!!! 旨いものを喰いたい。

    不定期更新です。
保精丼



ピータンを頂戴いたしました。 Wikipediaによりますと...。 記録によると、明代初期にアヒルの卵を灰の中に埋めて忘れてしまい、二ヵ月後に発見された卵が熟成していたことから偶然に製法が発見されたとある。 石灰や木炭を混ぜた粘土を卵殻に塗りつけ、さらに籾殻をまぶして土や甕の中のような冷暗所に2~3ヶ月程貯蔵すると、石灰によって徐々に殻の内部がアルカリ性となり、タンパク質が変性して固化して . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )