サーフィンに医学のメスを!

整形外科医/医学博士イナダクニマサのブログ

新型コロナウイルス感染症禍の今思うこと

2020-06-14 | My surfing life

 COVID-19は、
今や世界中で800万人近くが感染して43万人が死亡したという大惨事であり、私自身これまで経験したことがない日本政府による緊急事態宣言にともなう外出自粛生活は、人生において何か大きな節目となったような気がします。
 仕事においても日常生活においてもこれまでと様々なことが一変して、あれこれ戸惑うことが多くいろいろなことを思いました。そんな思いがまとまらず、なかなかブログを書く気になれなかったのですが、自分の頭の整理のために思っていることをちょっと書いてみようと思います。

その1、仕事・医学
 多くの社会活動が止まり、医療活動でも感染者対策以外での一般の医療も大きく制限された状況となり、一般の医者としてはある意味仕事は暇であると同時にやりがいを失った状況となりました。

 さらに医者は患者さまの病気を治すだけでなく、医学研究者としての活動もしているなかで学会などでの医学研究における「脳活動」が停止し、このままで大丈夫かと本当に不安になります。あらゆる学会・研究活動の中止・延期というのは、今だかつて無い医学の危機のように感じます。

 私自身医師としての仕事は、南房総地域から出ることなくこれまでと変わりなく続けてこれて何も不都合無かったことは幸せだと実感しています。しかし、今年もいくつかの学会・研究会で研究発表や講演を予定していて、サーフィン医学に関する原稿執筆もいくつか抱えているのですが、これまでは日頃常にいろいろなアイデアを頭の中に思い描いていて、さらに常に「締め切り」の意識でお尻にパイロットバーナーのように小さく火がついていたのですが、それらが一切パッと無くなってしまって茫然自失といった気分に陥りました。

 もちろん、外出自粛でも医学論文ならいくらでも書けるはずなのですが、そのモチベーションが全く立ち上がってこない自分が情けなく思います。秋にはいろいろな学会の再開が見込まれているのですが、果たしてこの怠け切ってしまった自分の中にまた火が点るのか少し心配です。

つづく・・・
(読んでくださった方には、暗い話になってしまってスミマセン)

コメント

COVID-19と犬曜日

2020-03-28 | Dog & Life

新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい

史上初となるオリンピック開催の延期が決まった昨今

国民の外出やイベント等の禁止など

ありとあらゆる人間の活動が世界レベルで停止しています。

経済的にも

リーマンショックなどと比較もできない

これまで経験したことのないような大変なことが起こるはず。

われわれ日本人は

先の東日本大震災で

甚大な津波被害とともに

原子力発電所のメルトダウンという

これまで想像もしてこなかった大災害を経験しためか、

未知のウィルスのパンデミックが世界中で加速し

多くの死者が出ていると報道されていても

どこか呑気な風潮でいるような気がしているのは私だけでしょうか。

 

そんな中

南房総の田舎で暮らしている私たちは

通勤で満員電車に乗る必要もなく

仕事と愛犬の散歩、サーフィンを

今まで通り普通に続けられているのは

本当に幸せなことだと実感しています。

 

さて

最近のジロ&クマ日記です。

車で一緒に出かけられるようになって

毎週末彼らが楽しいと思えるようなドライブに行っています。

3/15は

館山のマーレ動物クリニックへ

ワクチン接種に行った後

城山公園を散歩

そのあと安房神社経由で帰ってきました。

まだ桜は全く咲いていませんでしたが

一緒に花見に来ようと心に誓いました。

 

クマは

右目が失明しているのですが

藪にガンガン頭を突っ込むので

目を保護するためにサングラスを買いました。

ゴーグル型はレンズを交換できていいのですが

嫌がって外してしまいます。

ジョガーがするナイキのサングラスのようなタイプは

目の周りに違和感がないようです。

 

3/20は

鴨川へドライブ

初めて魚見塚一戦場公園へ行ってきました。

そのあと

仁右衛門島付近を散策

ゴリラ岩を初めて見ました。

毎週日曜日は

朝から晩までジロ&クマ主体の

犬曜日」なんです。

コメント

千倉高塚山にて

2020-02-26 | Dog & Life

競技スポーツとしてのサーフィンのスポーツ医科学」がテーマのこのブログですが、

このところ犬の話題ばかりでスミマセン

このところ新型コロナウィルスの猛威が報じられておりますが、

都会で人混みに交わることなく

田舎の南房総でのんびり犬と過ごしております。

 

そんな元保護犬のジロ&クマですが、

ドッグトレーナーさんのお陰で

とうとう車に乗せて出かけられるようになりました。

少しずつドライブの距離を伸ばしているのですが、

よく晴れた先日2/23に千倉の「高塚山」へ犬たちと登ってきました。

大分前にタロウとも登ったことがありましたが、

今回登った道は台風被害での倒木がおびただしく

当時の大変だった様子がうかがえました。

短足なクマと足長のジロは抜きつ抜かれつ登って行きました。

標高212mなので結構すぐに頂上に到着

頂上からは千倉の海岸と町が見下ろせてとてもキレイな景色です。

千倉出身のハリウッドスター早川雪洲もここを訪れたとか

クマちゃんもちょっと満足げかな?

そのまま犬たちにとっては初めての「道の駅ちくら潮風王国」へ

ジロ&クマはたくさんの子供たちに頭を撫でられました。

車は職場のひとつ「七浦診療所」に停めさせていただき

犬たちと記念撮影

 

これからも

いろんな所へ連れて行ってやりたいと思います。

コメント

河津桜 2020 w/J&K

2020-02-11 | Dog & Life

先日の2/9に

早くも河津桜が見頃となった

千倉の金剛院へ

ジロ&クマと共に初花見に行ってきました。

2018年2月まで

タロヤンと毎年花見に来ていた場所です。

 

二匹にとっては

始めて行く遠い場所でしたが

何とか桜をバックに写真が撮れました。

帰りは

白子海岸へ抜けて

クマはちょっと嬉しそうでした。

これからも

タロウと行った色々な場所へ

ジロ&クマを連れて行ってやりたいと思います。

コメント

2020(令和2)年の年始に

2020-01-31 | My surfing life

つい最近

2020年が明けたと思ったら

あっという間にもう

明日から2月!!

年をとると

どんどん時間が過ぎるのが早まっていくのを実感します。

 

そんな2020年は

もちろん東京オリンピックのサーフィン競技が千葉県で開催され、

Surfing Medicine International(SMI) の"World Conference Surfing Medicine(WCSM) 2020"も

初めて日本の勝浦で開催されます。

オリンピック後の秋には

「日本臨床スポーツ医学会学術集会」が宮崎で開催されます。

 

どのイベントでも

サーフィンドクターとして

宮崎のDrコジとともに活動させていただく予定です。

我々「サーフィン医科学研究会」は

競技スポーツとしてのサーフィンの発展のために

10年以上に渡りプロサーファーに対する診療やサポート活動を続けてきた訳ですが

今年はさらなる発展の年にしたいと思います。

 

そんな

私個人の

2020年1月のスナップです

令和2年元旦

自宅前の光景

 

近所の三島神社にて

ジロ&クマとともに

「明けましておめでとうございます」

 

暖冬とはいえ

ワンコ用の対策はOK

 

二匹は本当に仲良しです。

破壊王を

綿で埋めてみました

 

今年もよろしくお願いいたします。

コメント

令和元年の大晦日に

2019-12-31 | Dog & Life

2019年も今日で最後となりました。

今年は、我が国日本が平成から令和へと新たな時代に移行したとても意味のある年でした。

同時に、度重なる台風被害でバタバタとアッという間に過ぎていった一年だったような気がします。

2009年からずっと続けてきたサーフィン競技における

選手のサポート活動や医科学研究活動もますます充実してきた感があります。

オリンピック・イヤーの2020年は、

Surfing Medicine InternationalのWorld Conferenceも千葉県の勝浦で開催される予定で

オリンピックのサーフィン競技も含めて色々と忙しくなりそうです。

 

そんなわが家での今年1年を振り返ってみると

やはり新たな家族となった「ジロ」と「クマ」に

本当に振り回されるとともにたっぷりと愛情を育んだ年でした。

野犬問題で話題となっている山口県周南市から引き取った保護犬の2匹です。

昨年亡くなったタロウのことを考えて、

次は多頭飼いにしようと思っていたところ

4/23ボランティアさんから引き取ってトライアル・スタート

これからどんなことになるのかお互いに不安でいっぱいでした。

その後もちろん飼うことに決めて南房総市に登録

野犬なので脱走の危険性があるため、初めは2匹とも散歩は家の敷地内だけでしたが

一緒に暮らし始めて2か月もすると普通に外を散歩できるようになりました。

今では同時に2匹を連れて散歩できます。

ジロによる家の破壊行動はまだ収まりませんが

今や二匹とも

かけがえのない大事な家族です。

こうした野犬が居なくなる世の中を

少しでも早く実現出来るよう皆で力を合わせないといけないですね。

 

来年もよろしくお願いいたします。

コメント

2019年臨床スポーツ医学会学術集会

2019-11-27 | Surfing Medicine

少し前の話題ですが

我々は今年も「第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会」において

サーフィンに関する医学研究発表を2演題行ってきました。

初日は

サーファーの膝半月板損傷に対するサーフィン用アーチサポートの有用性」というテーマで、勝浦整形外科クリニックの五味PTがポスター発表しました。

ライディング中に後ろ足の膝がknee inするサーフィンでは、回内足症候群や筋力不足が合併してknee inが強くなるとサーフィン復帰が難しくなり、こうした症例に水の中で使える足装具による下肢アライメント矯正が有効であったという内容です。

2日目は

サーフィン競技における中足部外傷の特徴とその予防について」というテーマで、サーフィン医科学研究会の松本PTがポスター発表しました。

2009年からずっと続けてきたプロサーファーの大会サポートと診療のなかで蓄積してきた1800件を超える選手の身体に関する膨大なデータから得られた成果です。

2014年以降大会においてエアリアル系の技が増えたことに伴って、そうした高度な技の着水に失敗した際に前足の中足部に生じる特徴的な靱帯損傷や骨折です。

これまで我々以外からは国内外を含めて全く報告されていない、本当に貴重なスポーツ傷害の報告です。


今後もさらなる「競技スポーツとしてのサーフィンのスポーツ医科学」研究を進めていきたいと思います。

 

おまけ

2020東京オリンピックで

東京でマラソン競技を行うことの危険性をはっきりと示したプレゼン

本当に納得しました。

コメント

2019年のプール終了です。

2019-11-13 | My surfing life

2019年の夏もとっくに終わり

今年もプールの片付け作業を11/9&10で行いました。

この巨大プールの片付けには、

良く晴れてプールが飛ばない程度の程よい風が吹く連続した2日間が必要なので、

その日程の判断がとても重要です。

今年のプールは

あの大変な台風の被害にもよく耐えて、最後までとても綺麗な状態を保つことが出来ました。

来年のための自分へのメモとして経過をアップします。

11/9

9:21 プール片付け開始と判断。さあ、勝負!

9:32 ポンプなどの部品を外して排水開始

13:27 ポンプも使ってほぼ排水完了

 

14:34 プール内部を高圧洗浄機で何度も何度も洗浄

 

15:46 内部に残った砂粒と水はRYOBIの集塵機で吸い取って乾燥させます

16:03 明日の作業に備えて椅子を並べて今日は終了

 

16:05 取り外したポンプなどの部品

 

11/10

7:57 昨夜から朝まで風もだやかで朝露も無く、プール内部はとてもキレイな状態

9:24 16本の支柱を椅子で持ち上げてプールの底面掃除開始

12:50 下には丸テーブルを置いて下に潜り込んで洗浄機で洗浄し、乾燥を待ちます

12:51 プール側は乾いてもグラウンド側がなかなか乾かないので、雑巾で拭きます

13:55 全てやっと乾きました!

14:04 ここからは一気に分解(この時スリーブから結構水が出ました)

14:20 上部のパイプを抜いてプールを畳みます(一人では無理)

14:32 畳むのにも思ったより時間がかかります

14:37 折り畳めました!

14:39 プールの無い何だか寂しい光景となりました

来年も

プール設置の時はお手伝いヨロシクお願いいたします。

コメント

台風15号の爪跡、そして人々の心の温かさ

2019-09-30 | My surfing life

令和元年の9月は

2人と2匹の家族で

台風15号の被害から立ち直って不自由なく暮らしております。

というか

ジロ&クマ2匹の

人間との平和な暮らしへの「適応」能力の凄さに日々驚いています。

 

それにしても

今回の台風15号の南房総への被害は甚大なもので

千葉県南部地域の台風前までの状態への復興は

本当に長い道のりのようです。

テレビではなく

実際に被災地を訪れると

本当に悲しい気持ちになります。

そして

多くのボランティア活動の皆さんの心暖かい活動には

本当に頭が下がる思いです。

僕は医者として

被災した住民への医療を頑張っていきたいと思います。

コメント

千明おじさん

2019-09-08 | 脊椎外科医として

今日は叔父の葬場祭でした。

神道なので

明るい雰囲気の葬儀でしたが

僕の親父の葬儀の時以上に涙が出ました。

(秋田犬タカ)

叔父は僕にとって

医者としての本当の父親みたいな人でした。

叔父は

千葉大学医学部の先輩であり

僕は子供の頃から医者になるまでずっと叔父の生き方を見て育ちました。

今の僕の医者としての

いろいろな人々とのかかわり方は

知らないうちに叔父から学んだものだったようです。

 

叔父の

カッコいい最後の姿は

当分僕の頭から離れそうにありません。

 

「千明おじさん、今まで本当にありがとうございました」

コメント