マンション管理士綾さんのブログ

マンション管理士は「正義の味方・月光仮面」?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近の相談事例から

2021-04-29 12:26:38 | 日記
築47年22戸3階建てのマンションから、
8月の管理会社との管理契約更新が断られた。
管理会社を探したい。どうしたらよいか? 

もし見つからなくて、自分たちだけで管理する(自主管理)のは違法ではないか?
との相談があった。

相談に見えたのは、
理事長をやっているという区分所有者の事実婚の奥様70歳とその友人84歳の元役員。

聞けば聞くほど、現状に不安を抱く。何とか助けたいと思うが、さて?

規約があるかどうかも定かでない。
理事長の妻はないといい、友人はいやあったはずだという。

役員会、前はやっていたが、今は問題があれば相談しているという。
総会は年1回やっているが出席者は役員3名と役員候補3名だけ+α、委任状出席。

空き家が2戸、外部オーナー(賃貸)が5戸、役員やれる人が6人で1年交代、
つまり、同じ人が1年毎に回ってきて、でやっている。


管理会社が管理を断る事例はいくつか見られる。
要するに儲からないから切り捨てるということだが、、、、
それだけではない

理事長の専断で、会社の儲けとの比較検討で、ついていけないと判断する場合も。
他にも、
やり方として、定額管理費の引き上げを飲ませるために、飲まないなら契約しないとも。
その場合は、リプレイスのいい機会ととらえて相談したほうがいい。

2つの老いが進み、
役員のやり手がないから、管理会社に管理を頼みたいとの相談も多い。

管理会社にお願いしたら、自分のマンションの管理と運営が心配なく進むと考えるのは間違いだ。
心配することを放棄すれば別だが、それでは管理を委託するリスクが大きすぎる。

管理会社の思い通りのことが進められる状況に任せていたら、
組合の財産を管理会社の財布と思いこまれ、積立金等を
好きなように使われ、儲けられ、利益相反の犠牲になるだけ。

コメント

第24回富士見市マンション交流会のご案内

2021-02-11 13:10:05 | 随想
コロナ禍で心配されました会場確保の件ですが、第2次緊急事態宣言の延長下でしたが、
富士見市での方針として、これまで同様に、予約済の会場使用については、要件を守って
コロナ対策が実行できることを条件に使用が認められましたので、
改めて、下記の通り、ご案内申し上げます。

今回は、NPO法人、マンションリニューアル技術開発協会の同名の本の作者でもある
京浜管鉄工業専務取締役の木村章一氏が講演を引き受けてくれました。
不肖、私が、規約改正に関する部分を担当します。

別紙、案内文を参照。
コメント

コロナ禍でのマンション交流会、充実した議論が

2020-11-23 10:34:46 | ブログ
コロナ禍で会場が確保できない等、他の理由もあり、
第23回富士見市マンション交流会は、約1年ぶりで開催しました。
これまでは公共施設利用制限で、定数の半分以下での使用となっていたが、11月から定数制限は緩められました。

それでも、コロナ禍での出席を見合わせますとの連絡や、参加予定者の取り消しなどがあり、
出席者は、初参加者を含め総勢で7名にとどまりました。実質的に3密を避けての交流会となりましたが、
各参加者の発言は、当然ながら少人数の方が、各人の発言時間、内容等がはるかに充実したものとなりました。

この間、高齢者がさらに高齢になり、世話人の交代が望まれていましたが、
今回の交流会で、新たに2名の「若手」の方が、世話人を引き受けてくれることになりました。
うれしい限りです。(老人会に参加すると65~70歳は青年部です)
コロナの現状の中ですから、新世話人会としての乾杯は、当面WEB上での乾杯ということで、
次回の日程を決めて、会場が取れ次第、決定することとした、散会しました。

参加者の皆様、ありがとうございました。新しく世話人を受けてくださいましたお二人に乾杯。

尚、常連の参加者で今回欠席された方には、資料をお届けします。
コメント

第23回富士見市マンション交流会を開催します。

2020-10-31 23:09:49 | ブログ
コロナ禍の中で会場の確保ができず、早くも1年が経過しました。
それそろ再開を求める声が届きまして、工夫を凝らして、再開にこぎつけました。


コメント

新年あけましておめでとうございます。

2019-12-30 23:56:51 | 随想
新年あけましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました。
マンション管理は管理組合の合意形成に始まり合意形成で進みます。
内部の声の大きい人が法律・規約を無視しても、それが「多数合意」なら、ある程度まで進む危険を体験し、
コンプライアンスと組合のガバナビリティの調整の良い経験となりました。

 本年も誠心誠意を尽くしたいと心新たにしています。

どうぞよろしくご指導ご鞭撻をお願いします。
    
2020年 新春         マンション管理士  綾 好文
コメント