ファイティングスピリッツ

ファイティングスピリッツとトリッパーズの情報満載です。

日本沈没

2006年07月31日 | 映画
「日本沈没」を見てきました。
原作は30年以上も前の小松左京氏のものとか。
その頃に、どんな風に特撮を撮っていたのか興味を持ちました。

内容的には、ブルースウィリスのアルマゲドンの
海底版のようなものでした。どちらが、先だったのか
わかりませんが、良く似たストーリーでした。

それでも、しっかり、泣かされてしまいました。
テーマ曲が最大限の音で鳴る場所では、
鼻水もでてしまいました。

スパイ、海賊、沈没と迷いましたが、
沈没を見て、後悔はなかったです。おすすめです。

コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 泉州だんじり牛乳 | トップ | きゅうり »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
涙・・・ (HANA)
2006-07-31 08:12:36
涙、涙・・・のようですね。他の方も言っていました。いっぱい泣いたって!!



私は楽しい映画ばかりを見たので今度は「日本沈没」にしようかな。
見ました (親バカ)
2006-07-31 21:38:04
子供たちのいない土曜日に私も奥さんと見に行きました。

以前の日本沈没はセットがちゃちく、今回の方がはるかに特撮が進歩していて、よかったです。



途中はしんはるさんが言われるようにアルマゲドンの改訂版、最後の演説のシーンはindependent dayのエイリアンをやっつけ、大統領が演説したシーンのパクリのように思えました。



私の住んでいる県が結構最初のほうで沈没していき、結構ショックでした。



それでも、泣けるシーンもあり、私もお勧めです。



今のうちに人生をもっと楽しんでおこうとも思いました。





HANAさんへ (しんはる)
2006-08-01 00:44:18
ラジオで、男も泣くことが、ストレス発散に良いと言ってました。

女性は色々と泣く機会があるけど、男性は、お葬式とかしかないとのこと。

映画で泣けるなら、よきことかな?なんてね、
親ばかさんへ (しんはる)
2006-08-01 00:46:33
やっぱりそうですよね。

私もアルマゲドンやインディペンデンスデイを思い出しました。

今回の日本沈没にそういうエッセンスが入っていたのか、それとも、オリジナルに最初から、入っていたのか、それによって、どちらがまねしたか分かりますよね。
子どもにはどうでしょう? (みっちぃ)
2006-08-05 16:03:46
はじめまして。パパも私もパニック映画大好きです。子どもは1年生と3年生なので「カーズ」の方がいいみたいなんですけど・・どうでしょう?無理かな?
みっちぃさんへ (しんはる)
2006-08-06 08:52:38
うーん、子供には、少し難しいのと、画面全体がタイトルのとおり、沈んでいます。

お子さんにはカーズの方が喜ばれると思います。笑いはほとんどありませんから。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

日本沈没 (HANAのしみじみデジタル日記)
 「日本沈没」を見てきました。原作の小松左京の小説が世に出た頃はまさに「東海大地震」が取り沙汰され始めた頃です。理科の先生が「明日起きてもおかしくない!」と力説していたのを覚えています。  映画も見たと思っていたのですが、記憶があいまいで・・・ ...