リタイヤおじさんの日々

日常のほっとする風景を描いています

東京で植えたニンニク 結果はどう出る?

2017-04-04 16:28:58 | 遊び心
毎年、菅平小屋で猫の額ほどの土地に植えるニンニク(1個のニンニクは6片ある)。
今年も(昨年10月に植えた)100片ほどを植え付け、生育状態を見守っている。
今はマルチの下そして深雪の下で雪融けをを待っている。(先日4/1ではまだまだ深い雪の下だった。)
雪が溶けてマルチを外し、太陽光線に当たればグングン成長する。そして7月の初め頃に収穫と相成る。---毎年の楽しみだ。---ブログで何回もアップしてきた。---

そのニンニクの種ニンニクを1個持ち帰り、我が家の近くの友人にあげたら宅に植えたそうな。そのニンニク、4/2日現在で写真のように成長している。6月には6片のニンニク収穫できそうな、、、、


温暖の東京と寒冷地のニンニク、どのような差がでるか楽しみだ。東京ぬくぬく育ちと里山厳しい育ち、出来上がりの比較が楽しみだ。
付記)
東京育ちは肥料を適宜与えている(と言う)、里山は毎年落葉腐葉土と薪ストーブの灰、そして料理で余った大根のしっぽとかジャガイモの皮、リンゴだのバナナなどの皮をほうり投げる程度。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 春のご挨拶 つくしんぼ | トップ | 気の置けない仲間とお花見 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニンニク (前田誠二)
2017-04-04 21:18:20
やはり暖かい所は早く育つね。

コメントを投稿

遊び心」カテゴリの最新記事