gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

若山・仁美夫婦逮捕をリークしたのは舞台女優か?

2013-11-30 17:23:39 | 日記
NEWS
夫に覚せい剤の疑いが浮上した理由について、警察への情報提供者と思われる人の名前をあげていたという。

 関係者によると、仁美があげていたのは松戸市が地元の舞台女優の名。若山容疑者とは古くからの知り合いで、昨年10月15日に仁美容疑者と離婚した後、一時親密だった時期があるという。「この女優は30代半ばで一見、物静かな話し方をする美人。一時若山宅に出入りしたり、会食するなどしていた。ただ今年1月に若山と仁美が復縁した後、若山を激しく恨み、ブログなどで攻撃するようになった。自身が疑われるリスクも分かった上で、覚せい剤情報を警察サイドに話した可能性はありうる」(関係者)。

 実際、この女優はブログで長期間若山容疑者を批判し続けた末、先月中旬、ブログに「覚悟」というタイトルで「自分の良心、正義に従って行動します」と意味深な記述をしていた。


うーん
なんというか複雑
ほんとなら嫉妬は恐い

それでも、逮捕をきっかけに
覚せい剤と縁を切れればいいが
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俳優・若山・仁美凌夫妻逮捕

2013-11-29 13:12:56 | 日記
NEWS
自宅マンションで覚醒剤を使用していたとして、千葉県警松戸署は29日、女優の仁美凌(ひとみ・りょう、本名・藤原芽英子<めえこ>)容疑者(33)=東京都港区南麻布2=を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した。
 仁美容疑者は1991年に亡くなった俳優の上原謙さんの次女。若山容疑者は92年に亡くなった俳優の若山富三郎さんの長男

逮捕された若山容疑者に続き
妻も逮捕

仁美容疑者は加山雄三氏の
腹違いの妹
たぶんまったく交流はないはず

復縁してTVにも出ていたが
麻薬は立ち直るのがたいへんだと
聞く
意志ではなく、食べ物のように体が
ほしがるので難しいらしい
中毒

往年の大スターの2世
これ以上、親の名前を汚さないためにも
立ち直ってほしい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堤清二さん 死去86歳

2013-11-28 15:09:26 | 日記
NEWS

流通大手セゾングループ元代表で、「辻井喬(つじいたかし)」の筆名で作家・詩人としても活躍した堤清二(つつみ・せいじ)さんが25日午前2時5分、肝不全のため東京都内の病院で死去した。86歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻麻子(あさこ)さん。

若い頃、父親に反発して
共産党に入党したことも

弟は堤義明氏で腹違い

父親は立志伝中の人物だが
堤康次郎氏は女性関係が激しかった
ことでも有名

堤清二氏の母は名家の出だったが
妾だった。後に正妻
弟の堤清二氏の母も妾だった
亡くなった時は
堤姓で葬儀をしたことも話題になった


いくらお金持ちでも
こういう父親を持つとたいへんだったろう

ただ清二氏も有名女優と噂があった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市川女性刺殺事件 容疑者八丈島で身柄確保

2013-11-28 10:06:19 | 日記
朝日
千葉県市川市のJR本八幡駅前の路上で27日夕、市内に住む湯浅栞(しおり)さん(22)が刃物で刺されて死亡した事件で、千葉県警は容疑者の男の身柄を八丈島で確保した。


スピード解決?

刺殺された女性は、前に交際した男性
2人との間にトラブルを抱えて
警察に相談をしていた
確保されたのは、そのうちのひとり

車で婚約者の同居男性と子供さんを保育園に
迎えに行き
駅前に、車を停めて
銀行の宝くじ売り場で
宝くじを買おうとしていた
ところを刺された

男は走って駅に
どうして車で移動していた被害女性の
居所がわかったのかと
TVでやっていたが・・・・


携帯のGPSでも使ったのか??
(タクシーで追跡してたそうです)

被害女性は無念だったろうし
お子さんを遺して22歳は悲惨すぎる
女性を付け狙い刺殺する男性は卑怯
極まりないが

この事件は交際男性が多すぎるような・・・
最近ますます簡単に交際を始め、簡単に別れる傾向が
顕著になった気がする
それこそ個人の自由だけど・・・男女関係を複雑にすると
自分が苦しむことになるのかも・・・

もちろんストーカー事件はいろいろな
ケースがあるし、この事件の真実もわからない
悪いのは異常なまでに異性を追いかける
ストーカーだが


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猪瀬知事 

2013-11-27 20:40:55 | 日記
明日発売の週刊新潮の見出しの一部に
目の整形と5センチアップのシークレット靴

確かに目は整形と思った
違和感がある
シワも少ないので、何らかの処置を
しているのかも

それは個人の自由
取り立てて週刊誌が騒ぐことでも
ないと思う

やはりバッシング?が始まった
あの説明ではしかたがないが・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加