gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

半分、青い。10カ月に及ぶ撮影をクランクアップ 異例の非公開

2018-08-18 14:06:17 | 日記
スポニチアネックス

NHKは18日、女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)の撮影が17日に終了したと発表した。朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、異例の非公開。昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走した永野は「私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです!だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、また戻ってきたいなって思っています」とコメントした。

 ドラマは昨年10月23日に岐阜県内でクランクイン。永野は「長いようで短いような10カ月でした。こんなに長期間の撮影は初めてだったので、先が見えずに不安になってヒロインとしては頼りない時もあったと思いますが、共演者の皆さんやスタッフの皆さん、本当にたくさんの人に支えられて、乗り切ることができました」とクランクアップの心境を明かし、周囲に感謝。

 「『半分、青い。』は私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです!だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、また戻ってきたいなって思っています」と笑いを誘い、手応えを示した。

 
 朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、今回は異例の非公開。同局は撮影が夜遅くに及んだこと、ネタバレを防ぐことを主な理由とした。大河ドラマとしては2016年「真田丸」のクランクアップが最終回の結末に触れるため、異例の非公開となった。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

 序盤はやや苦戦した視聴率も、第7週(5月14〜19日)から直近の第19週(8月6〜11日)まで週平均(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)で13週連続大台超えと好調をキープしている。

 北川氏が自身のツイッターを連日更新。視聴者とやり取りしてきた。放送中のドラマを執筆している脚本家と視聴者の直接交流は異例。「神回」予告や秘話・裏話で“副音声的”なドラマガイドの役割を担った。


ヒロインに戻ってきたい
まだ18才なら 可能性は大かも

最近は少し面白くなかったが
子役が絡む内容だと苦手だ

今日は律の奥さんが登場
石橋凌・原田美枝子夫妻のお嬢さんが
やっている 凛として雰囲気の
ある女優さんだ 石橋静河さん

ヒロイン鈴愛の恋敵?になる
ので 役に好感は持てないが

あと1カ月と少しで終わるのか
いつものように早い

鈴愛と律の 行方は~ 
コメント

大杉漣さん 遺作公開へ・稼ぎ手を失った事務所は解散へ

2018-08-18 09:56:31 | 日記
週刊新潮WEB取材班(略

今年(2018年)2月21日に急逝した大杉漣さん(享年66)。亡くなる直前まで現場にいたほどの仕事好きだったが、生前に撮影されていた映画の公開はまだこれから。少なくとも3本の映画が公開されるという。

 ***

 8月18日より東京・武蔵野スイングホールで上映会が開催されるのが「神楽鈴の鳴るとき」(小沼雄一監督)。国の重要無形民俗文化財である「河口の稚児舞」をモチーフにした作品で、「千と千尋の神隠し」や「君の名は。」などのスタッフでもある増山修氏が原案・脚本、製作総指揮を務めた。劇場では、主演の加藤明子や小沼監督、増山氏などを招いたトークも行われるが、もし大杉さんが存命であれば、トークにも参加したことだろう。

 そして10月6日には大杉さんがプロデュースした最初で最後の作品、そして主演も務めた「教誨師」(佐向大監督)が公開される。300の顔を持つ男とまでいわれるほど、あらゆる役をこなした大杉さんだが、初プロデュースというのが意外だ。彼は製作側、監督をやってみたいという気持ちはなかったのだろうか。

「どうでしょうか。みなさんと一緒になって作品を作りたいという人でしたから、色々気持ちはあったかと思いますけど。基本は演じることが本人の役割と考えていたように思います」とは、大杉さんのマネージャーである。

「教誨師」をプロデュースしたのは、佐向監督が大杉さんの事務所ザッコに所属していたことも大きかったのだろう。

 また、この作品では主演というのも大杉さんには珍しい。なにせ「バイプレイヤーズ」(テレビ東京系)に出演していたほど、脇役が多かったのだから。

「大杉さんが出演していた作品、まだあるんじゃないかといわれています。確かに仕事好きで、映画学校の生徒達の出演依頼にも応えていたくらいでしたからね。
それに大杉さんの場合、自分が作った事務所の運営のためという一面もありました。所属俳優に大杉さんが気の置けない舞台役者などを集めた事務所だったので、稼ぎ頭だったことは間違いありません。CMもトヨタや大塚製薬、アサヒ飲料など大手も多かったし、そうした収入もなくなったわけですから、運営は大変でしょう。大杉さんが亡くなり、他の所属俳優も移籍させ、年内にも事務所は解散する方向と聞きます。ただ、事務所内では大杉さんに次ぐ活躍を見せていた古舘寛治(50)などは引く手数多でしょうが、まだテレビや映画での活躍が少ない俳優達の移籍先探しは難航しているようです」

 好きな俳優の仕事を最期までやり抜いた大杉さんの唯一の気がかりに違いない。


すでに亡くなってから半年
新盆を・・・・・

事務所の稼ぎ手を亡くして
まだ売れていない俳優さんの
引き取り手がないのは 仕方がないのか?

今は芸能事務所もたいへんで
なかなか所属俳優を採らないと
いった記事を読んだことがある

かなりの大物俳優やタレントが
いなくなっても
世の中は回っていくけれど
大杉さんが当たり前のように
ドラマに出ていた頃が
もう懐かしいし このような記事は
寂しいけれど 
映画が公開されるのは
ファンにとっては 何よりの朗報だろう  




コメント

内田前監督を警視庁聴取、危険タックル指示否定

2018-08-17 09:58:54 | 日記
読売

日本大のアメリカンフットボール部選手による危険タックル問題で、警視庁が、日大の内田正人前監督(63)から任意で事情聴取したことが捜査関係者への取材でわかった。同庁は、傷害罪の共謀共同正犯や教唆犯にあたる疑いがあるとみて捜査を進めているが、内田前監督はタックルの指示を否定したという。同庁は、タックルをした男子選手(20)からも事情を聞き、当時の状況を調べる。

 捜査関係者によると、内田前監督の事情聴取は今月14、15日、東京都内で行われた。内田前監督は聴取に対し、タックルをした男子選手への直接の指示に加え、井上 奨 つとむ 前コーチ(29)を通じての指示についても否定した。

 この問題では、男子選手が5月22日の記者会見で、井上前コーチと内田前監督から反則行為を指示されたと証言。負傷した関西学院大の選手側は同月31日、内田前監督らを警視庁調布署に刑事告訴していた。

 警視庁はこれまで、問題の試合の映像分析を進めるとともに、日大の出場選手や職員から聞き取りを実施。タックルは指導陣からの指示だった疑いがあるとして、内田前監督の聴取に踏み切った。



遅いぐらいだ

選手に悪質タックルを命じたと
される人が 何らかの刑事責任を
問われるのは当然だろう
コメント

米国、聖職者約300人を実名を公表 子供数千人超えに性的虐待

2018-08-15 14:06:54 | 日記
毎日

米東部ペンシルベニア州のシャピーロ司法長官は14日、同州のカトリック教会の聖職者約300人が約60年前から1000人以上の子供に性的虐待をし、組織的に隠蔽(いんぺい)していたと発表した。実際の被害者数が数千人規模に達する可能性もあるという。

 シャピーロ長官は「教会は長い間、小児性愛者を守ってきた」と組織的隠蔽を批判。加害者300人の実名リストを公表した。大半のケースはすでに時効を迎えている。

 司法当局は、数年かけて被害者から証言を集め、教会が保存していた内部資料とも照らし合わせて被害を裏付けた。

 カトリック教会の聖職者による未成年者への性的虐待と隠蔽問題は、2002年のボストン・グローブ紙の調査報道で初めて公となった。その後、全米各地で聖職者に対する告発が急増した。(共同)



映画やドラマでも 数多く
こういった聖職者などの性的虐待は
描かれている それは実話を基に
しているものがある

実名公表は当然だろう
隠蔽で被害者が増え続けたのか
組織的に 虐待が行われていたのか
とんでもないことだ

これでは神の僕ではなく 悪魔だ

コメント

大塚家具・久美子社長退任拒否か?執着

2018-08-15 09:11:37 | 日記
朝日デジタル

業績不振が続き、自力再建が困難になっている大塚家具の身売り交渉が難航している。14日の2018年6月中間決算の発表までに支援企業を決めたい考えだったが、大塚久美子社長の処遇を巡って交渉は膠着(こうちゃく)状態が続いている模様だ。同社はこの日開示した決算短信に、企業としての存続に疑義が生じたことを示す「継続企業の前提に関する注記」を初めて記載した。経営難が深刻化している。

 大塚家具は6月ごろ、3年連続の赤字が不可避となり、監査法人側から18年6月中間期の決算短信に注記の記載が必要になる可能性を指摘された。このため、支援企業からの出資受け入れなど抜本的な経営改善策を8月の中間決算発表までにまとめ、注記の記載を免れることを検討してきた。

  6月以降、取引銀行や証券会社などを通じて、百貨店などの流通大手や企業再生ファンドなど数十社に支援を打診。その中から、昨年11月に大塚家具と資本・業務提携を結び、6%強(10億円超)を出資して第3位株主になった貸し会議室大手ティーケーピー(TKP)が支援先に浮上した。TKPが大塚家具の50億円超の増資を引き受け、過半の株式を取得する方向で最終調整に入った。

 交渉関係者によると、TKP側は久美子氏が社長を退き、TKPの河野(かわの)貴輝(たかてる)社長が両社の社長を兼務するとともに、数人の役員を入れ替える人事案を打診したが、久美子氏は社長退任を拒否。役員人事案にも反発しているという。

 「大塚家の会社なので主導権は渡したがらない」(銀行幹部)、「ポストにしがみついている」(証券会社首脳)。複数の交渉関係者が、久美子氏の「執着」が交渉の足かせになっていると打ち明ける。結局、中間決算発表までに交渉はまとまらず、注記の記載も免れなかった。



経営・改革にに失敗したのだから
潔くよく退けばいいのではと思うが

父親が設立して大きくした会社
その父親を追い出すようにして 社長に
執着する気持ちもわかるような気も

しかし負けを認めて 会社や社員のことを
思えば退任しかないのでは?
コメント