【少年法を考えよう!?】「心にナイフをしのばせて」の弁護士は謝罪すべきか!?

2006-09-23 06:06:14 | Weblog

(参考) 心にナイフをしのばせて (奥野修司:著) http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163683607

 ※「サレジオ首切り殺人事件」の詳細はネットのあちこちで解説がなされています

 (現行スレ) 少年Aは弁護士に、遺族は家庭崩壊3 【少年法】(2ちゃんねる) http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1158771206/l50

 

 

 近所のいくつかの本屋でこの本を探してみましたが見つからず。やはり、興味深い話題なんで時々2ちゃんねるの現行スレを覗いてるんですが、元少年AことI弁護士(仮名)もネットで話題になってる事をなんとなく知ったみたいですね。

 本当にI氏(仮名)なのかと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、すでにI氏の耳に届いていて否定も何もしてないというのは半ば「認めた」という事ではないかと思います。実際、電話した人がいるようですが「答えられない」との返事で終わったようですし。

 「お前は元殺人犯か」と聞かれてすぐに否定できないようではダメじゃないですかね。まして弁護士ならば信用に関わる問題でしょう。(もし人違いと判明した場合、この記事からI弁護士(仮名)の記述はすぐに削除します)

とりあえず、なんか今後の動きが気になるので「お気に入り」に追加してしまいました。

 自分は「謝罪もしなければ慰謝料もほんの少ししか払わず逃げた」ことに怒りがあります。たかじんのテレビを見て事件を知った人も、また「心にナイフ~」の読者もおそらく同じ気持ちではないでしょうか。

 最初は興味本位でしたが、「本を読んだ」「事件を知った」だけで終わりにしたくない気持ちもあったのでここにも書きました。

 それにしてもI弁護士の今を見ると、700万の慰謝料くらい全然たいした額ではないと思うのですが・・・。せめて遺族に何故「謝罪しないのか」「慰謝料を全額払わなかったのか」説明する必要がI弁護士にはあると思います。

 

 (関連)【28年前の酒鬼薔薇!?】「心にナイフをしのばせて」の弁護士の実名が判明!? http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/162c73915af8e8230ad09a60e7e38f9a

コメント