ファイティングスピリッツ

ファイティングスピリッツとトリッパーズの情報満載です。

大雪、北陸道、エジプト混乱、小沢氏強制起訴、新燃岳噴火、大変だ!

2011年01月31日 | ニュース
今日は、大変なニュースが沢山ある。
まずは、先月スキーでも通った
北陸道、平行して走る国道8号線で
大雪のため、トラックなどがおよそ950台
立ち往生しているとのこと。
もう1日たつ車もあるらしい。
確かに、今回のこの寒波で雪が降りすぎている。
「観測史上初の大雪」とか、「例年の何倍」とか
とにかく、度を越えている。

スキーで楽しむにはいいが、
生活に影響が出たり、
屋根の雪おろしで死者が出たり
してニュースを聞くのはとても悲しい。

エジプトでデモの混乱を受けて日本人旅行者が
足止めをくらっていたらしい。その人たちの
一部が帰国できたとのこと。これは良かった。
でもまだ残っている人たちがいることと、
デモは収まっていないことを考えるとこれも、大変だ。
 
一方で、民主党の小沢氏が強制起訴されたとのこと。
どうも何かあるとは思うが、実際に2度も不起訴に
なっているところを考えると、物的な証拠に
たどりついていないのだろう。
それならば、強制起訴をしてもあまり効果はないのではないだろうか?

宮崎県の新燃岳が噴火して溶岩ドームが大きくなっているとのこと。
こちらは、雪ではなく、火山灰や火山岩が飛んできたり
しているとのこと。とんでもなく危険だ。
農業などにも甚大な被害が及んでいるとのこと。
天災と言ってしまえばそれでまでだが、
少し前の口蹄疫のキズも癒えていないところに
火山の噴火。タイミングは最悪である。
早くおさまってくれることを祈る。

世界や、日本のあちこちで大変なことが起きている。
情報を集めて、知っておくことと、
それに対する対応なども共有化しておくことが
大切な世の中になってきている。
こういうときこそ、文明の利器を借りて
迅速に判断を行う必要があると思う。


コメント

アジアカップ優勝おめでとう!

2011年01月30日 | サッカー日本代表・セレッソ・W杯
韓国に続き、オーストラリアも決勝で破り
日本がアジアカップで優勝した。
全員頑張ったし、控えの選手も良くやった。
見ていた人の記憶に残るのは、
やっぱり季選手のボレーシュートだろう。

延長で、両国の選手が疲れて、足がとまっていた
ところに、フレッシュな空気を吹き込んでくれた。

腰よりも高いところにセンターリングが
上がってきたように思う。
それでもボレーシュートをするには
技術がいるボールだったように思う。

晴れ舞台でいとも簡単にやってのけてしまうところがすごい。
今流行りの言葉で言えば、季選手も「持っている人」なのだろう。

松井や香川の怪我は大変残念だが、
そんなキーマンがいなくなった穴を
違う選手が埋めて、きっちり仕事を
こなすところがすごい。

W杯の頃より、かなり若手への引継ぎになった
のではないかと思う。若返りながらベテランと
うまく融合させてもっともっと強いチームを作ってほしい。
そしてどんどん、日本から海外へはばたいていって欲しいと思う。
よくやってくれた。日本優勝、おめでとう。
コメント

カップルバレー練習参加

2011年01月28日 | ゴルフ
PTAの関係から、カップルバレーに
参加することになった。
ここ4年間は毎年の行事になってきた。
昨年もそうだったが、今回は練習に1度しか
行けず、基礎練習からと思っていたら、
いきなり試合形式の練習でみっちり1時間あった。
21ポイントで3セット。2勝1敗だった。

準備運動だけしてすぐにコートに入った。
今年も手首がとても痛かった。
上手な人は手首を返してうまく
レシーブするのだろうが、私はそうはいかない。

手首の骨の部分で当てるものだから
試合が終わってみると真っ赤にはれている。
夜はシップを貼って寝た。

2日経った今日でも、まだ痛いし、
うっすらと貼れている。
幸い、足腰はランニングもサッカーもやっているため
なんとも無かったが、手首だけ痛い。
まわりのお父さん、お母さんは
今年こそ優勝といきまいている。
何とか足を引っ張らないように頑張る。
コメント

日本代表!激勝!VS韓国 アジアカップ

2011年01月26日 | サッカー日本代表・セレッソ・W杯
川島がよくやった。韓国とのPK戦のことだ。
鬼気迫る表情、目つきで韓国選手の足元を
見て集中し、シュートを2本立て続けに止めた。

もちろん、それまでに、延長戦も含めて
フィールドの全員が頑張った。
疲労困憊の状態で2-2で延長戦も終える。

あとは、トリッパーズでもあったが
じゃんけんのような、PK戦。
今まで戦った120分はどうなんだと
いつも考えてしまうくらいに
運と隣り合わせだ。

韓国もよくやった。
確かにフィジカルでは韓国が優位に
たっていた。
日本はスピードと走力とパスで勝利したと思う。

次はオーストラリアと決まった。
ないても笑ってもあと1勝。
頑張ってほしい。
頑張れ日本代表!!
コメント

サッカー日本代表、感動の逆転勝利!

2011年01月22日 | サッカー日本代表・セレッソ・W杯
一発勝負のトーナメント初戦、
相手は、開催国のカタール。
試合前から、中東の笛や、選手を
警戒するコメントのあったザック。

それでも選手が頑張った。
後半は足が止まっていた。
必死に1人少ない10人で頑張って
守っていた。

点数も先に取られては、追いつきの
苦しい展開。
観客はもちろん、レフェリーも
カタール寄りの笛が、目に付く。

吉田のイエロー2枚目はない。
あの時、相手は吉田のひざの上を
スパイクで踏んでいた。
倒れる瞬間のこととは言え、
最初は、ボールにしかさわっていないのだから。

審判に抗議しても始まらないが
日本サッカー協会もしっかり
抗議するところはしないと、
いつまでたってもアジアの審判のレベルが
上がらず、選手が怪我をする可能性も出てくるので
しっかりしてほしい。

伊野波の得点シーンが物語っている。
香川にキーパー前でドリブルされ
完全にタックルで倒されている。
普通ならあそこですぐにPKだが、
どっちみち、伊野波の得点で勝利と
言うことで流したのかもしれない。

それでも得点していなければ、必ず、
香川が倒された時点でPKにすべきプレーだった。
吉田も出場停止、代わりに内田が戻ってくる。
選手のやりくりにザックも大変だろうが、
イラン-韓国の勝者も破ってぜひ決勝まで、
優勝まで頑張って欲しい。
コメント

間寛平さんはすごい!

2011年01月21日 | ニュース
2年前から日本を離れ、地球一周のマラソンをすると
ヨットに乗って出発してから昨日、大阪にゴールした。

年齢は61歳という。
毎日平均50kmは走ってこられたらしい。
途中には、前立腺がんが発覚し、それを手術で
治してから、また走り始めた。

精神力がすごく強いのだと思う。
いくら、モチベーションが高いからと言って、
走りたいから走ると地球一周なんて考えもしない。

家族、とりわけ奥さんの暖かい応援と見守りが
あってのことだが、敬服します。

コメディアンだけあって、ギャグも忘れず、
各国を走りながら、民間の親善も行われてきたようだ。

帰ってきてからの仕事も、すぐに復帰するとのこと。

私がもし走ってきたなら、
(もちろん、そんなことはないが、)
2~3ヶ月休ませてくれと平気で言うと思うが、
そこのところも、平然とこなすところが、
すごい人だと思う。

コメント

中国GDPで世界2位!

2011年01月20日 | ニュース
日本を抜いて世界2位に
中国がなった。

アメリカが1位だが、将来の予測では、
アメリカも抜いて中国が1位になるだろうとのこと。

それはそうだろうなとも思う。
日本は1億2千万人、中国は、その10倍の13億人いる。
人の勢いがすべてだ。

そのころには、インドも入ってくるだろう。
世界の様子はかなり変わっているだろう。

日本が抜かれたのが、かなしいのではなく、
今後も人口減少で、少子高齢化しかない日本が
何も手を打たず、座して死を待つのみという
今の状況がとても悲しい。

その中でも自分に何が出来るかを
考えて生きたい。
コメント

娘がインフルエンザ

2011年01月19日 | 毎日のこと
下の娘がインフルエンザになった。
先週の金曜日から熱が出て
土日はどこにもいけなかったが、
病院で薬を貰ってから熱はさがったものの、
今度は咳がひどくて、とてもかわいそうだ。

起きている時はもちろん、
寝ているときもずっと咳をしている。

ワクチンを打っていたので、
インフルエンザとしての熱は
ほんとに2日もあればすぐになくなった。

そのために、妻が2日、私が1日、有給をとって
対応した。

子供が病気になると、その対応が大変だが、
今回は、上の娘や息子にうつらないように
することにも気を使った。
別の部屋で寝かせることもしたし、何より
よく食べてよく寝るようにして本人たちの
体力を作って、ウイルスを寄せ付けないようにした。
もっと言えば、それしか出来なかった。
何とか、これで乗り切れそうだが、
まだ冬は長い。ニュースでは、インフルエンザの
流行期に入ったと言っていた。まだまだ、気が抜けない。

コメント

サッカー日本代表サウジに大勝!

2011年01月18日 | サッカー日本代表・セレッソ・W杯
岡崎がハットトリック。
前田が2得点。
上々のできばえだ。
得点の時間帯も良いし、
何より無失点というのがいい。

ザックも手放しでほめていた。
確かに、取る人、つまりFW2人が
きちんと得点してチームが乗ってくる。

この調子でカタールも撃破してもらいたい。
ただし、完全アウェーであることと
開催国と言うこともあり、多分応援も
カタール一色になることだろう。

その逆風化の中頑張って勝ってほしいものだ。頑張れニッポン
負けるなニッポン。!
コメント

デジブック 『サッカートーナメント』

2011年01月17日 | トリッパーズ
デジブック 『サッカートーナメント』


とにかく寒かった。
下の娘がインフルエンザになり、
前日の夜から、救急病院へ行ったりして
妻と一緒に看病して
かなり体力が消耗していたため
もう、試合には出ない考えで行った。
出場メンバーも16名以上いたので、
交代でみんなが出るためには、
人数が多すぎた。

内容では、十分にボールを支配していが、
肝心のシュートがなかなか決まらない。
決める人が決まる時に決めておかないと
なかなか決まらないのがサッカーだ。
とにかく何が起きるか分からないのが、サッカーでもある。
最後まで気を抜かずに応援した。

結果、3-0で勝利。
トーナメントなので、次も同じ時間にこんどは、
アルバトロスとだ。次もガンバロー!!
コメント

サッカー日本代表、薄氷の勝利!

2011年01月14日 | サッカー日本代表・セレッソ・W杯
アジアカップでの審判の判定には
いつも憤りを感じる。
いくら、日本を倒すことを目標に
しているからと言って、公正な判断をしないと
試合の面白さがなくなるし、
私利私欲をゲームに持ち込むと
サッカーがサッカーでなくなる。

確かに川島は相手選手を倒したが、
決して故意ではないし、
ボールにいっているのだから、審判が
反対にキーパーチャージをとったのかと
思ったほどのシーンだった。

日本代表としても後半早々の
あの失点はいただけない。
気持ちが抜けていた以外のなにものでもない。

世界ではあのようなプレイが命取りになることを
選手はもっときもに命じてほしい。

次は宿敵、サウジ。
勝って気持ちよく2次予選へ行きましょう。
頑張れニッポン!!
コメント

デジブック 『サッカー練習』

2011年01月13日 | トリッパーズ
デジブック 『サッカー練習』


ドリブル練習から、ボール回し
最後はミニゲームも出来るくらいに
その日の人数は多かったです。

さすがに、トリッパーズがチームとして
成長しているなと実感しました。

監督やキャプテン、ボールや審判など
いろいろ、チームでサッカーをやろうとすると
やりたくない仕事も増えてくる。
それもすべてチームとして、懐深く受け止めて
メンバーが積極的に協力している結果がでていると思う。

確かに、それが最近一部のメンバーに固定化されている
感じがしている。それは組織が長くなってくると
短期間、あることなのかもしれない。

寄せては返す波のように
繰り返しながら、またひと廻りして
チームが大きくなっていくのだろう。

その場に居合わせることが出来てよかった。
コメント

デジブック 『雪合戦』

2011年01月12日 | 毎日のこと
デジブック 『雪合戦』


冷たいけれど、雪はさわりたい。
一度さわったらもう大丈夫。

あとは投げるだけ。
娘が2人でよかったと思います。
よくあそんでくれたらよいです。

あとは、私も入って投げて
あてて、楽しみました。
コメント

デジブック 『吹雪いていました』

2011年01月11日 | 毎日のこと
デジブック 『吹雪いていました』


スキージャム勝山へ行った時の写真です。
最初のバラエティークワッドでこの状態です。
人は多かったです。連休の中日でしたが、
駐車場はいっぱいでした。

娘達は、スキーそっちのけで、雪だるまつくりに
熱中していました。それが終わると
下の娘も一緒に上にあがりました。
「大丈夫、大丈夫!絶対滑れるから」となだめて
連れてあがりましたが、斜面を見て立ち尽くす
下の娘。背中に怒りのオーラが見えます。

昼食は、少し早めに11時にレストランで。
カツ丼ランチとラーメンで済ませました。
この時だけは、娘達に笑顔が出ました。

帰りは駐車場への道にかまくらがつくってあったり
少しわかりにくいですが、ウルトラマンの
雪だるまがあり、楽しかったです。

それでも一日中吹雪いていて、頂上付近では
ホワイトアウトでした。よくまわりに当たらずに
降りてこられたと思います。

今年は始まったばかり、まだまだチャレンジしたいと思います。
コメント

デジブック 『ジャム勝山も』

2011年01月10日 | 毎日のこと
デジブック 『ジャム勝山も』


スキーに行きました。
今年は雪が多いと聞いていたので
前日にスタッドレスタイヤを購入して
チェーンも持って出掛けました。

あまりに込むといけないので、
夜中の2時30分に出発して、
朝の6時15分くらいに着きました。

行きはよいよいで、チェーンも
例えば、スタッドレスも必要なかったです。

それでもスキーが終わって帰る段になると
10センチは積もっていて、大変でした。

コメント