神奈川まちづかい塾

まちの歴史、自然、生活文化(家屋や庭も)を伝え続ける活動です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山鳴庵だより 31

2015-06-17 | 都筑プロジェクト 山鳴庵便り
2015年6月14日(日)定例清掃

梅雨の晴れ間 少し汗をかきながら清掃。
蹲の水音 鶯のさえずり 深山にいるようなひと時。
障子をあけ放ち、額縁の中にみどりの景色を楽しみながら
抹茶を頂く。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

土かべのはなし 都筑プロジェクト30

2014-09-21 | 都筑プロジェクト 山鳴庵便り
2014/9/14 定例清掃と「土かべの話」

定例清掃後、
第1回土かべ 左官の話 
 「山鳴庵の会」山口明さん


歴史と特色について
左官の語源は宮中の営繕を行う職人に与えられた官位(属:さくわんで左官はその当て字)です。
右官と左官があり、右官は木にかかわる職人、左官は土にかかわる職人と云われていますが文献にはありません。

漆喰は日本では大量に生産される石灰が原料であったが、高価な米粥糊を使用していたため宮中・寺社など限られた場所で使われていた。
しかし耐火性にすぐれたことで富裕層の住宅では蔵・土蔵などで使われた。

戦国時代に入り、鉄砲の伝来を契機に鉄砲でも貫通しない30cmの厚さの土壁が城郭に採用され、さらに耐火性の漆喰を上塗りしたが、安価にするため海藻糊が採用され飛躍的に漆喰の採用が増えた。

時代が下がり数寄屋つくりの茶室が興隆し、千利休が高級な紙・板内壁に替えて
ワビ・サビを表す土壁や大津壁(土と漆喰を混ぜた材料で最高の技能を必要とする工法)などを普及させた。
江戸時代には振袖大火等の大火が多発し、その対応のために庶民で採用することが許されなかった
その後土・漆喰内壁が茅製の壁に使用することが許可されて左官工法が隆盛し浮世絵にも左官が登場した。

明治時代には外来・産業革命で表層技術は多様化し、レンガやタイルなど職能の分化、
また輸入されたセメントを使用した洗い出しや外国の技術を応用した漆喰型抜きなど
新しい技術が登場した。

現在は、施工、完成に時間がかかることから工場で規格品をつくり現場で組み立てるだけのボード等の乾式の家づくりが主流となっているが、循環型環境やデザイン性を重視され土壁・漆喰など従来の工法を望む声も出てきた。

海藻のり、土かべの原料、コテ台、様々な「コテ」、磨き上げられた見本の壁、泥団子など初めて見るものばかり。
最後はおいしいお菓子で一服。

次回は、土壁の話後半とお待ちかね「泥団子つくり」の予定です。

             






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

茶杓つくり 都筑プロジェクト 29

2014-09-02 | 都筑プロジェクト 山鳴庵便り
2014/8/31 茶杓をつくってお抹茶を点てよう

多ヶ谷美津子先生から茶杓つくりのレクチャーを受け、さっそく取り掛かる。
細かい作業もあり、真剣な表情になる。
2時間ほどかかって出来上がり。

         

自分の茶杓でお茶を点てて頂く。
今日のお菓子は春月堂の月夜 川風 玉菊 水の音

 

前田さんの95歳のお誕生日もお祝いしました。

   -->
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

障子張りワークショップ 都筑プロジェクト28

2014-07-16 | 都筑プロジェクト 山鳴庵便り
2014.7.12 山鳴庵定例清掃and障子張り替え

梅雨の晴れ間障子張り替えのワークショップを行った。
午前は剥がし、午後に障子紙を貼る。
テキストに沿って必要な道具の説明。ノリ刷毛、よく切れるカッターナイフ、カッターガイド 
左端は布裏打ち用狸の毛刷毛

 

 
ほこりを払って、スポンジに水を含ませ、桟に沿って水分を与える。
ざぶざぶ洗うと桟の変形、乾きが遅くなる。
2,3分置いて下からゆっくりはがす。
あとでアクが出てきたりするので、桟はしっかり掃除する。

   

乾くまでしばし休憩。
お抹茶を頂き、雑談。



糊は下から上に、桟を先、最後に周りを糊つけ。
糊刷毛はリズムを取りながら糊を均一に置く。
紙を一気に転がして張り、桟の部分を中から外へと軽く抑える。
角から全体に紙を軽く引きながら張りを出す。
カッターはねかせて、抑えの指間隔とずれないように使うとよい。
「紙じゃくり」に合わせて切り取る。

     

建てつけも調整して出来上がり!

  




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

関家住宅見学会 都筑プロジェクト27

2014-07-16 | 都筑プロジェクト 山鳴庵便り
2014.6.20  国指定重要文化財 関家住宅見学会
 ~東日本最古級の民家~

横浜市都筑区勝田町の「国指定重要文化財 関家住宅」の見学を実施しました。
内部は非公開なのですが、庭の写真は撮ることができました。
関さんから住宅の話、こどもの頃の思い出などを伺いながら1時間半ほどでしたが有意義な見学をすることができました。

   

関家住宅は、
昭和36年の夏、横浜国大の学生によって発見され、横浜国立大学の大岡実先生、文化庁の伊藤延男先生、横浜国立大学名誉教授・日本大学工学部客員教授関口欣也先生によって昭和41年に主屋が重要文化財に指定されました。(有隣堂「有隣」Web版より)

関家住宅の座談会が下記に掲載されています。
有隣堂「有隣」Web版 平成16年2月10日 第435号 P2~4参照ください。
http://www.yurindo.co.jp/static/yurin/back/yurin_435/435_2.html 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする