しいたけの伊豆高原情報と放浪旅

(伊豆をバイクで回って10年、伊豆高原に住んで20年目に突入、いろんな事がおこりますねえ!)

伊達のパーク場も綺麗なパーク場でした

2017年07月24日 | バイク&キャンカー
・                             【伊達のパーク場も綺麗なところです】

丘の斜面を利用してしていました


・                             【大きなクラブハウスが立っていました】

多分近在のパーク大会を主催して人が沢山集まってもいいような設備を誇っていました


・                             【36ホールの広大なパーク場でした】

早速Aコースから回りましょう


・                             【AとBコースは丘から外れるコースです】

わりに平坦なコースとなっていました


・                             【Aコースはさらに伸びて広がっていました】

金網がありますのでさらにコースを延長した処だと思います


・                             【Bコースも長い緩やかな斜面を行き来します】

斜面を横断していきます


・                             【緩い登りとなっています】

起伏が少ないですから思い切りショットができます


・                             【Cコースは一気に駆け上がるコースです】

1番2番ホールは駆け上がりのコースで飛距離がでない難しいコースでした


・                             【丘の頂上に上がると国道が見えてきます】

右に行けば函館方面、左は室蘭、苫小牧であり札幌に続いています


・                             【ラフとフェアウエイの境目ははっきりと存在します】

フェアウエイとグリーン周りは同じ芝のようです


・                             【ラフが広いので絶対にOBは出ません】

でも腕がないですから力んで地面を噛んでショットが安定しません


・                             【最後Dコースは丘の麓でプレイします】

比較的に優しい登りになっていますから、ここで27というスコアがでました

(ここで毎日練習している人が羨ましいです)


・                             【僕としては良いスコアが出ました】

31-31-33-27で上がって計122でした、おじいちゃんおばあちゃんの実力は100を切っていますから驚きです



前の浜で揚がったアサリが売られていました、伊達は噴火湾に面していて漁業の町でもあるのです


・                             【お酒はだけは積んであります】

酒蒸しにして食べたら大きくてぷりぷりのアサリに大満足でした、北海道はカニやうにが注目されますが、これも大ご馳走だと思います



虻田の道の駅の上にもパーク場がありました


・                             【コースを上がって行くほどに噴火湾の絶景が入って来ました】

晴れていれば夕日も綺麗だった想像します


・                             【最初は特徴のないコースだと思っていました】

コースは短いし27ホールしかありません、36ホールにするには全てを回ってもう一つコースを追加するのです


・                             【コースには大きな岩が配置されていました】

岩にあたるとどこへ飛んでいくか分かりません、ボールを失ってもいいように一番古いボールでプレイします


・                             【こんな大岩がごろごろ点在しています】

立木の代わりに岩を置いているようです


・                             【プレイするほどに噴火湾が見えてきます】

晴れていれば北海道の絶景の一つだと思います、長万部から室蘭まで見えるはずです


・                             【今年の北海道は雨に恵まれています】

どこのパーク場も禿芝もない綺麗な緑を作っています


・                             【こんな岩にぶつける大変です】

岩に当たればボールは傷つくし、とんでもない方向に飛んできます、パークのボールが当たって知人が骨折事故にあいました


・                             【丘の頂上に上がってきました】

目には噴火湾の穏やか海が広がっています、たぶん名前の通りに夕日も綺麗だと思います


・                             【函館方面にやってくると】

管理人さんが常駐している関係で利用料金が500円と上がってきました


・                             【相変わらずスコアは上がりません】

短いコースが続きますが、狭いのでOBを警戒すると慎重打たざるをえません、31-31-33-34で129でした、
ここでも地元の人は正確にプレイしていましてホームグラウンドでの上手さに感心です、どのコースも正確に打ちパットも外しません

(多分大会では90台が出ていると思います)



豊浦で温泉に入ってひと時、流した汗を温泉で癒しましょう


・                             【立派なホテル並みの温泉でした】

ついた砂を落とすコーナーがあります、珍しいですが道南に位置しますから海水浴などを楽しむ人が多いのだと思います

今日は無理して八雲まで行きます


・                             【しとしと降っていた雨が一段と強くなってきました】

八雲駅横の広場に泊まります、トイレはコンビニがありますし、2,3年来通っているお寿司さんや居酒屋があるのです



『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南富良野を出発して、東山で... | トップ | オーガスタと称するパーク場... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バイク&キャンカー」カテゴリの最新記事