コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

CANAAN(カナン) 第2話 「邪気乱遊戯」 感想

2009-07-12 03:00:35 | CANNAN(カナン)(2009夏)

 最初からどんどんアクションを見せてくれたこの作品。2話目も出し惜しみなく、アクションシーン満載で圧倒されました。これで話が盛り上がればもう言うことなしなんですが…。


 始めは前回からの続きで、アルファルドが襲われそうになっていたところから…と思っていましたが、どうやらリャンがアルファルドを助けに来たみたいです。ここでリャンがアルファルドを慕っていることに、とても驚いてしまったり…。意外な主従関係です。
 リャンの襲撃でアルファルドの身が自由に。アルファルドもこの場を抜け出すために銃で応戦、そしてリャンのヘリに乗り逃亡します!ここのアルファルドのガンアクションもお見事でした。動きがすごかったです。本当カッコよくて見惚れました。
 そしてその後落ち着き、再会シーンに。どうやらリャンはアルファルドを結構慕っているみたいですが、はしゃぎすぎてアルファルドに無視されちょっと残念そう。リャンにもこういう面があるんですね。憎めないキャラかも。
 また若いわりには蛇側のリーダーをしているのが不思議だったアルファルドですが、今回見る限り、冷静に報告を受けたりとその素質はある様子。これはやっかいなことになりそうです…。

 今回出番が多めだったのはやっぱり御法川とマリア。正直2人の話はあまり聞いていて面白くはないのですが、原作のゲームの話の情報が出てきたりと聞き逃せません。
 今回明らかになったのは渋谷の事件がウィルステロであったこと。その際ばら撒かれた?のがUAウィルスというウィルスで、感染したら11時間後に体中から血を吹き出して死んでしまうとか…。なんとも恐ろしいウイルスです……。絶対感染したくないです。
 で、マリアはその際、人為的にウィルスに感染させられたみたいですが、その後の詳しい経緯はまだ不明。でもちょっとずつ情報が増えてきました。
 そういうことがあり、マリアは会社に入る時優遇されたようですが、事件の記憶を無くしているなど、ほぼ記憶喪失状態…。関係者ということで重要な存在ではあるものの、記憶を持たないマリアは会社にとってはお荷物です。そこでマリアのお守りを御法川が担当することになり、現在にという流れの様子。マリアの謎が明かされるのはまだ先の話になりそうですね…。に、してもぬいぐるみに赤い糸をたらすのはやっぱりどうかと…。グロいです。

 一方カナンはスポンサーである夏目からアルファルドが脱走したことを知らされます。でもカナンは「だろうね」と、そのことに驚かず。アルファルドのことは大体知っているようです。そしてカナンはアルファルドに狙われているみたいですが…。いつ2人が作中で出会うのか気になります。
 また夏目はあまりカナンのことが好きではないみたいです。まあ会話を聞いていれば何となく分かる気がしますが…。カナンサイドの方の思惑もまだ完全に見えません。


 夜、御法川とマリアは中華屋で食事。ユンユンの肉まんネタには笑いが。ユンユンはなんかこの作品の和み役なのでしょうか。ストーリーにはあまり絡みそうにない気が…。
 食事中2人が話すのはカナンのこと。御法川はマリアから祭りの時、派手に動いていたカナンのことを聞き出そうとします。でもマリアから得られる情報はやはりなく。事態は進展しません。
 と、そこに2人を狙ってなんと蛇の組織の人間が店に車ごとつっこんできます――。あまりに大胆すぎて驚き。強引すぎます…。これで店は大混乱。店の修理費は…自腹でしょうか?
 狙われた2人は急いで店から出て逃げることに!そこでまずはタクシーを捕まえることに。マリアが体を張って車を止めたおかげですぐにタクシーは捕まりました。
 最初は不機嫌かと思われたタクシー運転手でしたが、2人が追われていることを知ると、一気に態度が豹変!「よしっ!!」と乗り気で車を運転します!!しかも音楽がかなり電波~!妙にハイテンションなおっちゃんでした。
 しかも声が型月作品には欠かせない存在であるジョージこと、中田さん!スタッフの皆さん、狙いすぎです!!今回はこのシーンに持っていかれました。下手すると今回の主役はカナンでなく、タクシー運転手のおっちゃんだったかも…。「チャイナしちゃい」…あまりに強烈でした。
 ここのカーチェイスシーンもかなり迫力があり、高クオリティでした。久しぶりにアニメで質の高いカーチェイスシーンが見れたような気がしました。「すごい」の一言に尽きます。

 でもこの話の主役はカナン。さすがにタクシー運転手だけで手に負える相手ではなく。途中で追われる役がカナンに交代に。カナンもここでマリアが蛇に狙われていることに気づきます。
 マリアと会話?を交わした後、カナンは蛇の追っ手と戦うことになります――。蛇の追っ手もカナンがいるとしると、狙いをそっちに切り替えます。に、してもあそこからタクシーはどう元の道へ戻るんでしょう…。とりあえずここでタクシー運転手の出番が終わりなのが残念です。

 マリアを助けた後、カナンは蛇の追っ手の老人とバスの上で戦うことに。バスの上での戦いは燃えますね~。スリリング感があって見ていてハラハラしました。スピード感がお見事。に、してもかなり老人がハイテンションでビビりました…。元気すぎ。こういう時も女の子の話をする余裕があるなど、カナンは今回もクールでした。に、しても今の女の子はあやとりをするのかは謎ですが。
 老人もそれなりに健闘したものの、結局カナンの勝利で戦いは終わり。カナンは老人を電線に叩きつけ、電流でとどめをさします。結構むごいですね…。これにもう一人の追っ手は苦さを感じていました…。憎しみが連鎖していく感じがしました。
 
 あれからホテルの部屋へ帰った2人ですが、やっぱり部屋は荒らされていて、無残な状態に…。あまりにも荒らされすぎ。写真のネガだけが盗まれていました。
 部屋が荒らされた2人はホテルを追い出され、途方に暮れます…。でもそんな中御法川が考えるのは、何故自分達が狙われたのか。この分だとまた巻き込まれていきそうですね…。でもマリアの方は猫と戯れたりといつも通りマイペース…。
 今回最後には2人の前に猫耳・しっぽをつけたハッコーが出てきて終わりに。最後にこれがきてかなり驚きました…。どうやら公式ページによればカラオケ&コスプレバーで働いているということで納得。またマリア達が違う勢力に接触?というところで次回へ続きます。サンタナとハッコーの目的も気になるところ。

 と、2話もクオリティが高くてみごたえがありました。やっぱりガンアクションとカーチェイスシーンが素晴らしかったです。スピード感もあってよかったです。
 ただ、作品のクオリティが高いのは確かなのですが、やっぱり話の流れがやや淡々としていて、話がまだ進まないのがちょっと気がかりです…。カナンの魅力もまだ分からないままです…。多分ゲームの話の流れを組み込みつつ、進めるという狙いがあると思うのですが、そろそろ何か展開に動きが欲しいです。大体の作品は3話で山場があるはずなので、そこは次回に期待したいと思います。


 次回は「阿乱事」カナンとマリアの楽しいひと時が。でもそういうシーンの後って大抵何か起こるんですよね…。次回はどんなアクションシーンが見れるのか楽しみです。カナンとアルファルドの接触も近そうですが、果たして…。

 ではまた次回に!

 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 化物語 第2話 「ひたぎクラ... | トップ | GIANT KILLING(ジャイアント... »