Cephalophone

Radio Improved(略してラヂプル)は

Cephalophone(セパロフオン)
に改名しました!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニヤつける男

2008-02-04 00:16:09 | Weblog
テレビ(情熱大陸)に祖父江慎さんが出ている。ブックデザイナーですよ。京極夏彦ものとか「まことちゃん」とか(笑)よしもとばななとかね、一冊くらいどこの家にも彼がデザインした本があるんじゃないかな、というくらいですよね。すごいシャツのセンスですけどね(笑)スキップしてるし、やたら。こういう大人はいいなあ。完成した瞬間にPCが飛んでデータが消えても、亀に餌やってニヤニヤしてるし(笑)

いや、この人凄いわ。シャツのセンスとともに(笑)いやあ、凄い、凄いわ。あーストーブ動かしたら消えた!よくねえ。すぐ寒くなる。何か食べたくなるね。そういえば夕方くらいに結局、
餃子食べたよ。あのー半生の、ね。冷蔵されて売ってて、焼くやつだけどね。たぶん、体調は悪くないよ。

この「完成したものが、前段階で予想したものと違う」ということの楽しさ、を満喫してる感じが、なんだろうなあ。普通に言われてる「余裕のある大人」とかそういうのとは違うんだけど。「大人」ていうのも失礼だね。失礼だわ。「余裕のある人」だね。普通の余裕とは違うけど、これもまた人間の余裕、人間の心の広さ、だよね。かっこいい。かっこいい。

「ルールがあったらルールの中で遊ぶんじゃなくて、ルール、ちょっと違うかも、ていうところがね」いい言葉ですね。凄い人だなあ。ちょっとテレビ見てて鳥肌たつ。家に帰ってから嫌なこととか、辛いことがあったとしても、仮にそうだとしても、こんなん見たら全部吹っ飛ぶ。それだけは確実だ。なんだ、この人は。今すぐコミュにはいろう。あったら。きっとあるだろう。やばいな、この本欲しい。


そうそう、それでこの番組とは関係ないんだけど(いや、凄いリンクで関係あるかもだけど)ね、タイトルの「ニヤつける男」ていう、テーマがね、いいんではないかと。ワタクシに(笑)思いついたんだよ、あの、なんかコーヒーかなんかのCMでさ、どっかの社員が外国企業との商談かなんかに、英語で成功して、それがうれしくてコーヒー飲んでたときの妄想が、こう・・・楽隊来てパレード出て、えらい人と握手までして、自分が祭り上げられてる、という妄想をしてたら上司が「何ニヤついてんの」みたいな、ね。それで思いついたんだよ、「ニヤつける男」うん、今年はこれで行こう。これしかない。大丈夫か、自分。きっと大丈夫、うん大丈夫だよな。


ヨーヨーマ&シルクロードアンサンブルって!かっこいいじゃないか!なんだあれ。見に行きたい。ダラブッカが3人くらい居たよ。いいねえ。いや、どこでやるんだろ。気になる。てか



「ヨーヨーマってまだ生きてる人だったんだ!」


という驚き。


知らなかったよ。
コメント