らららら~♪恋する50代も後半あと少し

認知症の母と笑って過ごす日々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

わかっているのに。

2017年09月01日 | 日記
母が認知症であること。
そしてそれが、少しずつ進行していること。
記憶する事が、困難になり、今のことも覚えられなくなってきていること。

わかっているつもり?

レストランで食事を始めたら、お腹のあたりをごそごそして、袋に入った歯ブラシを取り出した。
そして、
自分でお腹に挟んであった歯ブラシを取り出したにもかかわらず、
なんでこんなもんがあるの?
と何度も聞く。
そして、お腹から歯ブラシを出したことも、
もう、覚えていない。

歯ブラシはどこから来たのだろう。
レストランのトイレを覗きに行った。
お客様用に、歯ブラシが何本かな立ててあるのを発見。

トイレから歯ブラシを、お腹に挟んで出てきた。
こう考えるのが自然。

母が、テーブルの上に置かれた歯ブラシを見るたび、
なんでこれがある?
と質問する。

その度に、あなたがトイレから持って帰ったんじゃないの?
と答えるが、
母は、その答えに納得がいかない。
わたしが?はあ?

なんども説明をするが、納得してもらえない。

そのうちに、母は、自分が歯ブラシのことを私に質問したことを忘れる。

そして、歯ブラシが目に入るたびに
なんでこれがこんなところにある?

何度説明しても、同じことの繰り返し。
堂々巡りで、終わらない。

私も疲れてきて、ちょっとキレ気味に。


あー。
また、やっちゃったー。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母に本の読み聞かせ

2017年08月20日 | 日記
認知症になって、少しずついろんなことができなくなってきている母。
そんな中でも、何かに興味持てれば、何かできることをとずっと探してきた。
絵を描いていた母は、色鉛筆での塗り絵を喜んでしていた。
が最近では、塗り絵のことは忘れてしまっているみたいだ。
そう言えば、体験記やちょっとしたエピソードなどの文章に喜ぶ事に気がついた。
自分では読まないが、読んでくれとせがむことがある。
短い文章だと、それで終わり?と残念がる。
何ヶ月か前、村上春樹のノルエーの森を読むと喜んでいたのを思い出した。
ノルエーの森は場面がっちょくちょく変わるし、時間が前後する。
記憶できない母にとって、展開についていけない所が多々あり、読むのをやめてしまった。
二、三日たって続きを読むとき、どの前の出来事を覚えていないので、ちょっと難しいと思ったからだ。

絵本を少し試してみた。
ただ、子供向けに書かれているものがほとんどなので、読み応えのあるものを探すのが難しい。
内容が少し簡単すぎるものが多い。

少年H いいかも。
今日、母に読んでみた。喜んだ。いくらでも読んで欲しい。というようす。
明日も、続きを読んであげようかな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メダカの稚魚はデリケート

2017年07月14日 | 日記
メスのメダカ2匹しかいないのに、産卵の時期なんですね。
次々とお腹に卵つけて泳いでるのを発見。
最近ではそんな姿を見つけたら、水草を手で触ってみる。
すると、結構コリコリした感触の卵が見つかる。
別の瓶に移して孵化をさせて、楽しみにしていた。
どんどん生まれて20匹以上はいたはずなのに、残念、全滅してしまいました。
全部大人になったらどうしよう育てられないから、誰かにもらってもらわないとと焦っていましたが、そんな心配はいりませんでした。

酸素が必要なんじゃないかと、水槽の上から水を入れ泡を作ったり。してましたが、これはたいへんまずいことしてたようです。急流がだめなんだそうです。
何度も、あっちの容器こっちの容器と入れ替えていたのもよくありませんでした。
水を替える時ももっと慎重にするべきでした。
水合わせをちゃんとして、急流を作らないように替えないといけませんでした。
日光も必要らしく、家の中で陽の当たらないところに置いていたのもよくなかったみたいです。
水草も光がないと光合成ができず、呼吸だけをすると、酸素を取り入れるばかりなので、メダカが酸欠になると、ネットで書いてあり、びっくり。
新しく用意した水槽に砂を入れたのもまずかったようで、小さい稚魚が砂の隙間に入っていって、でれなくなってしまうのです。砂のある水槽に入れた途端、半分くらいの数に減ってしまいました。

いろいろな失敗をふまえて、今度こそ思いながら、第2弾目の稚魚をそだてています。メダカはどんどん卵を産んでいるので。

今は太陽の光を浴びることができるように窓辺で育てています。でも、あまり温度変化がないように気をつけたりしてます。デリケートな生き物だということを肝にめいじました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無肥料栽培

2017年07月10日 | 日記
無肥料で、野菜は充分育つ 。
肥料を使うと肥満の野菜ができ、その肥料に虫が集まる。肥料をやらないことで、野菜は本来の生きていく力を取り戻す。
最初はあまり出来が良くなくても、1年目、2年目、3年目と種がだんだんその土地にあっていくという。
そんな話を聞いたら、農業がしたくなった。

昔祖母が畑をやっていた土地が、荒れ放題になっていて、ときどき隣の息子さんが見かねて草をかってくれることがあった。と言うか、雑草が育って花の種が飛んだり、虫が繁殖したりするのを防ぐ効果もあったらからなのかもしれない。
とにかく、隣にも迷惑をかけ続けている土地を活用できれば、こんないい話はない。
農業の知識が全くなく、肥料も種類が豊富にあり、何をどうしていいか分からないのも、畑は面倒だと思う要因の大きな理由だった。

それが、肥料をやらなくていい。水もやらなくていい。マルチしておけばくさとりもいらない。
ん?なんかいい話ばかり。
肥料買わなくていいから、お金もかからないし、いつ何をどのくらい。どの間隔で。と頭を悩まさなくていい。

とりあえず、教えていただいたところで落花生を買ってきた。食べるために売られていたものだが、種としても使える、また簡単に育つと聞き、まずは落花生を植えることにした。

今、元気に育ってます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メダカの卵

2017年06月17日 | 日記
独り暮らしの母に、何か生き物あると違うかなと、冬の寒い時期にメダカを5匹買ってきて毎日眺めていた。東天紅という種類の赤色の少し光るめだか。1匹580円。土と水草で3000円程度。海苔が入っていたかの大きなビンで飼いはじめた。2月の寒い時季に3匹死んでしまって、2匹買い足しました。まだこの時は雄雌の区別がつかないので、オス1匹 メス1匹を買いました。これでメダカは4匹。オスとメスの区別がつくようになってよくみると、2:2でちょうど良い組み合わせ。春になったら卵を産むと聞いていたので、4匹で寂しかったけれど我慢していました。メダカがお腹に卵つけたたまま泳いでいるのを見つけたので、注意深く観察していると、水草の中、土の上などに卵を発見。卵を捕獲して、ジャムの瓶に移し、家に持って帰って毎日見ていたら、5日目くらいに1匹稚魚がスイスイおよいでいるのを発見。メチャメチャかわいい。
その後もドンドン産まれて5匹に。試しに、そのなかの1匹をもとの水槽に移してみた。大人のメダカが物凄い勢いで追いかけて一瞬のうちに食べられてしまいました。可哀想なことをしてしまいました。卵を食べるのは聞いていたけど、稚魚も食べるんだね。どれくらいになったら一緒にできるんかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加