コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

君に届け 第24話「誕生日」 感想

2010-03-24 23:39:27 | 君に届け1&2期(2009秋冬-2011冬)

 今回はいよいよ爽子と風早が一緒に初詣に…。二人の初デートはどうなるのでしょうか。今まで以上に爽やかタイムの威力が凄まじく、ニヤニヤが止まりませんでした~。何度見ても幸せな気分になりそうです。あと1話で終了というのが本当名残惜しいです…。


 千鶴・あやねのお膳立てにより、爽子は風早と二人で初詣…つまりデートをすることになります。おしゃれをした爽子に風早もドキドキしているようで…。前回はこの時点でニヤニヤが止まらず困りました。それだけに一体この先どんなことが起きるのか気になっていたり。
 神社まで歩く二人。でも風早は緊張しているのか爽子と一緒に歩けず…。風早も男の子なんだな~と感じる1シーンです。でも爽子が雪で滑って転びそうになると、とっさに助けてくれたりと肝心な時には頼りに。これは惚れる…。その後照れる二人がまた面白かったです。
 ですが尾行する千鶴・あやねには面白くなく、フォローすることに。今回は千鶴・あやね視点が視聴者視点で更に同調できました。連れてこられた真田がなんか寂しそうでちょっと笑いが。今回ずっとこういう調子でなんかかわいそうだったかも。風早のことや甘酒のことを気にしている姿ががツボでした。
 千鶴の電話で二人の空気も和らいできました。一安心です~。そしてここでようやく2人が並んで歩くことに…!冬の空気・雪の効果も相変わらず素晴らしく、それぞれの場面を良い感じに盛り立てていました。毎回このクオリティ…すごすぎです。

 ですがそんな中、クラスの男子・ジョー発見…!家族皆似てる~。早くもデートに危機が…!そこで千鶴・あやねがジョーを抑えにかかります!それでどうにか危機を回避。さすがの二人でした。ジョーはジョーで色々誤解していて笑。ここでも甘酒が飲めない真田かわいそう…。


 後半。甘酒を取りに行った二人。ここでカップルと言われ、爽子ドキドキ。いや、もう本当付き合っちゃえばいいのに…と思います。照れる爽子もかわいかったです。風早も相変わらず爽やかですが、爽子と二人きりということで照れている様子。
 爽子も知らなかった風早の一面が見れて嬉しそう。なんか見ているだけでほんわかした気分になれます。そのことを風早に伝える爽子ですが、風早はそんなのとっくに見てると爽子へ。確かに風早はこれまで以上に照れていたかも…。風早もこうして誰かと初詣に来たのははじめてだったようです。
 あとあのストラップを買ったのは風早自身だったとか…。何故今付き合っていないのか不思議な感じがしてきました。そして腹巻もちゃんとつけてきたそうで。このことにうろたえる爽子ですが、風早は自信満々に宣言を。

「もう、俺のもんだから」

 今回一番ニヤニヤしたのはこのシーンでした。これまで君届を見ていてニヤニヤしなかった人はいないんじゃないかと思うくらい…。さすが風早です。
 そんな風早を見て、爽子は風早に帽子とかをあげたかったと思います…。爽子の贈り物ならなんでも喜んでくれたと思うんですけどねー。やっぱり好きな子からもらったものだから嬉しいんだと思います。ここのシーン辺りのぼかし効果・まったりとした時間の流れもまた良い感じでした。今回はいつも以上に演出が素晴らしかったです。

 その後携帯のメアド交換。ここでも2人共初々しくてニヤニヤが~。風早は無理矢理にでも聞けばよかったと、ここでもドキドキ発言を。ニヤニヤが止まらなくて困ります。
 そうして爽子は風早へメールを送信…。メールの文面も爽子らしい暖かさが…。


 今年はいっぱい
 ありがとう

 今日一緒にいてくれて
 ありがとう。
 とても、嬉しいです。


 メールでこんなに暖かさを感じたのは初めてだったかもしれません。これは保存ものかも。風早、爽子のメアドゲットに嬉しそう。ここで除夜の鐘が鳴るのが上手い演出でした。
 爽子の誕生日が今日だと分かり慌てる風早。ですが爽子は風早から祝いの言葉をもらえただけで幸せでした。


「誕生日、おめでとう」


 風早からお祝いの言葉をもらい、爽子はまたドキドキ…。音楽がまたシーンを盛り上げていました。
 爽子は風早の初めてが見れたと、今この時を迎えられたことに嬉しさを感じていました。


『16歳になった瞬間に、
 一緒にいてくれたんだよ…』


 新年まであと15分…。二人の初詣は続きます。

 それから爽子の子供時代の話を「教えて」と聞きたがる風早。そこで爽子はこれまでの自分の生い立ちについて語っていきます。爽子らしいほんわかとしたエピソード揃いでまったりしました。ひとり遊びの話はなんだか切ない気持ちになるような…。画がコミカルなのが良い感じでした。
 そんな爽子の話を聞いて、風早もまた爽子の違った一面に気付いた様子。

「想像できて楽しいよ」

 最初爽子に出会った時、風早は爽子は一人が好きなのかと思っていたようですが、爽子を見ていくうちにそうじゃないと気付いていったようです。風早は本当爽子が好きなんですねー。

 その後話は高校入学時の話へ――。そうして爽子は風早と出会い、風早に憧れるようになり、そして友達や仲間もできました…。風早と出会ったことで爽子の人生はまた変化しました。


『きっかけは…いつも風早くんだった』


 これまでの1年を思い返し、しんみりした気分になる爽子…。そして改めて風早を見ます。風早の微笑みが反則でした。


「風早くんと、
 一緒にいられた1年は、
 一緒にすごせた誕生日が終わっていって、
 もう少しで新しい年がはじまる――」


 今回最後は二人が向き合うシーンで終わり…。これからの二人が更に気になってくる回でした。そして神回。これでまだまだ話が続いていくというのに驚きです。
 今回はあまり展開の流れもなく、一見すると地味な話だと思いますが、実際見てみるとそういうことは気にならず、最後まで集中してみることができました。本当今回は時間が短く感じました。スタッフの皆さんに感謝。ゆっくりとした空気が流れていて、心地いい時間でした。 


 次回は「新年」いよいよ君に届け、最終回です。原作もまだ続いているだけに終わるのが名残惜しいような…。人気もあるということで2期に期待していきたいと思います!
 話の方は引き続き初詣の話。爽子はじめそれぞれがどういうふうに新年を迎えることになるのか気になるところ。最終回ということで画にも更に期待してみていきたいと思います。

 ではまた次回に!



2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
第24話観ました。 (ひらがなでことみ)
2010-03-27 05:24:06
こんばんわ、ソウキさん。
今回は、自然に時間が通りすぎたような、何かドラマでも観ているような感じでした。

私も風早が腹巻のことを爽子に言ってるシーンはニヤニヤしちゃいました。

真田の「甘酒~」のセリフにも笑っちゃいました。あと火の粉にも。
なにか最終回前だなーという感じに持っていってるなーと感じさせられました。演出うまいですね。
アニメでは次回で最終回なんですね。
原作は連載中なのでまた2期をしてほしいですよね。
最終回どんなふうに終わらすのか、ワクワクしてます。

ではでは。
コメントありがとうございます! (ソウキ)
2010-03-31 02:42:56
 ひらがなでことみさんコメントありがとうございます~。
 今回は時間の流れを感じましたねー。あまり長く感じないのがまたすごいところです…。本当にドラマみたいでした~。

 今回も二人のニヤニヤタイムが見れて良かったです。まだ両想いでないのが不思議です。冬の描写も印象的でした。確かに冬の描写って最終回っぽいですね。君届は更に空気を上手く表現していてすごいと思います。

 君届アニメもいよいよ次回で最終回…。火曜の癒しになっていたので名残惜しいです…。でも私もどう締めくくるのか見るのが楽しみです!

 ではでは~。