ぽたりんぐぅ な日々。

小さな自転車屋「ぽたりんぐぅ」でポタポタ
自転車生活。

tern SURGE ブルホーンスペシャル

2019年01月31日 | カスタム ブルホーン化
大阪府堺市にあるミニベロとスポーツバイクショップ「自転車処ぽたりんぐぅ」です!
ミニベロを中心としたカスタム・改造はお任せください!!
定期的にイベント開催中!!

ternの SURGEをご用意させていただきましたー!お馴染みの?ブルホーンハンドルです。
ぽたりんぐぅでは引き続き「ブルホーン街乗り最強キャンペーン」開催中です♫(なんやそりゃ??)



ブルホーンのメリットは、ドロップハンドルで下ハンドルを持たない人に最もいきます。ドロップハンドルは下ハンドルを握った時にブレーキ性能(操作性も含めて)が最大限に引き出されるようになってます。



ブルホーンハンドルはポジションは上ハンドルと下ハンドルの中間くらいを持てて、ブレーキ性能も最大限発揮出来るハンドル形状です。

デメリットはヒルクライムやダウンヒル、スプリントなどハンドルポジションをいろいろ持ち替える人には向きません。オールラウンダーな競技でドロップハンドルの一番のメリットである多様なポジショニングを求める人には当然不向きです。

ハンドルに限らず自転車の要素は全て向き不向きの話に収まってしまいます。

後は加工をしっかりしないとブレーキタッチやシフトが動きにくくなったり、収まりが不細工になったりってとこでしょうか。

ポタリングするにはある意味最強ですよ!ご興味持っていただけた方はご相談下さいね!

もうひとつミニベロの構造的な弱点であるブレーキはシマノ製「105」グレードにアップグレードしてくださいました。




ユーザー登録キャンペーン開催中!

ぽたりんぐぅでは愛車を長く楽しんでもらうためにユーザー登録システムをスタートいたしました。
登録特典として「アップグレードクーポン パーツ購入20%オフ」をプレゼント!!
詳しくはこちら
https://blog.goo.ne.jp/potteringood/e/0882b94bf57180bb6625b72a04f4f76d

1月30日(水)のつぶやき

2019年01月31日 | ツイッター

ternの clutchを、ご用意させていただきましたー!

2019年01月30日 | 自転車こんなんどうでしょう  tern
大阪府堺市にあるミニベロとスポーツバイクショップ「自転車処ぽたりんぐぅ」です!
ミニベロを中心としたカスタム・改造はお任せください!!
定期的にイベント開催中!!

ternの clutchをご用意させていただきました。
今回はお客様が長身でしたので650cではなくて700cになります。



やはり身長に合わせてタイヤサイズから調整するのが寸法的には理想ですね。

はじめてのスポーツバイク、楽しく安全に乗ってくれることを願ってやみません!


ユーザー登録キャンペーン開催中!

ぽたりんぐぅでは愛車を長く楽しんでもらうためにユーザー登録システムをスタートいたしました。
登録特典として「アップグレードクーポン パーツ購入20%オフ」をプレゼント!!
詳しくはこちら
https://blog.goo.ne.jp/potteringood/e/0882b94bf57180bb6625b72a04f4f76d

1月29日(火)のつぶやき

2019年01月30日 | ツイッター

最近思うこと。今年も頑張っていきます!!

2019年01月29日 | 日記
婦人車の修理。
乗り続けて、もうかれこれ30〜40年になるオーナーさんが「戦友」と言い切る相棒!気合いはいりました!! どこへ行っても、「修理は無理です、買い替えです」って言われたそうです…



長く乗ってこられた自転車には乗り手のクセや馴染みと言ったものがどちらにと言わず出るものです。今回のバイクも消耗品の交換してベアリングキレイにしてあげれば見違えるようになりました!

新車を売りたいのはお店の都合。うちも新車が売れると嬉しいです♫でも、お客さんの目線で見れば違う答えも少なくないです。お年を召されるほど新しい自転車に馴染むのは難しくなるし、長く使ってきた相棒には愛着も湧くもんです。

悲しいことに、そこを無視して、新車購入一択に持っていくのは今の自転車業界の薄っぺらさやと思ってます。新車販売の方が手間が圧倒的に少ないですから。

安くしてどんどん新しい自転車を売るのは実は容易いです。でもそんな姿勢のお店の自転車で丁寧に組まれた自転車見たことないです…

生き馬の目を抜くような業界事情なんで、思いおもいの戦略で生き残ればいいと思いますが、そんなショップはいくら売ってても同業者として尊敬は出来ないすよね。

せっかく先人達が育ててきた「自転車」と言う文化。そのポテンシャルを今の時代で食い荒らさないように、僕らも覚悟を決めて商売していかないといけないな。と、ここのところよく思います。

自転車の素晴らしさが伝わるようにうちも頑張っていきます!!改めて今年もよろしくお願いします!!