ビール紀行~旨いビールを求めて~

旨いビールを求めて国内外のビール醸造所や直営ビアパブへ旅をします

高知市内でサクっと 山本麦酒

2019-05-27 18:18:13 | ビール紀行(中国・四国)
高知県内のビール醸造所は最近までしばらく皆無の状態だったのですが、近年少しずつ醸造所の創業が出てきているようです。その中でも最も新しい山本麦酒を高知市内でサクっと頂いてきました。山本麦酒は「フライシュ・ケーニッヒ」というドイツビールのお店が母体となって醸造するビール。醸造所は南国市にあるのですが、併設のパブはなく、「フライシュ・ケーニッヒ」が事実上のブルワリーレストランという位置づけです。醸造免許は随分前に取得されていたのですが、機材トラブルの影響で、ようやくGW明けから自家醸造ビールの提供となったようです。仕込みの規模は300Lで、発酵タンクは300L×3基とのこと。元アウトサイダーブルーイングの丹羽さんの技術指導を受けられたそうです。

     

「フライシュ・ケーニッヒ」は高知市の歓楽街のこちらのビルの4階にあります。通りがかっただけでは、どんなお店があるか分からない感じ。

     

     

     

4階に上がりお店の入口に。なかなか洒落た感じです。目の前は市街地の緑地という絶好のロケーション。

     

     

     

お店は予約も含めて満員。そんな状況の中、一杯だけということでテーブルに案内していただきました。そのテーブル席はタップの目の前。5つのタップが並んでいます。その下はケグを冷やす冷蔵庫。

     

そのケグを見せていただきました。「山本麦酒」のロゴが入るケグ。最近はカタカナのブランドが多い中、漢字4文字は硬派ですね。

     

こちらが訪問時に提供されていた自家醸造ビールのメニュー。鰹節を使用したラオホとセッションIPAでした。しかもファーストバッチ。

     

     

頂いたのは「弾丸 弐号」で、セッションIPAの方。アマリロの心地よい香りとモルトの香り。モルトの旨味はややしっかりながら、ドライにきれて、かなりしっかりホップの苦味が効く。フィニッシュはモルトとホップの心地よい香り。旨い!ホップとモルトの香りが心地よい、バランスのとれたしっかり苦味のIPAです。

ファーストバッチからこの旨さ。今後が期待です。



フライシュ・ケーニッヒ
高知県高知市本町1-1-13-4F
TEL:088-873-8311

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント

ゆったりビール ピリカワッカ(最終回)

2019-05-23 18:29:20 | ビール紀行(北海道)
前回の「ピリカワッカ」の続きです。


次に頂いたのは復刻版エールです。

     

     

ほんのりカラメルモルトの香りと素敵なドライフルーツのようなモルトの芳醇な香り。モルトの旨味はややしっかりで、ホップの苦味が効く。最後にほんのり酸味のアクセント。ドライフルーツのようなモルトの香りが特徴のブラウンエールです。旨い!これはなかなかの仕上がりです。

     

     

注文していた料理が到着。こちらは「刺身の三点盛り」です。北海道なので、海鮮系は外せません。見た目はパッとしないかもしれませんが、なかなか美味しい。特にサーモンの鮮度はさすがは北海道。程よい脂がのって美味しいです。

     

     

そしてもう一品が到着。こちらは「室蘭焼き鳥」。鶏ではなく、豚バラの串焼きですね。甘いタレで仕上げられています。豚の脂と甘いタレが相まって美味しい。添えられているカラシがいいアクセントに。

     

窓から見える中庭の景色を眺めながら、ゆったりビールタイム。こちらの魅力の一つです。

     

     

最後はスタウトで締め。ローストモルトの心地よい香りとモルトのやや甘い香り。モルトの旨味はしっかりながら、優しく滑らかな口当たり。ホップの苦味は控え目で、ほんのり酸味のフィニッシュ。旨い!ロースト香とモルトの優しい口当たりが特徴のスウィートスタウトです。この手のスタウトは他には無い個性だと思います。

今回はこれにて終了。こちらのビール、どれも一見地味っぽいけど、非常に真面目に造られている味わい。実は難しい教科書的な味わいを実現しながら、濃色系はなかなかの個性的な仕上がりを見せています。地元のお客さんの舌を考えながらの苦労が伝わってきます。

東京に帰る前に、新千歳空港でゆっくりもいいのですが、是非こちらで空港とは違うゆったり感を味わってもらいたいです。

     

その後、いつものように、こちらで締めの絶品ラーメンを頂きました。醸造所から近いので、セットでいかがでしょうか。



ビアワークスちとせ
北海道千歳市東郊1-7-1
TEL:0123-26-0071

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント

ゆったりビール ピリカワッカ(その3)

2019-05-21 08:28:44 | ビール紀行(北海道)
前回の「ピリカワッカ」の続きです。


この日のビールのメニューです。

     

     

定番3種に限定ビール1種という組み合わせ。ご愛嬌で、サッポロクラシックもあります。自家醸造ビールがクラシックと同じ料金というあたりが、憎い設定です。しかもジョッキサイズで490円と破格の安さ。

     

     

最初はピルスナーを頂きます。ホップの爽快な香りとモルトの香り。モルトの旨味はややしっかりで、ホップの心地よい苦味が効く。大手が造るお手本のような、ホップの香りと苦味、そして旨味がバランスしたピルスナーです。旨い。

     

     

     

     

     

食事のメニューです。大きな写真付きの分かりやすいメニュー。カバーする範囲は非常に広く、ファミレスのようなバリエーションです。しっかり食事系以外にもオツマミも充実しています。その中から北海道らしい料理を注文。

     

     

料理を待っている間に、次のビール、ヴァイツェンを頂きました。ジョッキだと量が多いので、同じ値段ですが、小さなグラスでサーブしてもらいました。やや抑え目ながらフルーティなフェノール香。モルトの旨味はややしっかりで、ヴァイツェンらしい心地よい酸味がしっかり効く。非バナナ系の抑え目なフェノール香が特徴の酸味しっかりヴァイツェンです。旨い。

(続く)



ビアワークスちとせ
北海道千歳市東郊1-7-1
TEL:0123-26-0071

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント

ゆったりビール ピリカワッカ(その2)

2019-05-19 07:58:49 | ビール紀行(北海道)
前回の「ピリカワッカ」の続きです。


醸造所のある「ビアワークスちとせ」に到着。

     

     

     

こちらの施設、かなりの大箱です。醸造所や併設レストラン以外にも飲食施設が入っています。向かって右手部分が醸造所です。20周年記念の幟が出ていました。

     

     

     

こちらがレストランの入り口です。醸造工程や原料の説明やこちらで造られるビール商品の展示がありました。ケグ商品の展示は珍しい。

     

     

店内入ってすぐ右手が醸造所内が見えるポイント。全体は把握できませんが、仕込みの工程は確認できます。1KLぐらいの規模でしょうか。

     

     

     

     

レストラン店内の様子。広々とした天井の高いフロアです。席数も多く、テーブルにもバリエーションがあります。このフロアのゆったり感がいいのです。ちなみに2階にも客席があるようです。

それではビールを頂きましょう。

(続く)



ビアワークスちとせ
北海道千歳市東郊1-7-1
TEL:0123-26-0071

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント

ゆったりビール ピリカワッカ(その1)

2019-05-17 06:34:06 | ビール紀行(北海道)
北海道の歴史ある地ビールの中でお気に入りなのが、千歳市の「北海道ビール ピリカワッカ」。昨年20周年を迎えた老舗格です。ビールもさることながら、お気に入りの理由の一つが醸造所併設のレストラン「ビアワークスちとせ」。札幌の喧騒から離れて、こちらの空間でゆっくりとビールと料理を味わう、至福の時間を過ごすことができます。なので帰りの飛行機に乗る前に、必ず立ち寄る醸造所になっています。昔は空港内に直営店がありましたが今は無く、こちらが唯一の直営レストランとなっています。昨年のことになりますが、東京へ帰る前に「ビアワークスちとせ」にビール紀行してきました。ビールのスタイルはドイツとイギリスのスタイルが中心。硬派なビール造りを丁寧に続けられています。醸造所へのアクセスですが、JR千歳駅から徒歩約15分。近くに美味しい味噌ラーメンのお店や餃子屋があるので、ハシゴで訪問するのもオススメです。

     

     

快速エアポートで千歳駅に到着。観光客でここで下車する人は、ほとんどいないと思います。空港前で一服するのにちょうどいい近さなのですが。

     

     

JR千歳駅と駅北口の様子。ロータリーがあるくらいで目立った商業施設はなく、辺りは住宅街です。

     

     

     

駅前から徒歩で醸造所に向かいます。駅から北へ延びる国道に出て、北上します。しばらく歩くと道の駅を通過します。

     

     

国道から外れ、千歳川を渡ります。

     

     

すると左手に目指す醸造所と巨大看板が現れます。非常に分かりやすい。到着です。

(続く)



ビアワークスちとせ
北海道千歳市東郊1-7-1
TEL:0123-26-0071

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント

美作に輝く新星 美作ビアワークス(最終回)

2019-05-15 13:32:38 | ビール紀行(中国・四国)
前回の「美作ビアワークス」の続きです。


次に頂いたのは酒粕スペシャルエールなのですが、そのファーストバッチで半年熟成ヴァージョンがありましたので、2つを比べてみました。

     

     

このビールは地元の酒蔵「辻本店」の純米大吟醸の酒粕を使用。酵母はトラピスト酵母。写真左手は新しく醸造したもの、右手は半年熟成のものです。まずは新しいほ方から。酒粕に起因するであろう清酒らしい香りと甘く酸味がかったエステル香。モルトの旨味はしっかりで、しっかり強い酸味が効く。柑橘系のホップの香りのフィニッシュ。激しく旨い!酒粕の香りとトラピスト酵母によるエステル香が絡む、しっかり酸味の激ウマのベルジャンブロンドです。これは目が覚める美味しさです。唯一無二の味わい。

そして半年熟成ヴァージョン。新しいものとは全然違う印象。酒粕の香りはなく、エステル香主体の綺麗な仕上がり。非常に洗練されたベルジャンストロングです。こちらも激しく旨い。半年寝かせるだけで、これだけ洗練されて落ち着くとは、同時にテイスティングしてその差がよく分かります。

     

     

次に頂いたのは桃太郎IPAです。岡山の桃と米を使用。ホップのメインはモザイク。桃のピューレを使用したらその自然酵母で発酵したそうです。アメリカンホップの豊かな香りと、その後に桃の香りが続く。モルトの旨味はしっかりで、ホップの苦味もしっかり、そして桃のワインのような酸味で締める。旨い!アメリカンホップに見え隠れする桃の香りと酸味が特徴のIPAです。

     

     

最後はコーヒードライスタウトで締め。津山市のお店のコーヒーで、煮出しと水出しで抽出。コーヒーの香ばしい香り。モルトの旨味はやや控え目で、旨味を包み込むコーヒーや酵母によると思われるしっかり酸味が効く。旨い。コーヒーの香りと酸味が特徴のスタウトです。

今回はこれにて終了。こちらのビール、特に酸味の効いたビールが素晴らしい。酒粕を使ったビールは、この手のビールでは日本トップクラス。嫌な雑味や酸味を出さず、上手い仕上がりのビールとなっています。インペリアルスタウトも試験醸造中ということだったので、今後の展開に期待しています。

     

東京からは遠く輝く新星。また来ます。

     

こちらの昭和な気動車で帰路につきました。カラーリングまで懐かしい。



美作ビアワークス
岡山県真庭市江川817-1

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント

美作に輝く新星 美作ビアワークス(その4)

2019-05-13 16:03:49 | ビール紀行(中国・四国)
前回の「美作ビアワークス」の続きです。


ティスティングルームのビールのメニューです。

     

     

     

ビールの種類は6種類。量り売りもされています。専用グラウラーでなくてもいいようなので、ご近所さんには便利。

     

     

最初はワークスブロンドエールを頂きます。地元の柚子を皮ごと使用。グレープフルーツやライチのような複雑なエステル香。後でほんのり柚子の香り。モルトの旨味は控え目で、心地よいしっかり目の酸味が効く。複雑なエステル香と柚子っぽい酸味が効く、ブロンドエールです。旨い!ベルギービールっぽい。

     

     

続いてはワークスペールエール。真庭産のほうじ茶を使用。ホップはカスケードとシトラ。確かにカスケードとシトラの混ざった香りとモルトのやや甘い香り。モルトの旨味はややしっかりで、ほうじ茶なのか少し甘味が後に残る。ほうじ茶っぽいフィニッシュ。旨い。アメリカンホップとモルト、そしてほうじ茶の香りが折り重なるペールエールです。新感覚。

(続く)



美作ビアワークス
岡山県真庭市江川817-1

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント

美作に輝く新星 美作ビアワークス(その3)

2019-05-11 12:13:40 | ビール紀行(中国・四国)
前回の「美作ビアワークス」の続きです。


醸造所内を見せていただきました。

     

かなり空間的にゆとりあのある醸造所。そこに醸造設備らしきタンク類が並んでいます。よく見るとあまりみかけない設備がいくつか。手前の大きな炊飯器のような設備は主発酵用の発酵タンクだそう。主発酵の後に発酵タンクへ移すそうです。主発酵用の設備は元は搾乳後の牛乳をいれる設備で、それを転用されています。

     

こちらも見慣れない設備ですが、こちらは糖化用の設備だそう。こちらも元は牛乳を入れる設備。

     

こちらの給食の総菜を煮込むような釜は、副原料を仕込むために使われているそうです。様々な工夫を凝らした醸造設備に関心です。

     

こちらは100Lのパイロット用の発酵タンクです。ちなみに通常の発酵タンクの規模は400Lで1基体制です。

     

こちらで造られている瓶製品のサンプルはこんな感じ。「MBW」がシンボルロゴです。

     

     

こちらはテイスティング(有料試飲)や量り売りのためのサーバー付冷蔵庫。タップはおそらく後からご自身で加工して取り付けたものと思われます。この時点でタップ数は8つ。

それでは待望のビールを頂きましょう。

(続く)



美作ビアワークス
岡山県真庭市江川817-1

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント

美作に輝く新星 美作ビアワークス(その2)

2019-05-09 18:43:20 | ビール紀行(中国・四国)
前回の「美作ビアワークス」の続きです。


醸造所に到着。

     

     

元学校給食の調理場だった建物を活用してビール醸造所としてスタートされたとのこと。同じ食品なので共通点が多く、ビール醸造に使える部分がありそうな感じです。

     

     

建物の向かって左手が醸造所、売店、テイスティングルームへの入口となっています。

     

     

     

中に入るとそこは売店兼テイスティングルームとなっています。ガラスの向こうが醸造所です。手作り感のある空間です。元の給食の調理場に手を加えず、そのまま活用されています。全く違和感がないのは私だけでしょうか。

     

     

売店の冷蔵庫には自家醸造のビールの他、国内外のクラフトビールが並んでいます。この地でこれだけの品揃えは貴重。なかなか素敵な空間じゃないですか。

ビールを頂く前に、少し醸造所内を見せていただきます。

(続く)



美作ビアワークス
岡山県真庭市江川817-1

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント

美作に輝く新星 美作ビアワークス(その1)

2019-05-07 08:32:36 | ビール紀行(中国・四国)
近年の新規醸造所ラッシュの中、岡山県にも複数の醸造所が開業しています。今回からのビール紀行は岡山県真庭市の「美作ビアワークス」へのビール紀行をお送りします。「美作ビアワークス」は岡山県北部の山里が広がる勝山に昨年開業した新規醸造所。ブルワーの方は鳥取県智頭市の「タルマーリー」で腕を振るわれていた方で、特に自然酵母を使ったビールには定評があります。このブルワーの方が独立され、この美作の地で、0から醸造所を作り上げ、醸造を軌道に乗せてきました。タルマーリーにいらした時から、この方のビールには惚れ込んでいたので、今回岡山の北部の真庭市へビール紀行してきました。「美作ビアワークス」のビールは地元の食材を使用したエールが中心。特に酸味を効かせたビールは素晴らしく、それがこちらの特徴の一つと言えます。醸造所へのアクセスですが、JR姫新線の中国勝山駅から徒歩約10分。水曜から土曜日には醸造所内に「ボトルショップ&テイスティングルーム」をオープンしているので、醸造所を眺めながら、旨いビールを頂くことができます。駅からは近いのですが、東京からだとかなり時間がかかりますので、宿泊を兼ねたビール紀行をお薦めします。

     

     

     

JR姫新線で中国勝山駅に到着。姫新線は非電化の単線、本数が少ない上に移動に時間かかります。が、その代わり、ここにはゆっくりとした時間が流れています。

     

     

中国勝山駅と駅前の様子。駅前には特に何もありませんが、こちらは古い町並みが続く観光名所の玄関口のようです。古い町並みはここから約10分ほどの模様。

     

     

     

駅前の国道沿いに醸造所を目指します。途中の旭川に架かる橋から、姫新線の橋梁を望むことができます。この光景、なかなか素敵です。

     

     

     

     

国道から外れ、小路を進みます。道なりに進んで行くと、何やら案内のような看板が。醸造所に到着のようです。

(続く)



美作ビアワークス
岡山県真庭市江川817-1

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
     
あああ     
コメント