When I Dream

~気侭な戯言日記~

久々のNOVAネタ

2007-10-30 23:45:50 | 社会の出来事
英語が話せたら・・・とは思っていたけど、国内留学になど全く興味がない←偉そうに言える事じゃないけど(爆)→ので、前に書いた時以来・・・全く記事を追いかけて読んでいないので、今何がどうなっているのかは全然解らないんだけど~社長が交代してたんだ・・・(爆)
まぁそりゃそうかっ・・・ところで画像は・・・猿橋前社長室←拾い物→なんだけど・・・凄いねぇ・・・広いねぇ・・・キレイだねぇ・・・羨ましいくらいだよねぇ・・・(笑)levie以外にもそう思う人はきっといると思うけど、これって・・・受講者が支払ったお金で・・・だよねぇ・・・。

大阪市浪速区のビル最上階の20階にある、広さ約“100坪/330平方メートル”社長室だそうで、改装費用が約7000万円、月額約270万円の家賃だって・・・。それをNOVAが負担するのは・・・会社だし社長室だし、賃貸だったら・・・当然の事ではあるかもだけど・・・NOVAグループの統括本部がある大阪市中央区のビルとは別なんだって!?←必要ないんじゃ??
浪速区のビルには・・・自宅でテレビを使って英会話を学ぶ「お茶の間留学」の担当部署や執務室があるそうだけど、社長室って本社/本部に置くものじゃないの?

記事によると社長室は・・・一面に靴が沈み込むようなワインレッドのカーペットが敷かれ、商談に使用していた部屋には“ドンペリ”などの高級酒が並ぶバーカウンターがあって、市内を一望する木組みのテラスがあり、バーカウンターの奥には“隠し部屋”とみられる8畳の和室・・・←茶室の事?→さらにその奥には、居住スペースもあってダブルベッドや大型テレビ、サウナも完備だって・・・なんだそりゃ・・・
ほとんど社員が入った事はないそうで、 入室は側近中の側近しか許していなかったそうだけど、そんな豪華な“部屋”を見せられたら・・・一般社員だったら憤慨するよなぁ。
ハリウッド映画なんかだと・・・社長室にミニバーがあったりもしてたっけ??いくらなんでも居住スペースやサウナは・・・行き過ぎだよねぇ。

NOVAは・・・決算では2年連続で赤字らしいけど、保全管理人の弁護士によると、猿橋前社長の05年度の役員報酬と配当は、計3億900万円、06年度は1億5900万円なんだってさ~、受講者への返金には応じてないみたいだし、給与未払いで外国人講師がストをしてるみたいだけど、一番困るのはその講師の人達だね。収入源なんだし怒るのは当然。
猿橋前社長は・・・所有する関連会社2社の株式を大量に売却していた事実も明らかになってるそうだから、引っ張りだされて叩かれるのは時間の問題だと思うけど、なんと・・・東京都新宿区にあるNOVAの東京本部にも別の社長室があるそうで・・・きっとそっちも相当豪華なんだろうなぁと思っちゃうねぇ。そんなお金があるなら・・・だぁねぇ。

なんか・・・グッドウィルみたいな感じがするなぁ。NOVAは会社の存続が厳しいと思うけど、せめて講師の給与未払いと、返金はなんとかしてあげて欲しいね。
前社長が報酬を返還すれば少しは・・・その前に・・・浪速区の社長室なんか売却すればいいんじゃないの?そういうわけにはいかないのかなぁ・・・。よく解らんけど。高そうなものをヤフオクでで売りさばくとか(笑)←違法??←バカ←家賃だってバカにならないんだしさ

ねっ(笑)

コメント   この記事についてブログを書く
« マイミクじゃあるまいし | トップ | インフルエンザ治療薬タミフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会の出来事」カテゴリの最新記事