裏 RjpWiki

文字通り,RjpWiki の裏を行きます
R プログラム コンピュータ・サイエンス 統計学

Sweave.sty

2018年07月29日 | RとLaTeX

Sweave で,

<<>>==
ans <- lm(Petal.Length ~ ., data=iris)
logLik(ans)
@

のようなチャンクを含む *.Rnw を

Sweave ==> uplatex ==> dvipdfmx すると,*.dvi ファイルを *.pdf ファイルにする際に

kpathsea: Running mktexpk --mfmode / --bdpi 600 --mag 1+0/600 --dpi 600 tcrm1000
mktexpk: Cannot find mktex.opt; check your installation.
kpathsea: Appending font creation commands to missfont.log.

dvipdfmx:warning: Could not locate a virtual/physical font for TFM "tcrm1000".
dvipdfmx:warning: >> There are no valid font mapping entry for this font.
dvipdfmx:warning: >> Font file name "tcrm1000" was assumed but failed to locate that font.
dvipdfmx:fatal: Cannot proceed without .vf or "physical" font for PDF output...

Output file removed.

なるエラーメッセージを吐いてとまってしまう。

R コンソールでは,直前のエラーメッセージが赤字で目立つのだが,その前に本当のエラーが暗示されている。

LaTeX Font Warning: Font shape `TS1/aett/m/n' undefined
(Font)              using `TS1/cmr/m/n' instead
(Font)              for symbol `textquotesingle' on input line 31.

ドツボにはまっていたのだが,`textquotesingle' だの,aett だのと書かれているのがポイント。

確かに,件のチャンクの出力は,

'log Lik.' -9.283269 (df=7)

と,シングルクオートを含む。さらに,そういえば Sweave.sty で ae が悪さをすることがあるというのを思い出した。

Sweave.sty の 8 行目,

\setboolean{Sweave@ae}{true}

\setboolean{Sweave@ae}{false}

にすることで,問題解決...したのかな?



コメント