃くなる

どちらも青空に映えている

秋の草花も咲いてきた

 

 

コメント (7)

すすき

2018-10-07 13:16:50 | 季節

ススキの穂が立ち上がる頃になると

廻りの草花も少し紅葉の兆しが見えてくる

久し振りに青空が見えてきた

家の横の空き地の芒は昨日までの雨に打たれていた

芒は少し雨を残して日に光っている

こんなのがあった

 山は暮れて野は黄昏の芒かな   蕪村

紫陽花も秋色に渋く変わりかけている

山の幸もとどいた

絵手紙に書きなさいよ ってアケビが届いた  

バタバタしてるうちに変色しているが丁度食べごろかな

薔薇の木の下ではぷくぷくのミョウガもできていた

 

秋は忙しい

短冊展もあった

好きな句がいくつかあったがその中の一句

 何時までも手を振る母のちゃんちゃんこ 

親の娘思う気持ちや母を残して帰る寂しさもも見えるような。。。

久しぶりのランチ     大きな窓からみえるケヤキの木に癒されながら

         のんびりした一時でした

近所の家の窓に映るは夕焼けで茜色に染まっていた

台風はそれて行ったようだ

 暑かったり寒かったり

先週延びていた運動会は出来るようで一安心

 

 

 

 

 

コメント (4)

稲稔り

2018-09-23 14:21:33 | 季節

 

風が秋を運んできた

元気な御祖父さんの田も稲刈りが近づいてきた

年々高齢になり少なくなって近くではあまり見なくなっている

散歩の途中にある数少ない稲田

かなり垂れてきた

 

通路には雀たちがもう近いであろう稲穂を見て

ピーチク パーチク

何やら段取を話しているようで近づいて行くが

話はまとまっていない様子 

ちょっと失礼

    

我が家の農夫さんの畑

雨が多くて何もかもが遅れてやっと大根も蒔いて畑らしくなってきた

 フジバカマ洋名はニューパトリュウムだったかな。。。

綺麗な薄紫で塊に咲く

   

庭もヤブラン・シュウメイキク・ヤマゴボウ

日に日に秋らしくなっているが荒れ放題になった庭

何処から手を付けていいやら。。。

畑の畦には彼岸花が咲いてきた 

まだ不揃いで所々塊になって咲いている

詩情を感じるためか曼珠沙華と呼ばれるほうが多いそうです

 

四方より馳せ来る畦の曼珠沙華 中村 汀女

キッチンのテーブルクロスも秋らしく変えてみた

 

Mの運動会

敬老会と重なって行けず写真で見せてもらったが

服装が同じなので写す方も中々難しい

アップルパイを土産にした

味はまあまあだが出来栄えはもう一つ

秋らしい夕焼けが見えた

飛行機雲が箒で掃かれたようになってきた

友の話では綺麗に十三夜が見えたらしい

明日は十五夜

見えるかな。。。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)