吉田クリニック 院長のドタバタ日記

日頃の診療にまつわることや、お知らせ、そして世の中の出来事について思うところ書いています。診療日には毎日更新しています。

入院中のコロナ患者、鍵を壊し外出 入浴施設やタクシー利用 埼玉 その2

2020年08月08日 06時12分06秒 | 日記
 言語道断の事件。「仕事が心配だった」というが、入院設備を破壊し逃亡までしていかなければならないような「社会貢献性のある仕事」なのであろうか。
 百歩譲って、もしそうであるならその仕事が終わったならすぐ病院に戻ってこれるはずである。にもかかわらずその後、公衆の温泉施設で入浴したということは「仕事ありき」ではなくまず最初に「逃亡ありき」の確信犯である。また人に感染を及ぼさないという常識が少しでもあれば公衆浴場ではなく、自宅シャワーを選ぶはずである。
 そして同じ病院に戻らなかったということは最初から逃走目的だったとしかいいようがない。「仕事が心配だった」などという子供じみた言い訳などすぐに嘘だとわかるような幼稚なものである。病院の修理費と公的治療費はすべて本人に請求し、なおかつ「感染拡大迷惑料」を請求してもいいだろう。このような男に税金での治療費補填は理解できない。
 この男の行動は確実に感染拡大させる。社会的に多大な損失をもたらすわけである。何とか刑事罰でも課せられないかと思うのである。日本人は感染拡大に協力的で外出自粛にも協力し我慢強いなどと他国と比して言われることもあるが、それは違う。
 愛知で感染者が自分が感染したと知りつつ、スナックにいって感染拡大させた例もあるし、この例を見ればわかるように日本だって性善説は通用しない。
コメント

入院中のコロナ患者、鍵を壊し外出 入浴施設やタクシー利用 埼玉 その1

2020年08月07日 05時36分44秒 | 日記
 7/31(金) 20:54配信 産経新聞
 埼玉県は31日、新型コロナウイルスに感染し同県羽生市の羽生総合病院に入院していた40代男性が無断外出し、一時行方不明になっていたと発表した。 県によると、男性は7月13日に発症し16日に入院した。30日午後10時ごろ、専用病床の鍵を壊して外に出て、タクシーで同県春日部市の自宅に戻った。
 その後、自家用車で同県三郷市内の勤務先に出向き、31日午前9時ごろ、同県川越市の入浴施設「小江戸はつかり温泉川越店」でシャワーを利用した。入浴施設での濃厚接触者は確認されていない。
 男性は31日に別の病院に入院した。無断外出の理由について「仕事の進み具合が心配だった」と話しているという。
コメント

堺市、あおり運転で賠償命令 大学生死亡で6000万円超 その2

2020年08月06日 05時49分32秒 | 日記
 どうも納得いかない。損害賠償請求の裁判であるのだから金銭的な問題なんだろうけど、でもこれは刑事事件で殺人罪が問われるものだと思うのだが。未必の故意なんて言っているけど、高速走行の乗用車が、バイクを執拗に追い回しそしてバイクに追突させれば相手運転手は死亡するのである。こんなことは当たり前のことである。ナイフをもって人の胸部や腹部をさして被害者が亡くなればこれは殺人である。どこが違うのであろうか。
 これは許しがたい行為であり、損害賠償の問題ではない。しかも支払い能力がなければこんな裁判は絵に描いた餅である。もちろん平行して刑事裁判が行われているのならそれでいいのであるが、これは道交法云々の範疇ではない。
コメント

堺市、あおり運転で賠償命令 大学生死亡で6000万円超 その1

2020年08月05日 05時41分34秒 | 日記
7/31(金) 13:12配信 KYODO
 堺市で2018年7月にあおり運転をし、バイクの男子大学生に追突し死亡させたとして殺人罪に問われた中村精寛被告(42)に対し、大学生の母親が約9200万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁堺支部が中村被告に約6100万円の支払いを命じたことが31日、分かった。
 判決は30日付。森木田邦裕裁判長は「被告はバイクに前方に割り込まれたことに立腹して追跡し、大学生が死亡する可能性を認識しながら被告の乗用車をバイクに衝突させた」と指摘。
 「死亡しても構わない」という未必の故意があったと認めた。
コメント

ウェブ講演会

2020年08月04日 06時09分39秒 | 日記
 専門医の更新をするためには各学会で主催の専門医セミナーを定期的に受講する必要がある。5年に1回の更新であるが、受講クレジット点数が足りないと更新資格がなくなるので4年目ごろから慌ててセミナーの受講にバタバタし始めることも多い。ところが講演会の会場の大きさにより「定員何人 先着順」などとうたっており、すでに満席になって受講できないこともある。
 今回、このコロナ禍により、一か所に集まって行う講演会ではなく、ウェブ講演会に変更されてきた。これは狭い会場に大人数を入れると感染の危険があるのでやむをえない方向性であろう。
 しかしである・・・。各自が自身のパソコンで各家庭で受ける講演会なら、なんで・・・「定員何名」って限定するのであろうかな? まあ事務手続きの限界もあるけどほとんど定員なんて関係ないんじゃないかと思うのであるが? 受講証明書の発行だってプリンターが印刷するんだし。今まで何回か定員もれで受講できなかった弊害はここで改善してほしいのであるが。
コメント

大阪・富田林署逃走の樋田被告に懲役17年の実刑判決 加重逃走罪など地裁堺支部 その2

2020年08月03日 05時44分18秒 | 日記
 求刑18年、判決17年という結果をみて驚いた。もちろん今までの暴行傷害やら20数件もの罪状によるものも加味してだろうが、それにしても勾留中に逃走した「加重逃走」という罪がかなり重そうなものだと知ってびっくり。
 懲役17年の判決である。しかも求刑18年で1年しか減刑されていない。かなり重い罪である。殺人罪などでも凶悪性や計画性が高くないとここまでの判決にはならないし、あおりや飲酒などによる危険運転致死罪であってもここまでの判決は出ていない。
 もちろんいろいろな罪状との合算であろうが、まさに殺人罪より重い判決になるということは逃走することはかなりの重罪なのであろう。
 警察のメンツをつぶすととんでもない罪状になるんだということである。
コメント

大阪・富田林署逃走の樋田被告に懲役17年の実刑判決 加重逃走罪など地裁堺支部 その1

2020年08月01日 05時49分30秒 | 日記
 7/3(金) 14:12配信 毎日新聞
 大阪府警富田林署から逃げ、窃盗などを繰り返したとして、加重逃走などの罪に問われた樋田淳也被告(32)に対し、大阪地裁堺支部は3日、懲役17年(求刑・懲役18年)の実刑判決を言い渡した。
 樋田被告は2018年8月、富田林署で勾留中に面会室の仕切り板を壊して逃走。盗んだ自転車で四国や中国地方を転々とした後、同年9月29日に山口県内で万引きしたとして現行犯逮捕された。自転車旅行者を装い、食料品など生活に必要な物を盗みながら約50日間にわたり移動し続けたとされる。
コメント

パチンコ店は安全なのか? その3

2020年07月31日 05時59分16秒 | 日記
 ただパチンコ店が完全に安全かといわれるともちろん決してそうとも言い切れない。密着しすぎる人との距離はやはり危険である。また1時間に6-10回室内換気が必要と言われるが、その規定の適用は店舗面積により異なる。つまり換気していない店もあるが客側にはわからない。
 パチンコは世の中の通常規範からみると「博打」である。これで身を持ち崩す人もいる。しかも世の中「一斉自粛」のときに最後まであまり協力しなかった業界である。やはり不道徳そうで不健康そうでありイメージ的にはあまりよくない。あの時は確かに感染形式、感染経路、感染確率もはっきりしない時であったので「一律自粛」の政策はしょうがなかった。しかしデータがそろってくると案外、密でありながら徹底的に個々の世界に入り込む空間はあまり感染しないのでは?とも思ってしまう。
 大音量の音楽と大音量のパチンコ玉の流れる騒音の中で、恐ろしいほどに密接した多人数の「寡黙な集団」というのは、確かに異様であり不気味であり常識の及ぶところではない。
 安全なのかもしれないがお勧めできる空間ではない。
コメント

パチンコ店は安全なのか? その2

2020年07月30日 06時28分01秒 | 日記
 パチンコはリズムである。ついているときに中断するとリズムが狂う。なのでやめないのである。自分の後ろに人が倒れていて心臓が止まっていようとも・・・である。
 つまりパチンコ店は隣客の肩が触れるほどの密着空間であるが、隣で、あるいは後ろの狭い通路で他人が何をしていようと関係がないのである。自身は盤面との戦いに集中して博打しているのである。したがって三密にありがちな「近い距離での会話」はまったくない。
 しかもどうやらもともと法規で「1時間に6-10回室内換気ができるような空調を設備すること」とあるらしい。となると三密のうち2つはクリアしているのでライブハウスや居酒屋での騒乱のように唾液、飛沫が散ることはないのであろう。あとは使用したパチンコ台をきちんと店員が消毒清掃すればほとんどクラスター発生しないことになる。
 パチンコは博打であり反道徳的、反社会的なイメージがある。しかも今回世の中の協調的な流れである自粛要請に従わなかった業界である。きわめて不健康そうなイメージではあるが、これは盲点であったかもしれない。
コメント

パチンコ店は安全なのか? その1

2020年07月29日 06時00分32秒 | 日記
 また第2波が起こるべくして起こってきているが、不思議と三密度の高いパチンコ店は今回もクラスター発生がない。しかしそれはどうもパチンコ店と言う特殊な環境下だからなのかもしれない。
 昔、救急隊員から聞いた話である。パチンコ店で人が倒れたということで通報があり隊員が現場に行ってみると、左右の盤面の間の通路に人が倒れて動かない状態である。しかしその両側のお客は黙って盤面に集中し打ち続けており、だれも自分の背後に倒れている人のことは意にも介してないというのである。隊員が観察すると傷病者は心肺停止の状態である。狭い通路でもあり、まわりの客に協力を要請したが誰も協力しない。通路をあけてもらうために遊戯を一時中断してもらうよう要請してもなかなかどいてくれないそうなのである。
コメント

某クリニックのホームページの広告 その2

2020年07月28日 05時57分27秒 | 日記
 この薬は糖尿病の治療薬である。もちろんこの場合の自費診療では保険適応外の疾患にも使用は可能である。実際、他の薬剤で医師の責任の下で、適応症以外の疾患に投与することはよくあることである。
 しかし今回の場合は「やせ薬」と最初から謳っている。つまり適応症云々以前の話で、「疾病」の治療に対して投与されているのではない。もしサプリメントの場合であれば疾患があってもなくてもサプリは医薬品ではないのでいくらでも投与は可能である。
 しかしこれは医薬品である。今回の場合は、疾患がないのにもかかわらず医薬品を目的外投与しているのである。これは問題になるかもしれない。しかも大っぴらにホームページでの広告である。しかもこれは内服ではなく「自己注射」である。現在、患者による自己注射は糖尿病や、蜂や食物アレルギーのショック予防などに認められているが、疾患のない者の自己注射が合法なのかどうかは微妙である。
 きちんと医師の監視下に置いてとあるので健康被害はないと思うが、でもそれはこの医薬品の目的外投与の言い訳にはならないと思うのだが。
 今後、監督官庁から指導が入るかも? ヤバイよヤバイよ・・という感じ。
コメント

某クリニックのホームページの広告 その1

2020年07月27日 06時24分31秒 | 日記
 2020年5月26日 10:13
 下記のような「宣伝文句」を見かけたので提示します。
(注意:当院での対応ではありません)
----------------------
究極のダイエット薬・GLP-1(ビクトーザ)処方しております。
1日1回、ご自身で注射(ペンタイプ)していただくお薬です。
筋肉量を下げることなく食欲を減退させる効果があります。
1本 22,000円(税込) 注射針(70本) 5,500円(税込) 初診料 3,300円 再診料(毎) 1,650 処方料(毎) 1,100円
ご使用の目安 1か月に1~3本
コントロールにつきましては医師とご相談ください。
---------------------------------
(注意:当院での対応ではありません)
コメント

秋に閉店「づぼらや」フグ看板、大阪市長「オブジェとして残すことも」 その2

2020年07月25日 06時12分08秒 | 日記
 フグ看板が大きさ的に違法であるが黙認されてきたのである。そして閉店したら当然、店はなくなるはずであるが店の看板はオブジェとして残すと。ではそのオブジェ管理の責任はどこになるのか? 簡単に言えば日ごろのチェックは誰がするのかと言うことである。
 うちのクリニックの向かいのビルの話であるが空き家になったのである。しかしその建物の管理はどこがしているのか知らないのである。普通なら「この物件の管理は○○が・・・」とか貼ってあるはずである。たぶんどこかの不動産会社の物件なんだろうが無責任である。実は昨年の台風19号の時の突風でそのビルの横に置いてあるカラの物置が空を飛んで道路を塞いだのである。危ないったらありゃしない。
 近くの消防署の人がきて元に戻してくれた。しかしまた次に台風20号が控えていた。誰もこの物置など管理していない。しようがないので自分がホームセンターでロープを買ってきて、この物置を建物の窓枠や雨どいに括り付けたのである。
 なんで他人のうちの台風対策しなきゃいかんのかとちょっと疑問なのである。
コメント

秋に閉店「づぼらや」フグ看板、大阪市長「オブジェとして残すことも」 その1

2020年07月22日 06時04分34秒 | 日記
 6/23(火) 19:07配信 読売新聞オンライン
 大阪市の松井一郎市長は23日、9月で閉店する新世界の老舗フグ料理店「づぼらや」が設置するフグの巨大看板の存続を求める声が出ていることについて、「オブジェとして管理ができるのであれば、そのまま残すことも検討したい」と述べた。看板は「基準違反」の状態だが、事業者や地元などで適切に管理されるならば、市として保存に向けて対応を検討する考えを示した。
 巨大看板(長さ5メートル、幅3メートル、高さ3・5メートル)を巡っては、市の屋外広告物の基準に反しているとして、市が9年前に新世界本店(浪速区)を指導したものの、改善されてこなかった経緯がある。松井市長は市役所で記者団に「(市は)完全に黙認してきた。看板は安全な形で維持されてきて、市としても見過ごしてきた」と釈明した。
コメント

白い球体、「所有者・目的不明」の結論…十字形の部品と2基のプロペラ付く その2

2020年07月21日 05時47分47秒 | 日記
 県の対応は極めてお粗末。笑止である。諸外国に「日本では詳細不明の飛行物体をそのまま放置しました」って悠長な報道が世界に流されたのである。UFOなら追尾は難しいが上空3000mである。回収しようと思えば可能であった。結局日本はとてもセキュリティの甘い国なんだなと露呈させたわけである。日本の機密を狙おうと思えば簡単であると宣伝したようなものである。
 もうこれは最悪な対応であった。知事はとにかく早めに国に依頼して回収を依頼すべきであった。あるいは詳細不明の飛行物体の話はマスメディアには流さず報道させないほうがよかったかも。完全に国際機密を狙っている近隣諸国から見れば「日本は甘々だな。これならいつでも日本人を拉致できる」などとも思われかねない。
 空き巣狙いは狙った家はどんな家でも確実に侵入する。重要なのは、この家は(入れるけど)「セキュリティが厳しそうで面倒だから、ここではなく別の家にしよう」と空き巣にあきらめさせることである。
 国際機密も同じことである。機密を奪おうと狙われたら今の世の中、たぶん奪われるであろう。でもかなり難しいしリスク高いのでやめたほうがいいと諦めさせることが大事。
 この知事の対応はダメ、最悪である。
コメント