徒然なるままに水彩画日和

四季折々の自然を感じて、日々感動しています。

登山道の黄葉

2022-11-24 09:32:57 | 水彩画

奥多摩の山小屋までの通い慣れた通勤道‥いや登山道。

最初の水場から少し上がった場所。

カエデ類の黄葉が遠くから眩しく輝いていました。

見慣れた風景も四季によって

新しい感動・発見があるから嬉しい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

庭の晩秋

2022-11-21 10:44:12 | 水彩画

ぼんやり眺めていた、庭の枝と葉の枯れ具合。

葉っぱの色合いが面白そうなので、

水彩画に。わずかな時間だけど、

滲みとぼかしの効果が楽しい作業。

身近でも深まりつつある秋を満喫。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山小屋のネコ

2022-11-20 16:03:16 | 水彩画

今やすっかり人気者になった、

奥多摩の小さな山小屋のネコ。

ストーブのまわりでは宿泊者が自炊しながら談笑し、

外では月あかりと満天の星、

いつもと違う不思議な時間が流れます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紅葉の七ツ石山を望む

2022-10-30 19:03:08 | 水彩画

東京都の最高峰 雲取山(2017m)から下山途中の

石尾根から、紅葉の七ツ山(1700m)を見ながら

石尾根を下ります。右方向には富士山が見えています。

あの山を超えて尾根を歩き続けると、

約5時間くらいで

JR奥多摩駅へと下山できます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

奥多摩の雲海

2022-09-21 22:23:18 | 水彩画

奥多摩 山梨県の七ツ石小屋の正面には

遠く富士山が見えます。

夜半に雨が降り、

早朝にはスッキリ晴れ渡り、

山々が島々のように浮かび、

湖のような雲海が

広がっていました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする