里山の移ろい

写真付きで日記や趣味を書く

カモシカ三度!!

2018-09-19 14:03:27 | 日記

里山は、自然がいっぱい!!

今朝の里山散歩で、カモシカにバッタリ出くわした、

驚いたような顔で、わたしを見ているカモシカ!!

 

本来、驚くのは我が方!!

何年か前にも、カモシカが現れているが、

目撃したのは、これで三度目。

 

前回は、視線を感じ思わず辺りを見渡した、

 山の中で、視線を感じるのは、あまり、

気持の良いものではない。

 

それでも、カモシカはイノシシなどと違って、

人間を見ても、すぐ逃げ出さないが、人を襲うこともない?

 

しかも「人懐っこい」、という表現がどうかは別にして、

しみを感じるものだ!!

が、いずれにしても野生動物、

悪さをすることには変わりはない。

 

数日前、山小屋の周囲を草刈りをして、

きれいになった処を、彼らは足で掘り起こしている、

それも一か所だけならまだしも、無数にあった。

 

いずれ、イノシシの掘り起こしたものではない、

と思っていたが、やっと、姿を現したのがカモシカ。

 

ともかく、我が家から4百m前後のところまで、

彼らが現れる。

「自然が満載」、等と喜んでいられない。

 

 

コメント

当たり前が有難い?

2018-09-18 16:27:28 | 日記

北海道地震から12日!!

心配された水道水も、飲めるようになり、

電気も見通しがつき、

被災者のみなさんは、ホットされているのではなかろうか。

 

もちろん、復旧復興まで、相当の時間が必要と思うが、

それでも、生活に最低限、

いや、絶対必要な飲み水に電気!!

復旧の運びになったことは、喜ばしいことだ。

 

被災者のコメントが、テレビを通し見聞きしているが、

水道の蛇口から流れ出る水、

コップですくい口にし、そのうれしそうな顔!!

 

「こんな、嬉しいことはない!!」、

水も電気も、いつでも有るものと思っていたが、

こんなに、有難いと思っていなかった、と!

 

その様な話を伺うと、常日頃当たり前と思っていたことが、

如何にありがたいか?

 

常日頃、私たちも、少しのことで不満を口にするが、

何事もなく、過ごしていることの有難さ!!

これが「幸せ」、と言う事でないか?

 

 つまり、幸せとは、特別な事でも何でもない、

ごく「当たり前に生きている」、

ことを言うのである!!

 

 

コメント

老犬大喜び!!

2018-09-17 16:43:01 | 日記

しばらくぶりに、孫たちの顔を見た老犬ペーター君!!

声を上げ、

しかも、尾っぽを振りふり、

体全体を使って甘えている!!

「大歓迎!!」と、言いたげな顔をしている愛犬?

 

孫たちは、代わる代わる愛犬の頭を撫でれば、

益々、尾っぽを振り喜ぶ・・・・!!

 

それにしても、犬の記憶力

三日前、山林の下刈りで来られた方を見て、

頭を下げ、尾っぽを振っている!!

 

1年に一度、見るだけなのに・・・・、

但し、我が家に3年継続し来ている事は来ているが・・・・。

 

いずれにしても、単純に愛犬の反応を比較出来ないが、

孫たちを見ての喜びようは、とにかく半端でない!!

 

孫たちとは、歩きだしたころから遊んでいる!!

大喜びをする!!

当然と言いば当然かも・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

下刈り

2018-09-15 16:53:28 | 日記

降っても、にわか雨!!

そんな予報であった、が朝から小雨が降り続く・・・・・。

 邪魔な雨である。

 

里山の下草刈りを、

森林組合に依頼していたので、

今日の天気を、いつもより気にかけていた。

 

残念ながら、時間がたつほど、

雨粒が大きく、テラスを打つ雨音が強くなってきた。

 

これでは、作業は不可能、

中止せざるを得ないのでは・・・・・・?

しかし、小降りになってきた事もあり継続・・・・。

 

しかも、午後から晴れ!!

作業員の方たちは「汗をかいたと思えば何ともない」、とか・・・・・。

 

これでまた、ワラビがたくさんとれる!!

「また、友達とワラビ採りが出来る!!」とワイフ、

早くも、来春のワラビ採りを話題にしている・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

二階の部屋

2018-09-14 15:46:25 | 日記

「一生に一度、二階のある家に住みたい」、

その願いも届かず、30年前に亡くなった姉・・・・・。 

 

この間に、家を改築したが、

甥や姪たちが、すでに就職し家を出ていたので、

一人で住むには、二階は不必要・・・・・、

そんなことで、また平屋にしたものであった。

 

そんな、姉のことを思い出しながら、

今朝、二階の片付け清掃を始めた。

 

我が家も、子供たちが家を出てから大分たつので、

それ以来、二階は年々荷物を運び、

ついに、物置になっている。

 

もちろん、今はほとんど二階に上がることのない、

生活をしている。

 

昨夜、何時ごろかハッキリしないが、

一階の洗濯干場が濡れ、雨上がりの朝で、

朝一で、やろうとしていた、サツキ刈りも出来ない始末。

 

いずれにしても、

二階の片付け掃除をするとなると、

ストーブ、扇風機等々、

なんでも、使わなくなったものを押し込んでいる、

 そう、簡単に終わるものではない!!

 

 

それでも、少しこぎれいになったが、 

朝の短時間で終わるとは、思っていなかったこともあり、

次の予定も立て込んでいたので、

1時間ほどで、止めることになった。

 

これまで、コツコツ少しでも片付けておかなかった付けがた溜まった。

ともあれ、家族数も少なくなり、

二階は、子供たちの育つ時間だけ、今では持て余している。

 

多分、我が家だけではなかろう!!

特に、歳を重ねると、二階は不要中の不要になる。

てぎる事なら、

家を新築するときは、工夫して平屋にしたほうが良い?

 

と、思って子供たちに進めるが、

二人とも、二階建て!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント